旅行情報メディア【トリマ】

バンコクの物価は安い?在住者によるバンコクの物価事情まとめ!

バンコクの物価は安い?在住者によるバンコクの物価事情まとめ!

2020.08.27

Trimaタイ編集部

タイにいざ旅行に行くとなると物価がどれくらいか気になりませんか?タイ在住の筆者がタイの食べ物、飲み物、タクシー、マッサージ、1LDKの家賃、ホテルの相場などバンコクでの生活をもとにタイの物価事情をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. バンコクの物価事情を知ろう!
  2. タイの通貨はタイバーツ
  3. バンコクの物価は安い?
  4. ミネラルウォーター
  5. フルーツ
  6. 食事
  7. タクシー
  8. マッサージ1時間
  9. 1LDK1ヶ月の家賃
  10. バンコクは物価が安いので高級ホテルに泊まれる?
  11. まだまだ物価が安いバンコクを楽しもう!

バンコクの物価事情を知ろう!

日本より物価が安いと言われるタイ。タイ在住の私はタイでの生活費は日本の半分ほどと感じています。一体タイでは何がどの位の値段で売られているか、タイでよりコスパの良いものは何なのか?具体例をもとにタイの物価事情を解説します。

タイの通貨はタイバーツ

タイの通貨はバーツ(Baht)。2020年2月現在の為替レートで1バーツは3.5円となっています。状態としてはタイバーツの価値が年々高くなっている状態です。

流通している紙幣は20バーツ(70円)、50バーツ(170円)、100バーツ(350円)、500バーツ(1700円)、1000バーツ(3500円)。硬貨は10バーツ(35円)、5バーツ(17円)、2バーツ(7円)、1バーツ(3.5円)、50サタン、25サタン。銅の小さな硬貨サタンは100サタンで1バーツになります。

バンコクの物価は安い?

私がバンコクで生活する中で”これはタイの方が日本より安くてお得”と感じるものをピックアップしました。

ミネラルウォーター

タイのミネラルウォーターは500mlのペットボトルで6〜7バーツ(約20円)。
2ℓのpをペットボトルで13バーツ〜14バーツ(約45円)。

水道水の飲めない常夏の国タイではミネラルウォーターが必需品です。パックで買うとお得なので沢山買ってストックしておくのがおすすめです。

フルーツ

タイでは道端でフルーツが売られている光景をよく目にします。
これらのフルーツは基本1キロから買うことができ、表示されている値段も1キロの値段です。

例えばマンゴーなら1キロ40バーツ〜80バーツ(約140円〜280円)が相場です。
大きさにもよりますが、マンゴー4、5個と言ったところでしょうか。とっても甘くてジューシーで美味しいマンゴーをこんな安い値段で買えるなんて、最高だなあと思いながら私は毎日マンゴーを食べています。

マンゴー以外にもタイのフルーツはとっても美味しいものばかり、マンゴスチンやパッションフルーツ、ライチなど日本ではなかなか食べられないフルーツをタイに来たらぜひ食べてみて下さい。

食事

タイ料理の屋台やデパートのフードコートで食事をすると、その相場は1食約35バーツ〜60バーツ(約100円〜200円)です。
また、タイ人も訪れるタイ料理レストランでお腹いっぱい食べて呑んで夕食をとった場合、1人約200バーツ〜300バーツ(約700円〜1000円)が相場です。

日本食のランチは300バーツ(約1000円)といったところです。

タクシー

タイのタクシーは初乗り35バーツ(約100円)/1キロ。その後360mごとに2バーツ(約7円)加算されていきます。例えば5キロ先の目的地に行く場合、その運賃は約57バーツ(約200円)、また10キロ先の目的地に行く場合は約85バーツ(約300円)といったところです。

タイはタクシーがとにかく安いので、活用すれば快適なタイライフを送ることができます。

マッサージ1時間

タイマッサージはタイのれっきとした文化財、街にはマッサージ店があふれていて観光客やタイ人まで大人気です。タイのマッサージは大変コスパが良いので旅行で訪れた場合、毎日でもマッサージに通う日本人が多いです。

タイマッサージ1時間の相場は200バーツ〜300バーツ(約700円〜1000円)です。オイルマッサージなどオプションを付けても1時間400バーツ(約1400円)ほどでしょう。自分の特に疲れている箇所を伝えれば、重点的にマッサージしてくれます。

1LDK1ヶ月の家賃

私はタイのバンコクのコンドミニアムに住んでいます。BTSスカイトレインで中心地のサイアム駅(Siam)まで25分ほどのところです。

私のコンドミニアム1LDKの家賃は毎月8000バーツ(約28000円)。家具や家電は最初から全てついているのがタイのスタイルです。コンドミニアムにはトレーニングジムやプールも併設されています。

東京で借りたら間違いなく10万円以上はする家に3分の1以下の値段で住めるタイの物価は大変安いと思います。

バンコクは物価が安いので高級ホテルに泊まれる?

タイでは日本より安い値段で高級ホテルに泊まることができます。何故ならば、タイのホテルは1部屋の値段なので1部屋に二人で泊まれば宿泊費が半額になり、安く泊まることができるのです。日本ならば1人づつに部屋の値段がかかってくるので逆に2倍の値段になってしまいます。

タイのホテル相場としては中級ホテル(星3つ)なら1室1500〜2000バーツ(約〜円)、高級ホテル(星4・5つ)でも、1室3000〜7000バーツ(約〜円)と部屋の値段自体も日本に比べるとリーズナブルです。

まだまだ物価が安いバンコクを楽しもう!

せっかくタイを訪れるならば、日本より物価が安いというお得感を感じられる方がタイをより楽しんで好きになれると思います。

コストパフォーマンスの良さにフォーカスしてタイ滞在を楽しんで下さい。

関連する記事