旅行情報メディア【トリマ】

福島の方言は特徴的でかわいい!方言一覧と胸キュン告白フレーズ!

福島の方言は特徴的でかわいい!方言一覧と胸キュン告白フレーズ!

2020.09.23

Trima雑学

福島の方言は、とにかくおもろしく、そして可愛いです。一口に福島の方言と言っても、浜通りなどの地区によって若干の違いがあります。その違いや、福島の方言の特徴、そして日常で使われる方言についても解説いたします。ぜひチェックしてください。

目次

  1. 福島の方言は特徴的で可愛い!
  2. 福島の方言は色々ある?
  3. 浜通り方言
  4. 中通り方言
  5. 会津弁
  6. 福島の方言一覧
  7. あがし
  8. うだでー
  9. おっきょる
  10. かがらし
  11. きめっこ
  12. くさし
  13. こえー
  14. まてー
  15. へでなし
  16. 福島の方言【日常会話】
  17. んだ
  18. いだましい
  19. おもしー
  20. まっと
  21. だいじけ
  22. 福島の方言での告白は可愛い!
  23. づきあわね?
  24. 好きだっちゃ
  25. 付き合ってくんち
  26. 福島の方言は可愛いものばかり!

福島の方言は特徴的で可愛い!

 (786042)

日本にはさまざまな方言がありますが、なかでも福島は珍しい、そして一度聞くと耳に残ってしまう方言がたくさんあることをご存知ですか。

福島は海が綺麗で、魚介類が美味しいスポットとして有名な観光地なので、いつかは行ってみたいと思っている人が多いはずです。長野県に行く前に、この地の方言を覚えて足を運んでみてください。

そうすれば、楽しみ方もより広がります。

福島の方言は色々ある?

 (786043)

一口に福島の方言と言っても、実は福島の中でも3つに分けることができます。極端に違うというわけではありませんが、よく聞けば3つの場所での方言の違いは分かります。

しかし、福島県にに住んでいる人に言わせれば、この3つの地域では方言が全く違うと思っています。まずは、それぞれ3つの地域では方言に違いがあることを知っておきましょう。

浜通り方言

 (786044)

浜通り方言とは、福島の浜通りと呼ばれる地域で使われている方言です。かなり昔から福島で使われている方言ですが、福島の中でもかなり濃い独特感が強い方言です。

難しい方言については、年配の人は今でも使用していますが、若い人は少し離れている傾向もあります。ただ、女性が使うととてもかわいく聞こえる方言です。

ただ、初めてこの場所を訪れた人は、本当に何を話しているのか分からなくなるでしょう。それだけなまりが強く、更には独特の言い回しなのです。

聞いたことがない単語もたくさん出てきます。

中通り方言

 (786057)

では、中通り方言はどうでしょうか。中通り方言も昔ながらの方言が残っている地域です。

例えば「あっぽや」とは「トイレ」のことを示しています。こうした方言を聞くと標準語とは大きく違うことが分かるでしょう。

現在でもはっきりと語源が分からないような言葉を年配の人は使っています。昔から使ってきた言葉なので、その方言を使っている人は違和感はないかもしれませんが、初めて聞く人はかなり強い違和感があります。

会津弁

 (786058)

会津弁は、福島の方言のベースとなった言葉と言われています。もちろん、昔から残る方言もたくさんありますが、最近では標準語と使い分けて話す若者も多くなりました。

会津弁は分類としては、南奥羽や東北の方言に分類もされます。会津弁とは言えば東北弁の代表的な言い回し、いわゆるずぅずぅ弁と言われる言葉です。

また、それ以外にもおそらく聞いたことがある方言がたくさんあります。福島と言えば、多くの人はこの会津弁を一番最初にイメージするでしょう。

そうしたことからも、この会津弁は、全国的に有名で知名度がかなり高いです。

福島の方言一覧

それでは福島の方言をご紹介します。数ある福島弁の中でも、良く耳にする方言を一覧にしました。

聞いたことがあるという方言から、初めて聞いたという方言まであるでしょうが、どの方言も独特感があります。なかには思わず笑みがこぼれてしまいまいそうな言い回しもありますので、ぜひご確認ください。

あがし

「あがし」とは、「明かり」です。なぜこうした訛りになってしまったのかは不明ですが、何となく意味が分かるような方言ではないでしょうか。

「暗ぐなってきかがらあがしをつけてけろ」という具合に使います。何となく東北弁という雰囲気が感じられるはずです。

しかし、こうした福島弁は暖かさを感じさせてくれる方言であることは間違いありません。また、少しきつい言葉に聞こえるかとしれませんが、女性がこの「あがし」と言う方言を使えば、なんとなく可愛さを感じさせてくれるのです。

うだでー

「うだでー」は間違いなく初めて聞いたという人が多いでしょう。かなり独特な方言ですが、この「うだでー」とは「気味が悪い」や「憂鬱」というときに使用します。

「ヘビはうだでー」と言った使い方をします。「ヘビは気味が悪い」と言った意味になりますが、どこからこの方言の言い方がやってきたのかは不明です。

いかにも東北の方言と言った言葉ではないでしょうか。こうした方言を本当に今でも福島の人は使っているのか疑問に感じる人もいるかもしれませんが、若い人も含めて現在でも当たり前のように使われている方言です。

おっきょる

「おっきょる」はとても可愛い方言ではないでしょうか。「おっきょる」とは「折る」となります。

「邪魔な枝があるからおっきょれ」などの使い方となり、「邪魔な枝があるから折れ」と標準語に変換されます。

「折る」という言葉の方が明らかに早く、そして分かりやすい感じはしますが、なぜか東北では「おっきょる」という言葉で使われています。福島弁はとても不思議な一面があります。

かがらし

「かがらし」とは「うっとおしい」や「うるさい」という意味を持っています。こうした意味があることは誰もイメージできないでしょう。

「さっぎがら車の音がかがらしな」という福島弁の使い方になります。標準語になおすと「さっきから車の音がうるさいな」となります。

何となく「かがらし」と聞くとネガティブ方言のように聞こえますが、まさにその通りの意味を持っています。

きめっこ

「きめっこ」と聞くと、子供に使うような言葉に聞こえませんか。実は「きめっこ」とは「拗ねる」という意味です。

「この子はすぐにきめっこする」と言った使い方です。この方言は可愛く聞こえませんか。

カップル同士でも女性に対して使うことがある方言で、女性にこの方言を使ってあげれば喧嘩になりにくように感じます。かなりおすすめの方言です。

また、「きめっこ」は覚えやすい方言でもあるため、ぜひ使ってください。

くさし

「くさし」と聞けば、あまり良い意味ではないことは想像できるでしょう。「くさし」とは「怠け者」という意味があります。

「くさしがいるとさっぱし仕事がすすまねだ」などの使い方になります。意味としては「怠け者がいるとさっぱり仕事が進まない」となります。

何となくこうした意味ではないだろうかとイメージできたでしょうか。怠け者という意味がしっくりと来るのではないでしょうか。

こえー

「こえー」は聞いたことがあるかもしれません。しかし、多くの人がイメージしてしまった「怖い」ではありません。

「こえー」とは、「疲れた」という意味です。なぜ疲れたという言葉が「こえー」になってしまうのかは不明ですが、疲れていることが何となくイメージできるでしょう。

「仕事でこえー」などの使い方になりますが、イントネイションが特徴的です。若い人も使っている「こえー」は、ぜひ覚えてください。

まてー

「まてー」は「丁寧に」という意味です。「仕事はまてーにやれ」と言った使い方です。

「まてー」と聞くと、「待てー」とイメージしてしまいそうですが、全く意味が違います。福島の方言を使うと、全く違う意味で捉えられてしまうことが多いと言われますが、まさにこの方言はその一例でしょう。

聞き方によっては勘違いされてしまうかもしれません。

へでなし

「へでなし」はとても特徴的な方言です。「へでなし」とは「いいかげん」を意味しています。

「へでなしな仕事はやめろ」と言った例文になりますが、これも全く違う意味をイメージしてしまいそうです。完全に意味が分からない方言なら良いですが、何となく標準語に近いような方言が入り混じっているのも福島の方言の大きな特徴かもしれません。

福島の方言【日常会話】

福島の日常会話で使われる方言をご紹介します。次にご紹介する言葉は、疑われるかもしれませんが、本当に福島では日常的に使われている言葉です。

どうしてこういった言葉になったのか不思議に感じる方言もたくさんありますので、ぜひチェックしてください。

んだ

「んだ」は一度は聞いたことがあるでしょう。テレビなどでもこの「んだ」は良く登場する方言です。

福島の方言で日常的に使われる「んだ」は、「そうだ」という意味があります。連続で使用することも多く「んだ、んだ」となれば「そうだ、そうだ」と強調する形になります。

この方言は女性が使えばとても可愛く聞こえます。

いだましい

この「いだましい」は聞いたことがない人が大半でしょう。日本人が良く口にする言葉ですが、意味は「もったいない」となります。

「なんていだましいことをして」という例文になりますが、ここ福島でもこの方言は日常会話で良く使われます。とくに福島の人は物を大切にしていますので、「いだましい」は本当に良く耳にします。

おもしー

「おもしー」はとても簡単にイメージできる福島の方言です。「おもしー」とは「おもしろい」という意味です。

「このテレビはおもしーから観でみで」と言った使い方ですが、「おもしー」の時点で標準語が何なのか分かりそうです。若い人でも当たり前に日常的に使う方言です。

まっと

「まっと」もイメージできませんか。日常的に良く聞くこの「まっと」とは、標準語では「もっと」となります。

「腹減っているならまっと食え」となりますが、なぜ「も」が「ま」となってしまったのかは不明です。しかし、こうした違いこそが、福島の方言という雰囲気が強くなります。

だいじけ

「だいじけ」はどのような標準語が変化したのでしょうか。分かりにくい方言かもしれませんが、これまで福島の方言の変化の仕方を見ればイメージできるかもしれません。

「だいじけ」とは「大丈夫」という意味があります。「あんただいじけ?」という例文になりますが、標準語からの変化の仕方が何となくイメージできます。

この方言も女性が使えば可愛く感じるでしょう。

福島の方言での告白は可愛い!

福島の方言での告白はとても可愛いです。なぜかとても暖かみを感じさせてくれ、相手の気持ちがとても伝わるのが大きな特徴です。

標準語では伝えにくい告白の言葉でも、福島の方言で行えば成功するかもしれません。違和感を感じさせないで福島の方言で告白を伝えるには、まずは練習することが一番なのでしっかりと確認しましょう。

づきあわね?

男性でも女性でも使える福島の方言での告白でおすすめなのが、「づきあわね?」です。単刀直入な表現で、相手にも伝わりやすいと言える言葉です。

もし、男性にこの言葉をかけられれば、素直について行きたいと言う気持ちになるでしょう。また、女性からこの言葉をかけられれば、自分も好きだったと思わず言ってしまいそうになります。

「づきあわね?」と言う言葉は、標準語にも近いですが、標準語よりも直接心に入ってくるような言葉です。

好きだっちゃ

「好きだっちゃ」は、ぜひ女性に言って欲しい告白の言葉です。福島の方言で、この語尾に「ちゃ」が付くのは基本的な言い回しになりますが、とても可愛く聞こえます。

大好きな女性がこのセリフで告白をしてくれれば最高の気分になるはずです。もちろん、そのままのセリフで告白するのではなく、若干アレンジをすればより心に残る告白にさせることができます。

女性はとくに意識はしていないかもしれませんが、男性はこの表現はとても好きです。

付き合ってくんち

この福島の方言もぜひ女性にして欲しい告白の言葉です。「付き合ってくんち」は、他のどの言葉にも似つかないセリフのため、自分だけに言ってくれると言う気持ちにさせてくれます。

「付き合ってくんち」は、「付き合ってください」とお願いするような表現になりますが、決してお願いされるようには聞こえない、ラフでフレンドリーな言葉に聞こえてきます。そのため、女性がこのセリフで告白すれば、かなり身近な存在に感じるのです。

「付き合ってくんち」の他にも、「付き合ってくんちぇ」と言う言い方もありますが、これもとても可愛いです。いずれにしても、福島の方言での告白は女性が使えばかなりぐっときます。

福島の方言は可愛いものばかり!

 (786059)

福島の方言は、全国的に見てもかなり独特感があります。聞いたことがある福島の方言もあったかもしれませんが、ほとんどは初耳でしょう。

また、意味が分からないような標準語とは明らかにかけ離れている方言もたくさんあります。しかし、こうしたことが福島の方言の面白みでもあります。

とくに、福島の方言を女性が使えば、より可愛く聞こえます。どのセリフも可愛く聞こえますが、中でも告白の言葉はぜひ覚えて欲しいです。

関連する記事