旅行情報メディア【トリマ】

神奈川にも実は方言が?神奈川の方言一覧や可愛い方言を紹介!

神奈川にも実は方言が?神奈川の方言一覧や可愛い方言を紹介!

2020.09.19

Trima雑学

首都圏の1つである「神奈川県」ですが、方言の〇〇だべという方言は耳にしたことがあるでしょう。横浜ブランドを愛し誇りを持っている神奈川県民、関東で東京に次ぐ第2の都市と自負している神奈川の方言一覧をご紹介していきます。意外と知らない方言があるかもしれません。

目次

  1. 意外と知られていない?!神奈川の方言を徹底解説
  2. 神奈川の方言は地方ごとの種類が大変豊富
  3. 神奈川の方言一覧【語尾】
  4. ~だべ
  5. ~じゃん
  6. っしょー
  7. 神奈川の方言【言葉】
  8. ひゃっこい
  9. けっぱぐる
  10. うっちゃる
  11. くっちゃべる
  12. うんめろ
  13. こっちかし
  14. あんきだ
  15. 神奈川の可愛い方言
  16. あんで?
  17. あんがたぁ
  18. あるってく
  19. 神奈川の方言で告白するなら?
  20. 男性編
  21. 女性編
  22. 神奈川県出身の人気芸能人
  23. 阿部寛
  24. 米倉涼子
  25. 松坂桃李
  26. 神奈川の方言はあまり使われていない言葉も多い

意外と知られていない?!神奈川の方言を徹底解説

東京都・山梨県・静岡県の3県に隣接し、東京都に次ぐ第2の人口数を誇る神奈川県。
神奈川県と聞いてまず頭に思い浮かぶのは、やはり横浜ではないでしょうか。

他にも江の島や鎌倉、箱根に湘南など、観光地としても有名なところが沢山あります。
そんな都会にほど近い神奈川県に、方言なんてあるのか?と疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし言語は変化しやすいものです。
貴方が普段何気なく使っている言葉も、神奈川県とでは全く違う使い方をするのかもしれません。。。

神奈川の方言は地方ごとの種類が大変豊富

関東地方を一括りとしてみても、”西関東”と”東関東”に分けることができます。
神奈川県は西関東に属する訳ですが、方言としては相州弁の他「横浜弁」「秦野弁」「湘南弁」のように地域ごとに呼ばれており、県内で統一された方言のようなものは無いようです。

神奈川県の方言は、中輪東京式のアクセントに分類されるそうです。
ざっくりと分けると、中輪式は関東西部・甲信や中国地方大半が含まれるようです。

基本的には母音の融合が激しいという特徴があり、母音である”ア”と”イ”が連なると、”エー”と変化するのが神奈川弁と言えるのではないでしょうか。

神奈川の方言一覧【語尾】

方言と言えば、語尾に特徴のあるものがかなり多いのではないでしょうか。
首都圏にほど近い神奈川県ですから、最近の傾向としては方言も衰退傾向にあるようですが、全く使われなくなった訳ではありませんので、これそ神奈川弁!と言えるものをいくつかご紹介していきたいと思います。

これを読まれている神奈川県民の皆様、その普段何気なく使っている言葉は、実は標準語ではないという事をご存知でしたでしょうか!?

~だべ

この「~だべ」という使い方が、最もポピュラーな神奈川弁と言えるようです。
意味としては、「〇〇だよね?」「〇〇でしょ」といった意味合いになるそうです。

横浜のやんちゃな子が使う言葉のようなのですが、芸能人ではSMAPの中居くんがトークの中でよく使用しているようです。
「〇〇するよ~」「〇〇しよう!」といった行動や意思を表す際に使われるのですが、「~だべ」と言われたら、「うん、うん」と頷いてしまうような、ちょっと脱力させる感じの言葉ではないでしょうか。

~じゃん

この語尾に「~じゃん」とつく言葉は、神奈川では定番とも言える方言の1つではありますが、元々は愛知の三河弁や静岡方面から東海道、山梨方面から甲州街道などから生まれたのではないかと、諸説ある方言のようです。

この「~じゃん」の意味としては、「ね」と同じような意味になるようです。
例えば、「今夜は雨が降りそうじゃん」=「今夜は雨が降りそうね」といったような使い方になります。

また、「~じゃん」の後に「~じゃんか」と言ったように、「か」を付けて使われることも多いようです。
「こっちの方が多いじゃんか」=「こっちの方が多いね」といった感じでしょうか。

神奈川県民は、「じゃんじゃん」言わずにはいられないようです。

っしょー

これは特に若い人が良く使う言葉のようですが、「〇〇っしょー」=「〇〇でしょー」と言う意味になるようです。
「行くって言ったっしょ~」=「行くって言ったでしょ~」と言うと、やはり年配の方より若い方が使っている雰囲気を感じるのではないでしょうか。

とは言っても、最近では「っしょー」と言う言葉は全国区のようですから、他の県の方が聞いても違和感は感じられないのかもしれません。

神奈川の方言【言葉】

語尾で変化する方言はあっても、言葉そのものが方言というものは無い!と思っている神奈川県民の皆様、ここからは「コレって方言だったの!?」と驚かれる言葉が続出ではないでしょうか。

今まで標準語だと思っていた言葉も、実は方言だったという可能性があります。
神奈川県民の皆様も、もちろんその他の県民の皆様も、ご自分が普段使われている言葉と見比べてみて下さい!

ひゃっこい

「ひゃっこい」は、何となくわかるという方も多いかもしれません。
漢字で書くとわかりやすいと思いますが”冷っこい”ですから、「冷たい」という意味になります。

「このアイスひゃっこいわ~」=「このアイス冷たいわ~」といったような感じで使われているようです。
”冷たい”と言うよりも「ひゃっこい」の方が柔らかい感じで、可愛らしい気がしませんか?

けっぱぐる

「けっぱぐる」は、横浜南部から横須賀エリアの方言と言われているようです。
元は千葉と共通する漁師言葉という説もあります。

かの小泉純一郎氏(横須賀市出身)が自民党総裁選に出馬した際に、「抵抗勢力をけっぱぐる」と、神奈川弁で連呼していたようです。

この「けっぱぐる」ですが=「蹴っとばす」の意味で、主に男の子なんかが使う言葉のようです。

「そこのボールけっぱぐって」=「そこのボール蹴っ飛ばして」のように使われるようですが、あまり丁寧な言葉遣いではありませんので普段使いはさほどされていないようです。

うっちゃる

「うっちゃる」は、「打ち遣る」が転じてできた言葉のようです。
意味は「捨てる」や「ほったらかす」になります。

「これもう要らないからうっちゃっとけ」=「これもう要らないから捨てといて」といったように使われています。
「うっちゃっとけ」という使い方だと、何も知らない人が聞いたら「売っといて」と言われたように聞こえるようです。

くっちゃべる

この言葉も今では割と全国的に知られているようですが、意味は想像されている通り「しゃべる」です。
「いつまでもくっちゃべっていないで!」=「いつまでもおしゃべりしていないで!」と言った感じで使われているようです。

目上の方に対しては使われないでしょうが、仲の良い間柄であればくだけた感じで親しみが持てるのではないでしょうか。

うんめろ

「うんめろ」。。。美味しいということ?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
神奈川県以外では、なかなか聞かれない言葉なのではないでしょうか。

実際の意味は「たくさん」だそうです。
使われ方としては、「こんなにうんめろのリンゴどうしたの?」=「こんなにたくさんのリンゴどうしたの?」というような感じになるようです。

”うんめぇ~”という訳ではなかったようです。。。

こっちかし

聞いて「?」と思われたかたもいらっしゃることでしょう。
こちらもなかなか使われているところは無いのではないかと思われますが、意味としては「こっちがわ」になるそうです。

「こっちかし来て~」=「こっちがわ来て~」となるようです。
対で使われる言葉として「あっちかし」=「あっちがわ」というものもあります。

いずれにせよ、「こっちかわ」からどんどん変化して言った言葉のようです。
他県の人間ですが、使ってみたくなる可愛らしい言い方ではないでしょうか。

あんきだ

これは意味を聞かないとわからない方が多いのではないでしょうか。
漢字で書くと「安気だ」となり、”気楽なこと、心配がないこと”=「安心だ」という意味になります。

名古屋でも同じ意味で「あんきだ」と使われているようです。
「もう準備したからあんきだ~」=「もう準備したから安心だ~」というような使い方をするそうです。

神奈川弁けっこう覚えたからあんきだ~。

神奈川の可愛い方言

ベタではありますが、京都弁や博多弁は女子にも人気の高い可愛らしい方言のようです。
もちろん東も負けてはいられません!

関東を代表する神奈川県の可愛らしい方言をここではご紹介していきます。
方言を使う女性は、一部の男性にはとても人気があるようです。

思わず使いたくなってしまうような神奈川県の可愛い方言を、是非ご堪能下さい。

あんで?

”編んで”ではもちろんありません。
「あんで?」は=「なんで?」を意味します。

ですから「あんでこれにしたの?」=「なんでこれにしたの?」や、「アレにしようと思うけど良いよね?」「あんで?」=「なんで?」といったように使われるようです。

神奈川弁をマスターされたい方には、この言葉は必須と言えるくらい頻繁に使われるようですから、メモを取る事をお忘れなく!

あんがたぁ

海外旅行をする際には、真っ先に覚える言葉の1つとも言えると思いますが、「あんがたぁ」=「ありがとう」を指しています。

ですから「いつもあんがたぁ」=「いつもありがとう」となります。
この「ありがとう」という言葉は、特に日本全国で様々な言い回しがあるようですが、神奈川弁の「あんがたぁ」は、小さい子が使っていたら思わず微笑んでしまうような可愛らしさがあるのではないでしょうか。

あるってく

これは聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「あるってく」を漢字で書くと「歩ってく」になりますので、意味は文字通り「歩いていく」になります。

「すぐそこだからあるってく?」=「すぐそこだから歩いていく?」というような使い方になります。
小さなお子さんが「あるってこ~」なんて言っているのを聞くと和んでしまいます。

神奈川の方言で告白するなら?

告白する時(筆者は遠い昔過ぎて忘れていましたが)こんな風に言おう、あんな風に伝えたいなど、色々考えるのではないでしょうか。

見事(?)両想いになれたら、あの時の告白してくれたあの言葉に”グッときた!”なんて、付き合うようになってから思い出として話せるかもしれません。

そんな告白を、神奈川の方言で言うとどのようになるのか、ご紹介していきます。

男性編

「お前も色々過去にはあったろうけど、そんなものはうっちゃれよ」
=「お前も色々過去にはあったろうけど、そんなものは捨てちゃえよ」前述していますが、「うっちゃれ」は=「捨ててしまえ」です。

「俺は嘘んこつけねえんだ。だから、お前のこと好きだってってんじゃん!」
=「俺は嘘をつけないんだ。だから、お前のこと好きだって言ってるだろう」神奈川県民は、小さい頃から「嘘んこ」と言っているようです。

「こんな中途半端な関係かったるいわ。俺たち付き合うべ」
=「こんな中途半端な関係は嫌だ。俺たち付き合おう」「かったるい」は「ダルい」とも言われています。語尾の「べ」は神奈川弁では外せない言葉ではないでしょうか。

女性編

「したっけ、うちと付き合ってけーろー」
=「それじゃぁ、私と付き合ってよ」この「したっけ」は、「それじゃぁ」「そしたら」といった意味合いになります。それから自分のことを「うち」と呼びます。ちょっと関西弁にも近いものがありますね。

「うちら、周りから見たらカップルじゃんね。やっぱし、うちのこと好きっしょ?」
=「私たち、周りから見たらカップルだよね。やっぱり、私のこと好きでしょ?」出ました、「じゃん」です。ついつい無意識に出るくらい使う言葉のようです。「やっぱし」は=「やっぱり」です。

「へたこた思い出作ろうね」
=「たくさん思い出作ろうね」普段は「へたこた」はあまり使われないようですが、このようなことを言われたら、印象に残るのではないでしょうか。

神奈川県出身の人気芸能人

 (788793)

自分の県出身の芸能人さえよく知らない筆者ですが、割と知らないものではないかと思うのですが、いかがなものでしょうか。

まして他県であれば、好きな芸能人がたまたま「神奈川県」だったとでもならない限り、そこまで知らないものではないかと思ってしまいます。

それはさておき、では神奈川県の人気芸能人は一体誰なのかをご紹介していきます!

阿部寛

まずお1人目は、阿部寛さんです。
1964年6月22日神奈川県は横浜市出身、生粋の横浜っ子だったのではないでしょうか。

中央大学理工学部 電気工学科在学中にモデルデビューをして、あの容姿ですから納得なのですが、雑誌「メンズノンノ」創刊以来と言われる3年6ヶ月表紙を飾られています。

大学卒業と同時に「はいからさんが通る」で映画デビューをし、その後も数々の映画やドラマで賞を受賞され、大活躍をされている俳優さんの1人です。

米倉涼子

お2人目は米倉涼子さん。
1975年8月1日生まれ、神奈川県横浜市出身です。

第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞しモデルデビューされています。
5歳からの15年間クラシックバレエをされていただけあって、動きがしなやかで立ち居振る舞いも美しいの一言です。

1999年6月30日に「女優宣言」をして、以降はトレンディードラマ中心に活躍されていましたが、2008年には『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦、その後2012年7月には『CHICAGO』でブロードウェイで主演デビューしています。

他にも『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』はシリーズ化されているくらいですから、押しも押されぬ日本を代表する素敵な女優さんの1人です。

松坂桃李

最後にご紹介するのは、松坂桃李さんです。
1988年10月17日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身です。

2008年に「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、モデルとしてデビューされています。翌年には「スーパー戦隊シリーズ」で俳優としてもデビューを果たします。

そこからは皆さまご周知の事実ですが、映画やドラマでも大活躍をされている俳優さんです。
「桃李」という名前はご本名ですが、中国の歴史家司馬遷の『史記』に書かれた言葉「桃李不言下自成蹊(とうりものいわざれども、したおのづからこみちをなす)」と、中国の故事「桜梅桃李」の2つから取られたお名前だそうです。

神奈川の方言はあまり使われていない言葉も多い

 (789049)

首都圏のベッドタウンとしても栄えている神奈川県ですから、実際のところ最近ではそれほど方言らしい方言は使われておらず、むしろ衰微しているようです。

そうは言っても、「~だべ」もっと短くなって「べ」や「~じゃん」などの言葉は使われているようですが。。。
言葉は変化していくものですから、また段々と新しく生まれては消えてを繰り返していくものなのでしょう。

また何年か後には、新しい神奈川弁が生まれているかもしれません。

関連する記事