旅行情報メディア【トリマ】

事任八幡宮は願が叶う場所!ご利益や御朱印・人気のお守りを紹介!

事任八幡宮は願が叶う場所!ご利益や御朱印・人気のお守りを紹介!

2020.09.28

Trimaパワスポ編集部

静岡県掛川市にある事任八幡宮。「ことのままに願いが叶う」神社として知られています。「事任八幡宮に参拝したら願いが叶った」という声もよく聞こえてきます。知る人ぞ知る事任八幡宮、その御利益、御朱印、参拝時間などの疑問をこの記事では紹介します。

目次

  1. 「事任八幡宮」は事のままに願いが叶う
  2. 事任八幡宮について
  3. 由緒
  4. 祭神
  5. 枕草子にも書かれている
  6. 事任八幡宮のご利益
  7. 事任八幡宮の見どころやパワースポット
  8. 樹齢500年以上の大楠
  9. むすびの神
  10. ことどひの里
  11. 開運ふくのかみをいただいて本宮参拝
  12. ふくのかみの処分方法
  13. 事任八幡宮の御朱印
  14. 御朱印
  15. 御朱印帳
  16. 御朱印をいただける場所・時間
  17. 事任八幡宮のお守り
  18. 「願いが叶った!」の声多数!事任八幡宮の口コミ
  19. 事任八幡宮へのアクセス
  20. 駐車場情報
  21. 長い階段を上りきって願いを叶えよう!

「事任八幡宮」は事のままに願いが叶う

 (818695)

事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)は願いごとを「事のままに叶えてくれる」神社としてとても有名で、最近では女性に特に人気のパワースポットとなっています。

「事」とは「言」ともいわれ、「真実の言の葉にのせて願いごとをすると、神様が聞き届けてくれる」といわれています。歴史も古く、清少納言が書いた「枕草子」にも登場する事任八幡宮。ここからは事任八幡宮について解説していきます。

事任八幡宮について

静岡県掛川市にある遠江国一の宮、事任八幡宮。ことのままに願いが叶う、として古くからたくさんの人々に信仰されています。事任八幡宮に祀られている神様は日本ではただ1つ「言の葉で事をとりもつ」神様です。

平安時代、清少納言の枕草子にも登場する事任八幡宮。境内には大きな楠や、御神木の大杉、イチョウなどもあり四季折々の景色を楽しむこともできます。由緒ある事任八幡宮は近年、パワースポットとして注目を集めています。

由緒

事任八幡宮の歴史は古く、創建時は不明ですが公式によると成務天皇の頃に創建されたという記録があるようです。大同2年(807年)に坂上田村麻呂によって再興されたといわれています。

それまでは本宮山に祀られており、同年には本宮山より今の場所に遷座されたようです。本宮山にも小さな祠は残っており、今も祀られています。

紆余曲折を経て、平成11年今の「事任八幡宮」が認められるようになりました。詳しく知りたい方は公式ホームページを参照してください。

祭神

View this post on Instagram

#ことのまちひめのみこと ~日見さくらblogより全文~  おなまえとは名付けられることにより  役割 担当が それぞれあります  神々も にんげんもおなじ  それが ことだまの世界です    ことのまちひめのみことについて  いっさいさんより  お話しいただきました   しんじる しんじないはご自由です⭐  日見さくらです     さくら⏩らくえん殿が  ことのまちひめ を たずねられよと  おっしゃってました    いっさい殿⏩はい  やおよろずの 神様は  地上界 あまつくにの方々のねがいを  ことのまちひめのみこと に  届けることによって  あまつくにより 天人の方々に  おことばをおくられます    まあ わかりやすくいえば    人々の願いは すべて  ことのまちひめのみことが  おとどけになられている と いうことです    この神様は ひとりしかいません    なので、すべての神々は  ことのまちひめのみことを  おたずねになられる と いうことです    さくら⏩ことのまちひめのみことって..  ことのまま八幡宮 の ことですか?    いっさい殿⏩はい  元々は   まちのことやしろ と いう  なまえでした  それが 力があまりにつよいということで  おなまえを ふせられてしまいました    しかし、地元の方々が  やしろだけ のこしたい と いう思いになり  八幡宮という なまえに変えて  おやしろを のこされたのです    その後 明治の世になり  ことのまちやしろ を 再建したいと  願われたのですが  かないませんでした    昭和22年に やっと  ことのまま八幡宮 と いう   なまえをゆるされ  現在にいたっています    八幡宮 と いうのは  その 名のこりでございます    もともとは  ことのはのおおやしろ  と いう おやしろです    まあ かんたんにいえば  日本全国の おやしろの お願いは  ことのまちひめに  お届けされる と いうことです    高山一祭(たかやま いっさい)      日本全国の色々なおやしろに  あつまった おねがいたちは  いったん それぞれの神々がもちより  ことのまちひめのみことがとりまとめて  上にあげているって いうことらしいです(!)       ことのまま八幡宮は 静岡県 掛川市にあります  こと(ことば)のままに  ねがいがかなうと  いわれていますが  それは 直接 ダイレクトに  おねがいを お届けされている役割の  神様ゆえ、なのかもしれません      おかげさまでありがとうございます     #己等乃麻知比売命 #事任八幡宮  魅力・才能・使命の伝道師 日見さくらblog⏩ @sakura39himi からURL  #ことのまちひめのみこと   全国のみなさまのおねがいを うえにあげる役割の神様   #静岡県 #掛川市   #事任八幡宮  #ことのまま八幡宮  #kotonomamashrine

A post shared by 日見さくら(sakura himi)ことだま専門家 (@sakura39himi) on

事任八幡宮の主祭神は「己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)」です。玉主命(たまぬしのみこと)の娘神であり、興台産命(こことむすびのみこと)の后神です。

「己等乃」の「こと」は「事」または「言」であり、「麻知」は「真知」でもあります。このことから「真を知る神様、言の葉で事を取り結ぶ神様」「言の葉を通して人々に加護を授ける神様」として人々から信仰されています。

言の葉を通して天と地と人々を結んでくれる神様です。

枕草子にも書かれている

View this post on Instagram

美人絵図 #上村松園 #枕草子

A post shared by 和田宏一 (@hetianhongyi2) on

清少納言の枕草子の225段、「社は」に「布留の社。龍田の社。花ふちの社。みくりの社。杉の御社、しるしあらんことをかし、ことのままの明神、いとたのもし。さのみ聞きけんとや言われたまはんと思ふぞ、いとをかしき。」という一節があります。

まず、布留の社、龍田の社は全国にある霊験あらたかな神社をなぞらえたもので、事任八幡宮が遠いところに有る事を表すものです。ことのままの明神いとたのもし、は祈るがままに成就する、さのみ聞けんとや〜はそれほどお聞きになっていると言われていると思うと、大変興味深いことだ、となります。

事任八幡宮のご利益

事任八幡宮のご利益は「言の葉を紡ぐことで願いを叶えてくれる」です。願いごとを神社でする場合、一般的には心の中で神様にお願いすることが多いでしょう。

事任八幡宮は「言霊の神様」を祀っている神社です。なので声に出して願いごとをいうことが願いを叶えるために大切なことです。

声に出すことで神様が願いごとを聞き届けてくれて、叶えてくれるということです。恥ずかしがらずにしっかり言葉を紡いで神さまにお願いしましょう。

事任八幡宮の見どころやパワースポット

View this post on Instagram

. 事任八幡宮のクスノキ 推定樹齢 300年以上だとか😯 すごいね〜 しかも ここ事任八幡宮は「事のまま願いが叶う」っていう ありがたーい 神宮でパワースポットになってます この大きな楠木 からパワーがもらえたらいいなぁ🤗 #事任八幡宮 #事任八幡宮の大楠木 #パワースポット #ゴールデンウィーク #神社仏閣 #散策場所 . 久々にお詣りに来たけど 裏にある逆川沿いまで散策ルートだ出来ていて龍神社まで行けるようになってたよ この付近 フジバカマの花もある場所でアサギマダラが旅行中に立ち寄る可能性もある場所 大事に残したい場所ですね

A post shared by タカ (@takauki_ysk) on

では、ここからは事任八幡宮の見どころやパワースポットを紹介します。事任八幡宮では四季折々の景色を楽しめたり、願いをかなえる為のパワーアップがところどころにあります。

歴史的価値のあるものや、樹齢1000年の御神木など見どころもたくさんです。事任八幡宮ならではの参拝方法も紹介しますので、しっかり抑えて願いを叶えてもらいましょう。

樹齢500年以上の大楠

事任八幡宮の駐車場脇にある鳥居をくぐり、拝殿へ向かう途中に樹齢500年の大楠があります。まずは、この大楠がパワースポットの1つとなります。大楠の上の方に大きなコブがあるのですが、それがまるで耳のように見えるのです。

なのでこのコブに向かって願いごとをいうと楠を通じて神さまに願いが届くといわれています。ただ、かなり離れた高さにあるので、大きな声出叫ばなければならないのが少し恥ずかしいという声もあります。

むすびの神

境内には3つの摂社があります。天照大御神他五柱が祀られている「五社神社」穀物の神、宇迦之御魂神が祀られている「稲荷神社」そして縁結びの神、大物主神が祀られている「金刀比羅神社」があります。

そしてこの摂社の裏手にある坂道を行くとカヤとアラカシの巨木が茂っています。その根本に小さな祠と鳥居が祀られているのですが、それらが「むすびの神」といわれています。

巨木が祀られている石を抱えるかのように生えていることからむすびの神といわれるようになったそうです。ここで祈祷すると良縁を結んでくださるといわれています。

ことどひの里

ことどひの里の「ことどひ」は「語らい」という意味で、禊ぎ場や平成24年(2012年)に社域の北東を流れる逆川の河畔に造られたまだ龍神様が祀られている新しい御社があります。

境内の外にあって境内をグルッと囲む道の途中にトイレがあり、その脇にことどひの里への入り口があります。そのまま道を進み、社務所の裏手側を通り、墓所の裏手側に御社があります。

きれいに整えられた石段を通ると逆川があり、そこに禊ぎ場があります。

開運ふくのかみをいただいて本宮参拝

願いを叶えてもらうためには「ふくのかみ」をもって本宮に参拝します。このふくのかみとは白い布のことで社務所でもらうことができます。布であれば何でもいいのだそうです。

本宮には御社の周りに白い石があります。まずはお社にお祈りをすませたら、ふくのかみで3つ石を選び、1つ神様のため、2つ、みんなのため、3つ自分のためを思いながら心を込めて磨きます。

心を込めて「拭く」ことで「福」を授かることができるようです。

ふくのかみの処分方法

参拝が終わり、使用した「ふくのかみ」はそのまま持ち帰り、家の玄関を拭くと家にも福を招くことができるそうです。

自分が普段使っているハンカチなどで拭いても良いそうなので、石に思いを込めながらしっかり拭いて、それをもっていると福を呼び込めるともいわれているそうです。

どちらにせよ、神様のご利益を授かれるのは間違いないようなので、捨てたりせずに持っておくといいのではないでしょうか。

事任八幡宮の御朱印

神社に参拝したなら御朱印はもらっておきたいものでしょう。最近は御朱印をもらうために、参拝する方も増えています。神社、仏閣を回った証にもらうことができる一種のスタンプ感覚が人気の由縁でしょうか。

また、御朱印をもらうために持っておきたい御朱印帳も、そこでしか手に入らないものもあるので、御朱印集めの際にはチェックしておくのもいいのではないでしょうか。

では、ここからは事任八幡宮の御朱印と御朱印帳を紹介します。

御朱印

事任八幡宮の御朱印は社務所でもらえます。価格は300円と400円。限定御朱印は金印が入っています。遠江の国一の宮の文字も入っているので一の宮シリーズで集める方もいるようです。

限定御朱印の金印には遷座1210年の文字が書かれています。金印は100円高いですが、限定ということで、金印入のほうが人気があります。

お参りした日付も入れてもらえるので記念になるでしょう。

御朱印帳

事任八幡宮の御朱印帳には御祭神の「己等乃麻知比売命」が刺繍されています。価格は1500円。事任八幡宮で御朱印帳を買うと御朱印が入っているので込の価格になります。

赤で刺繍された「ことのまま」の神様。もっているだけでもご利益が得られそうです。カラーは白と青の2色。どちらもことのままの神様が刺繍されているので、あとはお好みで選ぶといいでしょう。

御朱印をいただける場所・時間

御朱印をいただける場所は社務所になります。社務所は駐車場からすぐの鳥居をくぐった右手側にあります。御朱印受付時間は9:00〜17:00です。

イベントなどで御朱印がもらえない場合もあるので公式ホームページ、もしくは公式フェイスブックにて確認しましょう。祭事の最新情報などが記載されています。

事任八幡宮のお守り

お守りは社務所で手に入れることができます。ことのまま八幡宮では一般的お守りの他に、御神木の「夫婦杉」のお守りがあります。2018年に襲った大型台風24号で境内にあった御神木の夫婦杉は倒れてしまいました。

その御神体の一部を包んだお守り「繫守り」。「大切な心を次の時代につなぐ世の中になれば」という願いを込めて作られたそうです。

300年以上生きた夫婦杉の根本はお守りに使わず、参道付近に祀られているそうです。

「願いが叶った!」の声多数!事任八幡宮の口コミ

鈴がついた可愛らしいお守りはお子様へのお守りに最適です。願いが叶うお守りは親御さんの思いが込められていてことのままの神様がきっとお子様の願いを叶えてくれるのではないでしょうか。

カラーバリエーションも豊富なので家族や友人などどなたかにプレゼントしても喜ばれることまちがいなしです。お守りにはことのままの神様がモチーフになったお守りもあって、そちらも人気です。

事任八幡宮では本宮に参拝するときに社務所で白い布をもらってから参拝します。手持ちのハンカチでもいいのですが、できればもらっておきたいです。

また、本宮参拝にはスニーカーのような歩きやすい靴が必須です。というのも本宮は271段の階段をのぼらなければいけないので、ヒールのような靴だとかなりキツイとの声も。

なので本宮に参拝するときはできればスニーカーで行くようにすることがおすすめです。

事任八幡宮に参拝して願いが叶ったという声も数多く寄せられています。それは小さなものから大きなものまでいろいろです。

神社ではどの神社でもいえることですが、願いごとを言ったからといって、すぐに叶うわけではありません。願いを叶えるためには自身の努力も必要です。

そして、願いがかなったら神様にきちんとお礼をいうこともとても大事です。感謝の気持ちをもってお礼をいえばまた神様は福を届けてくれるでしょう。

事任八幡宮へのアクセス

事任八幡宮の基本情報です。住所:〒436-0004 静岡県掛川市八坂642 電話:0537-27-1690 FAX:0537-27-0596。

アクセス方法は電車の場合、JR掛川駅より約8km、タクシーで15分、バスで20分(掛川バスサービス:東山線にて八幡宮前下車)ただし、バスの本数は少ないので、事前確認が必要です。(※掛川バスサービス 0537-27-7331)

車の場合は掛川バイパス、掛川インターチェンジから北へ約1kmとなっています。

駐車場情報

事任八幡宮では参拝者用トイレの近くに50台ほど止められる駐車場があります。ただし、祭事の際はかなり混雑するため、駐車するまでにかなり時間を要します。

近くには道の駅「掛川」があります。750mほどしか離れていませんので混雑している場合はそちらを利用してはいかがでしょうか。

300台が止められる大型駐車場で、トイレはもちろん、施設には食事処やコンビニ、特産物直売所(とれたて地場新鮮野菜)やみやげ処や本格的にお茶をたのしめるところもあります。基本第二月曜日が定休日となっています。

長い階段を上りきって願いを叶えよう!

View this post on Instagram

#事任八幡宮本宮入口

A post shared by ❇︎紀澄.k❇︎❇︎ (@kisu_mi) on

事任八幡宮での参拝は拝殿だけではなく、本宮にお参りしてこそ願いが叶うための大事なステップです。足が悪い方や体調不良などの場合は無理をすることはありませんが、元気であれば本宮荷参拝にいきましょう。

もともと、本宮があるところにことのままの神様はおられました。二七一段の階段を登りながら願いが叶うように祈るのもいいのではないでしょうか。

参拝のときは社務所にて「ふくのかみ」を忘れないように、なるべく足を傷めないような靴で参拝することをおすすめします。

関連する記事