旅行情報メディア【トリマ】

東京の愛宕神社のご利益は仕事運アップ!見どころや人気のお守りを紹介!

東京の愛宕神社のご利益は仕事運アップ!見どころや人気のお守りを紹介!

2020.09.30

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

東京都内にある愛宕神社は仕事運のご利益があることでとても有名です。また愛宕神社の象徴とも言える傾斜が激しい石の階段もありますが、登り切ると疲れるのではなく、元気になるというパワースポットにもなっています。この記事では愛宕神社に関する様々な情報をお伝えします。

目次

  1. 東京のパワースポット「愛宕神社」
  2. 愛宕神社とは?
  3. 愛宕神社の御祭神
  4. 愛宕神社のご利益
  5. 愛宕神社は仕事運アップの神社として有名
  6. 出世の石段
  7. 男坂にまつわる伝説
  8. 石段を登らなくても参拝できる
  9. 愛宕神社の見どころやパワースポット
  10. 招き石
  11. 児盤水の池
  12. 将軍梅
  13. 女坂
  14. 愛宕神社のお守り
  15. 人気No.1金箔お守り
  16. その他のお守り
  17. 愛宕神社の口コミ
  18. 階段を上ることが楽しいと思えるようになる
  19. 桜がとても綺麗に咲く
  20. お正月は混雑する
  21. 仕事運をとにかく上げたい人は愛宕神社へ!

東京のパワースポット「愛宕神社」

東京都内には数多くのパワースポットと呼ばれる場所がありますが、その中でも愛宕神社は「仕事運」にとても良いと言われているパワースポットであり神社となっています。

毎年多くのサラリーマンや社長、役員などが「自身の仕事が円滑に進むように」と祈願しています。この記事では仕事運に良いと言われている愛宕神社に関する様々な情報をお伝えしていきます。

愛宕神社とは?

そもそも愛宕神社とはどんな神様を奉る場所なのでしょうか。ここからは愛宕神社の基本的な情報についてお伝えします。

愛宕神社の御祭神

View this post on Instagram

出世の階段を上がる😊 #愛宕神社

A post shared by yuko (@yuko3hi) on

愛宕神社は御祭神が奉られている神社になり、京都の愛宕神社が総本社となっています。愛宕神社が奉られているのは「火産霊命(ほむすびのみこと)という主祭神になります。また地元の配祀にある神が6名ほど奉られています。

2017年に配祀の1つである天神社の名前が境内の掲示板の内緒には記されていますが、公式のサイトには記載されていません。また天神社は愛宕下長者弁天同所・愛宕下長者弁天町と言う別の呼称で呼ばれていることもあります。

愛宕神社のご利益

愛宕神社の有名なご利益は「仕事運」と言われています。しかしながら、建設当初は防火や防災といった「災厄を呼ばないため」のものでした。なので「厄除けのご利益」もあるのです。

さらに恋愛や結婚といった「縁結び」のご利益もあるのです。そのため訪れた女性の参拝者は「女坂」を下って帰ります。この女坂をゆっくりと降りることで女性らしさを身につけることができると言われています。

愛宕神社は仕事運アップの神社として有名

愛宕神社は先述した通り、仕事運が向上する神社として有名です。そのため会社員や社長といった方だけでなく、新しく起業する人が訪れることも少なくありません。

ここからは愛宕神社が仕事運上昇の神社として知られる理由についてお伝えします。

出世の石段

愛宕神社にはいくつかの入り口が存在していますが、石畳の階段がある「男坂」が出世の石段と呼ばれる場所になってます。愛宕神社を象徴する入り口で、登ると出世すると言われています。

高さで言えば25.7メートルですが、多くの方が中段までには息が上がると言われています。その理由として坂の傾斜が厳しく、縦の幅もそれほど大きくないからです。また階段の段と段の高さがかなりあるため、一段踏み上がるたびに足を大きく上げる必要があります。

こういった理由からパワースポットと言われていますが、気軽な気持ちで登ると後悔をする場所となっています。

男坂にまつわる伝説

男坂にまつわる伝説として曲垣平九郎という四国丸亀藩の家臣をしていた人物が深く関係してきます。江戸時代三代目将軍である徳川家光が愛宕山の山頂で満開に開いている梅の花を見つけました。そして家光公は「誰か、馬にて梅を採ってまいれ」と命令します。

しかしながら現実的に考えて馬に乗った状態で階段を上ることは不可能なのにも関わらず平九郎は馬に乗ったまま石階段を登り始め、命令通りに梅の花を取り家光公に献上しました。

これにより平九郎は家光公に功績を称えられ、日本一の馬術の名人としてその名前を全国に轟かせることになります。これが男坂が「出世への階段」と呼ばれる所以になっています。

石段を登らなくても参拝できる

愛宕神社と言えば坂と階段といったようなイメージを持たれている方は多いですが、ご年配や体力に自信がない方でも参拝できるようにエレベーターが用意されています。

また頂上にある境内の横には駐車場もあるので車で頂上まで行き、そこから徒歩で参拝することもできます。そのため、階段を特に意識することなく、気軽に参拝することができます。

愛宕神社の見どころやパワースポット

ここからは愛宕神社の見どころやパワースポットに関する情報についてお伝えします。愛宕神社の境内にはたくさんのパワースポットがあり、基本的に行くだけで心のリフレッシュにつながります。

またパワースポットに訪れると自然と気持ちが高揚し、元気が出ます。もし愛宕神社を訪れたのであればできるだけ多くの場所を周ることをお勧めします。

招き石

愛宕神社の境内の中には「招き石」と呼ばれる石があります。見た目はゴツゴツとした形をしていますが、触ってみると意外にもツルツルしていることがわかります。

この石を触ると福が身につくと言われています。また基本的に「石を触るだけで良い」ので効果があるので、訪れた際には招き石に触るようことをおすすめします。

児盤水の池

愛宕神社には「児盤水(こばんすい)」という池があります。この池にはたくさんの鯉が泳いでいます。この鯉が金運に対して非常に効果があると言われています。そのため社務所で販売されている鯉の餌をあげると金運が上がると言われています。

ただし冬の時期になると水温が下がるため、鯉が餌を食べなくなります。そのため冬の時期に限って社務所で販売されている餌が売られなくなります。

将軍梅

将軍梅は境内にある梅の木のことを指します。この将軍梅は江戸時代に曲垣平九郎が当時の将軍である徳川家光に献上したと言われている梅の木です。

曲垣平九郎の故事に因んで神社の石階段が男坂と呼ばれるようになりました。そして実際にこの梅の木を家光公に献上したと言われています。

この曲垣平九郎が献上したと言われる梅の木は拝殿前の左手にあり、どの季節に訪れても非常に見応えのある梅の木になります。

女坂

鳥居を潜り、右方向に見える階段が「女坂」と呼ばれる階段です。ここが女性に人気のパワースポットとなっている上に、女性が全体的に運気を上げたいのであれば通るべき場所とされています。

基本的に境内から帰る際に利用する人が多く、運気を上げるためにはできるだけゆっくりと降りることが良いと言われています。

火伏せの神様が奉られている場所でもあるので「悪運・悪縁を焼き払い、新しい良運をもたらす」という意味が込められているそうです。

愛宕神社のお守り

愛宕神社は階段の他にも有名なものとして「お守り」が上げられます。また愛宕神社のお守りは運気がとても惹きつけられるということで有名です。

ここからは愛宕神社のお守りについてご紹介していきます。

人気No.1金箔お守り

愛宕神社の「金箔お守り」は仕事運と勝負運の上昇に良いと言われています。またお守りには金箔が貼られており、輝かしい縁起の良いものに仕上がっています。

またお守りのお札には出世の石段が描かれており、これから出世をしたい人や運気を上げたい人などにとても人気があります。

その他のお守り

愛宕神社には金箔のお守り以外のお守りも用意されています。特に「祓い鈴のお守り」と「縁結びのお守り」は金箔のお守りの次に人気のあるお守りとなっています。

「祓い鈴のお守り」は毎日3回、鈴を振ることによって災を防いでくれるという効果があると言われています。運気が悪い人にとっては有り難いお守りと言えます。

「縁結びのお守り」を求める方の大半が女性ということもあり、見た目は薄い緑と桃色を合わせたとても可愛いお守りとなっています。もちろん、効果も十分あると言われています。

愛宕神社の口コミ

View this post on Instagram

#愛宕神社

A post shared by Takashi Hase (@neopanama) on

ここから実際に参拝者として愛宕神社を訪れた方々が残した口コミをご紹介します。

階段を上ることが楽しいと思えるようになる

出世の階段を上ることは容易なことではなく、多くの方が登り切るときには疲れ切ってしまうことがほとんどです。しかしながら参拝者の中には「体は疲れているが、心は高揚していた」と記している人がいます。

高揚した理由として「これを登れば出世ができるかもしれないから」「運が廻ってきそうで気分が良い」とのことでした。また山頂には風が吹きすさぶ場所もあるので、汗をかいた後に歩くと気持ちいいそうです。

これらの理由から階段を上がることに対して楽しいと感じる人も少なくはないようです。

桜がとても綺麗に咲く

愛宕神社は山手線内では珍しい自然に囲まれた山にある神社です。そのため、春になると桜が咲き、非常に風情のある景色を見ることができます。

また愛宕神社から見る桜は江戸時代から人気があったようで、古い文献からも「非常に美しい風景が観れる」といった文言が残されています。というのも23区内で最も標高の高い自然の山なので、江戸時代から人気があったようです。

現代においても愛宕神社から桜を見ることができます。春になると出世の階段を挟むように桜が満開になり、とても幻想的な風景になります。

お正月は混雑する

愛宕神社は仕事運に関する神社ということもあり、お正月は非常に混雑する傾向にあります。その理由としては関東中のサラリーマンやビジネスマンが仕事運の開運を求めてやってくるからです。

また三ヶ日を開けても、会社全体で祈願に訪れる団体もあるようなので、元日からその後1週間は多くの参拝者が足を運ぶようです。

もし元日に愛宕神社を訪れるのであれば、根気が必要となります。

仕事運をとにかく上げたい人は愛宕神社へ!

愛宕神社は仕事運を上げる以外にも様々なご利益や恩恵があります。しかしながら、仕事運のご利益がとても強いようなので、愛宕神社を訪れる時は基本的に仕事に関するお願いだけをする方が良いと言えます。

また訪れた際にはお守りも購入するようにしましょう。すると仕事運だけでなく、他の運気も自然に上がることでしょう。また家の中でも外でもあなたの運気は良い方向へ進むことになります。

もし「仕事で何か大成させたい」「会社で出世して、高給取りになりたい」「社会的に成功したい」という考えがあるのであれば、一度愛宕神社に参拝してみてはいかがでしょうか。

 

関連する記事