旅行情報メディア【トリマ】

日本一深い湖はどこにある?日本の深い湖ベスト5!世界の深い湖も!

日本一深い湖はどこにある?日本の深い湖ベスト5!世界の深い湖も!

2020.09.28

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

日本にある湖は様々な大きさがあります。面積が大きい湖は注目されることも多いですが、意外と知られていないのが水深が深い湖です。日本一深い湖を知っていれば雑学として披露することもできるでしょう。今回は日本の深い湖をランキング形式で紹介します。

目次

  1. 日本一深い湖ランキング
  2. 日本一深い湖は?ベスト5!
  3. 第5位:摩周湖
  4. 第4位:池田湖
  5. 第3位:十和田湖
  6. 第2位:支笏湖
  7. 第1位:田沢湖
  8. 田沢湖は有名な観光スポット
  9. たつこ姫の伝説
  10. 韓国ドラマ「アイリス」のロケ地
  11. 浮木神社
  12. 御座石神社
  13. 世界一深い湖は?ベスト5!
  14. 第5位:イシククル湖
  15. 第4位:マラウイ湖
  16. 第3位:カスピ海
  17. 第2位:タンガニーカ湖
  18. 第1位:バイカル湖
  19. 日本一深い湖の田沢湖は観光名所がたくさん!

日本一深い湖ランキング

 (811776)

「日本で1番深い湖ってどこ?」と聞かれたとき、あなたはすんなり答えを言えるでしょうか。日本にはいくつか有名な湖がありますが、その大きさや深さまで把握している人は少ないでしょう。

今回は湖の深さに注目してみました。日本にある湖の中で、最も深い湖のベスト5を順番に紹介します。また、世界の深い湖ランキングも紹介します。

日本一深い湖は?ベスト5!

 (811777)

それでは早速、日本で深い湖を第5位から第1位まで順番に紹介していきます。誰もが知っている有名な湖から、あまり知られていないマイナーな湖まで様々な湖がランクインしています。

湖が観光スポットになることは少ないですが、実際に訪れて見てみるのもおもしろいかもしれません。自分の知っている湖の深さを想像しながら読んでみてください。

第5位:摩周湖

 (811778)

「摩周湖」は北海道東部にある阿寒摩周国立公園内に位置しています。面積では日本で20番目の大きさですが、最大水深は 211.5 mで日本で5番目の深さです。

摩周湖は7,000年前に巨大な噴火が起こり、そこからできたカルデラ湖です。湖の中央付近には小島のカムイシュ島があります。また、摩周湖は閉鎖湖であるため流れがないため透明度が高いことが特徴です。なんとその透明度は世界で2番目を誇ります。

晴れた日には「摩周ブルー」という名前が付いたほど、湖面が澄んだ青色になります。環境保全のために立ち入ることはできないので、展望台から摩周湖を一望しましょう。

第4位:池田湖

 (811779)

日本で4番目に深い湖は、最大水深233mの「池田湖」です。鹿児島県の薩摩半島南東部に位置しており、九州最大の湖として有名です。

湖底には火山があり、およそ6,400年前の噴火によってできたカルデラ湖が池田湖です。過去には水の透明度で世界7位にランクインしていましたが、生活用水などによって汚染されてしまいました。

この池田湖には体長2mを超える大ウナギが生息しているとされ、「イッシー」という名前が付けられています。目撃情報はありますが、現在でも発見には至っておらず、謎に包まれています。

第3位:十和田湖

 (811780)

最大水深326.8 mの「十和田湖」は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡にまたがってあります。面積も日本で12番目を誇り、規模の大きさが伺えます。

十和田湖の周りには山地が広がっており、火山群とされています。約20万年前の火山噴火によって形成されたカルデラ湖であり、国の特別名勝や天然記念物に指定されています。

観光地化しており、冬以外は湖内を遊覧船で周ることもできます。20万年をかけて形成された自然の美しさに目を奪われる人が多い湖です。流出河川の奥入瀬渓流も美しいので、ぜひ訪れてみてください。

第2位:支笏湖

 (811781)

札幌からわずか1時間の距離にあり、日帰り観光スポットとしても人気になっているのが「支笏湖」です。最大水深は日本2番目の360.1 mであり、対流が生まれやすいことから冬でも凍らない日本最北の湖です。

およそ4.4万年前の火山の噴火によってできたカルデラ湖で、当時は円形でしたが、後に両サイドから恵庭岳と風不死岳が噴出したのでくびれたような独特な形になりました。

水質ランキングでは何度も1位に輝いているほど透明度が高く、水中遊覧船に乗れば湖の中を覗くことができます。

第1位:田沢湖

 (811782)

日本で最も深い湖は、秋田県仙北市の田沢湖抱返り県立自然公園にある「田沢湖」です。最大水深は423.4 mを記録しており、「日本のバイカル湖」と呼ばれることもあります。

180万年前から140万年前の間に起こった噴火によってできたカルデラ湖としている説が濃厚ですが、その時の噴出物が見つかっていないため、定かではありません。

かつては日本有数の透明度が高い湖でしたが、強酸性の水を湖に導入した結果、急激に水質が変化してしまいました。その後水を中和化する施設が作られましたが、水質はいまだ改善していません。

田沢湖は有名な観光スポット

 (811783)

田沢湖は日本一深い湖として知られているだけでなく、人気の観光スポットにもなっており、1年を通して多くの人が訪れています。

ここでは田沢湖に伝わる伝説や湖の近くにある神社について紹介します。田沢湖を訪れる際には、湖の美しさだけではなく、湖畔も散歩してみると新たな発見があるでしょう。

たつこ姫の伝説

 (811784)

田沢湖には、「たつこ姫の伝説」が伝わっています。昔、神成沢には辰子という名前の美しい姫がいました。彼女は美しさを永遠に手に入れたいと願い、百日百夜の願掛けをします。すると百日目の夜、山を越えたところから湧き出ている水を飲めばいいとお告げがありました。

辰子は言う通りにし、水を飲みました。飲めば飲むほど喉が渇き、ついに口をつけて飲み始めました。急に辺りには雨が降り始め、山が崩れて深い湖になりました。こうして田沢湖はできました。そして美しかった辰子は龍の姿へと変わったのです。

そして八郎太郎というマタギが辰子の美しさを聞き、2人は恋に落ちました。田沢湖が冬でも凍らないのは、冬の間は2人が一緒に過ごせる時期だからと言われています。

韓国ドラマ「アイリス」のロケ地

 (811785)

田沢湖は韓国ドラマの「アイリス」のロケ地となったことでも有名です。アイリスとは、韓国では2009年、日本では2010年に放送がスタートした韓国ドラマであり、イ・ビョンホンが主演のドラマです。

韓国ではアイリス放送後、秋田県を訪れる韓国人観光客が急増し、週3便の直行便が全て満席となっていました。イ・ビョンホンと恋人役のキム・テヒが抱き合ったシーンが撮影された「たつこ像」や出演者が滞在した「田沢湖ホテル イスキア」、デート場所の「レストランORAE」が人気です。

特にホテルでは実際に撮影に使われた小道具や出演者のサインの数々、宿泊した客室などがホテル利用者限定で見学することができると人気を集めました。

浮木神社

 (811786)

田沢湖の湖畔には神社があり、そのうちのひとつが「浮木神社」です。この神社の正式名称は「漢槎宮」ですが、流れ着いた木を祀ったため浮木神社と呼ばれるようになりました。御祭神はたつこ伝説の金鶴姫之命です。

たつこ像の近くにあり、白木造りの綺麗な社殿なのですぐに見つけられるでしょう。湖の水が多い時期には、まるで水の上に浮いているような幻想的な光景を見ることができます。

たつこ伝説にちなみ、美や縁結びのご利益があるとして女性を中心に人気を集めています。ぜひ浮木神社のお守りや御朱印を授かりましょう。

御座石神社

 (811787)

辰子姫を御祭神として祀るもうひとつの田沢湖湖畔にある神社が「御座石神社」です。以前は辰子が龍になったという伝説から「龍神社」と呼ばれていましたが、秋田藩主であった佐竹義隆が休んだ場所であることから「御座石神社」と呼ばれるようになりました。

室町時代に創建されたと伝えられており、神社の近くには、辰子が水を飲んで龍になった場所とされる「潟頭の霊泉」があります。また、境内には下半身が龍のようになっているたつこ像もあります。

そして鳥居のそばには1本の木から7種類もの異なる木が生えた「七色木」が植えられています。とても不思議でパワーをもらえそうです。

世界一深い湖は?ベスト5!

 (811788)

日本一深い湖は田尻湖でしたが、世界にはその何倍も深い湖が数多く存在します。その深さはまるで底なし沼のようです。ここでは世界一深い湖のベスト5を紹介します。

一体、世界一深い湖はどの国にあり、どれくらい深いのでしょうか。

第5位:イシククル湖

 (811795)

イシククル湖があるのは、キリギリス共和国の天山山脈の北です。100万年以上前からあるとされる古代湖で、現代まで残っているものは世界でも珍しいです。

その深さは668 mで、面積ではキリギリス最大、琵琶湖の9倍もの大きさがあります。標高1,606mながら冬でも凍ることはなく、なぜ凍らないかは分かっていません。

また、湖底には様々な時代の遺跡が沈んでいるようですが、経緯は不明となっており、謎に満ちた湖としても知られています。旧ソ連時代には鉱山が多かったことや湖で魚雷の実験をしていたことから外国人の立ち入りは禁止されていました。

現在はキリギリスの貴重な観光資源として、多くの人が訪れる人気スポットとなっています。

第4位:マラウイ湖

 (811796)

アフリカ東南部、モザンビーク・マラウイ・タンザニアの国境部分に位置しているのが「マラウイ湖」です。湖の長さは560kmにも達し、世界で9番目の広さとなっています。最大水深は世界4位の706 mです。

マラウイ湖の表面積の0.3%は「マラウイ湖国立公園」に属しており、この部分のみ世界遺産に登録されています。昔からマラウイ湖は魚の種類が豊富で、確認されているシクリッドは800種類以上です。

湖に浮かぶ島の2つが有人島となっており、湖上交通は発達しています。湖ではアクティビティが豊富で、ダイビングやカヌーを中心に湖の美しさを楽しめるものが多いです。

マラウイにはリロングウェ国際空港がありますが、日本からの直行便はありません。香港やドバイを経由して向かいましょう。空港からマラウイ湖までは車で3時間ほどです。

第3位:カスピ海

 (811797)

世界最大の湖として知られる「カスピ海」は、最大水深1,025mで世界3番目の深さとなっています。カスピ海は大きいうえに深さもあるので水の量が豊富で、世界の全ての湖水の40%から44%を占めると言われています。

ロシア・アゼルバイジャン・イラン・トルクメニスタン・カザフスタンが沿岸国であり、長年境界線でもめていましたが2018年に合意しました。また、事実上カスピ海は湖ではなく海として見なすことが決定し、それぞれの領海も決められました。

石油や天然ガスが豊富に採掘されていますが、これによってカスピ海の水質は大きく変わり、アザラシやキャビアが絶滅寸前となっています。キャビアについては、数が回復するまで禁漁することが取り決められました。

第2位:タンガニーカ湖

 (811799)

「タンガニーカ湖」はタンザニアに位置しており、大きさはヴィクトリア湖に次いでアフリカ2番目です。最大水深は1,470mで世界で2番目の深さとなっています。

およそ2,000万年前にできたとされており、グレート・リフト・バレーによってできた構造湖です。現在でもプレートの動きによって頻繁に地震が起こる地域でもあります。また、気候の変化もないため水の循環が行われず、湖水が層となっています。

タンガニーカ湖には400種以上の動植物がいますが、そのうち300種以上は固有種とされています。しかし地球温暖化の影響で水温が上昇しており、絶滅してしまった種も少なくないようです。

第1位:バイカル湖

 (811798)

世界で最も深い湖は、最大水深が1,642mの「バイカル湖」です。バイカル湖はロシアにあるブリヤート共和国とイルクーツク州、チタ州にかこまれた三日月湖です。

元々は海溝でしたが、徐々に海から切り離されて淡水へと変わりました。バイカル湖は世界最古の湖としても知られており、3,000万年前から時間をかけて形成していったようです。海溝は今も徐々に下へと動いており、今後も深くなる可能性があります。

「シベリアの真珠」や「生物進化の博物館」という別名も持っており、貯水量・水の透明度ともに世界一を誇ります。1996年には世界遺産に登録され、バイカル湖でしか見られない固有種が多いです。

夏は20度近くまで気温が高くなるので泳ぐこともでき、冬は1m以上の厚い氷を形成して湖上を車で走ることもできます。ロシアの中でも多くの外国人が訪れるスポットとなっています。

日本一深い湖の田沢湖は観光名所がたくさん!

 (811800)

今回は日本一深い湖の田尻湖を中心に、日本や世界の深い湖を紹介しました。田尻湖が日本一深い湖であり、観光名所にもなっています。

実際に深い湖を覗いてみると、まるで引きずり込まれるような感覚になることもあるでしょう。田尻湖の周辺には湖以外にも見どころが多くあるので、ぜひ訪れてみてください。

関連する記事