旅行情報メディア【トリマ】

新潟の方言がかわいい!語尾の特徴や告白例文も紹介!

新潟の方言がかわいい!語尾の特徴や告白例文も紹介!

2020.09.19

Trima雑学

新潟の方言はとにかくかわいいです。あいさつの方言一つにしても、独特なかわいさがあるのが特徴です。また、語尾に大きな特徴があるのも新潟弁の面白い部分でもあります。下越などで使われている、一般的な新潟弁について解説していきます。

目次

  1. 新潟の方言がかわいいと話題!
  2. 新潟弁の特徴とは?
  3. 独特な訛り
  4. 語尾が特徴的である
  5. 上越・中越・下越・佐渡地域で違う
  6. 【あいさつ編】新潟の方言を紹介
  7. ならじ
  8. なじらね
  9. ありがとう
  10. 【語尾編】新潟の方言を紹介
  11. ~ちゃ
  12. ~が
  13. ~て
  14. 【定番編】新潟の方言を紹介
  15. だら
  16. ばか
  17. そろっと/よろっと
  18. そんま
  19. じょうや
  20. 【面白編】新潟の方言を紹介
  21. おもっしぇがん
  22. なじょも
  23. 胸キュン!新潟弁の告白
  24. 男性編
  25. 女性編
  26. 新潟弁をマスターしよう!

新潟の方言がかわいいと話題!

 (784801)

新潟の方言はとても可愛いと、話題になっています。新潟の方言に注目が集まっている最大の理由は、一つひとつの言葉に柔らかさを感じさせてくれることです。

また、新潟の方言と言えばイントネーションです。標準語ではありえないような場所でイントネーションが起こりますので、より可愛く感じます。

とくに男性よりも女性が使うことでその可愛らしさはより強調されます。

新潟弁の特徴とは?

 (784802)

ではまずは、新潟弁の特徴についてご説明いたします。新潟弁にはどのような特徴があるでしょうか。

とても可愛い、そして女性であれば今すぐ使ってみたいと感じさせる新潟弁の特徴をご紹介します。

独特な訛り

 (784803)

新潟弁はとにかく独特な訛りがあります。一昔前は、この訛りはカッコ悪い、標準語と比べればとても田舎臭いというイメージがあったかもしれませんが、今ではその独特な訛りは可愛いというイメージです。

訛りと言っても何を話しているか分からないというわけではなく、柔らかい訛りのためとても可愛いです。キツイ表現も新潟弁なら可愛く感じてしまいますので、怒っているのに喧嘩にならない気持ちにさせてくれます。

こうした新潟弁の特徴を上手く覚えていけば、日常の会話がとても面白く、そして楽しくなってくるかもしれません。ぜひ覚えてください。

語尾が特徴的である

 (784804)

新潟弁の最大の特徴は言葉の語尾でしょう。例えば一般的に良く聞く新潟弁の語尾は「さ」で終わる言葉です。

この「さ」は「です」と言葉をくくるときに使われますが、かなり特徴的です。しかし、なぜかこの「さ」で言葉を終わらせれば、言葉が可愛く、そして柔らかく感じてきます。

もちろん、この「さ」には「だと」というキツイ意味も含まれますが、全てを「さ」で言葉をおさめることで、喧嘩をしていても喧嘩に聞こえなくなってしまいます。

上越・中越・下越・佐渡地域で違う

 (784805)

この新潟弁は基本的には上越・中越・下越・佐渡地域で使われる方言です。つまり、新潟県の全てで私達がよく耳にする新潟弁が使われるわけではありません。

大抵の地域で新潟弁が使われることにはなりますが、地域によって微妙に違いがあります。おそらく、同じ県内でも方言が若干違うという経験は多くの人がしているはずです。

それと同じように、新潟県内でも方言の言い回しなどは異なります。

【あいさつ編】新潟の方言を紹介

まずは新潟弁のあいさつをご紹介します。あいさつのため、普段から当たり前のように新潟で使われています。

新潟弁を覚えるなら、まずはあいさつからです。

ならじ

新潟県で当たり前のように使用されているのが「ならじ」です。この言葉は普段のあいさつのような言葉としても使用されていますが、かなり万能な方言のため、かなり広い意味で使われることが一般的です。

そのため、意味を完全に絞ることができない方言でもあります。また、「ならじ」はあいさつとしてもそうですが「どうですか」という疑問形の言葉としても使われます。

これは実際に新潟弁をよく理解している人でなければ分かりにくいことです。また、新潟県の中でもこの「ならじ」は意味の若干の違いがあるのが特徴です。

なじらね

「なじらね」も先ほどの「ならじ」とほぼ、同じような意味を持っています。あいさつとしても使用されますが、「いかがですか」という疑問形の言葉としても使われます。

この「なじらね」も普段の生活の中では当たり前のように使われている新潟弁です。そのため、いろいろな意味に変化して使われるようになっており、とくに今の年配の方と若い方とでは意味が異なって使われることもあります。

ただ、この「なじらね」という新潟弁は女性が使うとかなり可愛く聞こえますので、ぜひ覚えてください。語尾に「ね」が付くため、とても柔らかい言葉になります。

ありがとう

「ありがとう」という言葉は普段の生活においてなくてはならない言葉でしょう。実は新潟でもこのありがとうという言葉は同じく「ありがとう」と言います。

しかし、意味は私達が知っているありがとうではありません。実は新潟では「ありがとう」は「ごちそうさま」という意味も持っています。

つまり、食事をする場面でこの言葉が使われた場合は「ごちそうさま」と理解し、それ以外で使われた場合は「ありがとう」です。混乱してしまうかもしれませんが、新潟ではごちそうさまという言葉は使わず「ありがとう」で食事を終えるのです。

この事実はかなり衝撃的ではないでしょうか。

【語尾編】新潟の方言を紹介

次にご紹介する新潟の方言はおそらく一度は耳にしたことがある言葉です。語尾に特徴がある新潟の方言は、次のような言葉はかなり代表的です。

意味だけではなく、この言い回しを理解すればすぐにでも新潟弁デビューができます。

~ちゃ

新潟県の映像をテレビで見たことがある人なら「~ちゃ」は間違いなく聞いたことがある方言です。この「~ちゃ」の意味は「だよ」と締めくくる言葉として使われます。

例えば「遊びに行ってきたっちゃ」と言うような使い方をするのが一般的です。ただし、どのような言葉でも「~ちゃ」を使えば良いというわけではありません。

イントネーションに当てはまるような場面でこの言葉は使われることが多いようです。

~が

「~が」も新潟弁の語尾で良く耳にする言葉です。この「~が」はかなり特徴的ですが、この言葉単体での意味はありません。

さまざまな場面で使われますが、大抵は「です」「だよ」という意味が込められています。「買い物に行ってきたが」という使われ方です。

この「~が」の他にも「~さ・~ろ」も同じように「です」などの使い方がされます。ほぼ、同じ意味を持っていますので、使う場面というよりイメージや感覚で新潟の人は使っているように感じます。

~て

「~て」という言葉を語尾に出すと、かなり新鮮な気持ちになるでしょう。実はこの「~て」は新潟住んでいる人の中でも最近では口にしていない人が多いかもしれません。

少しだけレアな新潟弁となりますが、この「~て」にも「~です」という意味が込められています。「食事をしに行ったんだて」という使い方をしますが、かなりインパクトがあり、そして可愛い言葉です。

この「~て」は主に新潟県でも長岡市などの中越地方で使われることが多いです。

【定番編】新潟の方言を紹介

それでは次に定番の新潟弁をご紹介します。定番の方言のため、何となく聞いたことがあるという人も多いでしょう。

しかし、この何となく聞いたことがある新潟弁は、新潟では当たり前のように日常的に使われていますので、楽しく感じてしまいます。

だら

「だら」は間違いなく一度は耳にしたことがある新潟弁のはずです。この「だら」には「それなら」という意味が込められています。

例えば「だら仕方ないな」というふうに使われ、意味は「なれなら仕方がない」となります。新潟弁でも年配の人が使う場合、「だら」の前に「ん」が混じったような言葉になります。

「んだら仕方ないな」のような表現になります。より新潟弁らしく聞こえるのではないでしょうか。

ばか

「ばか」も新潟では定番の方言です。「ばか」と聞けば新潟弁ではなく全国的に使われる、あまり良い意味ではないような言葉に聞こえるかもしれませんが、「ばか」とは「とても・かなり・すごく」という意味があります。

例文としては「この車はばか良い」という使われ方です。意味は「この車はとても良い」となります。

その良さをしっかりと強調するときに使われることが多いため、「ばか」は少し張って言葉に出すのが宇一般的です。

そろっと/よろっと

「そろっと/よろっと」とは、「そろそろ」という意味です。「そろっと出発しよう」などの使われ方がしますが、新潟弁を知らない人が聞けば、気づかれないように出発すると聞こえてしまうかもしれません。

「そろっと/よろっと」も新潟ではかなり定番の方言ですが、どちらもバランス良く耳にすることができる新潟弁です。ただ、女性に使って欲しいのは「よろっと」の方でしょう。

「そろそろ」よりも「よろっと」という新潟弁を使われると、とても可愛く感じます。

そんま

「そんま」は定番ですが、あまり聞いたことがないという人が多いのではないでしょうか。「そんま」とは「すぐに」という意味があります。

使われ方としていは、「そんな連絡をください」などです。「すぐに連絡をください」という意味になりますが、比較的扱いやすい方言だと感じます。他の言葉と混同するようなこともない方言のため、すぐに頭に入りやすい方言です。

じょうや

「じょうや」も定番ですが、初めて聞いた人がほとんどではないでしょうか。「じょうや」も新潟では日常生活の中では普通に耳に飛び込んでくる言葉です。

「じょうや」とは「たぶん・きっと」という意味があります。例えば「今日はじょうや行ける」という使い方であり、「今日はたぶん行ける」となります。

「じょうや」という方言を知らない人が聞けば、名詞のように聞こえてしまうかもしれません。じょうやという場所に行くのかとイメージするかもしれませんが、「たぶん・きっと」という意味を持っています。

【面白編】新潟の方言を紹介

それでは次に、新潟の方言の中でも笑ってしまう面白編をご紹介いたします。思わず笑みがこぼれてしまうような方言ばかりなので、ぜひ日常的に使ってください。

面白編ですが、なぜか女性が使えば可愛い言葉に聞こえてしまいますので、新潟弁はとても不思議です。

おもっしぇがん

「おもっしぇがん」とは「おもしろい」という意味があります。何となく方言の中にイメージできる言葉が含まれていますので、扱いやすいでしょう。

しかし、「おもっしぇがん」よりも「おもしろい」の方が伝えるときに早いように感じます。こうした使っていて違和感がある部分も方言の楽しさなのです。

ちなみに「おもしろくない」という否定的な意味にする場合は「おもっしょねぇの」となります。こちらの方がインパクトは大きいかもしれません。

なじょも

「なじょも」はとても可愛く感じませんか。この「なじょも」は「大丈夫」という意味があります。

この「なじょも」という言葉を聞けば、思わず笑みがこぼれてしまいます。使い方は「このくらいならなじょも」となります。

念を押すときには「なじょもなじょも」と重ねて使います。仕事などで失敗をしても、この「なじょも」で慰めてくれれば気持ちが落ち着いてきますので、ぜひ使って欲しい新潟弁です。

胸キュン!新潟弁の告白

最後に、新潟弁での告白をご紹介します。男性編と女性編をご紹介しますが、どちらも心温まる方言です。

新潟弁は面白い、そして可愛いという表現がぴったりですが、そう感じるのは心温まる言葉に聞こえるかもしれません。ぜひ、新潟弁の告白の言葉を覚えてください。

男性編

男性の新潟弁で良く使われるのが「おめさんのことがいっちゃん好きらてば」という言葉です。意味は「あなたの事が一番好き」なりますが、男性が使った場合は男らしさも感じられる力強さが耳に残ります。

今でもこうした方言が使われているのかと感じるかもしれませんが、当たり前のように女性に通じる方言です。また、こうした方言なら、気持ちが標準語よりも伝わりやすく感じるでしょう。

何となく恥ずかしい気持ちもなくなります。

女性編

「あめらんの事がだんだげ好きか解ってくんなせ」は女性に使って欲しい新潟弁での告白です。意味は「あなたの事がどれだけ好きなのか解って欲しい」となりますが、この言葉を聞けば不思議と心がジーンと暖かい気持ちになります。

心がしっかりとこもって聞こえる方言であり、自然と涙もこぼれてきます。また、この言葉を女性が使えば、とても可愛く、そして愛らしく感じてしまいます。

新潟弁をマスターしよう!

 (784800)

新潟弁はとても独特です。だからこそ、とても面白く、そして心に伝わるのです。新潟弁はまるで、気持ちをそのまま言葉にしたように聞こえます。

相手に気持ちが伝わりやすい新潟弁をぜひマスターしてください。相手に告白するときに使えば、標準語よりも気持ちを伝えやすくなるかもしれません。

関連する記事