旅行情報メディア【トリマ】

出雲大社の参拝方法とは?正しいルートや服装・お砂の持ち帰り方とは

出雲大社の参拝方法とは?正しいルートや服装・お砂の持ち帰り方とは

2020.09.29

Trimaパワスポ編集部

最強の縁結びのパワースポット・出雲大社は、正しい参拝方法が定められています。今回は、出雲大社の正しい参拝方法を徹底解説!回り方や参拝のルール、服装、四拍手の理由についても。また、お守りのような効果があると言われる御砂のいただき方も見ていきます。

目次

  1. 出雲大社には正しい参拝方法が存在する
  2. 縁結びの神様として信仰される「出雲大社」とは?
  3. 出雲大社の歴史
  4. 祀られている神様
  5. 出雲大社の正しい参拝ルート
  6. 勢溜
  7. 祓社
  8. 松の参道
  9. 手水舎
  10. 拝殿
  11. 八足門
  12. 本殿
  13. 出雲大社の正しい参拝方法
  14. 反時計回りに参拝する
  15. 二拝四拍手一拝
  16. 参道・鳥居の真ん中は歩かない
  17. 手水舎マナーについて
  18. 服装について
  19. 出雲大社は「四拍手が基本」その理由とは?
  20. 四季を表している
  21. 東西南北を表している
  22. 最大パワースポット素鵞社で有名な「お砂」
  23. 稲佐の浜へ向かう
  24. 持ち帰り方
  25. 出雲大社へのアクセス方法
  26. 縁結びの効果絶大!出雲大社の口コミ
  27. 参拝して1年で結婚できた!
  28. 気になってた人からデートに誘われ告白された
  29. 出雲大社には毎年世界各国から観光客が訪れている

出雲大社には正しい参拝方法が存在する

 (813567)

縁結びの最強パワースポットと言えば、島根県にある出雲大社です。男女の縁はもちろんですが、さまざまな縁を結びつけてくれ、多くのご利益がいただける由緒ある古社の1つです。周辺にはお土産やさんやグルメスポットも充実しており、多くの観光客が訪れています。

実際、参拝後「結婚できた」「彼氏ができた」という口コミが絶えず、若い女性からも人気が高い神社なんです。そんな出雲大社のご利益をしっかりいただくためには、正しく参拝するのが大事だと言います。他の神社と比べると若干特殊な参拝方法が存在するとか。

 (813568)

今回は、出雲大社を参拝する際に知っておきたい、正しい参拝方法を徹底解説!ルートと、それぞれのスポットの特徴を紹介し、基本的な参拝のルールも見ていきます。

また、四拍手や御砂についても。ぜひ参拝方法を学んで、効果的にご利益を授かりましょう。

縁結びの神様として信仰される「出雲大社」とは?

 (813569)

まずは、出雲大社とはどのような神社なのかおさらいしておきましょう。出雲大社は、島根県出雲市にある神社です。日本屈指の縁結びのスポットとして崇められており、神々が集う神秘溢れる雰囲気を漂わせています。

背景には八雲山があり、境内では澄み切った空気を感じられます。その歴史は非常に古く、創建が「古事記」に記されているほどだとか。

出雲大社の歴史

 (813598)

出雲大社の創建については明らかになっていませんが、日本神話などで語られていることから、非常に古い歴史があるのが読み取れます。出雲大社の創建は、単なる信仰によるものではなく、国家的な事業として行われたと言います。

出雲の地を治めていた大国主大神に反発して、天照大御神が使者を送ります。そこで勝利を収めた天照大御神は出雲の国を譲り受ける代わりに、神殿を建てた言います。その神殿が現在の出雲大社なのです。

祀られている神様

 (813600)

出雲大社の主祭神は、大国主大神。当時、出雲を治めていた神様で、日本国を造ったお方です。他には、先祖にあたる須佐乃男命(すさのおのみこと)、大国主大神の妻・須勢理毘売(すせりひめ)、多紀理毘売、大国主大神を治療でよみがえらせた・きさ貝毘売、蛤貝毘売です。

また、本殿を守護する神様として、宇治神(うじのかみ)、久多美神(くたみのかみ)もいらっしゃいます。ご利益としは縁結びが挙げられますが、恋愛においてだけでなく、家族や仕事など、あらゆる側面での縁を結んでくれるご利益が期待できます。

出雲大社の正しい参拝ルート

 (813637)

出雲大社には、正しい参拝ルートがあるのをご存じでしょうか?通常だと好きな順番に回れば良いのですが、出雲大社の場合は、正しい参拝ルートで回ることでしっかりご利益を授かれると言います。

予備知識なく訪れると、ついつい見逃してしまいがちな場所や、順番が逆になってしまう場合もあります。そうならないように、正しいルートを学ぶことが大事!ここからは参拝ルートとそれぞれの特徴を紹介してきますので、参考にしてみてください。

勢溜

正確には、「勢溜の大鳥居」は2つ目の鳥居になります。実は見逃しがちなのが1つ目の鳥居なんです。出雲大社では4つの鳥居を通るのがお勧めだと言いますので、「勢溜の大鳥居」の前にある「宇迦橋大鳥居」もチェックしましょう。

電車で行く方は注意が必要!簡単に見逃してしまいますので、バスを使い「吉兆館前」で下車するのがポイントです。もちろん、1つ目の鳥居を飛ばして2の鳥居からの参拝でも問題ありません。

2つ目の鳥居「勢溜の大鳥居」までは、1の鳥居からまっすぐ歩いて行くと到着します。こちらが正式な玄関口になり、大体の人がここから参拝を始めると言います。

祓社

2つ目の鳥居をくぐって右側に見えてくるのが祓社です。ここで心身を清めてから次のポイントに進むのがマナーとされています。小さな社ですが、意外と人が多く混雑していることもあります。見逃さないようにしっかりとお参りしていきましょう。

松の参道

祓社からまっすぐ歩くと「松の参道」が続いています。樹齢400年を超える松並木に囲まれ、自然のパワーを感じ取れるでしょう。写真映えスポットでもあり、参道周辺には可愛らしいうさぎの石像もあります。

しばらく進むと3つ目の鳥居が見えてきます。「松の参道の鳥居」は、松の保護のため中を通ることはできません。この鳥居はくぐらずに両側の参道を歩きます。鳥居の前では一礼するのを忘れないように!

ゆっくりと自然を感じながら散歩を楽しみましょう。

手水舎

参道を歩いていくと、手水舎が見えてきます。手水舎はどの神社にも入口付近に設置されており、ここで手と口を清めるのがマナーです。手水舎は込み合うこともあります。その場合は、横にある簡易的な手水舎を利用するのも手です。

手水舎の使い方や手順については、後ほど紹介しますのでそちらを参考にしてみてください。手水舎で清めた後は、いよいよ第4の鳥居をくぐりましょう。銅鳥居になっており、触ると金運アップのご利益があると言われています。ぜひ優しく触れてそのパワーを感じとってみましょう。

拝殿

View this post on Instagram

– – 何度きても、本当に素敵な場所だなぁ。 友達や家族と来ても、縁を感じれて良い。 一人なら、自分を見つめられて良い。 – 1周目は、無言で黙々と参拝。 御朱印も頂いてから、 2周目で写真撮らせて貰ってます。 – 2019.12.19 – #olympus #omdem10mkii #galaxyカメラ部 #galaxy #autumnleaves #japan_daytime_view #skylovers #japan_night_view #japantrip #traveljournal #mymemories #art_of_japan_ #art_of_nature #japantravelphoto #travelphotography #solotravel #backpacking #一人旅 #jalan_travel #旅好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #ビール好きな人と繋がりたい #japantrip #島根 #出雲大社 #出雲市 #izumotaisha #izumoshrine #shimanegram

A post shared by Hirono (@jima.non) on

4つ目の鳥居をくぐったら、いよいよここから神域が始まります。まず目の前に広がるのは迫力のある拝殿です。拝殿の装飾にも注目!繊細かつ煌びやかな装飾はめを奪われる美しさがあります。

ここにも大きなしめ縄がありますが、いわゆる「大しめ縄」と言われるのは神楽殿に祀られているものです。こちらのしめ縄よりもさらに迫力がありますので、ぜひご覧ください。

遷宮期間中にはここに大国主大神が祀られていたと言いますので、しっかりお参りしていきましょう。

なお、しめ縄にお賽銭を投げる行為はNG!「お賽銭をしめ縄に投げて、落ちてこなければ願いが叶う」という言い伝えもありますが、しめ縄は神聖なるものですので、そのような行為は控えるようにしましょう。

八足門

拝殿の裏側に回ると「八足門」が見えてきます。この門の向こう側にあるのが本殿です。ただし、ここから中へは特別な日しか入れないと言います。

「八足門」の下には賽銭箱が設置しており、通常はここで本殿に向かって拝みます。内側に入れるのは、正月の三が日や特別なイベントの時のみ。内側に入れたとしても、御本殿を直接拝むことはできませんのであしからず!

「八足門」の前の地面に注目してみてください。ピンク色の丸い形が3つ並んでいるのがご覧いただけます。これは、神殿があった時の柱の跡だとか。見逃さないようにしっかり目に焼き付けましょう。

本殿

運よく「八足門」の内側に入れたなら、御本殿をしっかり拝見しましょう。ここからは警備も厳しくなり、カメラも禁止されています。

本殿の参拝で気を付けて欲しいのが、本当の正面は西側にある小さな祠だという点です。本殿は南向きに建てられていますが、御神座は西向きになっているため、ここが本当の正面だと言います。こちらでもしっかり拝んでいきましょう。

多くの方が見逃してしまいがちですので、内側に入れた際には注意してください。また、本殿の周りにもお社がありますので、そちらの参拝も忘れないように!

出雲大社の正しい参拝方法

 (813681)

出雲大社の参拝ルートを見てきました。できるなら4つの鳥居を通り、紹介したルートを辿りながらしっかりとパワーを感じましょう。ルートも大事ですが、感謝と謙虚な気持ちでお参りすることも大事です。

参拝ルートがわかってきましたので、ここからは参拝方法について見ていきましょう。手水舎でのマナーや服装、拝み方についても紹介します。

反時計回りに参拝する

 (813682)

先ほど紹介した正しいルートを思い出してみてください。マップを見ながら位置情報を見てみると分かりやすいのですが、反時計回りになっているのがポイントです。

本殿の周りにあるお社を巡る際も、時計回りではなく反時計回りを意識するようにしましょう。

二拝四拍手一拝

 (813683)

通常の神社だと、「二拝二拍手一拝」が主流です。しかし出雲大社の場合は、「二礼四拍手一礼」が基本だと言うんです。具体的な拝み方を紹介しておきます。まずは、体を90度ほどに曲げ、深いお辞儀をします。その後、もう一度深いお辞儀をします。

そこからさらに2回深いお辞儀をして、4回拍手をしてから願いごとを唱えます。そして最後に一度礼をしてその場を後にします。出雲大社では、拍手の後にお願いごとをするのが基本。神社によってお願いごとをするタイミングは異なりますので、気を付けてください。

拍手をする際は、胸の高さで両手を合わせ、右手を少し引くのが良いとされています。

参道・鳥居の真ん中は歩かない

 (813684)

出雲大社に限らずどこの神社でも言えることですが、鳥居や参道の真ん中を歩かないのがマナーとされています。なぜなら、真ん中は神様が通る道だからです。参道や鳥居の真ん中は正中と言われており、避けて通るのが基本です。

ただし、初詣のシーズンなどどうしても真ん中を横切らないといけない場合もあるでしょう。そのような時は、軽く一礼をし誠意を示すと良いでしょう。

真ん中は神様がいる場所と把握しておけば、自然と端を歩くようになるはずです。

手水舎マナーについて

 (813706)

手水舎のマナーはご存じでしょうか?手を清めた後に口を清めるという手順は皆さんご存じでしょうが、細かい工程となると意外と知らない人も多いでしょう。

1.手水舎で軽く一礼する
2.柄杓を右手に持ち水をすくう
3.左手を清める
4.柄杓を左手に持ち右手を清める
5.柄杓を右手に持ち替えて、左手に水を溜め口を清める
6.もう一度左手を洗う
7.最後に柄杓を立てて、持ち手を洗う
8.軽く一礼する

以上が細かい工程になります。まずは左手から清めることや、一礼をすることなど。そして大事なのはすべての工程を1杯分の水で行うことです。要は汲み直すのはNG!ぜひ気を付けてみてください。

服装について

 (813711)

出雲大社を参拝する際には、服装にも注意が必要です。神様にお参りする訳ですから、失礼にならない服装で行くのが大事!だらしない恰好や、露出が多い服装、シワが多く汚れているシャツなど、人から見て不快に感じるような服装は控えるようにしましょう。

清潔感がある誰が見てもおかしくないような恰好が無難!スーツを着て行く必要はありませんが、身なりを整えておくのは大事です。

出雲大社は「四拍手が基本」その理由とは?

 (813714)

先ほども紹介したように、出雲大社では「二礼四拍手一礼」が基本とされています。なぜ四拍手なのか、気になる方もたくさんいるでしょう。通常の神社では二拍手とされていますので、四拍手には何か意味があるはずです。

ここからは、四拍手の理由を見ていきましょう。

四季を表している

 (813715)

「四」と言う数字から死を連想する方もいますが、実は幸せの「シ」を表していると言うんです。よって「4」は非常に縁起が良い数字とされており、「一霊四魂」を示しています。

四拍手の理由には諸説ありますが、その1つが四季を表しているからという理由です。一年は4つの四季に分かれていますので、年間を通して繁栄と実りを祈願して、四拍手を起用していると言います。

東西南北を表している

 (813716)

もう1つの理由は、東西南北を表しているというものです。東西南北にはそれぞれに守護する神様がいます。いわゆる四神と言われる守護神で、東は青龍、西は白虎、北は玄武、南は朱雀です。

それらの守護神に敬意を示すために四拍手を通常としているというのがもう1つの説になります。四拍手を起用している神社は、出雲大社以外にも大分県の宇佐神宮などがあります。

最大パワースポット素鵞社で有名な「お砂」

出雲大社の中でも最大のパワースポットと呼ばれているのが、素鵞社(そがのやしろ)です。ここでは御砂がいただけ、それを持ち帰ると運気アップに効果があると言います。

御砂にはどのようなパワーが秘められているのでしょうか?家に祀る御守りのような効果があり、縁結びのご利益はもちろんですが、砂を置く土地の運気も上昇するとか。そこに暮らす人の開運効果があり、明るい未来に導いてくれると言います。

そんなパワー溢れる御砂をいただくには、事前に儀式を行う必要があるとか。ここからは、御砂のいただき方、持ち帰り方を紹介していきます。

稲佐の浜へ向かう

素鵞社で御砂をいただくためには、まず、稲佐の浜へ行く必要があります。浜までは出雲大社から西に1.4kmほど離れており、徒歩だと15分ほど、車だと約2分です。稲佐の浜へ行く際は、ビニール袋を2~3枚用意してください。

到着したら稲佐の浜の砂を少しいただき、出雲大社へを正しい方法で参拝します。砂は少しで構いません。あまり沢山いただかないようにしましょう。出雲大社の参拝ルートについては先ほど紹介しましたので、そちらを参考に参拝し、最後に御本殿の裏側にある素鵞社へ参拝します。

持ち帰り方

参拝が終わったら、左に回り奥に進んでください。付近にある岩場もパワースポットだと言いますので、優しく触れてそのパワーを感じとってみましょう。

社殿の下には木箱が置いてあり、中には砂がたくさん入っています。そこに頂いてきた砂を置き、代わりに置いてある砂をいただきます。入れたばかりの砂は濃い色をしています。薄い色の砂を少量いただき、最後に一礼してその場を後にしましょう。

頂いた御砂はそのまま持ち帰り、家を囲むように4隅に置いておくと邪気を祓ってくれると言います。また、境内に売っているお守り袋を購入し、その中に御砂を入れて持ち歩くのもおすすめです。

もちろん、可愛らしい瓶に入れてインテリアとして飾ったり、友人へのお土産にもぴったり!ぜひ御砂のパワーを参拝後も感じてみましょう。

出雲大社へのアクセス方法

 (813808)

出雲大社へのアクセス方法を見ていきましょう。まずは、電車での行き方からです。JR出雲駅から電鉄出雲市駅まで徒歩で向かいます。同じ出雲駅ではありますが、両者は離れたところにありますので注意してください。

一畑電車北松江線・出雲大社前行きへ乗り、「川跡駅」で乗り換えます。そこから「一畑電車・出雲大社前駅」で降りれば、2の鳥居から回れます。先ほども言ったように一つ目の鳥居から見たい方は、バスを使って「吉兆館前」まで行きましょう。

 (813834)

「一畑電車・出雲大社前駅」からは徒歩5分ほどで「勢溜の鳥居」に到着します。電車によっては「川跡駅」を経由しない直通のものもあります。

バスを利用する方は、JR出雲市駅から「一畑バス」に乗車します。北口から出ている「出雲大社・日御碕行き」に乗り、「正門前バス停」もしくは「出雲大社連絡所」で下車します。

車でお越しの方は、「出雲IC」から国道431号を利用します。無料の大型駐車場も完備していますが、初詣の時期などは大渋滞ができることもありますので、注意してください。

縁結びの効果絶大!出雲大社の口コミ

 (813836)

出雲大社を参拝した人の口コミを見てみると、多くの方がそのご利益を授かっています。「結婚できた」「彼氏ができた」など恋愛に関するご利益が多く、特に参拝後「結婚できた」という声が多いとか。ここからは、実際に体験した人たちの口コミを見ていきましょう。

参拝して1年で結婚できた!

 (813841)

なかなか結婚できない私を見かねて、母と妹と私で出雲大社を参拝しました。駅に着いた時からたくさんの人で賑わっており、境内ではたくさんのパワーをいただけました。家族で旅行できただけでも良い思い出になりましたが、本当にご利益があってびっくりしました。

参拝してから2か月ぐらい経った頃、会社の同僚から告白されて付き合うことに。丁度同じ頃、妹から結婚報告が。Wの幸せを噛みしめていましたが、それから半年ぐらい経った頃でしょうか。同僚からなんとプロポーズされたんです。

これは出雲大社のお陰以外考えられません。連れて行ってくれた母にも感謝しています。(30代・女性)

気になってた人からデートに誘われ告白された

 (813853)

出雲大社のご利益かも?と思えるような出来事がありました。参拝してから2週間ぐらい経ったある日、ずっと気になっていた先輩から「二人でご飯でも行かない?」と誘われたんです。これまで大人数で食事に行ったことはありましたが、彼から「二人で」と誘われたのは初めて!

凄く嬉しくて、当日はおしゃれして出かけました。素敵なお店で食事して、夜景を見ながらお話し。夢のような気分でした。そして、ロマンティックな気分に浸ってる私に「付き合って」と彼から告白!耳を疑いましたが、彼の目は真剣そのものでした。こんな幸せが待っているなんて・・・。

本当に、出雲大社を参拝して良かったです。(20代・女性)

出雲大社には毎年世界各国から観光客が訪れている

 (813859)

出雲大社は、日本有数の縁結びのパワースポットです。毎年世界各国から多くの観光客が訪れ、ご利益を授かっています。出雲大社は通常の神社とは若干異なり、「二拝四拍手一拝」が基本!

また、半時計回りに参拝すると良いとされていますので、ぜひ正しい参拝方法でご利益を授かってください。

関連する記事