旅行情報メディア【トリマ】

新三郷トンネルは日本屈指の幽霊トンネル?噂される心霊現象の数々とは

新三郷トンネルは日本屈指の幽霊トンネル?噂される心霊現象の数々とは

2020.09.26

Trima心霊編集部

現在は大型商業施設が立ち並びトンネル自体も綺麗になっていますが、昔の新三郷トンネルでは多くの心霊現象が報告されており、市報で「幽霊が出るからこの道を通らないでください」とまでアナウンスされた場所です。今回は、そんな新三郷トンネルの心霊現象を徹底解説します。

目次

  1. 日本一最恐とも言われる幽霊トンネル「新三郷トンネル」
  2. 新三郷トンネルについて紹介
  3. 正式名称は「采女ガード」
  4. 墓地だった地区である
  5. 現在も生活道路として利用されている
  6. 市報で特別な通達「なるべくトンネルを通らないように」
  7. 新三郷のトンネルで確認されている心霊現象
  8. 和服の女性の霊
  9. 壁から生える無数の手
  10. 交通事故多発
  11. 実録!新三郷トンネルの心霊体験談
  12. 事故現場を見たはずなのに・・・
  13. 女性が立っていた
  14. 本当の幽霊トンネルは「吉川駅のトンネル」
  15. 埼玉にある心霊トンネル
  16. 畑トンネル
  17. 侍トンネル
  18. トンネルですれ違った女性、実は幽霊かも

日本一最恐とも言われる幽霊トンネル「新三郷トンネル」

 (784723)

日本全国の有名な心霊スポットの中には、トンネルが多いのをご存じでしょうか?霊が集まりやすい環境が整っており、古い歴史がある「旧」が名前につくトンネルは、心霊現象が起こりやすいと言われています。

今回紹介するのは「旧」がつく現在はあまり使われていないトンネルではなく、なんと「新」がつくトンネルで警告まで流れたという有名なトンネルなんです。「新三郷トンネル」という一見何の変哲もない埼玉県三郷市新三郷にあるトンネルです。

近くにはららぽーともあり、三郷町のららシティ3丁目にあります。今回は、この新三郷トンネルの心霊現象を徹底解説!どれくらいやばいのか、実際の体験談も紹介します。

新三郷トンネルについて紹介

 (784724)

「新」と名前がつくということは、比較的新しく作られたトンネルでしょうか。そもそもトンネルがある町名が「新三郷」なため、ここに作られたトンネルも「新三郷トンネル」と呼ばれているのでしょう。

新三郷ららシティは1丁目~3丁目まであり、一戸建て住宅やららぽーと、コストコ、IKEAなどの大型商業施設が集結する市民の憩いの場所です。ここの3丁目にあるのが「新三郷トンネル」です。見た目は一切不気味な雰囲気がありませんが、夜になると多くの方が心霊体験をしていると言います。

ここからは、新三郷トンネルの特徴を見ていきましょう。

正式名称は「采女ガード」

 (784725)

新三郷にあるトンネルなので「新三郷トンネル」という名前で地元の人からは知られていますが、実は正式名称は違います。

正式名称は「采女ガード」と言い、読み方は「ウネメガード」になります。「采女」とは、新三郷にある土地の名前です。「采女ガード」もしくは「采女トンネル」と呼ばれることが多いです。もちろん、「新三郷トンネル」と言ってもどこのトンネルを指すのか十分通じるでしょう。

墓地だった地区である

 (784726)

昔はもう少し長いトンネルだったと言いますが、その昔、墓地だった地区もあるとか。こちらは噂の1つではありますが、トンネルを作る際にお祓いをしていなかったため、亡くなった方の霊がさまよっているのでは?と言われています。

さらには、墓石等はなく、地面に直接亡くなった方を埋めていたという情報も。あくまでも噂に過ぎませんが、位置的にも昔墓地があった場所と被っていると考えられます。

現在も生活道路として利用されている

 (784727)

現在は縮小されていますが、市民の生活道路として現在も使われています。この辺りは改装されすべてが綺麗になっています。IKEAを始めとする大型商業施設も立ち並び、心霊とは程遠いイメージでしょう。

もちろんトンネルもありますが、昔のような長いものではありません。短くなった現在のトンネルは、夜もしっかり照明があり多くの市民が利用しています。

市報で特別な通達「なるべくトンネルを通らないように」

 (784728)

実際に幽霊が出るとされていたトンネルは、現在の場所にあったトンネルではないと言います。昔幽霊が出ると言われていた場所は、すでに埋め立てられており、トンネルではありません。

しかし、当時はテレビ等で取り上げられ、霊体験が絶えなかったとか。さらに市報に記事が掲載されたこともありました。

30年以上前の話になりますが、市報で「幽霊が出るからこの道を通らないでください!」といったアナウンスがあったと言います。それだけ多くの人が霊体験をしたということでしょう。

 (784814)

市報で「幽霊が出る」というニュアンスの文章で取り上げるのは異例!それを知り多くの方が怖いもの見たさに訪れたのは言う間でもありません。

あれから随分の月日が流れていますが、未だ心霊スポットとして有名で、多くの人が肝試しに訪れています。

新三郷のトンネルで確認されている心霊現象

 (784729)

新三郷トンネルは、非常に危険度が高いと言われている心霊スポットです。ここでは様々な心霊体験が報告されており、そのバリエーションも豊富だとか。

もちろん、事故が多発していたトンネルでもあり、ここで亡くなった人も多いと言います。亡くなった方の霊がさまよい続けているのでしょうか。また、未練を残しながら亡くなった方の霊があの世に引っ張るという情報もあります。

霊感がある人、敏感な人が近寄ると、強い霊気に引っ張られてしまう可能性も否めません。面白半分で近寄るのは非常に危険な場所なので、訪れる際には十分注意してください。

和服の女性の霊

 (784822)

1つ目の噂は、「和服の女性の霊が出る」です。その昔墓地だった区域もあるので、そこで亡くなった方の霊がさまよっているのでしょうか。和服もしくは白っぽく見える可能性もあります。ここではたくさんの方が女性の霊を目撃しており、その多くが和服だと言うんです。

和服ということは、それなりに古い時代の女性だと考えられます。長い間成仏できず、ここをさまよっているのでしょうか。

壁から生える無数の手

 (784823)

昔トンネルがあった場所がお墓だったという噂がありますが、一説によると墓石は移動したけど、遺骨はそのままだったとも言われています。埋められた遺骨の影響でしょうか。多くの方が壁から生える複数の手を目撃しています。

遺骨が埋められたままで苦しんでいる可能性もあります。複数の手を見た人は非常に多く、体験した人はその不気味な光景から、二度と近寄りたくないと言います。

交通事故多発

 (784824)

このトンネルは、交通事故が多発している場所でもあります。特に滑りやすい場所ではありませんが、昔からバイクの事故が絶えなかったとか。事故だけでなく、それにプラスして怪奇現象も起きており、人々を困惑させていました。

そこからさまざまな噂が飛び交うようになり、「それらの事故は悪霊の仕業ではないか?」と言われるようになりました。実際多くの人が亡くなっていることから地縛霊が住みついており、近寄る者は容赦なく引きずり込むと今でも多くの人から恐れられています。

実録!新三郷トンネルの心霊体験談

 (784831)

新三郷トンネルでは数々の心霊現象が起こっています。その多くがトンネルが新しくなる前のお話しですが、当時は通るだけで危険だと言われており、地元民を悩ますトンネルだったのです。

ここでの心霊体験を見てみると、実に多くの話があがっています。今回は、その中から選りすぐりの心霊体験を2つ紹介してきます。

事故現場を見たはずなのに・・・

 (784832)

昔からバイク事故が多かったトンネルです。その日は晴れていて見通しも良く、用事があったため車でトンネルを通った時の話です。向こうからバイクがすごい勢いでやってきて、トンネル内で滑って大きな事故を起こしたんです。

オイル等が散乱して酷い状態でした。僕はとっさに「救急車を呼ばないと」と思い、その場から目を離したんです。そして救急車を呼び終わって現場の方に目をやると、先ほどの事故が嘘のように路面は綺麗になっており、バイクも事故した人も消えていました。

あれは何だったのでしょうか?その後ニュースで事故をチェックしていましたが、そこで事故があったような報道はありませんでした。

女性が立っていた

 (784833)

僕の父親から聞いた話です。コストコなどができる前の話ですが、父親が夜中にトンネルを通った時に、トンネルの真ん中ぐらいに女性が立っていたと言うんです。

父は夜中に女性がいるので危ないと思い車を止めました。そして女性に声を掛けようとすると、その姿がスーっと壁に溶けこむように消えていったと言うんです。

「何だったのかな?」と思いながらトンネルの出口に向かって車を走らせると、今度は天井から女性が落ちてきたとか。再び車を止めて辺りを見渡しましたが、女性らしい姿はどこにもなかったと言います。

本当の幽霊トンネルは「吉川駅のトンネル」

 (784834)

現在知られている新本郷トンネルは、短く照明もしっかりあり明るいトンネルです。しかしこの辺りが開発される前は、非常に長いトンネルで、吉野駅の方まで伸びていたと言います。

心霊現象が主に報告されているのは、トンネルの中でも吉野駅側です。昔のトンネルは長いだけでなく薄暗く、昼間でもあまり光が差し込まかったとか。

霊が集まる条件が揃っていたのでしょう。壁面からは水漏れが酷く、ゴミ等の堆積物もあったと言います。見通しが悪いトンネルだったため、事故にもつながっていたと考えられます。その不気味な雰囲気も心霊スポットと言われていた理由の1つではないでしょうか。

埼玉にある心霊トンネル

 (784845)

埼玉県には、他にもメディア等で紹介され有名になった場所や、本気で怖いと地元民も恐れる場所など、多くの心霊スポットが存在します。

新三郷トンネルもやばい場所ではありますが、その他の心霊トンネルも見ておきましょう。ここでは、代表的な2つのトンネルを紹介していきます。

畑トンネル

 (784846)

埼玉県飯能市下畑にあるトンネルで、ここは都市伝説の「人面犬」の発祥の地とも言われています。真相については謎ですが、多くの方が人面犬を目撃しています。

他にも天井に白いシミがあり、そこには苦しそうな人々の顔が見えるとか。さらには、このシミの中に笑っている顔を見つけると、呪い死ぬという噂もあります。

侍トンネル

 (784847)

川口市西新井宿にあるトンネルで、ここでは天井に侍の顔が浮かぶと言われています。さらにその顔は消しても消しても何度も浮かんでくるとかで、地元の人も恐れる有名な心霊スポットです。

近くには墓地もあるので、強い霊気がさまよっていると考えられます。特に霊感が強い人は注意が必要です。

トンネルですれ違った女性、実は幽霊かも

 (784848)

新三郷トンネルでは、その昔たくさんの霊現象が報告されており、市報で「幽霊が出る」とまでアナウンスされた場所です。現在は、綺麗なトンネルになっており不気味な雰囲気は一切ありません。

しかし、敏感な人は何が起こるか分かりませんので、通る際は注意してください。

関連する記事