旅行情報メディア【トリマ】

佐賀県の方言がかわいい!佐賀弁の日常会話・かわいい方言を一挙紹介!

佐賀県の方言がかわいい!佐賀弁の日常会話・かわいい方言を一挙紹介!

2020.09.25

Trima雑学

佐賀県と言えば有名な芸能人、江頭2:50さんやはなわさんなどがいます。はなわさんに至っては佐賀県の歌を出す程で、それもあり有名にもなった佐賀県ですが、佐賀県の方言というのはどのようなものなのでしょうか。九州を始め、佐賀県のかわいい方言を含め紹介します。

目次

  1. 佐賀の方言は九州弁の1つ
  2. 佐賀の方言の特徴
  3. 佐賀弁と呼ばれる
  4. 佐賀地域や唐津地域に分かれる
  5. 佐賀の方言一覧【日常会話】
  6. がばい
  7. おいどん
  8. ひやか
  9. みたんなか
  10. やーらしか
  11. よかよか
  12. すらごと
  13. しゃれぼー
  14. けー
  15. きばっ
  16. 佐賀のかわいい方言
  17. あごたん
  18. かか
  19. おんちょ
  20. めんちょ
  21. いんにゃ
  22. こすか
  23. 佐賀の方言で胸キュン告白
  24. いっちゃん好き
  25. くーすいとーとよ
  26. 佐賀の方言はかわいい九州弁

佐賀の方言は九州弁の1つ

 (820120)

九州弁とは九州地方で使用される方言のことを指し、佐賀県の方言はこの九州弁の一つになります。九州弁は豊日方言、肥筑方言、薩隈方言の3種類に大きく分かれ、佐賀県は肥筑方言に分類されています。

佐賀県の他にも長崎県、熊本県も肥筑地方に分類されています。肥筑方言の全体的特徴として、形容詞の終止形語尾が「か」や、接続助詞に「ばってん」などのよく聞く方言の特徴を持ちます。

他にも、終助詞に「ばい」や「たい」を用いることもあり、特徴的な部分では全体的に耳にしたことがある人も多いでしょう。

佐賀の方言の特徴

 (820121)

九州方言の一つ、肥筑方言については上記で説明した特徴を持ちますが、佐賀県の方言の特徴はどのようなものなのでしょうか。

佐賀県の方言の特徴や、どのような地域でどのような方言が使用されているのか、九州弁でも共通の部分はありますが、佐賀弁独特の特徴や、佐賀県内で方言についてどのような違いがあるのか紹介していきます。

佐賀弁と呼ばれる

 (820122)

佐賀県の方言のことは一般的に佐賀弁と呼ばれ、佐賀市の方言を主に指しています。佐賀弁の特徴として、連母音融合というものが強く目立ちます。例えば「買い物」が「きゃーもの」となったりします。

他にも「すいか」を「すぃーか」「しーか」などにもなります。このような連母音融合は聞きなれている言葉はあるものの、あまり聞きなれない言語は理解に苦しむかもしれません。

他にも、尊敬を表す際には、「んさる」という方言が語尾についたりします。

佐賀地域や唐津地域に分かれる

 (820123)

佐賀弁は主に佐賀市を表していると伝えましたが細かく言うと南部、北部、東部の3か所に分かれています。南部の佐賀地区方言(佐賀弁)、北部の唐津地区方言(唐津弁)、東部の田代地区方言です。

またその中から、東部や西部、多くの市によって分かれています。同じ佐賀県でもここまで大きく違うと、どの方言がどのようなニュアンスを持つのか把握するのは厳しい可能性もあるでしょう。

上記で記した佐賀弁の特徴と同様で、佐賀弁は特に連母音融合が全般的に著名で分かりやすいことが特徴です。

佐賀の方言一覧【日常会話】

上記で佐賀弁の特徴について紹介しまいした。では、佐賀県で主に使用されることが多い日常会話内の方言はどのようなものがあるのでしょうか。

佐賀を主題にした「がばいばあちゃん」という本があるのはご存知でしょうか。この本もかなりの人気を受け、佐賀県の方言も一般的に知られるようになったでしょう。

しかし、中には、まだ知られていない、意味が分からないという方言も多くあります。日常的に使用される方言を紹介しますので、ぜひ参考にして、佐賀弁について学びましょう。

がばい

「がばい」と聞いた時、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。佐賀弁でのがばいという方言の意味は「とても」や「非常に」という意味を含みます。

この方言を使用する際の状況として、形容詞で使用はされません。時や場所、状態などを表す副詞で使用されます。

例文として「今日はがばいひやか」や「あそこの店にがばい大きかいちごがあった」などになります。「今日は非常に寒い」「あそこの店にとても大きないちごがあった」と訳されるでしょう。

おいどん

歴史をテーマとした映画やドラマなどで聞いたことはないでしょうか。佐賀県の歴史的人物と言えば大隈重信ですが、「おいどん」という言葉を聞いて浮かぶのは西郷隆盛ではないでしょうか。

西郷隆盛は鹿児島県出身ですが、佐賀弁を使用していたというわけではなく薩摩藩特有の方言として使用されていたようです。

「おいどん」は男性が使用する一人称の表現です。「おいどん」の他に「おい」と言う人もいるでしょう。女性の場合は「うち」や「うったち」と言います。他にも「あたい」「あたいたち」と言う人もいるようです。

ひやか

「がばい」という方言の部分で少し紹介しましたが、「ひやか」というのは「寒い」「冷たい」という意味を持っています。

例文では「きゅーわほんなこてーひやかない」という風に使用され、意味は「今日はとても寒い」になります。「ひやか」の後に「ない」がつくと、まるで「寒くない」という意味にも捉えられますが、佐賀弁の特徴ではないという場合は「なか」という形容詞が使用されます。

寒がりは「ひやひやこーず」と言われるようです。

みたんなか

「みたんなか」という方言は佐賀弁で「みっともない」という風な表現をしています。同じ意味で「みたんねー」という人もいるようです。同じ佐賀弁でも方言が少し違う唐津でも使用されることは多いでしょう。

佐賀弁を普段聞かない人だと、みたんなかというのは「見たくない」という風に捉える人も多いでしょう。そのため、「みたんなか」と聞くと見たくないのかなと感じるでしょうが、それは「みっともない」という意味だと覚えておくと良いです。

やーらしか

「やーらしか」という方言は、聞く人によっては「いやらしい」や、これこそ「みっともない」というイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、佐賀弁で使用される「やーらしか」には「かわいい」「かわいらしい」という意味があります。おばあちゃんなどが赤ちゃんを見て「やーらしかー」と笑顔を向けているのは、赤ちゃんが可愛いと愛でているためでしょう。

佐賀弁の「やーらしか」という方言は、アニメの「ゾンビランドサガ」の影響により一際全国に広がったこととしても有名です。

よかよか

「よかよか」という方言は雰囲気や使用される感じから分かる人も多いでしょう。そして、こちらの方言も佐賀県のみではなく、多くの県でも使用されています。

「よかよか」という方言は、「いいよ」「気にしないで」という意味を持ちます。例文では「やらんでよかよかー」や「よかよー」などです。

よくお年寄りなどに何かをしてあげたいと思い、すると「よかよかー、そんなことせんでー」と言う言葉が浮かぶことはないでしょうか。

そのようなイメージを持っていただくと分かりやすいでしょう。他にも了承する意味を含めて「よかよか」と使用することもあるようです。年齢や地域によっても違うでしょうが、頻繁に使用されます。

すらごと

「すらごと」という方言の意味は嘘という意味があります。他にも嘘同様「虚言」や「絵空言」という意味を用います。絵空事というのは物事に虚偽、誇張の多いことを指します。

こちらの方言は佐賀弁でも使用されますが、福岡県の方でも使用されることがあるようです。佐賀市では「すらごと」という方言を用いることも多いようですが、唐津弁では「すらごつ」という場合もあります。

すらごつという方言は長崎県の方でも使用されているため、「すらごと」「すらごつ」という方言は佐賀県特有というわけではなく、九州地方特有の方言なのかもしれません。

しゃれぼー

「しゃれぼー」という方言は「おしゃれをしている」という意味になります。しかし、ここで注意が必要なのは、おしゃれをしていると言っても褒めているわけではありません。

どちらかというと批判している意味になります。おしゃれをしているという他に「めかしこんでいる」という意味も持ちます。

佐賀県内の中では「おしゃれな人」という意味で「しゃれぼー」と使い、上記のめかしこんでいるなどの場合には「しゃるっ」という方言を使用する地域もあるようです。

けー

「けー」という方言は、多く用いられる意味としては「来い」と呼ぶ際に使用されます。例文として、「こっちこんけー」、意味は「こっちへ来い」という意味になります。

しかし、他にも「けー」を使用することもあり、その場合は「けん」「けんが」「け」同様に接続助詞として使用されます。原因や理由の順接確定「~から」という場合に「けー」は使用されます。

佐賀弁の多くは最初の「来い」という意味を成す方言であることが多いのではないでしょうか。

きばっ

この「きばっ」という方言は「頑張れ」という応援の意味を表しています。佐賀県ではないですが何かの試合などで「きばってこ!」という根気を入れる際に叫んでいるという場面を聞いたこと、観たことはないでしょうか。

これと同じような意味になり、佐賀弁でも「きばっちゃりー!」という方言は「頑張ってー!」という応援になります。この「きばっ」に関しては一般的に知られていることも多いため理解できる人も多いのではないでしょうか。

佐賀のかわいい方言

前述では日常的に使用される佐賀弁について紹介していきました。次に紹介しますのは、可愛い佐賀県の方言です。方言は、男性が使用しても、女性が使用してもどの年齢の方が使用したとしても、愛くるしさや可愛さを兼ね備えています。

意味はまた別として、何となくのニュアンスでも人気のある方言というのは多く存在します。佐賀県が使用する方言の中で可愛いと言われる方言を紹介していきます。

あごたん

「あごたん」とは、顎のことを指します。他にも「あごた」とも言うようです。顎を使用した動作のことを表す際に「あご」という単語を使用します。

例えば「おしゃべりする」は「あごたんたたく」や、話し方が巧みであるということや、自己主張がはっきりとしていることを意味する「弁が立つ」というのは「あごたんのきいとつ」と表現します。

佐賀県では口数が多いということは美徳と捉えられないため、「あごたんのきいとつ」と言われた際、決して褒めてているというわけではないため、注意しましょう。

かか

「かか」と言えば「お母さん」というイメージを持つ人が多くいるでしょうが、実は佐賀弁での「かか」というのは「妻」という意味を表しています。

富山県などでは「かか」という方言は多くの人が浮かぶ「お母さん」という意味を持っているため、その点を間違えないように注意する必要があるでしょう。

かかと言う地域は他にもあるため、その地域によってどのような意味を持つか把握しておくことが会話を進めるにあたって必要になるのではないでしょうか。

おんちょ

「おんちょ」という方言は使用される機会など少ないでしょうが、可愛い方言の一つとして紹介します。おんちょとは「雄」という意味を指しており、使用されるとするならば「この犬は雄だな」などの会話に組み込まれるくらいではないでしょうか。

上記の例文を方言として表すと「こん犬はおんちょや」となるわけですが、意味自体は可愛いことを言っているというわけではありませんが、おんちょという方言自体は何だか可愛いような気がしないでしょうか。

めんちょ

「おんちょ」が雄という意味を示すように、雌を表す方言もあります。雌を意味する方言は「めんちょ」です。おんちょと似ています。

おんちょで紹介した例文同様で、「おんちょ」という部分を「めんちょ」に変えてみましょう。「こん犬はめんちょや」です。

おんちょやめんちょなど、初めて聞く人には何のことを言っているのか分からないこともあるでしょうが、聞きなれてくると、少し愛着が湧くような可愛い方言でしょう。

しかし、意味を知る事で使う頻度やその場の雰囲気を考え、可愛い方言であっても頻繁に使用することは控えた方が良いでしょう。

いんにゃ

「いんにゃ」というのは、強く否定する際に使用されます。通常の否定の場合は「うんにゃ」と使用することが多いようです。

「いんにゃ」や「うんにゃ」という方言は、何か愛らしい感じもして、可愛い雰囲気を持っていますが、「いんにゃ」という方言が出た際は、相手から強く否定されている、使用する際には相手を傷つけるかもしれないという意識を持ちましょう。

例文として「いんにゃて言いよろーが!」というものがあります。これは見ても聞いても分かるように相手を怒らせています。注意してください。

こすか

「こすか」という方言は「ずるい」という意味を持ちます。「こすかねー」や「こすいわ」など、相手にずるいよと伝える時に使用されます。

しかし、ずるい人だと伝える際には「こすか人」と言うのではなく、少し方言が変化し、「こすてん」と言います。「こすてん」と言われた際には何のことか分からないという人も多いでしょうが、豆知識として入れておくと良いでしょう。

「こすか」という方言は佐賀弁のみではなく、博多弁でも使用され、ずるいという意味以外にもせこい、わるがしこい等も含みます。

佐賀の方言で胸キュン告白

今多くの男性、女性から人気のある方言ですが、一番キュンっとくる方言と言えば、熱い思いを伝える「告白」ではないでしょうか。

どの方言だとしても、その方言を使用した告白はハートに響きます。方言の一番人気と言えば東北や九州です。その九州の中に佐賀県も含まれています。

では、佐賀県の方言を使用した告白とはどのようなものなのでしょうか。少ないですが紹介していきます。少し雰囲気を変えるためにも一度使用してみてはいかがでしょうか。

いっちゃん好き

「いっちゃん好き」という意味は皆さんも想像ついているでしょうが、「一番好き」という意味を持っています。「君の事が一番好きだよ」という告白自体キュンっときますが、これに方言が加わるだけで、キュン度が増すのではないでしょうか。

他にも「あんたがいっちゃんかっこよか」という言葉もいかがでしょうか。女性から笑顔で「行っちゃん好き」「いっちゃんかっこよか」と言われた際にはこちらが惚れてしまいそうです。ぜひ、試しに使用してみてください。

くーすいとーとよ

「くーすいとーとよ」という方言は、「くー」の部分がとてもという意味をしており、「すいとー」は「好き」という意味になります。

男性が使用する際には、語尾が変わり、「すいとーばい」という風になります。「あなたのこと、とても好きだよ」という言葉は口にすると少し真面目な感じもあって恥ずかしいものです。

恥ずかしいという気持ちを少しでも和らげるために、佐賀県の方言を使用して気持ちを伝えるとまた可愛さも増し、照れ臭い気持ちも隠せないでしょうか。

佐賀の方言はかわいい九州弁

 (820124)

いかがだったでしょうか。佐賀の方言を始め、九州弁は東北とはまた違う雰囲気を持ちます。日常で使用する方言はもちろん、あまり使用することはないけれど、可愛い方言など、使用してみたくなるような気持ちになるのではないでしょうか。

会話でも活かしてみたいという人もいれば、佐賀県の人から告白されたい、方言を使用して少し緊張などを和らげたいという人にもおすすめです。

ぜひ佐賀県の方言をもっと自分のものにして、佐賀県への旅行や友人と話す際であったり、告白などにも使用してみてください。

関連する記事