旅行情報メディア【トリマ】

北九州の方言は博多弁と違う?可愛い方言や面白い方言を徹底解説!

北九州の方言は博多弁と違う?可愛い方言や面白い方言を徹底解説!

2020.09.25

Trima雑学

福岡と言うと博多弁が有名ですが、北九州市を中心に使われている北九州弁も可愛いと話題です。北九州弁と博多弁の違いとは?両者の違いや北九州の方言一覧を徹底解説!面白い方言や告白のフレーズ、可愛い方言も見ていきます。ぜひ一緒に学んでいきましょう。

目次

  1. 北九州の方言がとても可愛い!
  2. 北九州の方言の特徴
  3. 北九州弁や小倉弁と呼ばれる
  4. イントネーションが緩やか
  5. 北九州の方言は博多弁とは違う?
  6. イントネーションの違いがある
  7. 語尾が違う
  8. 北九州の方言一覧【日常会話】
  9. なおす
  10. しゃあしい
  11. ぞろびく
  12. からう
  13. しゃっちが
  14. みずや
  15. いっちょん
  16. はわく
  17. はらかく
  18. すかん
  19. 北九州の方言一覧【可愛い方言】
  20. ~ちゃ
  21. なんち?
  22. ~やけ
  23. じゃいけん
  24. ~ちよ
  25. 北九州の方言一覧【面白い方言】
  26. あじご飯
  27. はがいい
  28. ほげる
  29. こまめる
  30. 青じみ
  31. 北九州の方言で告白
  32. 好きなんちゃね
  33. 好きやけ
  34. 北九州の方言は可愛すぎる!

北九州の方言がとても可愛い!

 (839420)

方言とは、標準語に対して特定の地域で話される言葉を指します。全国にある様々な方言の中で「かわいい」と人気があるのが、広島弁や京都弁、博多弁や大阪弁です。どの方言にも独自の特徴があり、イントネーションやアクセントが異なるのが特徴的です。

そんな数ある方言の中に北九州の方言という括りがあるのをご存じでしょうか?九州では博多弁や鹿児島弁などさまざまな方言がありますが、九州全体をまとめて九州弁、福岡の中でも北九州市を中心とした北九州弁というのもあります。

今回は、北九州の方言に注目!博多弁との違いや、北九州の代表的な方言を解説していきます。可愛い方言・告白のフレーズ、面白方言も見ていきましょう。

北九州の方言の特徴

 (839431)

まずは、北九州の方言にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。北九州とは、福岡の北部にある市です。小倉市、門司市、戸畑市、八幡市、若松市が合併し、政令指定都市として確立した九州最北端の都市です。福岡市に次いで人口が多い町で、九州の玄関口として栄えてきました。

福岡=博多のイメージが強い人も多いですが、北九州市は国家戦略特別区域にも指定されており非常に重要な都市です。北九州の方言とは、福岡県北九州市を中心に話されている言葉で、博多弁とは若干異なると言います。

北九州弁や小倉弁と呼ばれる

 (839432)

北九州で話されている方言は、略して北九州弁、または北九州市の中心部の地名から小倉弁と呼ばれることもあります。豊日方言の一つで、宮崎県や大分県の仲間と言えます。

また福岡県内では略して北九弁と呼ばれることもありますが、福岡市民から言われるとあまりいい気はしないとか。「北九」と言われると「馬鹿にされている」と感じる市民も多いと言います。

大学名に「北九州」がついている「北九州市立大学」などでは略して「北九大」と昔から呼ばれています。

イントネーションが緩やか

 (839433)

北九州の方言は、どちらかと言うと標準語に近く、イントネーションが緩やかだと言います。平坦に発音することが多く、イントネーションだけ見ると県外に方でも聞き取りやすいでしょう。

大分の方言も北九州弁に近く、東京式のアクセントが使用されています。ただし「~ちゃ」などの特徴的な語尾がつく表現は、語尾が高くなりやすい傾向にあり、アクセントが若干異なります。

北九州の方言は博多弁とは違う?

 (839434)

北九州市も福岡市も同じ福岡にある県です。福岡市では、全国的にも人気が高い博多弁が話されていますが、両者には具体的な違いがあるのでしょうか?

そもそも九州は3つの方言に分けられています。豊日方言(豊前、豊後、日向)、肥筑方言(筑前、筑後、肥前、肥後)、薩隅方言(薩摩、大隅)です。北九州弁は、先ほども言ったように豊日方言に分類していますが、博多弁はほぼ筑前(肥筑方言)に分類されいるのです。

同じ県でありながら別の方言に所属しているため、北九州弁と博多弁には異なる点が存在しています。ここからは、両者の違いを具体的に説明していきます。

イントネーションの違いがある

 (839485)

1つ目の違いはイントネーションです。北九州弁はほとんど平坦で、東京式アクセントが使用されています。もちろん東京のアクセントと異なる点もありますが、比較的共通語と変わらないイントネーションと思っていて良いでしょう。

博多弁においては、独自のイントネーションを展開しており、尻上がりで語尾が上がったり、長く伸ばされたりと北九州弁にはない特徴があります。

語尾が違う

 (839486)

語尾にも違いがみられます。北九州弁では、「~っち」「~っちゃ」という語尾が特徴的ですが、博多弁では「~と?」「~たい」という語尾がよく使われています。

とは言え、初めて聞く方からすれば区別は難しいでしょう。県内の人は、その語尾やイントネーションを聞けば、どこの出身なのかわかると言います。

北九州の方言一覧【日常会話】

さっそく北九州弁を学んでいきましょう。まずは日常会話編からです。中には標準語で使われている言葉もありますが、意味は全く違うとか。発音やイントネーションは、こちらの動画も参考になりますので確認してみてください。では見ていきましょう。

なおす

「なおす」とは標準語では病気を「治す」「訂正する」「物を修理する」などの意味がありますが、北九州では全く違う意味で使用されています。「元の場所に片づける」「しまう」などの意味になります。

たとえば「この本なおしとって」と言うと「この本片づけといて」という意味。初めて聞くと、本が壊れているの?と思ってしまいますが全く違う意味ですので気を付けてください。

しゃあしい

「しゃあしい」「じゃかあしい」とは「うるさい」「騒がしい」という意味です。相手の言ったことが分かりにくい時にも使用されます。

たとえば「今日はしゃあしいな」と言うと、「今日は騒がしいな」という意味。「せからしい」も同じ意味で使われており、日常的によく使われている言葉です。「しゃあしい」は人に対してだけでなく物に対しても使えますが、「せからしい」は人に対してのみになります。

博多弁でもよく使われる言葉です。

ぞろびく

「ぞろびく」という方言は初めて聞く人も多いのではないでしょうか。北九州では、裾が長いズボンが地面についたまま歩いている状態のことを意味しています。いわゆるズボンの裾を引きずっている状態のことです。

ズボンの裾上げなどで「ぞろびかないよーに」と言うと、「裾を引きずらないように」という意味になります。たとえば「ぞろびーとーよ」と言うと、「ズボンの裾引きずってるよ」という意味です。相手に対して注意してあげる時、裾が長すぎる時などに使われます。

からう

「からう」もしくは地区によっては「かるう」と言う場合もあります。意味は「背負う」です。リュックやランドセルなどを背負う時に使われます。たとえば「はよランドセルからって」と言うと「早くランドセル背負って」という意味になります。

もちろんランドセルやリュック以外にも、背中に背負うものがある時に使用できます。

しゃっちが

「しゃっちが」も年代問わず多くの方が使う方言です。意味は「いつも」「決まって」「しょっちゅう」などになります。相手に対して「しつこい」と伝えると時にマイナスの意味合いで使うことも可能です。通常はその人の習慣などを表す際に使用します。

たとえば「飲みいくとしゃっちがビール飲みたがるね」と言うと、「飲みに行くといつも決まってビール飲みたがるよね」という意味になります。また「しゃっちが言わないでもわかるやろ」と言うと、「いちいち言わなくてもわかるでしょ」というマイナスな意味になります。

みずや

「みずや」は方言というより昔使われていた言葉だとか。北九州弁では日常で使われる方言として知られています。意味は「食器棚」。食器を保管している場所のことです。

例文を見ていきましょう。「みずやになおしとって」と言うと「食器棚に片づけといて」という意味になります。漢字で書くと「水屋」になります。

いっちょん

「いっちょん」は北九州だけでなく九州の広い範囲で使われています。意味は「少しも」「全く」「全然」などの否定形です。

たとえば「いっちょんわからん」と言うと「ちっともわからない」という意味になります。「いっちょん」という言葉からは柔らかいイメージを与えますが、意味は全否定になりますので、使用する際には気を付けてください。

はわく

「はわく」は掃除する際に使われる言葉です。意味は「掃く」。ホウキ等で履く時に使います。たとえば「そこはわいとって」と言うと「そこ掃いておいて」という意味になります。

掃除する際には欠かせない言葉!日常的に男女問わず使われており、学校等では先生から「はわいといて」と頼まれることも多いです。

はらかく

広島や山口などでよく使われる「はぶてる」という方言をご存じでしょうか?意味は「ふてくされる」「膨れる」になりますが、「はらかく」はそれよりも強い意味合いで使われています。「怒る」という意味で、怒りの程度は「はぶてる」よりもかなり強いと言えます。

たとえば「昨日デートすっぽかされてはらかいとうんよ」と言うと「昨日デートすっぽかされて怒っているの」という意味になります。「はらかいてる」と聞くと相手はかなり怒っていると理解して良いでしょう。

すかん

「すかん」は西日本でよく耳にする方言です。漢字で書くと「好かん」になり、「嫌い」「好きじゃない」を意味する言葉です。食べ物や洋服などのも物に対してはもちろんですが、人に対しても使えます。

有名なのが「いっちょん好かん」で、意味は「少しも好きじゃない」になります。「大嫌い」と言いたい時には「好かん」の前に「バリ」をつけて「バリ好かん」と表現します。

北九州の方言一覧【可愛い方言】

北九州の方言と言えば、強いイメージがある人も多いでしょう。標準語とアクセントやイントネーションはさほど変わりませんが、感情に関する方言は別だとか。時には「怖い」「柄が悪い」という印象を持たれがちな北九州弁ですが、もちろん可愛い方言もたくさんあるんです。

北九州の特徴的な語尾と言えば「~ちゃ」。とにかく何にでも「~ちゃ」をつけて表現し、その語尾が非常に可愛いと男性からも人気があります。その他にも可愛い方言はたくさんありますので、具体的に紹介していきます。「~ちゃ」の発音はこちらの動画が参考になります。

~ちゃ

「~ちゃ」は北九州の方言の代表的な語尾と言えます。北九州弁と言われて一番に思いつくのが「~ちゃ」!語尾につけることで、軽い強調を表現できます。人によっては「~っちゃ」と発音する方も。意味は「~だよ」です。「そうそう」と相手に協調したい時は「そうっちゃ」、「そうなんだよね」は「そうなんちゃ」になります。

「~ちゃ」は北九州市に行けば誰もが使っている語尾。会話の中にも何度も出てくる特徴的な方言と言えます。たとえば「やっぱりここが一番っちゃ」と言うと、「やっぱりここが一番いい」という意味になります。

なんち?

「なんち?」は相手が言ったことが聞き取りにくかった場合、意味が分からなかった時に聞き直すために使う言葉です。意味は「何って言ったの?」「何て?」になります。質問形ですので語尾を上げて発音しましょう。

たとえば「え?なんち?」と言うと「え?何って言ったの?」という意味です。「なんち?」と言われたら相手は先ほど言ったことを再び説明してくれます。ただし東京などの関東圏では意味が通じにくいでしょう。

もう少し強い表現をしたい場合には「何かちゃ?」が使われます。たとえば「お前何かちゃ?」と言うと「お前何なんだよ」という意味になります。

~やけ

「~やけ」を始め、「~やけん」「~けん」「~け」など、その前にくる言葉によって変形します。意味は「~だから」「~なので」です。活用しない品詞は「~やけん」「~やけ」と前に「や」がつくのが特徴的です。

理由や原因を表す時に使われ、たとえば「明日忙しいけおそなる」と言うと「明日忙しいから遅くなる」という意味になります。

また強意を表す際にも使われ、「勉強するけぇ」と言うと、「これから勉強するからね」という意味になります。

じゃいけん

「じゃいけん」は標準語で「じゃんけん」のことです。「じゃんけん」は地域によっても掛け声が異なり、やり方も様々です。北九州市では「どっこいしー」と言ってじゃんけんするとか。「どっこいしー、しー、しー」と早口で掛け声をかける時もあります。

「じゃんけんしよ」と言う代わりに「じゃいけんしよ」と言ってみて!初めて聞く方からは驚かれるでしょう。

~ちよ

「~ちよ」「~っちよ」は誰かから聞いた情報を伝える時に使います。意味は「~らしい」になります。たとえば「明日は晴れるっちよ」と言うと、「明日は晴れるらしいよ」という意味になります。

人に聞いた情報なので、確実な情報ではありません。曖昧な情報を伝える時に便利な方言です。

北九州の方言一覧【面白い方言】

可愛い方言を見てきましたが、そのほとんどが語尾に集中しています。「~ちゃ」を始めとする可愛らしい語尾は、ぜひとも取り入れて日常的に使っていきたいものです。

かわいい方言の次は面白い方言を見ていきましょう。初めて聞く方は意味が分からない言葉も多いでしょう。こちらも意味を考えながら見ていくと面白いです。画像の発音も参考にしながらご覧ください。

あじご飯

「あじご飯」と言うと、通常鯵の炊き込みご飯や、鯵がのったご飯を想像しますが、北九州では少し意味が違います。北九州では「あじご飯」の「あじ」は「味」のこと。

要は「あじご飯」とは「味がついたご飯」になります。「鯵の炊き込みご飯」に限定されることなく、炊き込みご飯を始めとする味がついたご飯を指します。もちろん赤飯や筍ご飯も「あじご飯」の1種になります。

「あじご飯食べたいっちゃ」と言うと、「あじのついたご飯が食べたい」という意味になります。

はがいい

九州各県や、四国などでもよく使われる「はがいい」は、「もどかしい」「歯痒い」という意味です。「悔しい」「腹立たしい」といった強い意味合いもあり、「はがいい」の言い方によって怒っている度合いを示すことができます。

「はがいーーーーーーー!」としっかり伸ばせば、相手にも怒っていることが伝わるでしょう。たとえば「いっちょんできんきはがいい」というと「まったくできないから悔しい」という意味になります。

ほげる

「ほげる」は衣類になどに「穴が開く」こと。他動詞になると「ほがす」になります。基本的には衣類のみに使われています。たとえば「お気に入りのシャツがほげたー!」と言うと「お気に入りのシャツに穴が開いた」になります。語尾に「~ちょ」をつけて「ほげちょー」と言うのもおすすめ!

「~ちょ」をつけると言葉の印象がより可愛らしくなり、悲しい気持ちも伝わりやすいでしょう。

こまめる

「こまめる」は「両替する」と言う意味。「細かくする」という言葉がなまって「こまめる」になりました。基本的にはお金を両替する際に使われます。漢字を想像すればなんとなく意味が読み取れる方言ではありますが、特に関東圏の方には伝わりにくい言葉です。

たとえば「これこまめてもらえますか?」と言うと「これ細かいお金に両替してもらっていいですか?」という意味になります。店頭でもよく使う言葉ですので、しっかり覚えておきましょう。

青じみ

つづいては「青じみ」を紹介していきます。その言葉から「青い染み」を想像する方も多いでしょう。なんとなく言葉をイメージしていくと意味も読み取りやすいのではないでしょうか?北九州では「青あざ」という意味です。ケガをしたりして青あざができた際に使われます。

青あざは地域によってさまざまな言い方をします。「あおじ」「あおたん」「ぶんず」など・・。地域別の言い方を調べてみるのも面白いものです。では「青じみ」を使った例文を見ておきましょう。

「青じみができて痛い」と言うと「青あざができて痛い」という意味になります。

北九州の方言で告白

少し前に北九州のかわいい方言を紹介しましたが、かわいいの代表と言えばやはり告白のフレーズです。各方言には特徴的な告白表現がありますが、北九州のそれもキュートで男性ウケ抜群だとか。

また北九州の”かわいい”を代表する人物と言えば、木下ゆうかさん。大食いのYouTuberで、北九州弁丸出しで動画を紹介している女性です。彼女の可愛い北九州弁はこちらの動画でチェック!発音やイントネーションもチェックしながらご覧ください。

では、かわいい告白のフレーズを見ていきましょう。

好きなんちゃね

1つ目はストレートに好きと伝えるフレーズから見ていきましょう。北九州弁では、「~ちゃね」という語尾もよく使われます。「好きなんちゃね」とは「好きなんだよ」という意味。女性から「好きなんちゃね」と言われたら男性陣はキュンとさせられること間違いなし!

恥ずかしそうに少しうつむき加減で気持ちを伝えれば、相手にもきっと伝わることでしょう。

好きやけ

「~やけ」とは「~だから」という意味です。よって、「好きやけ」と言うと「好きだから」という意味になります。たとえば「好きやけ付き合っちゃらん」と言うと「好きだから付き合ってください」という意味になり、男性からの告白にもぴったりなフレーズになります。

ストレートに気持ちを伝えて、付き合って欲しいと言うのが一番!いつもとは違う方言で異性の気持ちを掴んでみましょう。

北九州の方言は可愛すぎる!

 (839487)

北九州の方言は主に福岡の北九州市を中心に使われており、博多弁と似ている点も多いですが語尾やイントネーションは異なります。「~ちゃ」などの可愛い語尾が特徴的で、胸キュンさせられること間違いなし!

告白にもおすすめですので、ぜひ使ってみてください。

関連する記事