旅行情報メディア【トリマ】

明治神宮はご利益抜群のパワースポット!見どころやアクセスを紹介!

明治神宮はご利益抜群のパワースポット!見どころやアクセスを紹介!

2020.09.28

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

日本一の初詣参拝者数を誇る明治神宮。大都会の真ん中にあるにも関わらず、境内は神聖な空気が漂いパワーに満ちあふれています。日本国内だけではなく海外からも参拝客が多い明治神宮の歴史やパワースポット、ご利益を紹介します。一度は参拝すべき神社のひとつです。

目次

  1. 明治神宮で得ることのできるご利益とは?
  2. 明治神宮とは?
  3. 明治神宮の歴史
  4. 国民の願いから創設
  5. 明治神宮で得られるご利益一覧
  6. 恋愛成就
  7. 家内安全
  8. 夫婦円満
  9. パワースポット多数!明治神宮の見どころ
  10. 亀石
  11. 夫婦楠
  12. 宝物殿
  13. 清正井
  14. 大鳥居
  15. 願いが叶った!明治神宮の口コミ
  16. 心の浄化スポット
  17. 記念日には明治神宮参拝を
  18. 清正井は絶対に行くべき
  19. 明治神宮の基本情報
  20. アクセス方法
  21. 拝観時間・拝観料
  22. 明治神宮参拝後に立ち寄れる観光スポット
  23. 竹下通り
  24. 代々木公園
  25. NHKスタジオパーク
  26. 明治神宮は外国人からも大人気のスポット

明治神宮で得ることのできるご利益とは?

代々木公園や竹下通り、表参道などが近くにある明治神宮は、東京観光をする際にも人気スポットとなっている場所のひとつです。観光名所のひとつとして初めて立ち寄った人が驚くのが、空気の清々しさではないでしょうか?

都会の中心にあるにも関わらず、境内に入ったとたんに大自然の中にいるような感覚におちいります。元から参拝客の多い神社でしたが、メディアでパワースポットのひとつとして紹介されてからは益々人気は急上昇しています。今回は国内有数のパワースポットとも言われている明治神宮について詳しく紹介します。

明治神宮とは?

東京の中心地にある明治神宮はアクセスも良いことから、多くの観光客が集まるスポットのひとつにもなっています。比較的歴史は浅く、明治天皇崩御後に国民の強い意思により創建された神社です。もちろん祀られているのは明治天皇と妻である昭憲皇太后。

初詣の参拝客数は毎年日本一となっていて、国を代表する神社のひとつです。ミシュランガイドでも3つ星を獲得したことがある海外からも評価が高いスポットとなっています。

明治神宮の歴史

View this post on Instagram

鎮座百年祭奉祝 奉納展 神宮の杜に集う彫刻家たち  令和2年2月14日(金) – 2月28日 (金) 明治神宮廻廊 9:00 – 16:30 会期中無休 入場無料  〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1 主催 : 神宮の杜に集う彫刻家たち実行委員会 代表.安部大雅 @sculptor_abe アドバイザー : 隈 研吾(建築家)  “Sculptors gathering in the Jingu Forest “ at the corridor of Meiji Jingu 14 feb 2020- 28 feb 2020 9:00-16:30  Exhibition by 31 sculptors from sacred place  Adviser: Kengo Kuma   @jinguunomori https://www.facebook.com/events/617804182342016/  ================  関連イベント CARLO SERGIO SIGNORI Le Paradis Terrestre – 地上の楽園 イタリアを代表する抽象彫刻家、カルロ・セルジョ・シニョーリ 1950年代から晩年までカッラーラに居を構え制作していました。 本展では、写真家・中村治が撮り下ろしたシニョーリ作品 30点と、初来日の彫刻 5点を展示します。 ​2月14日(金)- 3月1日(日) 11:00 -18:00 イタリア文化会館 エキジビションホール https://www.iictokyo.com/eventi/ 中村治 @samphoto36  =============  #art #sculptor #sculpyture #stones #exhibition #carrara #meijijingu #scultura #tokyo #pietrasanta #marble #japaneseartist #kengokuma #隈研吾 #明治神宮 #彫刻 #展覧会 #東京 #神宮の杜に集う彫刻家たち

A post shared by 越境する芸術プロジェクト (@jinguunomori) on

明治神宮の始まりは明治時代にさかのぼります。明治45年7月30日には明治天皇が、大正3年4月11日には昭憲皇太后が崩御。お2人の御神霊を祀りたいという国民の熱い意思により、大正9年(1920年)に創建されました。明治天皇の庭園があったゆかりの地だった、この代々木に明治神宮は創られています。

この神社に訪れて最初に驚くのが、自然豊かな森ではないでしょうか?実はこの森は何も無い場所に全国から奉献された樹木を植樹し創った「永遠の杜」。100年~200年先を見据えて、当時の科学者たちによる緻密な計算により作られた森なのです。

国民の願いから創設

贅沢をすることなく、国民のことを第一に考えて質素な生活をしていた明治天皇の崩御をうけ、国民は深く嘆き悲しみました。そして明治天皇のために何かできることは無いかと考え行き着いた先が、御神霊を祀ること。そのために創られたのが明治神宮です。

この明治神宮は延べ11万人の人たちにより創られています。そして明治神宮のシンボルとも言える「永遠の杜」は10万本以上もの植樹により創られたものです。人々の強い思いとエネルギーが集まり創られたこの神社が、パワースポットと言われているのもうなずけます。

明治神宮で得られるご利益一覧

明治神宮ではさまざまなご利益を得られます。明治天皇夫妻が祀られているということで、夫婦円満や縁結びなどのご利益を得られるということで有名です。ご利益をより得られるポイントなどもあるので、ぜひチェックしてみてください。

恋愛成就

明治神宮には女性の参拝客も多く訪れます。やはり縁結び・恋愛成就のご利益を得ることを目的としている人も多いようです。恋愛成就のご利益が得られると言われるようになったのは、明治天皇夫妻が祀られていることから。

境内を歩いているとあちらこちらに見かけるハート型のふちどりを見かけます。このハート型を探すだけでも、恋愛成就に一歩ずつ近づくような気がするのでおすすめです。境内にある夫婦楠の間から拝殿に向かって参拝すると、恋愛成就により効果があると言われています。

家内安全

View this post on Instagram

鎮座百年祭奉祝 奉納展 神宮の杜に集う彫刻家たち  令和2年2月14日(金) – 2月28日 (金) 明治神宮廻廊 9:00 – 16:30 会期中無休 入場無料  〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1 主催 : 神宮の杜に集う彫刻家たち実行委員会 代表.安部大雅 @hiromasaabe アドバイザー : 隈 研吾(建築家)  “Sculptors gathering in the Jingu Forest “ at the corridor of Meiji Jingu 14 feb 2020- 28 feb 2020 9:00-16:30  Exhibition by 31 sculptors from sacred place  Adviser: Kengo Kuma   @jinguunomori https://www.facebook.com/events/617804182342016/  ================  関連イベント CARLO SERGIO SIGNORI Le Paradis Terrestre – 地上の楽園 イタリアを代表する抽象彫刻家、カルロ・セルジョ・シニョーリ 1950年代から晩年までカッラーラに居を構え制作していました。 本展では、写真家・中村治が撮り下ろしたシニョーリ作品 30点と、初来日の彫刻 5点を展示します。 ​2月14日(金)- 3月1日(日) 11:00 -18:00 イタリア文化会館 エキジビションホール https://www.iictokyo.com/eventi/ 中村治 @samphoto36  =============  #art #sculptor #sculpyture #stones #exhibition #carrara #meijijingu #scultura #tokyo #pietrasanta #marble #japaneseartist #kengokuma #隈研吾 #明治神宮 #彫刻 #展覧会 #東京 #isaosugiyama #杉山功 #神宮の杜に集う彫刻家たち @sugiyamaisao

A post shared by 越境する芸術プロジェクト (@jinguunomori) on

仲睦まじい明治天皇夫妻が祀られていることから、家内安全のご利益があるとも言われています。拝殿を参拝した後に、夫婦楠の間から拝殿に向かって参拝すると、さらに効果がUPするとか。また明治神宮で授かれるお守りも必見です。

2つで対になっている「相和守り」は、夫婦円満や家内安全・夫婦円満にご利益があるとされています。お守り自体には夫婦楠のエキスが注入されていて、実際にクスノキの香りがする珍しいものです。心地よい香りに癒やされながら、ご利益を得ることができます。

夫婦円満

大正9年に拝殿の近くに植樹された2本の楠。2本が寄り添うように成長し、大きな幹はしめ縄で繋がれています。それぞれが独立していますが、寄り添っているように見えるその様はまるで熟年夫婦のようです。

明治神宮内でもシンボルのようになっている、御神木となっています。この場所に限ったことではありませんが、しめ縄がされている御神木は神様の拠り所。むやみに触らないようにしましょう。

夫婦円満をご利益として授かりたい人は、この夫婦楠からもしっかりとパワーをいただくのがおすすめです。

パワースポット多数!明治神宮の見どころ

明治神宮そのものがパワースポットとされていますが、境内の中でも強いパワーを発している場所がいくつかあります。メディアで取り上げられたことにより、時期によっては整理券が必要なくらいに多くの人で賑わっている場所もあれば穴場的な場所もあります。

パワースポットはご利益を得るだけではなく、自身がその場所に訪れた時にリラックスできるかも大切なポイントです。明治神宮内のパワースポットとその場所に訪れた時の注意点や、さらにご利益を得るための方法も紹介します。

亀石

後に紹介する清正井と並ぶ強いパワーを発している場所と言われているのが、亀石です。あまり立ち寄る人がいないため、穴場的なスポットとも言えるでしょう。亀石は西参道から宝物殿へ向かうと見えてくる芝生エリアの、北池にひっそりと佇んでいます。

大きな石が角度によっては亀のように見えることから、この名前がつけられたと言われています。長寿や幸運のシンボルとなっている亀は縁起が良いものとして、運気上昇のパワースポットと注目されるようになりました。

亀石の写真を撮って待ち受け画面にするのもよいですが、亀石の頭部分に触れたり時計回りに1周するのもご利益があるとされています。仕事運や金運上昇のご利益があるパワースポットです。

夫婦楠

明治神宮に何度か参拝していると、結婚式に遭遇する人も多いのではないでしょうか?家内安全・夫婦円満・縁結びにご利益がある明治神宮は幅広いカップルの結婚式場として選ばれています。それらのご利益のシンボルとなっているのが、拝殿に向かって左側にある夫婦楠です。

この夫婦楠も待ち受け画面にするとさらなるご利益が得られるとされています。樹齢は100年ほどとなりますが、植樹されてから現在まで仲良く寄り添い続けています。囲いがあることからもわかるように、触れてはいけない御神木です。静かな気持ちでゆっくりと参拝をしましょう。

宝物殿

目の前に芝生が広がる宝物殿も、明治神宮内においてパワースポットのひとつとなっている場所です。広々とした芝生の前は、どの時間に訪れてもゆったりとそれぞれの時間を過ごしている人々がいます。朝に訪れるとヨガをしている人や、のんびりと朝食を摂っている人の姿も見受けられます。

それだけ心地よくリラックスできる空間として、定着しているのかもしれません。ここまで足を伸ばしたら宝物殿の前にあるさざれ石もぜひ立ち寄ってみてください。人によっては、このさざれ石にパワーを感じる人もいるようです。さざれ石は各地にありますが、明治神宮にあるこの石は別格です。

君が代発祥の地と言われている場所から奉納された特別なものとなっています。

清正井

明治神宮内でもナンバーワンと言われているパワースポットが、清正井です。水温は1年間安定していて毎分60リットルもの水量が常に湧き出ています。加藤清正が掘ったことからこの名がつけられた清正井は、待ち受け画面にすると運気が上昇するとメディアで紹介され一気に人気に火がつきました。

多くの人が集まること、陰陽の気がハッキリしていることから訪れる時間や天気には注意が必要です。昼すぎや雨の日は陰の気が集まりやすいので、避けた方が良いでしょう。ご利益を得るなら晴れた日の午前中に訪れるのがおすすめです。

300年以上美しい水が湧き出ている神秘的なスポットである清正井。ご利益云々の前に明治神宮に来たら、立ち寄っておきたいスポットのひとつでしょう。

大鳥居

夫婦楠と共に明治神宮のシンボルとなっているのが、大鳥居です。この大鳥居をくぐった途端に清々しい空気が立ち込めているのを感じられるでしょう。明治神宮の参拝ルートはいくつかありますが、大鳥居がある南参道コースがよりご利益を得られるとして推奨されています。

日本一の大きさを誇る大鳥居。ヒノキで創られたこの鳥居は、2代目となります。高さ12m、柱間9.1m、柱の直径1.2mと迫力満点の姿で参拝客を迎えます。大鳥居には皇室の御紋である「十六葉八重表菊」が施されています。

願いが叶った!明治神宮の口コミ

View this post on Instagram

#明治神宮 #羊羹

A post shared by tovata (@tobasuke) on

明治神宮に訪れた人々は、あらゆるパワーを感じているようです。実際にこの場所に訪れた人が実際に感じ取った気持ちやご利益などの口コミを紹介します。浄化作用もありリラックス効果もある明治神宮で、日々のストレスや疲れをリフレッシュする人も多いようです。

心の浄化スポット

気持ちをリフレッシュしたい時や心に疲れを感じた時に訪れています。大鳥居をくぐり、踏みしめる砂利の音を聞きながら拝殿まで向かうのが定番ルートです。心地よい空気や砂利の音に癒やされ、拝殿に到着するころには心が晴れやかになっています。

時間がある時には足を伸ばして芝生エリアまで。芝生に寝転んで読書をしたり、ぼーっとしたりするのが私のストレス解消方法です。(40代・女性)

記念日には明治神宮参拝を

我が家では結婚記念日に明治神宮の参拝を定番行事にしています。近くにある大きな神社ということで参拝を始めた神社でしたが、ご利益が夫婦円満・家内安全と聞きより参拝に熱が入るようになりました。

入籍してから何十年と経ちますが、夫婦円満でいられるのは明治神宮への参拝を欠かしていないからかもしれません。この場所に参拝に来ると穏やかな気持ちになれる、不思議な場所です。(50代・男性)

清正井は絶対に行くべき

テレビで紹介されてから混雑することが多いとのことで、御苑が開くと同時に訪れてみました。早い時間に来たこともあり、参道は人気が無くいつも以上に神聖な雰囲気が。普段なら写真を撮ることもはばかれるくらい参拝者が多い境内も、貸切状態。存分に明治神宮の空気を堪能できました。

人がほとんどいないため、いつもは急かされてしまう清正井もゆっくりと見ることができました。美しい水の流れとともに心のモヤモヤも晴れていったのは気のせいでしょうか?(20代・女性)

明治神宮の基本情報

日本の流行の発信地でもある渋谷・原宿に位置する明治神宮はアクセスも抜群です。都心にあるため車で行くよりは公共交通機関を利用したほうが楽かもしれません。明治神宮のアクセス方法や、気になる参拝料などについて紹介します。

アクセス方法

いくつかある電車でのアクセス方法を紹介します。一般的なのがJR山手線「原宿駅」を下車し、表参道口を左手に進むルートです。徒歩2分ほどで南参道入り口の大鳥居に到着します。

東京メトロを利用した際には「北参道駅」を下車して、駅の右手にある明治神宮を直進します。一番最初にある交差点をJR路線側に渡り進むと北参道入り口に到着です。小田急線利用の際には「参宮橋駅」で下車してください。駅を出て右手に進み交差点を渡って右折すると、西参道入り口に到着します。

とても広い敷地である明治神宮は、拝殿に向かうルートはいくつかあります。初めて訪れる時やご利益をより授かりたい時は、南参道から入るのがベストです。

拝観時間・拝観料

明治神宮は日の出とともに開門し、日の入りと共に閉門します。月によって開門・閉門時間は異なるため遠方から参拝する際には事前にチェックしておきましょう。12月31日に限り終夜参拝が可能となっています。

境内に入る際の拝観料はありません。しかし清正井がある明治神宮御苑は維持協力金として、500円の入場料が必要となります。明治神宮御苑は年中無休となっていて、3月~11月は9:00~16:30・11月~2月は9:00~16:00が開苑時間です。

御苑内の花菖蒲が見頃を向かえる6月は8:00~17:00(土日は18:00)の開苑時間となっています。

明治神宮参拝後に立ち寄れる観光スポット

View this post on Instagram

明治神宮,我來了

A post shared by 空空 (@nxbaz79) on

空気が澄み切っている午前中に明治神宮を参拝した後は、ぜひ近くの観光スポットに足を伸ばしてみましょう。都心にある明治神宮は初めての人でも楽しめるスポットが盛りだくさんです。流行の最先端を堪能するのもよし、自然の中でゆったりするのもよし、色々な楽しみ方ができます。

竹下通り

日本, 東京, 原宿, 鉄道駅, 通り, 交差点, 道路, 鉄道, 群衆

原宿と言えば竹下通り!若者の街・原宿は今も健在です。明治神宮の最寄り駅である原宿駅の「竹下口」から出て目の前の場所にあります。竹下通りの入り口はいつ来ても賑わっていますが、少し進むと歩きやすくなってくるのが不思議なところ。

グルメもファッションも最先端を発信している場所のひとつが竹下通りです。フォトジェニックフードなどもたくさんあるので、ぜひひとつの記念として堪能してみてください。

代々木公園

神社, 日本, 東京, 群衆, 人, 原宿, アーキテクチャ, 公開, 原宿

東京オリンピックの選手村跡地につくられたのが、代々木公園です。公園内には売店もあるため、1日中多くの人々で賑わっています。自然も豊かなため、桜やハーブ、バラなど四季折々で美しい花々が公園内を彩ります。

ドラマのロケ地としても有名なけやき並木も、代々木公園の敷地内にあります。地元住民のオアシスともなっている代々木公園は明治神宮と隣接しているため、立ち寄りやすいスポットです。しかしどちらも広大な敷地を有しているため、かなり歩くことは覚悟しておいた方が良いでしょう。

NHKスタジオパーク

JR「原宿駅」から徒歩12分ほどの距離にあるのがNHKスタジオパークです。人気ドラマや人気番組のコンテンツを存分に楽しむことができます。大人だけで訪れても楽しめますが、何よりも子供と行っても満喫できる場所のひとつです。画面越しでしか見ることができなかった人気キャラクターにも会えるかもしれません。

明治神宮は外国人からも大人気のスポット

明治神宮は国内だけではなく、海外からも人が集まる人気のスポットです。パワースポットとしてのご利益を得るための参拝だけではなく、この場所の雰囲気を楽しみたい人も少なくありません。鳥居をくぐった途端に包まれる静寂な雰囲気と、ひんやりとした清々しい空気は心を落ち着かせます。

近くに住んでいる人はもちろんのこと、東京観光の際に訪れてみてはいかがでしょうか?

関連する記事