旅行情報メディア【トリマ】

長野の方言がかわいい!方言一覧と胸キュン告白フレーズを紹介!

長野の方言がかわいい!方言一覧と胸キュン告白フレーズを紹介!

2020.09.23

Trima雑学

長野の方言と言えば、どのような言葉がイメージできますか。長野の方言は、とにかくかわいいの一言につきます。そのため、長野の方言で告白をすればとても気持ちが伝わる表現になるのです。長野の方言を一覧でご説明しますので、ぜひ覚えてください。

目次

  1. 知らない人も多い!長野にも方言がある
  2. 長野の方言とは?特徴を徹底解説
  3. エリアで異なる方言
  4. 高くなる語尾
  5. 長野のかわいい方言一覧
  6. べと
  7. ずく
  8. めた
  9. さかる
  10. こじくれる
  11. 【日常編】長野の方言一覧
  12. ごうがわく
  13. なから
  14. ごしたい
  15. くれた
  16. あくされる
  17. めたいけない
  18. 【語尾編】長野の方言一覧
  19. ~ずら
  20. ~だら
  21. ~だに
  22. ~かや?
  23. 思わず胸キュン!長野の方言で告白フレーズ
  24. 男性編
  25. 女性編
  26. 長野県の面白い風習「無言清掃」
  27. 長野県の方言を可愛いという男性は多い!

知らない人も多い!長野にも方言がある

 (785460)

長野県にも方言があることをご存知ですか。一般的には信州弁と言いますが、この長野県の方言がとても独特でユニークなのです。

一度聞けば覚えてしまうような方言から、語源はどこから来ているのか不明な方言まで、かなり幅広いのも魅力的です。これからご紹介する方言を覚えて、長野弁デビューしましょう。

長野弁を覚えれば、楽しみも広がるかもしれません。とくに、女性が覚えれば、男性のへのとてもかわいい告白になります。

長野の方言とは?特徴を徹底解説

 (785461)

では、長野の方言はどのような特徴があるでしょうか。知らない人も多いかもしれませんが、長野の方言はエリアによって若干の違いがあります。

また、独特なインパクトのある特徴があるのも、長野の方言の大きな特徴だと言えるでしょう。まずは、特徴を理解して長野の方言を知っていきましょう。

エリアで異なる方言

 (785462)

長野県はとても広いため、エリアによって方言も違いがあります。極端な違いではありませんが、長野県の中でも全く聞いたことがないような使い方をする言葉もなかにはあります。

長野県は北信、東信、中信、南信のエリアに分かれており、それぞれの方言の特徴があります。それぞれが自分のエリアがメインの長野弁だと思いながら使っていますので、違和感なく方言を使い続けているようです。

こうしたエリアによって違いがあることを知るのも面白いです。

高くなる語尾

 (785463)

長野の方言の最大の特徴と言えば、語尾が高くなることではないでしょうか。長野弁を聞いたことがある人なら、標準語とで語尾が大きく異なることが分かるでしょう。

標準語では語尾が下がるのに対して、長野の方言では高くなる傾向がありますので、この違いはとても面白く感じます。この違いにより、女性はなんとなくかわいく聞こえてきます。

長野のかわいい方言一覧

では、長野の方言にはどのような言葉があるでしょうか。とてもたくさんの方言があるなかで、まずはかわいい方言をご紹介します。

若い男性や女性であれば、今すぐにでも使ってみたいと感じる方言ばかりなので、ぜひ覚えて実際に使ってみましょう。

べと

「べと」は初めて聞く人がほとんどではないでしょう。「べと」と聞いても何のことだか分からないかもしれませんが、「べと」とは長野では「土」を現しています。

「べとが靴の裏に付いた」などの使い方がされます。意味が分かれば、何となく語源がどこから来ているのか分かるような気がします。何となく土でもべとべとな土をイメージしてしまいます。

ずく

「ずく」も初めて聞く人が多いでしょう。「ずく」とは「辛抱強い」という意味があります。どこからこの語源が来ているのか全くイメージできませんが、長野県では普段から当たり前のように使われている方言です。

「ずく勉強をする」などの使い方がされますが、辛抱強さよりはダラダラと勉強をしているようにも感じます。

めた

「めた」は若い人でも日常的に使っている長野弁です。「めた」とは実は「とても」という意味があります。

「めたお腹すいた」とは「とてもお腹がすいた」となります。関西圏では「めっちゃ」という方言がありますが、この方言とととても近い使い方のように感じるでしょう。

おそらく関西圏の方言と混ざり合ってできた長野弁ではないかとイメージします。

さかる

「さかる」と聞けば、おそらくどういった意味があるのかイメージできるのではないでしょうか。「さかる」とは「繁栄する」という意味があります。

「さかる」とはつまり「栄える」から来ているのでしょう。「お店がいつまでもさかる」などの使い方をしますが、初めて聞いた人でもおそらくこういった意味だろうとイメージできます。

こじくれる

この「こじくれる」はとてもかわいい方言です。「こじくれる」は「すねる」という意味があります。

女性であればこの「こじくれる」はぜひ使って欲しい長野弁です。「これじくれにでよ」とかわいい聞い方で使えば、相手の男性も機嫌がなおるでしょう。

【日常編】長野の方言一覧

それでは日常的に使われている長野弁をご紹介します。一度も聞いたことがないという方言ばかりですが、長野県では普段の生活で当たり前のように使われています。

ぜひ、次の方言を覚えて長野県で使ってください。違和感なく長野県の人と会話ができるはずです。

ごうがわく

「ごうがわく」とは「腹が立つ」という意味があります。もう少し言えば、とても腹が立った状態を現しています。

使い方としては「ふんとうにごうがわくことがあった」、意味は「本当にとても腹が立つことがあった」なりますが、何となく怒っていることが分かる方言だと感じませんか。日常的に使われている方言のため、長野県に行けばこうした方言が飛び交っています。

なから

長野県の中でも北信や東信で使われているのが「なから」です。「なから」とは「おおよそ」と言う意味があります。

「なから10時に到着します」など、ビジネスの中でも一般的に使用されている方言です。この「なから」はとても便利な言葉のため、ぜひ覚えてください。

ごしたい

若い人であればぜひ覚えて欲しいのが「ごしたい」です。「ごしたい」とは「疲れる」「だるい」という意味があります。

この「ごしたい」は若い人でも日々の生活の中で当たり前のように使われています。「毎日仕事で本当にごしたい」などの使われ方をしますが、若い人が使っていそうだと感じませんか。

学生でも大人でも、そして年配の方でも日常的な方言です。

くれた

この「くれた」はかなり特徴的な長野弁です。「くれた」と聞けば多くの人は「もらった」という意味をイメージするのではないでしょうか。

実は長野県の「くれた」は「あげた」の意味があります。「犬に餌をくれた」などの使い方をしますが、かなり違和感を感じませんか。

こんがらがってきそうですが、長野県では「くれた」は「あげた」です。

あくされる

「あくされる」は、小学校で先生が良く使っていそうな方言です。初めて聞いた人は全くイメージできないかもしれませんが、「あくされる」とは「ふざける」という意味があります。

「あくされないで聞きなさい」などの使い方がされますが、学校で先生が使っていそうです。若い人の会話の中でも登場する方言のため、ぜひ覚えておきましょう。

めたいけない

絶対に意味が分からないのが「めたいけない」です。「めたいけない」と会話の中で出てきても、その人に聞かなければ意味は間違いなく分からないでしょう。

「めたいけない」とは「全然だめ」という意味です。「今日のテストはめたいけない」などの使い方がされ、「今日のテストは全然だめ」という意味になります。

どこから語源が来ているのかとても気になる長野弁です。

【語尾編】長野の方言一覧

それではいよいよ、長野の方言の特徴を示した語尾をご紹介します。長野弁と言えば、やはり語尾にインパクトがあります。

一度聞けば忘れることができない長野の方言、語尾についてご説明いたしますので、ぜひチェックしてください。そして、覚えて実際に使ってください。

~ずら

「~ずら」は、長野県に少し詳しい人なら知っている方言でしょう。「~ずら」とは「~ですよ」というう意味です。

普段の生活でかなりたくさん使われる方言のため、長野県では何の違和感も感じていません。しかし、他県から見ればかなりインパクトが強い語尾にかかる方言ではないでしょうか。

「今日は晴れずら」「仕事は忙しいずら」などの使い方になります。

~だら

「~だら」は「~だよ」となります。「だよ」で良いのではないかと感じますが、それが方言の面白い部分でしょう。

「今日は晴れだら」となり標準語になおすと「今日は晴れだよ」となります。実際に聞いてみるととても面白く感じます。

なぜここまで変化させる必要があったのかがとても気になる方言です。

~だに

「~だに」も日常生活では普通に使われている語尾にかかる方言です。「~だに」は「~だよ」や「~ですよ」となります。

「今日は暇だに」と長野で話せば「今日は暇だよ」という標準語になります。「~だに」もドラマなどでよく聞く方言ですが、実際にどういった場面で使用するのか知らない人が多かったはずです。

~かや?

ぜひ女性に覚えて欲しい長野弁で有名な語尾は「~かや?」です。とても耳触りが良く、かわいく聞こえてしまうこの「~かや?」とは「~かなぁ」という意味になります。

「今日は一日晴れかや?」と長野弁で話した場合、標準語では「今日は一日晴れかなぁ」となります。意味が分からず使っても、とても親しみを感じる長野弁です。

思わず胸キュン!長野の方言で告白フレーズ

それでは、ぜひ男性も女性も使用して欲しい長野の方言の告白フレーズをご紹介します。このフレーズで告白をすれば、かなり心温まる聞こえ方になります。

標準語では気持ちが伝わりにくくても、長野の方言ならしっかりと気持ちが伝わるでしょう。ぜひこれからご説明する男性編、女性編の告白方法を覚えていきましょう。

男性編

男性ならシンプルに長野弁で気持ちを伝えてみましょう。おすすめの長野の方言の男性の告白は「付き合ってくんな」が一番です。

意味はもちろん「付き合ってください」となりますが、長野の方言にすればストレートな気持ちが伝わるように感じます。「こんな」と言うと、少し付き離したような聞こえ方にもなりますが、男性らしい強さは感じさせてくれますので、このストレートな表現の「付き合ってくんな」はかなりおすすめです。

女性が男性に求めていることは、やはり引っ張ってくれる力強い気持ちです。この「付き合ってくんな」は、女性によってはぜひ言って欲しい告白の言葉ではないでしょうか。

女性編

女性あれば、やはりかわいい表現で気持ちを伝えたいでしょう。長野の方言で女性が気持ちを伝える場合、「私のこと、好きだか?」がおすすめです。

標準語になおすと「私のこと、好きなの?」となりますが、女性らしくてかわいさをしっかりと感じます。なんとなくほっこりとした気持ちになるのもおすすめのポイントです。

また、「しょうしいけど好きだよ」もおすすめです。「恥ずかしいけど好きだよ」となりますが、これも女の子っぽいイメージが強くなりますのでおすすめです。

長野の方言はできれば女性に使って欲しいです。一つひとつの表現にかわいらしさと優しさ、そして柔らかさを感じさせてくれますので、女性におすすめです。

長野県の面白い風習「無言清掃」

 (785457)

長野県には、かなりインパクトがあり、かなり面白い方言がたくさんあります。しかし、長野県が面白いのは方言だけではありません。

長野県には他県がびっくりするような驚くべき習慣もあります。なぜこうした習慣が長野県で定着したのか不思議に感じます。

たくさんある中で、かなりインパクトがあるのが「無言清掃」です。長野県の学校などではごく当たり前のことですが、この無言清掃とはその名の通り、無言になってもくもくと掃除をすることです。

他の人と会話をすることなく、自分が与えられた掃除を一心不乱に行いますが、この行動はかなりインパクトがあります。最近としては、長野県の学校の教育の一環として取り入れられている側面もあります。

長野県では誰に聞いても、小学校のときにはこの無言清掃は行っていたそうです。この風習は長野県に関わらず、他県でも行えば良い教育となるでしょう。

長野県の方言を可愛いという男性は多い!

 (785458)

長野県の方言はとても可愛いです。男性の場合は、長野県の女性が話す言葉は可愛いので付き合いたいと感じているのではないでしょうか。

可愛く感じてしまうのは、言葉の語尾に優しさを感じるからでしょう。可愛く、そして柔らかく感じる言葉なので人気があるのです。

そのため、ぜひ女性に長野県の方言は覚えて欲しいです。そして、相手に気持ちが伝わる告白を、長野の方言でしてください。

関連する記事