旅行情報メディア【トリマ】

在住者が教えるタイのおすすめ屋台と美味しい料理!衛生面は大丈夫?

在住者が教えるタイのおすすめ屋台と美味しい料理!衛生面は大丈夫?

2020.08.25

Trimaタイ編集部

バンコクにあるおすすめの屋台街で食べられる絶品タイ料理やタイスイーツなど、バンコクに住んでいるからこそわかる屋台グルメ情報をお伝えします。衛生面の危険を懸念されている方も安心、安全な屋台の見分け方や、屋台飯を食べる際の注意点も要チェックです。

目次

  1. タイといえば安くておいしい屋台!おすすめの屋台街を紹介
  2. 老舗の屋台が数多く並ぶ「タニヤ通りの屋台街」
  3. 中国料理が楽しめる「ヤワラートの屋台街」
  4. 屋台街の穴場「BTSサパーンタクシン駅 Robinson裏」
  5. サイアム駅からすぐ「フード・プラス」
  6. 朝ごはんに迷ったら「ルンピニ公園北側 サラシン通り」
  7. 屋台でおすすめのタイ料理【ごはん編】
  8. カオマンガイ
  9. ジョーク
  10. トムヤムクン
  11. タイラーメン (バミー・クイティアオ)
  12. 屋台でおすすめのタイ料理【スイーツ編】
  13. カノムトーキョー
  14. サンカヤーファクトーン
  15. カノム ブアン
  16. タイは衛生面が悪い屋台もあり危険!
  17. 水には気を付けよう
  18. 虫が混入している可能性がある?
  19. 使用前に食器などを拭く習慣がある
  20. タイの屋台で食べ歩きを堪能しよう

タイといえば安くておいしい屋台!おすすめの屋台街を紹介

View this post on Instagram

How cute this happy Thai girls❤️

A post shared by megmi (@koh_meg) on

タイ料理を楽しむ上で欠かせないのが値段が安くて美味しい屋台の集まる屋台街です。
自分で料理をする習慣の少ないタイ人にとって、屋台料理は欠かせない存在です。

その為タイには屋台街がそこら中に点在しており、屋台でしか食べられないタイ料理やタイスイーツも沢山あります。
屋台料理と聞くと、衛生面など危険がないか気になる事もあると思いますが、美味しく安全な屋台の見分け方も記事の中でお伝えするので、参考にして下さい。

老舗の屋台が数多く並ぶ「タニヤ通りの屋台街」

BTS サラデーン駅(Sala Dean)目の前のタニヤ通りは日本人観光客やタイに駐在する日本企業関係者を対象とした料理店や居酒屋、カラオケが密集しています。

そんなタニヤ通りの中腹に屋台街があります。タニヤ通りの屋台街には長年続く老舗屋台が多く、その中でも特にタイラーメンの屋台が人気で席は常に満席状態です。

鶏モモを一本ほろほろに煮込んだものが入ったタイラーメンや海老ワンタン麺が美味しくておすすめ。値段は50バーツ(180円)
日本語は通じないので指差しやジェスチャーで味の要望を伝えましょう。

屋台街タニヤ通りの屋台街
営業時間朝8:00頃〜夜遅くまで (日曜定休)
行き方BTSサラデーン駅(Sala Dean)からタニヤ通りを直進すると右手に屋台の集まる一角があります。

中国料理が楽しめる「ヤワラートの屋台街」

View this post on Instagram

China Town Bangkok 2019 #Yawarat

A post shared by MIN มีน 민 (@bangkoksalaryman) on

ヤワラートはバンコクのチャイナタウンの別名で地下鉄MRT ワットマンコン駅(Wat Mgnkon)周辺のエリアを指します。
ヤワラートではチャイナタウンならでわの美味しい屋台料理が楽しめます。

私がヤワラートでおすすめしたい屋台料理はフカヒレと北京ダックの屋台です。
どちらもレストランで食べれば値段が高いですが、屋台なので半額以下の値段で食べる事ができるのです。

どの屋台も夜7時以降からオープンし始めるので、中華街観光と合わせて早めに行く事をおすすめします。

店名ホテルロイヤルバンコク@チャイナタウン直営の北京ダック屋台
住所409 421 Yaowarat Rd, Samphanthawong, Bangkok 10100
営業日時19:00〜売り切れ次第終了 月曜定休(要確認)
値段北京ダック8本/1パック 100バーツ(360円)
行き方ホテルロイヤルバンコク@チャイナタウン前に屋台が出ます。

View this post on Instagram

✨😳🍴🍲

A post shared by Mammenie (@mammenie) on

店名XIE SHARK FIN
住所Yaowarat Rd, Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Bangkok 10100
営業日時19:00〜25:30月曜定休(要確認)
値段フカヒレスープ 300バーツ(1000円)から
行き方MRTワットマンコン駅(Wat Mgnkon)から徒歩3分

屋台街の穴場「BTSサパーンタクシン駅 Robinson裏」

BTSサパーンタクシン駅(Saphan Taksin)そばの大型スーパーRobinson裏に比較的新しい屋台街があります。
この屋台街は雰囲気が洒落ていて、すぐ近くのシャングリラホテルに滞在している欧米人や日本人旅行者の姿もよく見かけます。夕方から夜にかけてオープンする屋台街です。

チムチュム(タイ鍋)、海老やイカなどタイシーフード焼き、ガイヤーン(鳥の炭火焼)やソムタム(パパイヤサラダ)、オースワン(牡蠣の卵とじ炒め)などの屋台が10件ほど並んでいます。

住所Charoen Krung Rd., Bangkok Thailand
営業日時夕方17時頃〜深夜まで
行き方BTSサパーンタクシン駅(Saphan Taksin)側の大型スーパーRobinson裏

サイアム駅からすぐ「フード・プラス」

タイの渋谷の様な街、サイアム駅(Siam)から3分ほどの場所にある屋台街、Food +Plus(フードプラス)。
長細い路地の両脇に何十軒ものタイ料理やタイスイーツの屋台が連なり、常に沢山のタイの若者で溢れる活気ある屋台街です。

フードプラスに観光客を見ることはあまりありません。サイアムに遊びにきたタイの若者や地元の人々が食事に訪れているようです。
ディープな雰囲気を味わう事ができるオススメの屋台街です。

住所Food + Plus392/43 Rama I Rd, Pathum Wan, Pathum Wan District, Bangkok
営業日時11:30~19:30(店によって異なる)
行き方BTSサイアム駅(Siam)6番出口を進みます。その先のセブンイレブンを右に曲がり5mほどで到着です。

朝ごはんに迷ったら「ルンピニ公園北側 サラシン通り」

View this post on Instagram

🇹🇭 #ルンピニ公園 #ルンピニ公園朝屋台

A post shared by (@sara_shinadiary) on

MRTシーロム駅(Silom)とBTS サラデーン駅(Sala Dean)の両駅から徒歩5分ほどにあるバンコク最大級の公園、ルンピニ公園北側のサラシン通り(Sarasin Alley)は、早朝に多くの屋台が営業している事で有名です。ほとんどの屋台が朝10時頃には店終いを始めるので、早めに行くことをおすすめします。

鉄板で焼いた卵焼きに豚挽肉やネギなどの具材を乗せて食べる”カイガタ”というタイ料理がこの屋台街の名物。他にも様々な屋台タイ料理を楽しめます。

住所Sarasin Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok
営業日時毎朝05:00〜10:00
行き方ルンピニ公園北側サラシン通り(Sarasin Rd)沿いに屋台があります。

屋台でおすすめのタイ料理【ごはん編】

View this post on Instagram

#タイ屋台街

A post shared by @ iamliveinginthailand on

こちらの記事では私がこれからタイを旅行される方に、タイの屋台で絶対食べてもらいたい美味しいタイ料理をおすすめします。
どの料理も値段は一食35〜50B(120円〜200円)ほど。
お得感が満載なうえ、日本はでなかなか食べられないタイの国民的な屋台飯ばかりです。
是非全ての料理を食べてみて下さい。

また、タイの屋台で料理を注文をする時のコツもお伝えするので、タイの屋台飯をマスターしたいという方は是非参考にしてみて下さい。

カオマンガイ

カオマンガイは茹で鳥をその鳥の茹で汁で炊いたご飯に乗せ、特製タレと一緒に食べるタイの人気料理の一つです。

カオマンガイ店では茹で鳥のカオマンガイと揚げ鳥のガイトートと2種類ある店が一般的で、茹で鳥のスープも必ず付いてきます。鳥の血のゼリーやレバーが添えてある店もあり、タイの鳥を丸々美味しく調理した料理がカオマンガイなのです。
値段は40-60B(180円前後)ほどで、タイでは日本の10分の1の値段でカオマンガイが食べられます。正にタイの国民食ですね。

店形式は屋台からレストランまで様々。カオマンガイ屋台はタイの街中に必ずあるので絶対に食べておきたいですね。

ジョーク

ジョークは日本で言うお粥です。
タイのお粥ジョークはトロトロになるまで煮込んだお粥にレバー、魚のすり身、鳥のつくね、ピータン、半熟卵、生姜、ネギなどの具を乗せ、醤油やナンプラーや塩などで味を足して食べます。

何となく滋養強壮に良さそうなのは日本のお粥と同じですね。

ジョーク屋台は朝に多く見られるタイ料理で、タイ人の定番朝ごはんのようです。
値段は35-50B(150円前後)位。
食べたことのない、ハマる美味しさだと思います。

トムヤムクン

タイのトムヤムクンは沢山のハーブを使います。レモングラスやコブミカンの葉など、香り付けの為だけの、食べられないハーブも入っているので、口に入れて驚く事があるかもしれません。

トムヤムクンの具材はシーフードか鳥か豚か、もちろん野菜だけも自分で選ぶ事ができます。

個人的にはエビやイカの出汁が美味しいシーフードをオーダーするのがおすすめ。
普通に頼むと結構辛くて危険なので、辛いのが苦手な方は”マイペッ”(辛くしないで)と伝えて下さい。

タイラーメン (バミー・クイティアオ)

もう一つ必ず食べてもらいたいタイ料理はタイラーメンです。タイの街に100mに一つはタイラーメンの屋台や店があると言っても過言ではないくらい、タイの人気料理です。

タイラーメンは麺を選ぶ事ができ、バミーという小麦粉の黄色い卵麺とクイティアオという米粉麺の2種類あります。

View this post on Instagram

Hello Bangkok! Time for Thai food journey! ただいまの一杯にバミーヘーン(汁無したまご麺)をキメました!この味で育ったもんで懐かしくて涙出ちゃう、だって女の子だもん!(イミフ!) ちなみに今回の訪タイは半分以上仕事です。しかもスワンナプーム空港に着いた瞬間に翻訳の仕事も入って、あしたオフの予定だったところを勤務日に変更せざるを得ない、また涙出ちゃう! さて、お待ちかねのタイめしシリーズ、始まりますぞ! #タイ料理 #バンコク #バミーヘーン #バミー麺 #アロイ #タイめし #タイグルメ #thaifood #amazingthailand #aroi #noodles

A post shared by Apasara Kiku W (@kikudazo) on

米粉麺クイティアオには、センヤイ(平打ちうどんの様な麺)、センレック(もちもちした米粉感の強い麺)、センミー(春雨位の細さの米麺)の3種類があります。

スープと具は店によって違いますが、鳥、牛、豚出汁が一般的。トムヤムと言ってスープをすっぱ辛い味に変えたり、野菜を多めにしてもらったりもできます。
スープ無しの混ぜ麺も人気があり、スープ無しが良い場合は”ヘン”(スープ無し)と伝えましょう。

タイでも日本の様にラーメン食べ歩きを楽しむ事ができますよ。

屋台でおすすめのタイ料理【スイーツ編】

食後に甘いドリンクを飲んだりスイーツやフルーツを食べたるのが一般的なタイ人。タイ人は日本人以上に甘いものが大好きです。その証拠にタイの街を歩くとスイーツ屋台がそこら中にあるのに気づくでしょう。

それらのスイーツの多くはタイで昔ながらに親しまれるお菓子です。こちらの記事ではそんなタイならでわの美味しい屋台スイーツをお伝えてします。美味しいだけでなく見た目もインパクトがあって可愛いスイーツをピックアップしました。

カノムトーキョー

カノムトーキョーは鉄板で焼く薄く小さいホットケーキにカスタードクリームやチョコやソーセージをクルッと巻いたタイのストリートスイーツ。
甘いスイーツ系も塩っぱいご飯系もあるのがポイント!
タイの街でよく見かけるスイーツ屋台です。

値段は1つ3バーツほど、その場で作ってくれるので熱々の出来たてを食べる事ができます。作り手の素早い鉄板捌きを見るのも楽しく、子供から大人まで人気があるオススメタイスイーツです。

サンカヤーファクトーン

蒸したカボチャにココナッツミルクプリンを合わせたタイの人気スイーツがサンカヤーファクトーンです。

しっとりした蒸しカボチャのほのかな甘みと、ココナッツミルクプリンの甘みのフュージョンがなんとも言えない美味しさです。

サンカヤーファクトーンはタイの屋台でよく見かけますし、タイレストランのスイーツメニューとしても大体用意してあります。
見た目にインパクトがありインスタ映えにもおすすめなタイスイーツです。

カノム ブアン

View this post on Instagram

#カノムブアン #bangkok #khanombuang

A post shared by saori_m (@saorietk_m) on

カノムブアンはタイの昔ながらの伝統的なスイーツで、鉄板でパリッと焼いた甘いタコスのような生地にメレンゲやココナッツクリームやココナッツの細切りを挟んだ彩り豊かな見た目が特徴のスイーツです。
カノムブアンには海老などを入れた塩っぱいものもあります。

値段は10個20バーツ(70円)ほどと、かなりお得。街の屋台だけでなくお土産屋さんやスーパーでも見つけられます。
乾き物なのでタイのばらまきスイーツとしてお土産にもオススメです。

タイは衛生面が悪い屋台もあり危険!

タイの屋台料理を楽しむ上で、どうしても気になってしまうのは衛生面の危険ですよね。”日本人が屋台料理を食べると必ずお腹を壊すので食べてはいけない”なんて注意されるツアー客も少なくないそうです。

しかし、本当はいくつかのポイントを押さえて屋台を選べば、誰でも安心して美味しいタイ料理が食べられるのです。
こちらの記事では、タイの屋台料理を食べる際の注意点をお伝えします。是非参考にして実践してみて下さい。

水には気を付けよう

タイの屋台で置かれている無料の水は衛生的に危険なので飲まない様にしましょう。タイ人は平気で飲んでいますが、日本人が飲んだら人によってはお腹を壊します。

氷くらいでしたらそんな神経質にならずに使用して大丈夫だと思いますが、水は危険なので必ずペットボトルの飲料水を飲むようにしましょう。

私はタイの田舎町のお家で出されたよく分からない水をごくごく飲んだら、即お腹を壊して痛い目を見ました。

シャワーや歯磨きのうがいも問題ありませんが、飲み水だけ気をつけましょう。

虫が混入している可能性がある?

タイの屋台料理には虫が混入していたりするのでは?と心配されている方はいるかもしれません。

2年近くタイに住んで毎日のように屋台料理を食べている私でさえ、料理に虫が混入していたことは1度もありません。周りでその様な話を聞いた事もありません。

屋台であると言えば、たまにハエが寄ってくる程度でしょうか。衛生的に安全な屋台を選ぶ基準は簡単で、ゴミが散乱していたり、臭い匂いがする屋台は選ばない、お客のいない屋台は選ばないという事です。

参考にしてタイの屋台を楽しんで下さい。

使用前に食器などを拭く習慣がある

タイの屋台では大きめのペットボトルに水を貯めておき、それを食器を洗うために使っています。節水を意識するあまり、食器の洗い方が不十分な屋台も少なからずあるようです。

タイの屋台で食事する時は、食器類の見た目が汚れていなかったとしても、ウエットティッシュなどを持参してしっかり拭いておいた方が衛生的に安心だと思います。

個人的に海外旅行には、ウエットティッシュがマストアイテムです。旅行前に準備しておくと便利です。

タイの屋台で食べ歩きを堪能しよう

タイの屋台料理は値段が安く美味しいものばかりで魅力いっぱいです。
一食の量も日本の様に多くなく、サッと食べられるものばかりなので、食べ歩きにおすすめです。

最後に、タイの屋台では自分から積極的に味の要望などを伝えたり、美味しいときは美味しいと伝える様にしましょう。
そうすると屋台の人達や周りのタイ人客も喜んで親切にしてくれます。屋台は私たち観光客がローカルのタイ人と関われる貴重な場所でもあると思います。

屋台飯を楽しんでこそのタイ旅行だと思うので、この記事を参考に是非タイ屋台にトライしてみて下さい。

関連する記事