旅行情報メディア【トリマ】

シンガポールのタクシー事情まとめ!安全性や注意すべき点を徹底解説

シンガポールのタクシー事情まとめ!安全性や注意すべき点を徹底解説

2020.09.18

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

シンガポールに訪れた際、とても気になるのがタクシーの利用方法なのではないでしょうか。料金は?乗り方は?など様々ことが気になるものです。空港から乗る場合や料金、チップや配車アプリなどシンガポールのタクシー事情を徹底解説していきます!

目次

  1. シンガポールのタクシー事情をチェック!
  2. シンガポールのタクシー料金
  3. タクシー料金の相場
  4. 高級車のタクシーは若干割高?
  5. チャンギ国際空港から市街へのタクシー料金の目安
  6. 割高料金がかかるケースは?
  7. タクシーでチップは必要?
  8. シンガポールでのタクシーの乗り方
  9. タクシー乗り場から乗る
  10. 手を挙げてタクシーを止める
  11. 配車アプリを利用する
  12. シンガポールのタクシーは安全?
  13. 法規制が厳しく治安も良いため犯罪行為はほぼない
  14. 遠回りされるなどのトラブルも少ない
  15. シンガポールでタクシーを利用する際に注意すること
  16. 目的地は紙に書いて見せるのが確実
  17. シートベルトを着用する
  18. ドアの開閉は自分で行う
  19. 行き先によっては乗車を拒否されるケースがある
  20. シンガポール観光にはタクシーが便利!

シンガポールのタクシー事情をチェック!

Buddha Tooth Relic Temple - Free photo on Pixabay (753839)

海外に訪れた際に気になるのがタクシー事情!様々な場所へ行くときタクシーを頻繁に利用しますので、料金は?安全性は?など様々ことが気になるでしょう。

では、日本人に人気があるシンガポールではそんなタクシー事情はどのようになっているのでしょうか?料金や乗り方、安全性やチップ、注意することなどをわかりやすくまとめましたので、これからシンガポールに行く予定がある、行ってみたいと思っている場合にはぜひ参考にしてみてください。

シンガポールのタクシー料金

Singapore City Urban - Free photo on Pixabay (753840)

シンガポールのタクシーの料金は高いのかな?安いのかな?など料金はとても気になる点です。また海外ではチップの習慣があるため、シンガポールのタクシーでもチップは渡すもの?などの疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

そんなシンガポールのタクシー料金について徹底解説していきます。事前に知っておくことで前もって準備ができ、安心して訪れることができるでしょう。

タクシー料金の相場

Coins Banknotes Money - Free photo on Pixabay (753844)

シンガポールのタクシーの初乗り料金は、日本円で250円~410円と日本と比べるととても格安で、3分の1~2分の1の値段で利用することができます。

また、海外でタクシーに乗った際には高額請求されそうなイメージがありますが、シンガポールはメーター制ですので法外な請求をされることがないため、安心して乗ることができるでしょう。

初乗りの1㎞を超えると加算されますが、その料金も400mごとに約20円と良心的な設定になっています。

高級車のタクシーは若干割高?

Bank Note Euro Bills Paper - Free photo on Pixabay (753845)

シンガポールのタクシーはとてもリーズナブルな料金になっていますがタクシーにも様々な種類があり、Sメルセデスベンツやクライスラーなどの高級車は割高になっています。

そのような高級車を使用したタクシーは通称「黒タクシー」と呼ばれており、普通のタクシーに比べると、初乗り料金やメーター料金は約1.2~1.5倍ほど高くなります。どのタクシーでも格安になるわけではありませんので注意しましょう。

また、タクシー乗り場で順番待ちをしている際に高級タクシーに当たることもありますが無理に乗車する必要はなく、次に待っている人に譲って普通のタクシーに乗ることもできます。

チャンギ国際空港から市街へのタクシー料金の目安

シンガポールに着いてから市街へ行く際にはタクシーを利用する人も多いでしょう。そのように、チャンギ国際空港から市街へタクシーを利用する場合、所要時間は約30分ほどですのでタクシー料金の目安は日本円で約1,900円~2,500円になります。

各ターミナルロビーを出ると、タクシー乗り場がありますので空港のスタッフに従いながらタクシーに乗車しましょう。また、5人以上のグループでタクシーを利用する場合、到着ロビーで大型タクシー(7人乗りのラジータクシー約5,000円)を予約することができますので、そのように大型タクシーを利用してもいいでしょう。

割高料金がかかるケースは?

Banner Header Question Mark - Free image on Pixabay (753847)

日本のタクシーは深夜に利用すると深夜料金になりますが、シンガポールでも同様に深夜24時~朝6時までは25%~50%割増料金になります。その他にも通る場所や通勤ラッシュなども追加料金が加算されますので注意しましょう。

また、市内中心部では渋滞の緩和を目的に、道路をまたぐように「ERP」というゲートが設置されており、時間帯によって車両がゲートを通過する度に、自動的に料金が追加されるようになっています。追加料金の詳細はタクシーで発行されるレシートに記載されますので確認をするといいでしょう。

タクシーでチップは必要?

Money Bank Note Euro - Free photo on Pixabay (753848)

タクシーを利用した際にチップはどうするの?と疑問を抱いている人も多いでしょう。海外ではチップの習慣がありますがシンガポールにはありませんので、基本的にはチップは不要です。ですが、チップを渡してはいけないという決まりがあるわけではありませんので、気持ちの分だけ渡してもいいでしょう。

また、チャンギ国際空港ではチップは禁止されており、タクシーには最初から3ドルが加算されています。そのように禁止されている場所もありますので、確認してから渡すようにしましょう。

シンガポールでのタクシーの乗り方

Singapore Merlion Park Asia - Free photo on Pixabay (753849)

シンガポールのタクシー料金は良心的ですので、シンガポールに訪れた際には利用する機会も多くなるでしょう。では実際にタクシーを使う場合どのように乗るといいのでしょうか。

文化が異なるようにタクシーの乗り方も日本とは違いますので、事前にチェックして慌てないようにしておきましょう。

タクシー乗り場から乗る

シンガポールを訪れた際に、いざタクシーを利用しようと思っても乗り方を知らなければ戸惑ってしまいます。では、どのように乗るといい?と多くの人が思うものでしょう。

シンガポールでも日本と同様に、流しタクシーが走っているのですが、ホテル前やデパート前、街中のタクシー乗り場から乗るのが一般的です。

手を挙げてタクシーを止める

Taxi Cab Traffic New - Free photo on Pixabay (753850)

シンガポールでタクシーに乗る場合には、手を挙げて走っているタクシーにアピールする方法もありますが、オーチャードやシティーホール、ラッフルズプレイスなどの中心街ではタクシー乗り場以外では乗ることができません。

また、道路脇に黄色二重線がある場所は停車禁止ゾーンを表しており、直線の場合は下車のため一時停車は可能ですが、ジグザク線の場合は一時停車も禁止になっています。そのため、その場所で手を挙げてタクシーを止めようと思っても止まってくれませんので注意しましょう。

配車アプリを利用する

初めてシンガポールを訪れた際には、なかなか手を挙げてタクシーを止めるには勇気がいる人も多いのではないでしょうか。そのような場合には配車アプリを利用してみましょう。

事前に運転手の顔や評価、ナンバープレートが分かりますので、怖そうな人に当たった場合はキャンセルすることができます。また、料金も事前に分かるようになっており、法外な料金を請求されることがありませんので安心してタクシーに乗ることができるでしょう。

シンガポールのタクシーは安全?

Garden By The Bay Singapore Night - Free photo on Pixabay (753851)

シンガポールのタクシーは日本と比べると良心的な料金をしていますので、とてもお財布に優しいため金銭的心配はないのですが、治安の面ではどうなのでしょうか。

とくに女性にとってはとても大事なことですので、外せない問題でしょう。そんなシンガポールでのタクシーの安全事情とは?ぜひ参考にしてみてください。

法規制が厳しく治安も良いため犯罪行為はほぼない

Singapore River Jubilee - Free photo on Pixabay (753852)

シンガポールは法規制が厳しくタクシーの台数なども細かく国が管理しています。また、シンガポールは世界平和7位で治安も良いため犯罪行為はほぼないでしょう。

そのため、日本人が心配するような治安の悪さはなく安全にタクシーを利用できますが、もし心配の場合はには一人ではなく複数で利用するといいでしょう。

遠回りされるなどのトラブルも少ない

New York Yellow Cab - Free photo on Pixabay (753853)

海外を訪れた際にタクシーを利用するとぼったくられるのではないか?と思う人も多いのではないでしょうか。わざと遠回りして高額請求されそうなイメージがありますが、シンガポールはそのように遠回りなどのトラブルも少ない場所です。

ただ、一方通行な場所があるためどうしても回って目的地まで行かなければならない場合もあります。そのため、わざと遠回りしているように感じることもありますが、ぼったくり目的ではないですので安心しましょう。

シンガポールでタクシーを利用する際に注意すること

Mindmap Brainstorm Idea - Free photo on Pixabay (753854)

シンガポールのタクシーは格安で利用することができ、また治安も良く安全のため、シンガポールを訪れた際には利用してみようと思っている人も多いでしょう。

ですが、シンガポールならではの利用方法がありますので、気をつけなければいけない点もあります。そのようにシンガポールでタクシーを利用する際に注意することをご紹介していきます。

目的地は紙に書いて見せるのが確実

Table Wood Notepad - Free photo on Pixabay (753855)

シンガポールのタクシーで運転手に目的地を伝える際には、カタコトの英語で伝わりますので無事連れて行ってもらえるのですが、もしかしたら聞き間違いをすることもありますし上手く伝わらない場合もあります。

そのため、目的地は紙に書いて見せる方法が確実でしょう。前もって訪れたい場所を書いた紙をバックなどに入れて準備しておくのがおすすめです。

シートベルトを着用する

Fasten Seat Belt Buckle Up On - Free vector graphic on Pixabay (753856)

シンガポールではたとえ後部座席でもシートベルトを着用することが義務つけられていますので、必ずシートベルトを着用しましょう。

また、シンガポールのタクシーは全体的に運転が荒くかなりのスピードを出しますので、安全のためにもしっかりとシートベルトをしましょう。

ドアの開閉は自分で行う

Taxi Traffic Night - Free photo on Pixabay (753858)

日本のタクシーの場合は後部座席のドアが自動で開きますが、海外のタクシーはそのように自動では開いてくれませんので、自分で開けて乗るようになります。

シンガポールも同様に手動で開けて乗るようになりますので間違わないようにしましょう。また大きな荷物がある場合は、運転手に声をかけてトランクに乗せるようにしましょう。

行き先によっては乗車を拒否されるケースがある

No Negative Finger - Free image on Pixabay (753860)

シンガポールのタクシーは行き先によっては乗車を拒否されるケースもあります。午後5時ころは運転手のシフトチェンジの時間帯のため、運転手は仕事を終えて帰宅や帰社するために走っていることが多くあり、同じ目的地ではない場合は拒否されてしまいます。

その際にはフロントのプレートに地名が書かれていますので、同じ目的地のタクシーか確認をしましょう。そのように目的地が書かれたプレートがある場合は、その地域しか行かないということですので、たとえ行き先を伝えても「Can not(できない)」と断られてしまいます。素直に別のタクシーを探しましょう。

シンガポール観光にはタクシーが便利!

Singapore Sultan Mosque - Free photo on Pixabay (753861)

海外を訪れた際には土地勘がないため、どのようにして目的地まで行こう?と悩むものでしょう。様々な移動手段がありますが、シンガポールはタクシーが格安で治安も良いため安心して利用することができます。

また、カタコトの英語も通じますし紙に書いて伝えることができますので、シンガポール観光にはタクシーが便利です!

関連する記事