旅行情報メディア【トリマ】

出雲大社は縁結び以外のご利益も抜群!神在月には世界中の神様が集う?

出雲大社は縁結び以外のご利益も抜群!神在月には世界中の神様が集う?

2020.09.28

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

日本の神社の中でも有名な「出雲大社」ですがどのような歴史やご利益があるのかご存知でしょうか。「出雲大社」には神無月に行われる神事もあるので、その内容についてもご紹介します。口コミなども見ながら「出雲大社」の魅力お守りについてチェックしていきましょう。

目次

  1. 出雲大社で得られるご利益とは?
  2. 出雲大社とは?
  3. 出雲大社の歴史
  4. 縁結びだけじゃない!出雲大社で得られるご利益
  5. 良縁を繫げる
  6. 悪い縁の断ち切り
  7. 五穀豊穣
  8. 商売繁盛
  9. 効果実感!出雲大社の口コミ
  10. 真正な雰囲気
  11. 見所満載
  12. 世界中の神様が集まる!「神在月」とは?
  13. 神迎祭
  14. 神在祭
  15. 神等去出祭
  16. 出雲大社で手に入る効果絶大のお守りを紹介
  17. 縁結びの糸
  18. 蘇り守
  19. しあわせの鈴
  20. ご利益倍増!出雲大社のパワースポット
  21. ムクの御神木
  22. 亀の尾の滝
  23. 出雲大社の基本情報
  24. アクセス方法
  25. 拝観時間・拝観料
  26. 参拝方法
  27. 出雲大社で確実にご利益を得よう!

出雲大社で得られるご利益とは?

「出雲大社」というと神社やお寺に詳しくない方でも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。日本を代表するようなパワースポットであり、縁結びの神様が祀られていることでも有名です。

この記事では「出雲大社」の歴史やパワースポットなどを御紹介していきます。せっかく「出雲大社」に行くのならポイントをチェックしてご利益をいただきたいものです。

また、知識があると物の見方も変わってきます。ただ美しいと感じるのもよいですが、それにまつわる歴史やストーリーを知っているとより楽しむことができるでしょう。

出雲大社とは?

View this post on Instagram

癒された😊 #出雲大社 #勾玉 #お詣り

A post shared by 巳鶴 岡田 (@326_mmm_326) on

「出雲大社」のご利益やパワースポットをチェックする前に、どのような歴史があるのか確認しておきましょう。「出雲大社」は古くからの歴史はあり、全国の神様が集う場所でもあるといわれています。

何も知らなくとも「出雲大社」の壮大さや美しさを感じることはできますが、歴史を知ったうえで見てみるとより楽しめるのではないでしょうか。「出雲大社はこんな風に作られたのか」と考えながらめぐるのもひとつの楽しみ方といえるのです。

出雲大社の歴史

View this post on Instagram

#出雲大社#島根#神社#しめ縄

A post shared by ハイジ (@heidi_katase) on

「出雲大社」は古事記にも起源さ記されています。年代などが明確に分かっている訳ではありませんが、古事記は日本最古の歴史書です。そのことを考えると「出雲大社」がいかに古くからあるのかが分かるのではないでしょうか。

「出雲大社」の神話には「八束水臣津野命」というとても力持ちな神様が土地を引っ張ってきたという話があります。まだ小さかった出雲の土地と引っ張ってきた土地とを近づけ、大きな杭に綱を括り付けたそうです。

これが「出雲大社」から日御碕にかけての場所になったといわれています。土地の引き寄せが終わると杖で大地を一突きし、そこから草木が生い茂っていきます。それは現在の意宇の森だといわれているようです。

縁結びだけじゃない!出雲大社で得られるご利益

View this post on Instagram

#出雲大社#鳥居#島根#神社

A post shared by ハイジ (@heidi_katase) on

「出雲大社」は広大な敷地の中に見所がたくさんあります。自然を全身で感じられるのもひとつの魅力といえます。美しい自然や建造物は見て歩くだけでも楽しく感じられるでしょう。

ですが、皆さんもご利益が気になっているのではないでしょうか。せっかく「出雲大社」に行くのならご利益をいただきたいと思うものです。「出雲大社」は縁結びで有名ですが、実はほかにも得られるご利益があるのです。ご利益とその由来などを順番にチェックしていきましょう。

良縁を繫げる

猫, ジンジャー, 虎猫, 動物, 哺乳動物, 目, 耳, 毛皮, ペット

まずはじめにご紹介するのは「出雲大社」といえば思い浮かべる方も多いであろう「縁結び」です。「出雲大社」では良い縁を引き寄せるご利益をいただくことができます。

というのも「出雲大社」に祀られている「大国主大神」と呼ばれる神様をお祀りしています「大国主大神」はキキなじみがないかもしれませんが、「大黒様」のことなのです。

「大黒様」は繋がりのような目に見えない幸せを司る神様といわれています。「出雲大社」が縁結びで有名なのも「大国主大神」が人との縁やビジネスの縁を結び付けてくれるからなのでしょう。

悪い縁の断ち切り

縁結びのご利益がある「出雲大社」ですが、同時に悪い縁を断ち切ることができるともいわれています。悪い縁を断ち切るご利益があるといわれているのは、「出雲大社」の神話でもご紹介した「八束水臣津野命」をお祀りしている「長浜神社」です。

良い縁を引き寄せるのも大切ですが、悪い縁を断ち切るのもしあわせに近づくポイントといえます。「長浜神社」の御朱印帳は木製で温かみのあるアイテムとなっています。これから御朱印を集めようと考えている方はチェックしてみてください。

五穀豊穣

「出雲大社」では五穀豊穣のご利益もあるといわれています。2月17日にはその年の豊作を祈り「祈穀祭」が執り行われます。「出雲大社」ではいくつもの祭事がありますが、この「祈穀祭」はその中でも重要な祭事なのです。

「祈穀祭」では前日の夜から準備が始められており、本殿奥にある「大国主大神様」の前にさまざまなお供え物が並べられます。さらに五穀豊穣を祈って祝詞が奏上されます。日本では実りのある稲穂などの穀物が生活を支えており、そのようなものは神様と同じように真性的なものだと考えられてきたのです。

商売繁盛

「出雲大社」の商売繁盛は商売をしている方にとってはうれしいご利益といえます。商売繁盛のご利益をもたらしてくださるのは「大黒様」である「大国主大神」とその息子である「事代主神」です。「事代主神」と聞いてもイメージがわかないと思いますが、「恵比寿様」と聞くとすぐに思い浮かべられるのではないでしょうか。

縁結びのご利益のある「大黒様」「恵比寿様」ですが、商売繁盛のご利益も持っているのです。商売も人との縁があってこそ。金運と商売繁盛のご利益は人脈を得る、人との良縁をいただくということもポイントとなるのです。

効果実感!出雲大社の口コミ

ここで実際に「出雲大社」に行った人の感想をチェックしてみましょう。生の意見を知る際には口コミをチェックするのがおすすめです。

真正な雰囲気

初めて「出雲大社」に行ったのですが、ほかの場所とは空気が違うような気がしました。だからといって敷居が高いわけではなく、思っていたより堅苦しくはない場所でした。

御朱印やお守りもいただいて大満足の参拝になりました。「25歳女性」

見所満載

「出雲大社」へは何度か足を運んでいますが、何度言っても素晴らしいと感じるスポットです。パワースポットもあるので、その時自分や周囲の人の環境に合わせて参拝しています。

「出雲大社」だけではなく周囲の街並みも歴史を感じられるような作りになっているので、せっかくなら「出雲大社」の周辺も見て回りたいです。「30代男性」

世界中の神様が集まる!「神在月」とは?

皆さんは「神無月」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。カレンダーやスケジュール帳などで目にしたことがある方もいるでしょう。日本の暦には漢字でその月を表す言葉があり、「神無月」とは旧暦の10月を指します。

「神無月」とは感じの通り、「神様がそれぞれの土地を留守にする月」という意味です。自らの土地をするにしてどこに行っているのかと疑問に思う方もいると思います。それが「出雲大社」で、「神無月」には神々の集いがおこなわれていのです。

神迎祭

寺, 日本, 屋根, アジア, 旅行, 文化, アーキテクチャ, 観光

「神無月」ではまず、旧暦の10月10日に「神迎祭」をとり行います。「出雲大社」から西の方角に位置する稲佐の浜で神様をお迎えするのです。

この神事は昼間ではなく夜7時から火がたかれて祭場の中に海に向かって神籬が2本と龍蛇神が置かれます。神事が終了すると龍蛇神を先頭にして提灯を並べて奏楽が奏でられます。その際には参拝者も続き、浜から「出雲大社」へ行列が出来上がるのです。

最後に国造以下全祀職の奉仕をして「神迎祭」をすることで、全国の神々を旅社に鎮められるそうです。

神在祭

「神迎祭」の後には旧暦の11日、15日、17日に「神在祭」がとり行われます。10月11日から17日にかけての1週間で人々の人生にかかわることを決めているのです。この際に神議りにて決められるのは人生のこと、男女の縁も決められています。

この時期には神様たちの邪魔をしてはならないという考えから、人間は家を建てたり楽器を鳴らしたりということはせずに生活していたそうです。静かに過ごしていたことから「神在祭」は「御忌祭」とも呼ばれていました。

神等去出祭

View this post on Instagram

そろりそろり… #出雲大社 #神等去出祭

A post shared by Maiko (@morymymy) on

「神等去出祭は旧暦の10月17日と26日にあたります。夕方の4時になると神様を「出雲大社」からお見送りします。神主が本殿楼門に向かって扉を3回たたきながら「御立ち、御立ち」と唱えると、神々は旅社から拝殿に移動され各土地に変えられるそうです。

「御忌祭」と呼ばれるこの時期は地元の人は「お忌みさん」とも呼ばれています。この時期は海や風があれることもありそれを「お忌みさん荒れ」とも呼ぶようです。ここまででご紹介した「神無月」の神事は観光イベントではないので一般の人が見られないものもあります。

出雲大社で手に入る効果絶大のお守りを紹介

とら子猫, 赤猫, ジンジャー子猫, 若いです, レスキュー, 避難所

ここから出雲大社で手に入る効果絶大のお守りを紹介についてご紹介します。神社やお寺では個性的なお守りや、そこでしかいただけない御守を置いているところもあります。

「出雲大社」でも「出雲大社」ならではのお守りがあるので、ご利益をいただくためにも足を運んでみてください。

縁結びの糸

出雲大社で手に入る効果絶大のお守り1つ目は「縁むすびの糸」です。縁結びのご利益でも有名な「出雲大社」へ行く方の中には、そのご利益を望む方も多いでしょう。

「縁むすびの糸」は紅白の糸が束ねて入っており、2つの糸をより合わせて作られています。堤の絵柄もかわいらしく、まさに縁結びのお守りという雰囲気です。「縁むすびの糸」は1つ1000円でいただくことができます。

蘇り守

View this post on Instagram

#お守り #御守り ・ あなたが大切にしている御守りはありますか? ・ 大切な人からいただいたお守りも 誰かの為を思って選んで贈ったお守りも きっと持ち主の味方となってくれているはず。 ・ #写真 は #出雲大社 の#式年遷宮 後に授与される #蘇り守り #平成の大遷宮 を記念した限定ものだそうです ・ ・ ▶お守りのお話は、プロフィールのリンクから「コラム」ページをご覧下さい。@okumiya_jinja ・ ・ #神社 #神社めぐり #special_spot_ #special_zipangu_ #パワースポット神社 #開運 #最強スポット #japan #japanese #jinja #shrine #神社参拝 #神社巡り#土産 #izumotaisha #izumooyashiro #桜 #cute #instagood #pink

A post shared by 神社専門メディア 奥宮-OKUMIYA- (@okumiya_jinja) on

出雲大社で手に入る効果絶大のお守り2つ目は「蘇り守」です。平成の大遷宮を記念して作られた御守で、まさに御守といった見た目も古風でかわいらしいのではないでしょうか。

袋の赤と白、青は三保木玉にちなんで選ばれたカラーです。三保木玉とはメノウでできた装飾品のことだそうです。垢は健康を願う色で、白は長寿を願う色、青は命の源を表しています。

ただし、この「蘇り守」は平成27年までの期間限定のお守りのようです。1つ1000円でいただけるので、手に入れたい方は期間が終わる前に「出雲大社」へ行きましょう。

しあわせの鈴

View this post on Instagram

今日はこちらを授けてもらった🌕 今年色んな縁が重なり出雲の国へ1人旅に出た その時、神様の道順を組んでくれた浅野さん(*ˊᗜˋ)🌈 毎回不思議なタイミングで連絡をくれその時に必要な言葉や、引き寄せの法則等本当に不思議としか言えないくらいの出来事が多々 そんな浅野さんから鈴と甘いものを(*´罒`*) この不思議なご縁が続くのも偶然じゃなく必然で有難い わざわざ届けて頂きありがとうございました🌈🌈🌈🌈🌈🌈 顔を見てお話できるだけで温まります🌈🌈🌈🌈🌈🌈 SNSは個人的には記録のために。 仕事では周知、拡散のために使用させてもらっているが最近では身を潜め、顔を隠し攻撃する武器として使用する人も出てきて心が痛い なぜ隠れる必要があるんだろう 嫌いならブロックして離れてくれたらいいのに #しあわせの鈴 #出雲大社 #断捨離 #神在月

A post shared by mirimiri36 (@mirimiri3636) on

出雲大社で手に入る効果絶大のお守り3つ目は「しあわせの鈴」です。鈴の音は厄除けの力があるといわれており、神様とのつながりを作るものともいわれています。

神社で鈴を鳴らすのも神様にご降臨いただくため、神様とのつながりを作るためといわれています。基本的に「しあわせの鈴」は持ち歩くことが望ましいです。

「しあわせの鈴」には2つのサイズがあり、大きな「しあわせの鈴」は1500円、小さなものは800円です。なので、普段の生活で持ち歩きやすいものを選ぶと良いでしょう。

ご利益倍増!出雲大社のパワースポット

さまざまなご利益がある「出雲大社」ですが、その中でもより強いご利益のあるスポットがあることはご存知でしょうか。「出雲大社」の敷地は約18万平方メートルもあるそうなので、知らずに行くと見逃してしまう可能性があります。

ご利益をしっかりいただきたいと思っている方は、パワースポットもチェックしておくことをおすすめします。

ムクの御神木

木, 自然, カール, ログイン, 族, 美的, 落葉樹, ダブル, 苔, 構造

「出雲大社」には「ムクのご神木」があります。「出雲大社」から東側に歩いていくとまた小さな神社があり、境外にご神木があります。

このパワースポットまで来る観光客は比較的少ないようなので、静かにゆったりとご神木を眺められそうです。ムクの巨木は推定で樹齢1000年を超えているそうです。昭和51年には島根県の名樹に指定されました。

亀の尾の滝

「出雲大社」の「亀虎の池」にはたくさんのコイが泳いでいて亀が甲羅干しをしている様子が見られます。生き物と自然がありる美しい庭園の池は見ているだけでも癒されることでしょう。

その池をさらに奥へと進むと「亀の尾の滝」と呼ばれる滝があります。滝の前には「少毘古那神」をまつった祠があるのでそちらでもパワーをいただきましょう。「少毘古那神」は医療や薬の神様といわれています。

出雲大社の基本情報

View this post on Instagram

#出雲大社

A post shared by くろしおちゃん (@8823_oceanarrow) on

素敵なパワースポットやお守り、歴史ある神事がある「出雲大社」のことが分かっていただけたでしょうか。これまで興味がなかったことも少し調べてみると興味がわいてくることもあります。

ここからは「出雲大社」に行きたいと思った時に必要な基本的な情報をご紹介します。

アクセス方法

道路, 梁, パス, 森, 自然, 沈黙, 穏やかな, 太平洋, 朝, 風景

「出雲大社」へのアクセス方法はいくつかありますが、東京方面から向かう場合は飛行機を使って東京から「出雲縁結び空港」へと向かいます。その後空港連絡バスで「出雲市駅」へ向かい、バスに乗って25分で「出雲大社」に到着します。

電車で「出雲大社」に行く場合は「東京駅」から「サンライズ出雲」で「出雲市駅」まで1本で向かうことができます。

拝観時間・拝観料

森林, 霧, ヒルシュ, イノシシ, 自然, 動物, 木, 気分, バックライト

「出雲大社」の拝観時間は季節によって異なります。3月~10月の間は午前6時~午後8時まで配管が可能です。11月~2月は午前6時30分~午後8時までになるので、少し時間がずれていきます。

拝観時間を勘違いして、うっかり拝観できないなんてことは避けたいものです。この時間帯であれば御守などもいただけるそうですが、閉まる時間には注意しながら「出雲大社」の中をめぐってください。

参拝方法

「出雲大社」の参拝方法は少し変わっていることはご存知でしょうか。多くの神社では「2礼2拍手1礼」ですが、「出雲大社」では「2礼4拍手1礼」で参拝するのが作法とされています。

また、祭事である5月14日には「2礼8拍手1礼」をするそうで、8回柏手を打つことを「八開手」と呼ぶそうです。

住所出雲市大社町杵築東195
電話番号0853-53-3100
参拝時間6:00~20:00
御守所6:00~20:00

出雲大社で確実にご利益を得よう!

出雲大社には様々な見所やお守りがあり、参拝するのもほかの神社とは異なる楽しみがあります。大きな敷地や自然も見所なので、全身でパワーを感じながら参拝してみてください。

関連する記事