旅行情報メディア【トリマ】

珈琲館の人気ランチメニューを徹底解説!テイクアウトできる物も?

珈琲館の人気ランチメニューを徹底解説!テイクアウトできる物も?

2020.09.26

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

珈琲館と言えば、こだわりの炭火珈琲や昔ながらのホットケーキが有名です。しかし、珈琲館のランチもボリュームたっぷりでコスパがいいのでおすすめです。今回は珈琲館のランチについて、メニューの紹介やテイクアウトできるメニューを紹介します。

目次

  1. 珈琲館のランチが魅力的!
  2. 珈琲館の人気ランチメニュー!
  3. 珈琲館ハウスサンドランチセット
  4. ミックスサンドランチセット
  5. 珈琲館のナポリタンランチセット
  6. 珈琲館のボロネーゼランチセット
  7. ビーフカレーランチセット
  8. ハヤシライスランチセット
  9. ランチドリンクの種類
  10. ランチの後はデザート!珈琲館オリジナルホットケーキ
  11. 珈琲館のテイクアウト可能なメニュー
  12. ドリンクとサンドイッチはテイクアウト可能
  13. サンドイッチのテイクアウトは夏場は不可
  14. 珈琲以外のソフトドリンクも本格的
  15. 抹茶フロスティ
  16. 蜂蜜仕立てのレモネード
  17. 喫茶店のメロンクリームソーダ
  18. 珈琲館ランチの口コミ
  19. 家族で好きです
  20. デザートまで食べてしまいました
  21. 珈琲館でゆったりランチタイム

珈琲館のランチが魅力的!

 (822120)

珈琲館は全国に約240店舗を展開する喫茶店チェーンです。1970年に直営1号店がオープンして以来、昔ながらの喫茶店の雰囲気が味わえると人気が高まりました。

今でもフルサービスで提供しており、他のコーヒーチェーン店とは違う魅力で人々を惹きつけています。コーヒーを提供しているお店ではドリンクに力を入れていることが多く、食事メニューは充実していないことも少なくありません。

しかし珈琲館では喫茶店で出されるようなメニューを意識し、本格的なランチを食べることができます。今回は、珈琲館のランチについて詳しく紹介します。

珈琲館の人気ランチメニュー!

 (822126)

それでは、早速珈琲館のランチメニューを紹介します。珈琲館はフードメニューも充実していますが、ランチの時間帯は「ランチセット」という単品で頼むよりもお得なセットが提供されています。

ランチセットは6種類あり、ここではひとつずつ紹介します。

珈琲館ハウスサンドランチセット

View this post on Instagram

20191128 珈琲館が好き。 ひと月近く前の写真ですが😂 ものの値段が高いとか安いとか、コスパがどうとかってあまり云いたくないんだけど、これは…! 本当にこの値段でいいの?って思いました。具だくさんのサンドウィッチはボリューム満点、お腹いっぱいになります。パンそのものがおいしくて、コーヒーとの相性もバツグン😋👍 . めったに行かないけど、地元の珈琲館は広々としていて、落ちつけるお店。とても好きです。 #珈琲館 #珈琲館ハウスサンド #sandwich #foodstagram #cafestagram #cafe #coffeeshop #breaktime #good #delicious #iloveit #kohikan #kisaradu #kisarazu #chiba

A post shared by 小鳥遊杏珠 (@angelophilia) on

ランチの定番であるサンドイッチは、挟む具次第で何通りも種類があり、炭水化物やたんぱく質、野菜などをバランスよく摂ることができます。珈琲館のランチセットでは2つのサンドイッチが提供されています。

ひとつめは「珈琲館ハウスサンドランチセット」(739キロカロリー)です。パンの中にはベーコン・たまご・野菜が挟まれています。ボリュームたっぷりでコスパもいいと人気です。

サラダ・ドリンクがついて840円となっています。

ミックスサンドランチセット

もうひとつのサンドイッチが「ミックスサンドランチセット」(602キロカロリー)です。ランチセットの中では最もカロリーが低いので、ダイエット中の女性にもおすすめです。

ミックスサンドには、主にトマトやハムが挟まれており、野菜もたっぷり摂取することができます。ランチセットにはサラダも付いているため、野菜中心の食事を心がけている人にぴったりです。

こちらはサラダ・ドリンク付きで840円で提供されています。

珈琲館のナポリタンランチセット

カフェのランチの定番と言えばパスタです。その中でも小さな子供からも人気があり、家族連れに人気のメニューが「珈琲館のナポリタンランチセット」(676キロカロリー)です。

単品では730円のナポリタンですが、ランチセットとして頼むと、サラダとドリンクがついて1,030円とお得に食べられます。

玉ねぎ・ピーマン・しめじ・ベーコンと具だくさんで、甘めの味付けが癖になります。途中でタバスコをかけてピリ辛で食べるのもおすすめです。

珈琲館のボロネーゼランチセット

「珈琲館のボロネーゼランチセット」(693キロカロリー)は、お店でパスタを食べる時の定番メニューとも言えます。価格はナポリタンと同じく、サラダ・ドリンクが付いて1,030円です。

パスタの上にどっさりとボロネーゼソースがかかって運ばれてきます。自分で混ぜながら食べるのも楽しいですよね。お好みで粉チーズやタバスコを加えるのもおすすめです。

挽き肉がたっぷり使われているので、見た目以上にボリュームがあって満足できる一品です。

ビーフカレーランチセット

喫茶店のカレーはなぜか美味しく、カレー専門店以上の味を提供していることも少なくありません。珈琲館のランチセットに「ビーフカレーランチセット」(734キロカロリー)があり、サラダとドリンクが付いて960円です。

珈琲館のカレーの特徴は、やや辛口ですがマイルドな味わいであることと、ルーに野菜の旨味が溶け込んでいることです。一見、具はマッシュルームとビーフだけのように見えますが、食べてみると野菜の甘みも感じられるでしょう。

+100円で大盛りにできるので、がっつり食べたい人にもおすすめです。

ハヤシライスランチセット

辛いのが苦手だけれどカレーを食べたいという人は「ハヤシライスランチセット」(717キロカロリー)がおすすめです。値段はビーフカレーランチセットと同じ、サラダとドリンク付きで960円となっています。

珈琲館のハヤシライスは、たっぷりの牛肉と香味野菜を特製デミグラスソースとトマトペーストでじっくりと煮こんだクオリティの高いメニューとなっています。

これだけでは物足りないという人は、肉厚のハンバーグを乗せた「ハンバーグハヤシ」もあります。こちらも+100円で大盛りに変更可能です。

ランチドリンクの種類

ランチセットには選べるドリンクが付いています。炭火珈琲・炭火アイスコーヒー・珈琲館ブレンド・アメリカン・紅茶・アイスティー・オレンジジュース・ミルク(ホット/アイス)の中から選ぶことができます。

+100円でカフェオレハーモニーも選べます。また、この中に好きなドリンクが無い場合は、400円以上のドリンクであれば差額を払うことでソフトドリンクなども頼むことができます。

自分の好きなドリンクをランチに付けられるのも、ランチセットが人気の理由のひとつです。

ランチの後はデザート!珈琲館オリジナルホットケーキ

珈琲館でコーヒーと並ぶ人気があり、ランチの後のデザートにもおすすめなのが、「トラディショナル・ホットケーキ」です。

ミックス粉にもこだわりがあり、焼く際は1枚ずつ銅板で丁寧に焼き上げます。焼くときの温度や時間も研究しつくされているため、昔ながらの美味しいホットケーキが食べられます。

1枚で400円、2枚で500円であり、シロップとクリームが付いてきます。また、バニラアイスや苺ソースをトッピングすることもできます。

珈琲館のテイクアウト可能なメニュー

 (822127)

ゆっくり店内で食べる時間が無いという人も、珈琲館のメニューをテイクアウトして食べたいですよね。ここでは、珈琲館でテイクアウトできるメニューを紹介します。

ドリンクとサンドイッチはテイクアウト可能

珈琲館で提供されているドリンクは全てテイクアウトすることができます。しかも、「珈琲館ブレンド」「珈琲館アイスコーヒー」「オレンジジュース」「フルーツミックスジュース」については、テイクアウトで100円引きとなります。

他のドリンクは店内価格と同じですが、全て持ち帰ることができるようです。また、フードメニューに関してはサンドイッチ類のテイクアウトが可能です。

店内価格と同じ価格での提供ですが、セットでミニサラダがついていても、生野菜は持ち帰ることができません。また、ホットケーキは持ち帰りに対応している店舗もあるようです。

サンドイッチのテイクアウトは夏場は不可

先ほどサンドイッチはテイクアウトできることを紹介しましたが、実は時期が限られています。6月~10月末にかけては湿気が多いことや気温が高くなることから、食べ物の衛生上テイクアウトはできません。

珈琲館で作られているサンドイッチは保存料を使用していないため、傷む可能性があるからです。それだけ新鮮なメニューを店内で提供しているということになります。

ドリンクに関しては、季節関係なくテイクアウトすることができます。

珈琲以外のソフトドリンクも本格的

 (822121)

珈琲館といえば、やはり豆からこだわって淹れられたコーヒーが有名です。しかし、それに負けないくらいソフトドリンクも本格的なものが提供されています。

ここではおすすめのソフトドリンクを3種類紹介します。

抹茶フロスティ

夏季限定で提供されているのが「抹茶フロスティ」(580円)です。フロスティはシャーベットのように細かく砕かれた氷が入った、スイーツとドリンクの中間のような飲み物です。

珈琲館の抹茶フロスティは、京都産の抹茶粉を使用しており、抹茶好きも納得の濃い風味を感じられます。その上に甘めに味付けされた小豆とバニラアイスが乗っています。

最初はスプーンですくいながら食べ、氷がとけてきたらストローでいただきましょう。暑い季節にぴったりの冷たいおすすめドリンクです。

蜂蜜仕立てのレモネード

View this post on Instagram

☆ 珈琲館でホットひと息🍀 初・蜂蜜仕立てのレモネード🍯 ・ 夜ごはん何にしよう… ・ 今日から息子くんが 朝10時〜東進(理想は9時) 14時お昼食べに帰宅 15:30 東進へ 21時帰宅(予定) のルーティン。 修行みたいw でも、1回家に帰れる環境って恵まれてるんだよね。 ずーっと朝から晩まで東進の人のが多いから。 すごいな〜尊敬する✨ もおほとんど学校行かなくていいし 受験終わるまでこのルーティンだから 私もご飯作りとサポート頑張ろ〜o(^-^)o メニューが浮かばない… ・ ・ ・ #取手市#取手#珈琲館 #蜂蜜仕立てのレモネード #メニューが浮かばない

A post shared by Rikko (@rikkotabearuki123) on

ホットでもアイスでも楽しめるソフトドリンクは「蜂蜜仕立てのレモネード」(480円)です。甘い蜂蜜と酸味のあるレモンの相性は抜群で、ほっと一息つきたい時にもおすすめです。

はちみつは栄養がたっぷりで保湿力に優れています。レモンはビタミンCの宝庫であり、免疫力を高めてくれます。この2つで作られたレモネードは美味しいだけでなく、健康にも良いのです。

さっぱりしたい方はアイス、体の芯から温まりたい方はホットがおすすめです。

喫茶店のメロンクリームソーダ

View this post on Instagram

クリームソーダ #珈琲館

A post shared by ゆか (@yuka_f_0207) on

子供だけでなく大人も懐かしいとついつい頼んでしまうのが「喫茶店のメロンクリームソーダ」(500円)です。鮮やかな緑色のメロンソーダに、バニラアイスとチェリーが乗っています。

シュワシュワのメロンソーダが喉を潤してくれ、バニラアイスは疲れた体に染みわたるでしょう。とてもシンプルなドリンクですが、珈琲館のレトロな雰囲気と相まって、昔ながらの喫茶店にいるかのような気分になります。

このようなドリンクが楽しめるお店は少なくなっているので、ぜひ珈琲館でタイムスリップしてみてください。

珈琲館ランチの口コミ

 (822122)

ここまで、珈琲館のランチメニューについて詳しく紹介してきました。これまで珈琲館のランチを食べた事がない人も、食べてみたい料理があったのではないでしょうか。

ここでは実際に珈琲館のランチを食べた事のある人の口コミを紹介します。

家族で好きです

 (822123)

いつも休日のランチと言えば珈琲館です。うちは3世代家族なので、両親も子供も喜ぶ店を見つけるのが難しいです。でも珈琲館はどの世代にも好かれるようなメニューが多いので助かっています。

中でもナポリタンは子供のお気に入りで、少食の息子が1番多く食べられるメニューです。野菜もしっかり入っているので親としても嬉しいです。

両親も珈琲館は懐かしい雰囲気があると楽しそうに過ごしています。ランチに迷ったら珈琲館がおすすめです。(30代・女性)

デザートまで食べてしまいました

 (822125)

ちょっと小腹がすいたからランチを珈琲館で過ごそうと思い、来店しました。どのメニューも美味しそうで、選ぶのに時間がかかりましたが、「珈琲館ハウスサンドランチセット」をいただきました。

サラダやドリンクまでついて1,000円以下で食べられるので、量が少ないのかと思っていたら予想以上にボリュームがあったので驚きました。

小腹がすいていただけだったのに食べるうちに食欲がわいてしまい、デザートにホットケーキまで食べてしまいました。美味しかったです。(20代・男性)

珈琲館でゆったりランチタイム

今回は珈琲館のランチを詳しく紹介しました。食べてみたいメニューは見つかりましたか。

忙しい日の合間に少し休憩したい、休みの日は外でゆっくり外食したいという人はぜひ珈琲館でランチを堪能してみてください。

関連する記事