旅行情報メディア【トリマ】

タイでコヨーテを楽しむ!基本システムと有名なコヨーテクラブとは!

タイでコヨーテを楽しむ!基本システムと有名なコヨーテクラブとは!

2020.09.18

Trimaタイ編集部

タイは観光だけでなく、夜遊びが盛んな国として知られています。ナイトスポットを目当てに観光に訪れる外国人も多く、日本人も例外ではありません。今回はタイでお金持ちの間で流行っているコヨーテについて紹介します。楽しみ方やおすすめのコヨーテも紹介します。

目次

  1. タイでコヨーテを楽しむなら?
  2. コヨーテクラブとは?
  3. ゴーゴーバーとの違い
  4. タイで有名なコヨーテクラブ
  5. CZECH TRENDY CLUB
  6. シャーベットエクスクルーシクラブ
  7. THE PIMP
  8. クリスタルトンロー25
  9. タイの高級コヨーテクラブ
  10. ペガサスクラブ
  11. ティアラ
  12. タイのコヨーテの基本システム
  13. コヨーテの楽しみ方
  14. 会員制のお店も多い
  15. 連れ出しは基本的にNG
  16. レベルの高い女の子を見るならコヨーテ

タイでコヨーテを楽しむなら?

Video Fonda - Free photo on Pixabay (760951)

タイやフィリピンで外国人に人気のゴーゴーバーは聞いたことがある人が多いですが、コヨーテはそれほどまでの知名度はありません。しかし現地では知らない人がいないほど有名なナイトスポットです。

ここでは、コヨーテがどのような場所なのか、ゴーゴーバーとの違いを比較しながら紹介します。

コヨーテクラブとは?

Bangkok Street Thailand - Free photo on Pixabay (760952)

コヨーテクラブとは、「コヨーテ・アグリー」という映画が元になって作られたようです。簡単に言うとラウンジのような雰囲気でショーを楽しんだり席に座っている女性と会話を楽しんだりするものです。

タイ人の富裕層向けに作られ、外資系企業をタイが受けいれるようになったことで、駐在員も頻繁に行くようになりました。一般的なナイトスポットよりもかなり価格は高く設定されていますが、落ち着いた雰囲気で女性との会話を楽しみたい人におすすめです。

ゴーゴーバーとの違い

Girl Young Woman - Free photo on Pixabay (760953)

コヨーテクラブとゴーゴーバーの違いは価格帯だけではありません。ゴーゴーバーはお持ち帰りする女性を飲みながら選ぶというお客さんも多いですが、コヨーテクラブにはお持ち帰りは基本的にできません。

また、ボーイの質も異なります。コヨーテクラブでは、高級クラブさながらお客さんの一挙手一投足に気を配っているため、何か必要な時にはすぐに頼むことができます。

会員制のところも多く、短期旅行者向けよりも長期滞在の人向けのシステムが多いです。

タイで有名なコヨーテクラブ

Woman Washing Vietnam - Free photo on Pixabay (760954)

タイのナイトスポットは選ぶのに迷うほど、多くの選択肢があります。しかしコヨーテクラブはクラブやゴーゴーバーに比べると選択肢が少なく、特に外国人向けのものは絞られます。

タイの有名なコヨーテを選ぶと、はずれはないでしょう。ここでは5つのコヨーテを紹介します。

CZECH TRENDY CLUB

Audience Concert Music - Free photo on Pixabay (760955)

「CZECH TRENDY CLUB」はエカマイのエリアにあり、コヨーテの中でも女性のレベルが高いという噂です。タイ人に人気のコヨーテで、室内でかかる曲もタイのものが多いです。しかし英語が話せるので会話には困りません。

店内はクラブのような雰囲気で、ステージではバンドの生演奏や女性のショーが行われます。メンバーは2万バーツと3万バーツがあります。非メンバーの場合は、420バーツのテーブルチャージで飲んだドリンクや女性の同席料が加算されていく方式です。

シャーベットエクスクルーシクラブ

Adult High Heels Club - Free photo on Pixabay (760957)

日本人観光客も多く訪れるコヨーテは「シャーベット」です。エカマイというエリアにあります。メンバーは2万バーツコースと3万バーツコースがあり、値段によってキープするボトルの本数が変わります。水や炭酸水、氷は無料となり、食事も割引価格になります。

そして観光客も楽しめるように非メンバー用のメニューもあります。これは2名で6,600バーツです。これにはドリンク代と女性2名分の同席料、ドリンク料が含まれています。

THE PIMP

Dj Deejay Music - Free photo on Pixabay (760956)

「THE PIMP」はアソークからタクシーで30分以上かかる場所にあります。そのため外国人は少なく、女性の中には英語を話せない人もいます。メンバーは2万バーツと5万バーツから選べます。

非メンバーの場合はドリンクや同席女性が増えるごとに料金が増えていくシステムです。メンバーになるとドリンクの単価や同席料が安くなるのでメリットは多いです。

席についてくれる女性は2種類います。ドレスを着ているPR嬢は1時間1,650バーツですが、ビキニなどを着ているPIMPCATは1時間2,310バーツです。

クリスタルトンロー25

Live Music Rock Show - Free photo on Pixabay (760958)

クリスタルトンローは、トンローという日本人が多いエリアにあるため、駐在員などを中心に人気となっています。日本人に慣れている女性も多いため、流暢ではなくてもある程度日本語でコミュニケーションが取れる人もいるようです。

メンバーは2万バーツからなり、1年間有効です。非メンバーの場合、420バーツのサービス料があり、ドリンクが400バーツ~かかります。女性を同席させる場合には、2種類のランクがあり、女性によって同席料が異なります。

タイの高級コヨーテクラブ

Input Foyer The Entrance - Free photo on Pixabay (760959)

コヨーテは基本的に高級クラブですが、最近ではゴーゴーバーでコヨーテもどきを提供しているお店も増えてきました。高級なコヨーテはやはりサービスや女性の質が異なるようです。

ここでは高級コヨーテを紹介します。

ペガサスクラブ

Pegasus Composite Horse - Free image on Pixabay (760960)

タイで知らない人はいないほど有名なコヨーテクラブの1つに、ペガサスクラブがあります。宮殿のような作りで店内は高級感に溢れています。また、VIPルームやKTVルームもあり、著名人もお忍びで通うことがあるようです。

10年以上バンコク市内でトップを突っ走っており、100名以上が在籍しています。スタッフも教育が行き届いているため、サービスの質も高いです。会員となるには、1年で3万バーツ以上が必要となります。

ティアラ

Crown Princess Beauty Pageant - Free photo on Pixabay (760961)

ティアラはスクンビット地区にあり、電車でもアクセスしやすいのが特徴です。電話は日本語対応もあるようなので、初めての人で英語やタイ語に自信がない人も予約していく事が出来ます。

テーブルチャージは350バーツ、ボトルも1本2,500バーツ~と手が出ない程高いわけではありません。ライブイベントが盛んに行われているため、お気に入りの女性が見つからない場合は、女性を付けずにステージを楽しむことも可能です。

タイのコヨーテの基本システム

Red Wine Glass Drink - Free photo on Pixabay (760963)

せっかくタイを訪れたなら、ゴーゴーバーなどの庶民的な場所ではなく、少し高めのコヨーテでお金持ち気分を楽しみたいという人もいるでしょう。もちろん、コヨーテは富裕層向けであり、日本円換算でも決して安くはありません。

コヨーテを楽しむためには、基本的なシステムを把握しておく必要があります。

コヨーテの楽しみ方

Rum Alcohol After Work - Free photo on Pixabay (760964)

持ち帰れないなら楽しめないという人もいるかもしれませんが、コヨーテでの遊び方は、ショーやライブを観て楽しんだり、テーブルで女性とお酒を飲みながらゲームをしたりします。

店内に入るとまず料金システムやメンバーについての説明を受け、店内の女性からお気に入りの人を選びます。特に人数の制限は無いため、1人で複数人選んでも構いません。

基本的には女性を変えず、会計まで相手をしてもらいます。高級店では女性からドリンクをねだられることは少ないです。

会員制のお店も多い

Key Metal Entrance - Free photo on Pixabay (760965)

基本的にコヨーテと呼ばれる店は、会員制を取っていることが多いです。こうすることで客層が絞られ、ゴーゴーバーとは違った格式を出すことができるためです。会員になるにはボトルキープなどの条件があり、高級コヨーテは数万バーツの会費が必要なところもあります。

非会員でも遊べるコヨーテもありますが、ボトルで頼む必要があるため、少なくとも6,000バーツは必要となります。お金持ちの場所なので、それくらいの出費も平気な人だけ訪れましょう。

連れ出しは基本的にNG

People Man Woman - Free photo on Pixabay (760966)

コヨーテで働いている女性を店外に連れだすことは基本的にできません。もちろん、会員として通い詰め、女性からの合意があった場合には店外デートに誘うことができます。しかし、短期旅行者はそこまでの関係を築くことはまず無理なので、お持ち帰り目的でコヨーテはおすすめできません。

ゴーゴーバーのように連れ出す時のペーパー代は要りませんが、連れだせるまでには何万バーツもその女性に使っていることが必須条件となるでしょう。

レベルの高い女の子を見るならコヨーテ

Girl Red Hair Makeup - Free photo on Pixabay (760967)

今回はタイで日本人に人気となっているコヨーテについて紹介しました。ゴーゴーバーに比べて料金は高く、お持ち帰りもできませんが、レベルの高さは明らかに異なります。

また、落ち着いた雰囲気で女性との会話を楽しみたい人にもおすすめです。

関連する記事