旅行情報メディア【トリマ】

タイには5つの世界遺産がある!観光で行きたい世界遺産まとめ!

タイには5つの世界遺産がある!観光で行きたい世界遺産まとめ!

2020.08.26

Trimaタイ編集部

東南アジアで最も独自の文化を築き、観光客が世界中から集まる国、タイ王国。現在タイでは5ヶ所が世界遺産に登録されており、今回はその全てにスポットを当てます。アユタヤ遺跡、スコータイ遺跡やカオヤイ国立公園など、知られざるタイの世界遺産の魅力をご紹介します。

目次

  1. 一度は行きたいタイの世界遺産を紹介
  2. タイの世界遺産といえばここ、古都アユタヤ
  3. 広大な自然が広がる「ドン・パヤーイェン-カオヤイ森林地帯」
  4. 古代遺跡が多数見つかる「バーンチェン遺跡」
  5. タイ最古・王朝都市「スコータイ遺跡」
  6. 東南アジア最大「トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護区」
  7. タイの歴史を知りたい方におすすめ「バンコク国立博物館」
  8. タイの世界遺産に触れる事で見えてくる世界がある

一度は行きたいタイの世界遺産を紹介

衣食住において東南アジアで最も独自の文化を築き、観光客が世界中から集まる国、タイ王国。一度訪れるとそのタイらしい魅力にハマり、何度も訪れてしまう日本人も続出中だとか。

今回はそんなタイの世界遺産にスポットを当てます。現在タイでは3箇所の文化遺産と2箇所の自然遺産の計5ヶ所が世界遺産に登録されています。首都バンコクから日帰りで行ける場所、バンコクからの小旅行に向いている場所の2つに分かれますが、どれも実に神秘的で趣深い世界遺産ばかりです。タイの世界遺産を実際に訪れて、新しいタイの一面を発見して下さい。

タイの世界遺産といえばここ、古都アユタヤ

View this post on Instagram

Today's Topic タイ観光情報 世界遺産の古都アユタヤで遺跡巡りもいいですね👣 . 『アユタヤ遺跡』 アユタヤでは円錐型の塔が多いので、このワット・プラ・ラームにそびえ立つトウモロコシ型の塔はとても印象的です。 これはクメール様式というらしく、アンコールワットと同じ形だそうです。 また、この寺院の近くで象乗りもできます。 アユタヤには名所が多いので、効率よく観光するにはTUKTUKなどをチャーターするのが良いと思います。 . Photo Imformation 📍 バンコク郊外「アユタヤ遺跡」 📷 @tadusui < ขอบคุณ (コープクン)! . ―― みんなで作るTravel BOOK ―― 旅好きな人が多い @his_japan のフォロワーの皆さんの情報を共有したい! 1か国をピックアップして、 その国のトラベル情報やみんなのおすすめスポットをご紹介します♪ ▼次回ご紹介する旅先 韓国のお写真→ #his_korea 集まったトラベル情報はHISの各メディアやSNSでご紹介いたします😃 . ―― 今月の旅の思い出は ―― @his_japanをタグ付け頂き #LW1月の旅 で投稿お待ちしてます😃 (皆様のお写真をHISの旅メディア「Like the World」で記事にさせていただきます)

A post shared by HIS公式アカウント (@his_japan) on

アユタヤ遺跡はバンコクからの日帰り小旅行に人気の世界遺産です。アユタヤは1350年代前から約400年間に渡り栄えたタイ族の王朝でした。アジアの国際交易の拠点だったアユタヤ王朝は、日本や琉球とも交易があったそうです。アユタヤ市街にある日本人町跡にある博物館もあわせて観光する事をおすすめします。タイと日本の友好の軌跡を知ることができます。

View this post on Instagram

💙世界遺産アユタヤ遺跡💙 . ****************** たびタイ💙格安タイツアー . 💙現地ツアー会社だからコスパ最強 💙ガイド歴20年以上のベテランガイド 💙日本人スタッフが対応 . アユタヤ遺跡ツアーなら たびタイへ🏖 . ツアー詳細・お問い合わせは プロフィール欄のURLから💕 ****************** . #thailand #thai #タイ #タイランド #タイランド🇹🇭 #タイ旅行 #タイツアー #海外旅行 #海外旅行✈️ #海外旅行大好き #アジア旅行 #バンコク #バンコク旅行 #bangkok #バンコク観光 #タイ観光 #インスタ映え #アユタヤ遺跡 #アユタヤ #アユタヤ観光 #アユタヤツアー #アユタヤ旅行 # #ayutthaya #ワットマハタート #旅好きな人と繋がりたい #遺跡 #仏像 #仏像好き

A post shared by タイ人ツアーガイド🇹🇭ター (@tuta_san) on

アユタヤ遺跡では4世紀に渡り栄えたアユタヤ王朝の繁栄と衰退の歴史を目にすることができます。朽ち果てた仏塔や体の一部が切り取られた仏像、それらの景色のその神秘的な雰囲気に多くの観光客が魅了されます。大人から子供まで探検気分で楽しめる世界遺産です。

View this post on Instagram

💙世界遺産アユタヤ遺跡💙 . ストリートファイターのステージのモデルとして有名なワットローカヤスター . ****************** たびタイ💙格安タイツアー . 💙現地ツアー会社だからコスパ最強 💙ガイド歴20年以上のベテランガイド 💙日本人スタッフが対応 . アユタヤ遺跡ツアーなら たびタイへ🏖 . ツアー詳細・お問い合わせは プロフィール欄のURLから💕 ****************** . #thailand #thai #タイ #タイランド #タイランド🇹🇭 #タイ旅行 #タイツアー #海外旅行 #海外旅行✈️ #海外旅行大好き #アジア旅行 #バンコク #バンコク旅行 #bangkok #バンコク観光 #タイ観光 #インスタ映え #アユタヤ遺跡 #アユタヤ #アユタヤ観光 #アユタヤツアー #アユタヤ旅行 # #ayutthaya #ワットローカヤスター #ワットローカヤスタ #旅好きな人と繋がりたい #遺跡 #仏像 #仏像好き

A post shared by タイ人ツアーガイド🇹🇭ター (@tuta_san) on

アユタヤには広い敷地内にいくつもの遺跡が点在しているので、トゥクトゥクをチャーターしての観光が楽でおすすめです。国鉄のアユタヤ駅前や遺跡の周りで簡単にチャーターできます。相場は1時間300B(約1000円)です。

<アユタヤへの行き方>

バス : バンコク北ターミナルから1時間半~2時間程度。
電車 : 国鉄ファランポーン(バンコククルンテープ)駅から1日35本程度。所要時間1時間半~2時間程度。

アユタヤ遺跡の入場料金 遺跡ごとに50B(約180円)無料の遺跡もあり
営業時間8時〜21時(夜は遺跡のライトアップあり)

広大な自然が広がる「ドン・パヤーイェン-カオヤイ森林地帯」

ドンパヤーイェンカオヤイ森林地帯は、タイの6県にまたがる巨大な森林地帯で、4つの国立公園と1つの野生生物保護区が世界自然遺産に含まれています。その中で最も行きやすいのがカオ・ヤイ国立公園です。

カオヤイ国立公園内にはトレッキングロードがあり、美しい自然の中を散策できます。公園内には、象、虎、熊、鹿などのほ乳類や392種類の野鳥など絶滅危惧種を含む野生動物が多く生息しています。

カオヤイ国立公園はバンコクから北東へ約200km、車で約2時間ほどの距離ですので、タクシーチャーターやレンタカーを使って日帰りで行くことが可能です。また、公園周辺にはホテルやゴルフ場が点在しており、世界遺産の自然を満喫する観光客も増えています。

<ドンパヤ・イェン・カオヤイ森林地帯への行き方>

バンコクから車やタクシーをチャーターするのがおすすめです。バンコクから車で約2時間半。

カオヤイ国立公園
住所Hin Tung, Mueang Nakhon Nayok District, Nakhon Nayok
料金大人400B(約1400円) / 子供200B(約700円)
営業時間6時〜18時 無休

古代遺跡が多数見つかる「バーンチェン遺跡」

タイの北東イサーン地方、ウドンタニーにバーンチェン遺跡はあります。バーンチェン遺跡は紀元前3000年〜2000年前頃の古代文明の遺跡で、東南アジア独自の文明として注目を集めているのです。

水差し, 陶器, 壊れやすい, 土製の材料, 土器, セラミック, 陶器, 陶器

出土した土器には独特な渦をもった幾何学模様が共通しており、その模様はウドンタニーのシンボルになっています。バーンチェン遺跡には小さいですが発掘現場がそのまま保存されています。

併設の国立博物館では出土した青銅器や鉄器の他、考古学的資料として人骨や動物の骨も見ることが出来ます。イサーン地方のウドンタニーを訪れる機会のある方は足を運んでみてはいかかでしょうか。

<バンチェン遺跡への行き方>

飛行機 / スワンナプーム国際空港からウドンタニー行きが1日に数本あり(タイ国際航空やバンコクエアウェイズ)
ウドンタニーからは車で約1時間。

バーンチェン遺跡
住所Nong Han, Udon Thani 41320
料金150B(バーンチェン国立博物館入場料込み)
営業時間9時〜16時 月・火休館

タイ最古・王朝都市「スコータイ遺跡」

スコータイ遺跡はバンコクから北に約430㎞離れたスコータイにあるスコータイ王朝の都跡で「スコータイ歴史公園」として世界遺産に登録されています。

View this post on Instagram

#スコータイ歴史公園 #タイ

A post shared by カズキ (@kazuki_taka55) on

1283年にスコータイ王朝はクメール文字を改良し、現在のタイ文字であるアルファベットを生み出しました。そのことからスコータイ王朝は、タイ族最初の王朝と言われています。1365年にアユタヤの属国となり、その歴史に幕を下ろしました。

スコータイ歴史公園では広大な敷地内に文化庁の管理の元で保存されている約200ものスコータイ王朝時代の寺院や遺跡群を見ることができます。なかでもワット・マハタートは、スコータイ遺跡で最も重要な寺院とされ遺跡の中心的存在です。

土曜の夜限定で行われる遺跡のライトアップはスコータイ遺跡のフィナーレを飾るにふさわしい神秘的な美しさです。広い歴史公園内を見て回るには、レンタルサイクルかトゥクトゥクが便利。バンコクの喧騒から離れてタイの田舎町を見てみたい方にはバンコクからスコータイの一泊旅行が大変オススメです。

<スコータイへの行き方>

飛行機 : スワンナプーム国際空港から、バンコクエアウェイズで直行便で約1時間半
バス : バンコク北ターミナルから約7時間

スコータイ歴史公園
住所Mueang Kao, Mueang Sukhothai District, Sukhothai 64210
料金遺跡は北側/中央部/西側に分かれており、各遺跡一人100B(約350円)
営業時間無休 6時半~18時、土曜のみ6時半~21時(遺跡のライトアップは土曜のみ18時~21時)

東南アジア最大「トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護区」

バンコクから北に約250kmほどに位置する世界自然遺産のトゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護区は、大自然がほぼ手付かずのまま残されていおり、東南アジア最後の未踏の地と呼ばれています。

トゥンヤイ・フワイ・カーケン野生生物保護区は、東南アジアで確認されているほ乳類の1/3ほどが生息しているという、類を見ない生物の多様性が特徴の大変貴重なエリアなのです。

大変残念ながら保護区域はタイ王国政府のもと厳重に管理されており、観光はおろか立ち入ることすらできません。観光が可能な国立公園で自然や動物と触れあいましょう。

タイの歴史を知りたい方におすすめ「バンコク国立博物館」

View this post on Instagram

「バンコク国立博物館」での1枚📷 日本語の解説を聞きながらタイについて学べる博物館のひとつ。以下URLで詳細をご覧いただけますので、よかったらご覧ください🐈 https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2019/09/post_48.html ได้เขียนบทความเกี่ยวกับพิพิธภัณฑ์๒แห่ง ได้แก่ พิพิธภัณฑ์สถานแห่งชาติ พระนคร และ มิวเซียมสยาม Here is the photograph taken in National Museum Bangkok. I have written about 2 museums, National Museum Bangkok and Museum Siam in the URL below. https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2019/09/post_48.html #博物館 #バンコク国立博物館 #タイ #タイ旅行 #バンコクライフ #バンコク #バンコク観光 #バンコク旅行 #こんなタイ知らなかった #海外旅行 #พิพิธภัณฑ์สถานแห่งชาติพระนคร #thai #bkklife #bangkoklife #nationalmuseumbangkok #thailand #travelthailand #tourismthailand #thailandtravel #amazingthailand #travelphotography #thailandtrip #bangkok #bangkoktrip #thailandlovers #lovethailand #loves_thailand #thailovers

A post shared by ecobkk (@photographyecobkk) on

バンコク国立博物館はタイ最大の博物館です。タイの先史時代から歴史を包括する文化遺産の数々や宗教美術品、王族ゆかりの伝統工芸品など約1000品以上が所蔵されています。

よりバンコク国立博物館を楽しめるプランとして是非おすすめしたいのが、毎週水曜日と木曜日の9時半から二時間程度開催されている日本人ボランティアによる博物館ツアーです。ガイドは主にタイ在住の日本人で、その知識の豊富さと内容の濃さから面白い、勉強になると日本人観光客から人気を呼んでいます。

〈バンコク 国立博物館への行き方〉
エクスプレスポートのターチャン(Tha Chiang)船着場より約徒歩15分。

バンコク国立博物館
住所Na Phrathat Road, Grand Palace sub district, Phra Nakorn district, Bangkok
料金200B(約700円)
営業時間9時〜16時 / 休日:火、日、祝日
アクセスエクスプレスボートのターチャン船着き場より徒歩約15分

タイの世界遺産に触れる事で見えてくる世界がある

タイの文化遺産を訪れることでタイの人々と深く結びついているタイの仏教への理解や、タイの歴史への理解が一層深まることでしょう。また、手付かずの美しい自然が残る自然遺産では珍しい動植物と出会いリフレッシュすることができるでしょう。

今回は世界遺産にスポットを当てることでタイの新しい一面をご紹介できたと思います。今回ご紹介した5つの文化遺産、自然遺産以外にも、これから新たに世界遺産に認定されるであろうタイの知られざる秘境は必ずあるでしょう。タイの文化に、自然にこれからも目が離せません。

関連する記事