旅行情報メディア【トリマ】

ワットロンクンの楽しみ方・行き方を徹底解説!見どころはトイレにも?

ワットロンクンの楽しみ方・行き方を徹底解説!見どころはトイレにも?

2020.08.29

Trimaタイ編集部

純白の奇怪遺産ワット ロンクン(Wat Rong Khun)があるのはタイ北部の街チェンラーイです。こちらの記事ではチェンラーイからワットロンクンへの行き方から驚きのトイレの深層まで、ワットロンクンとチェンラーイの観光スポットについてお詳しく伝えします。

目次

  1. 美しい奇怪寺院【ワット ロンクン】はタイ北部チェンラーイにある
  2. ワット ロンクンとはどんなお寺?
  3. ワットロンクンの見どころ
  4. ワットロンクンの見どころはトイレにも?
  5. ワットロンクンの祈願(絵馬風プレート)
  6. ワットロンクンの口コミ
  7. ワットロンクンへの行き方
  8. ワットロンクン(ホワイトテンプル)行き専用バス
  9. トゥクトゥク
  10. タクシー
  11. チェンラーイには他にも観光名所が!
  12. ワット ロンスアテン (Wat Rong Sua Ten)
  13. ワットプラケオ (Wat Phra Kaew)
  14. 山岳少数民族を尋ねるツアー
  15. シンハーパーク (Singha Park)
  16. 地獄と天国を表現したワットロンクン

美しい奇怪寺院【ワット ロンクン】はタイ北部チェンラーイにある

純白の奇怪遺産「ワット ロンクン(Wat Rong Khun)」があるのは、タイ北部の街「チェンラーイ」。タイの古都チェンマイよりも、さらに北東へ約200㎞離れた、ミャンマーとラオスの国境接しているタイ最北端の街です。

タイ北部は首都バンコクやリゾートの集まるタイ南部とは全く違った良さがある地域ですので、「ワット ロンクン(Wat Rong Khun)」へ行きたい方は、バンコクから直接チェンラーイへ行くよりも、タイ北部の観光の中心である「チェンマイ」を拠点とし、チェンマイ郊外の観光の一つとして訪ねるのが良いでしょう。

ワット ロンクンとはどんなお寺?

1997年にタイの芸術家”チャルムチャイ・コーシッピパット”さんがデザインを手がけ造られた「ワット ロンクン(Wat Rong Khun)」は、現代的でしきたりに囚われない様式の非常にアーティスティックな寺院です。チャルムチャイ・コーシッピパットさんは”幅広い人々が釈迦の教えを学び瞑想する場所にしたい”とワットロンクンを造りました。

別名「ホワイトテンプル」とも呼ばれるワットロンクンは全体が白く塗られているのが特徴の一つ。それは釈迦の誠実さを象徴するための白なのだそうです。一方、本堂に入ると壁面にはバットマン、スーパーマン、ドラえもん、プレデター、マトリックスなどのキャラクターのモチーフが描かれており、それらは仏教思想における善悪を表現しています。

ワットロンクンは”仏教離れの進む子供や若者たちにも釈迦の教えに興味を持ってもらいたい、世の中を良くしたい”というチャルムチャイさんの優しさ熱心さが随所に表現された見所たっぷりの不思議な寺院です。

住所Pa O Don Chai Road, A. Muang, Chiang Rai, Pa O Don Chai, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000
営業時間6:30-18:00

ワットロンクンの見どころ

「ワット ロンクン」本堂入口へは「輪廻転生の橋」を渡って向かいます。橋の両脇には地獄をイメージした「血の池」があり、救いを求めて宙を掴むような無数の手と何かに苦しむ人々がうごめいています。これらは欲にとらわれ成仏できずにさまよい続ける人々の魂を表現しているそうです。

「輪廻天生の橋」を渡って「血の池」を通り「ワットロンクン本堂」へと向かう様子は、”釈迦の教えを守ることで浄土に導かれ、地獄から天国へも昇天できる”という物語ともなっています。釈迦の教えを学び、欲から解脱し心を静めて無心になることを伝えようとしているのです。

ワットロンクンの見どころはトイレにも?

写真にある黄金の豪華絢爛な建物は、実はワットロンクン敷地内にある「トイレ」です。タイの寺院の中で最も豪華な造りと言われるワットロンクンのトイレは記念撮影をする観光客で賑わい、ベンチまで用意されています。

「ホワイトテンプル」に「黄金のトイレ」というユニークさを狙ったのでしょうか。トイレの使用や写真撮影にお金はかかりません。

ワットロンクンの祈願(絵馬風プレート)

黄金のトイレを出たところに、ワットロンクンの祈願コーナーが設置されています。日本の神社や寺院にある「絵馬」ですね。窓口で銀色のプレートを30バーツ(約100円)で購入し、そこに自分のお願い事と名前を書いて吊るす仕組みです。面白いのがワットロンクンの祈願プレートには何故か最初から財運アップを祈願する文字が掘られています。

欲を持たず無心で生きると言う釈迦の教えを伝えたいはずの寺院に、何故祈願プレートなるものが存在するのか疑問は残りますが。。。寺院内には膨大な数のプレートがかけられています。

ワットロンクンの口コミ

View this post on Instagram

#watrongkhun

A post shared by W ∆ T ∆ N ! | T _ ® (@wataniit_o) on

「遠くから眺める姿は映画「アナと雪の女王」のお城や橋に見えますが、近づくと苦しみで助けを求める無数の手や悪魔だったりしてそのギャップに驚かされました。境内にはその様な地獄をイメージしているオブジェが多数あり、非現実間満載のテーマパークの様な寺院でした。写真撮影禁止の本堂内は意外とシンプルでした。「ワットロンクン」チェンラーイに来たら必訪のスポットです。」30代男性

「タイ人にとってのガウディの様な芸術家チャルムチャイ・コーシッピパットさんが手がけるこの白い寺「ワットロンクン」は、いつ来ても進化を続けています。細部まで見逃さずにじっくり見ることで、作者の意図が見えてきて、素晴らしさが倍増します。タイ北部に旅行に行く際は必ず寄らなければいけないスポットです。」20代女性

「タイに行ったら絶対に行くべき場所ナンバーワンがワットロンクンだと思う。こんなに良い意味でおかしな寺院は他で見たことがない。遠くから見るとただただ白くて美しい寺院なのに、近づくとおどろどろしい地獄の世界で少し怖いほどだった。本堂に渡る橋はまるで天国続いていそうなくらい綺麗で本当に異世界にいるかのようだった。境内には奇妙な置物や彫刻がぶら下がっていたり、とにかく奇妙。またピカピカの黄金で豪華な造り建物があり記念撮影をしたが後からそれがトイレであると知った。」40代男性

ワットロンクンへの行き方

チェンラーイ市内から「ワットロンクン」への行き方をご紹介します。

ワットロンクン(ホワイトテンプル)行き専用バス

「チェンラーイ第一バスターミナルの3番プラットホーム」に停車する青いバスがワットロンクン行き専用バスです。車体後ろに「WHITE TEMPLE(ホワイトテンプル)」と書いてあります。運賃は片道20B(約75円)約30分間隔で運行しています。

住所Prasobsuk Road, Chiang Rai

トゥクトゥク

チェンラーイのバスターミナルや街中で客待ちしているトゥクトゥクでワットロンクンへ行く場合の相場は、片道100B
〜200Bです。(約350円〜700円)トゥクトゥクはメーターがついていませんのでだライバーと値段交渉しましょう。

タクシー

チェンラーイのバスターミナルや街中で客待ちしているタクシーでワットロンクンへ行く場合の相場は、片道200Bです。(約700円)

チェンラーイには他にも観光名所が!

ミャンマーとラオス国境に接するタイ最北の地「チェンラーイ」。チェンラーイ市内にはワットロンクン以外にも仏教寺院が数多くある他、自然豊かな山岳地帯には、現在でも山岳少数民族が暮らしている地域として知られています。

ワット ロンスアテン (Wat Rong Sua Ten)

View this post on Instagram

⠀ /⠀ チェンライの寺院「ワット・ロンスアテン」から⠀ おはようございます☀️⠀ \⠀ ⠀ 「ワット・ロンスアテン」は、通称「ブルーテンプル」の意味の通り本堂の外観も内観も青一色の寺院🐲💙⠀ 本堂の前で建物を守っている立派なナーガの姿が圧巻です‼️⠀ ⠀ 今週も1週間がんばりましょう😊⠀ ⠀ #今週も頑張ろう #タイ #チェンライ #ワットロンスアテン #青の寺 #ブルーテンプル #タイ寺院 #お寺巡り #朝の風景 #ダレカニミセタイソラ #タイ旅行 #チェンライ旅行 #こんなタイ知らなかった #もっと知りタイ #旅好きな人と繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #thailand #chiangrai #watrongsuaten #temple #amazingthailand #thailandtravel #thailandtrip #thai #thaistagram #lovethailand #thainess #genic_thailand #localexperience

A post shared by タイ国政府観光庁 (@amazingthailandjp) on

「ワット ロンスアテン」は青を基調とした寺院であることから「ブルーテンプル」とも呼ばれています。「ワット ロンスアテン」はワットロンクンをデザインしたチャルムチャイ・コーシッピパットの弟子である”スラーノック(プッター・ガープケオ)”によって造られました。

本堂の壁や天井に描かれた青を基調とする美しい絵画と白い大仏が幻想的な世界を作り出しています。熟練した職人の技と新しい発想が混ざった「ワット ロンスアテン」はワットロンクンと合わせて観光することをおすすめする大変美しい仏教寺院です。

住所Moo 2, Rim Kok, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57100

ワットプラケオ (Wat Phra Kaew)

15世紀にチェンラーイに建立された仏教寺院「ワットプラケオ」はタイ語で「エメラルド仏陀の寺」を意味しています。それと言うのも今は首都バンコクのワットプラケオで見られる「エメラルド仏陀」が発見された大変由緒ある寺院だからです。

バンコクのワットブラケオにある有名な「エメラルド仏陀」は、1436年にこのチェンラーイのワットプラケオで発見されました。現在、チェンラーイのワットプラケオには、1991年寄進によって奉納された新しいエメラルド仏陀が安置されています。本堂ではなくその奥の建物に現在のエメラルド仏陀は見ることができます。

約700年前から存在する由緒ある仏教寺院「ワットプラケオ」はチェンラーイに訪れたら必ず足を運びたい貴重なスポットです。

住所Wieng Muang Chiang Rai, Chiang Rai 57000
営業時間6:00-17:00

山岳少数民族を尋ねるツアー

View this post on Instagram

サワッディー・カー✨  今週の #こんなタイ知らなかった は、チェンマイの山岳部にあるカレン族の村からの1枚📷  カラフルな民族衣装を身に纏った子供たちが可愛らしいですね👧  @chieko0105さん、コップン・カー!🙏  ・・・・・・・ 今まで知らなかったタイの魅力を見つけたら、ハッシュタグ #こんなタイ知らなかった をつけて投稿して下さい!こちらでご紹介させて頂くことがあります。皆さんからの投稿をお待ちしています😊  #repost #タイ #チェンマイ #カレン族 #山岳民族 #ローカル体験 #こんなタイ知らなかった #タイを知りつくす #タイ旅行 #チェンマイ旅行 #微笑みの国 #タイランド #旅好き #人と繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #笑顔が素敵 #笑顔が一番 #thailand #chiangmai #karen #amazingthailand #thailandtravel #thailandtrip #thai #thaistagram #lovethailand #localexperience

A post shared by タイ国政府観光庁 (@amazingthailandjp) on

チェンラーイ周辺の山岳地帯には現在も少数民族・山岳民族が数多く暮らしています。チェンラーイやチェンマイを訪れたら少数民族・山岳民族の村を訪問するツアーに参加してみましょう。チェンマイやチェンラーイにあるツアー会社から簡単に申し込みができます。日本語のホームページがある会社もあるので調べてみましょう。

ツアーでは女性の首が首輪で長く伸びた「カレン族」、銀細工の民族衣装が特徴の「アカ族」、腰輪が特徴の「パロン族」、 カラフルな衣装が特徴の「リス族」などの民族が暮らす村を訪ずれて村の人々の話を聞いたり、民芸品を直接購入したり、貴重な交流をすることができます。あなたの価値観を変える様な出会いや体験ができるかもしれません。

シンハーパーク (Singha Park)

「シンハー」は誰もが知るタイ最大のビールメーカーです。シンハーパーク(Singha Park)は、そのシンハーが運営しているテーマパークで、今やチェンラーイで一番人気の観光スポットとなっています。

シンハパークは東京ドーム約270個分の広さがあり、トロリーバスやレンタルサイクルで移動ができます。園内には様々なアクティビティがあり、茶畑でのお茶摘み体験、季節ごとに変わるお花畑やフルーツ畑の見学、キリンやシマウマなどの動物へのエサやり体験、タイの山岳民族の衣装を着る体験、ワイヤーで体を吊るして宙を移動するジップラインのアクティビティもあり、まさに1日楽しめるテーマパークとなっています。

パーク内にはレストランやカフェもあり、中でも「プビロムレストラン(Bhirom Restaurant)」では丘の上に建っており、タイ料理とシンハービールで喉を潤しながら美しいチェンラーイの景色を眺めることができます。

住所99 Moo 1, Mae Korn, Amphoe Chiang Rai, Chaing Rai 57000
営業時間9:00-17:00
入場料50B(約180円)4歳以下無料

地獄と天国を表現したワットロンクン

View this post on Instagram

Таиланд – идеальное место для свадебной церемонии, восхитительного медового месяца ✨ или просто романтического отпуска, который добавит свои краски в ваши отношения. Ведь эта древняя мистическая земля одарена и пляжами с белоснежным песком, окруженными пальмами, и живописными горными вершинами, окутанными зеленым лесом, и многолетними храмами, до сих пор сохраняющими величие древних цивилизаций, и, конечно же, современный мир и самая удивительная столица Бангкок, соединяющая старину и современность. 😍

A post shared by Удивительный Таиланд (@amazingthailand.ru) on

ワットロンクンの白は宇宙をくまなく照らし、すべての人々に平等に降りそそぐ「真の光」をイメージしています。そんな気持ちが込められていると知った上でワットロンクンを訪れたら、感じ方も変わってくるのではないでしょうか?

関連する記事