旅行情報メディア【トリマ】

宮古島のパワースポットとご利益を徹底解説!宮古島の歴史についても

宮古島のパワースポットとご利益を徹底解説!宮古島の歴史についても

2020.09.30

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

島全体がパワースポットと呼ばれ、風水から作られたとされる「宮古島」。ヌドクビアブや大神島、漲水御嶽などご利益をいただける場所がたくさん存在しています。そんな宮古島のパワースポットや沖縄の守り神「シーサー」などについてご紹介していきます。

目次

  1. パワースポットの宝庫「宮古島」
  2. 宮古島とは?
  3. 名前の由来
  4. 宮古島の歴史
  5. 観光地として大人気のスポット
  6. 宮古島のパワースポットとご利益を紹介
  7. ヌドクビアブ
  8. 大神島
  9. 漲水御嶽
  10. 鍋底池
  11. 宮古神社
  12. 大主神社
  13. 保良泉鍾乳洞
  14. 石庭
  15. 開運には欠かせない!沖縄の守り神「シーサー」
  16. シーサーとは?
  17. シーサーの種類
  18. シーサーの置き方
  19. パワースポットで有名な全国の島
  20. 仙酔島
  21. 壱岐島
  22. 姫島
  23. パワースポット巡りをして開運を目指そう!

パワースポットの宝庫「宮古島」

日本には様々なパワースポットがありますが、そのなかでも独特の雰囲気を持つ「宮古島」は強力なパワーがあることで有名です。

宮古島の島全体がパワースポットと呼ばれているほどで、訪れることで幸運を授かることができ、島全体が風水によって計算されて作られたとも。そんな宮古島についてご紹介していきます。ぜひその力を浴びに訪れてみてください!

宮古島とは?

宮古島は行ったことがなくても名前は知っている人がほとんどではないでしょうか。そんな宮古島はパワースポットとして知られていますが一体どのような島なのでしょうか。その歴史や名前の由来などをご紹介していきます。

名前の由来

宮古島の「宮古」の由来には様々な説があり、明治初期の「元史」仁宗記、「温州府志」では1317年に波羅公管下密牙古人が、温州永嘉に漂着したと記述されています。

そして、密牙古が宮古のもとになったという説や、波羅が宮古島内の地名である保良とも言われています。また、横山八幡宮を祀る宮(ミヤ)処(コ)、閉伊地方の文化や経済の中心地である都、「港」からの転化、野原(ミヤ)土地(コ)、宮木(ミヤコ)の意味で仏堂や神社をつくる材、などいくつもの説があります。

宮古島の歴史

宮古島は約40~50万年前、浅い海でさんご礁が発達し琉球石灰岩が形成されたのち、隆起によって島化したと考えられています。最終氷期に海水面が120m低下したことでアジア大陸と陸続きになりました。

1979年に洞窟「ピンザ・アブ」で、約26,000年前の化石人骨が発見され、その人骨はピンザアブ洞人と命名。沖縄本島の港川人よりも古いことから、更新世後期には宮古島にはすでに人類がいた可能性があると言われています。

また、浦底遺跡やアラフ遺跡などからはジャコ貝製の貝斧、イモガイ製の装身具などが出土していますが、沖縄本島の同時代の遺跡からは出土されず、台湾などの遺跡からは出土するため台湾などと交流があったともされています。

観光地として大人気のスポット

View this post on Instagram

今日久しぶりに1日中晴れたな!😂😂   夕日も最高でしたー😌😌😌    宮古島で春休みの最高の思い出作りをお手伝いいたします!🙋  お気軽にお問い合わせください🙌🙌🙌   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  ただ単に朝日、夕日見るのはもったいない!! せっかく綺麗な海で見るのであれば海の上から見たくないですか?🙋☀️  Padamiyakoではサンライズ、サンセットSUPできます!😁価格も安くてオススメです!😍  朝は静寂に包まれて、気持ち良い1日の始まりを海の上からスタート!🌄  夕方は最高のサンセットスポットで海の上から夕日を眺めながら1日の終わりを!🌅  写真データも無料でプレゼントしてます!!☺  3月はオープン記念でSUPメニュー1,000円OFFですよー!プラスInstagramフォロワー500円割引も合わして1,500円OFFになります!!😋  お気軽にフォローお願いします!🙇🙇🙇  お問い合わせはDM、HPよりお願いしまーす!🙏  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  3月1日よりPadamiyakoツアースタート!!☺  ダイビング、シュノーケリングインストラクター所有のガイドがSUPツアーを中心に八重干瀬(ヤビジ)ツアー等もします!🙋   한국사람 대환영!!!!🙆 카카오톡☀️ →padamiyako     ゲストハウスの予約なら🏡 @guesthousekoa  ヨガの予約なら💃 @kuokoayoga  釣り、体験ダイビングの予約なら🎣 @blueforest385    #宮古島 #沖縄 #宮古島旅行 #沖縄旅行 #宮古島sup #サップツアー #海 #一人旅 #女子旅#タビジョ#カメラ女子#旅行 #八重干瀬 #シュノーケリング #패들보드#サンセット #miyakojima #okinawa #sup #サンライズ #padamiyako#스노쿨링#미야코 #오키나와#여행#미야코지마여행#오키나와여행#바다#コロナ

A post shared by 🌺宮古島SUP&シュノーケリングツアー専門店🌴 (@pada_miyako) on

宮古島は沖縄のなかでも断トツに海の綺麗さを誇り「東洋一」と言われています。美しい豊かな自然で溢れており、一年を通して多くの人が訪れる人気の観光地。

日本ビーチランキングでトップ10に入っている「砂山ビーチ」、宮古島と池間島を結ぶ「池間大橋」は途中に八重干瀬と呼ばれる大きなサンゴ礁があり、宮古島の橋のなかで一番の絶景スポットと言われています。

また、東平安名崎は宮古島最東端に突き出している長さ約2㎞、幅約200mの岬。右が太平洋で左が東シナ海になっており、断崖に荒波が押し寄せる様子は迫力満点です!

宮古島のパワースポットとご利益を紹介

View this post on Instagram

#repost @ayance__ . 👶🏻 ≋ ≋ 母体回帰、生まれ変わりの場所と言われている鍋底池。 ご挨拶とお清めをして、初めて中までお邪魔してきました。 . 道なき道を進み、お母さんの産道と言われている細い穴を下ってたどり着いた先は本当に神秘の青。 そしてものすごい透明度! . 深さ10mくらいのところで外洋とつながっていて、 その穴から見える青が本当に綺麗だった。。 . . 子宮と言われているのが納得な 何時間でもいられそうな不思議な場所。 大怪我と隣り合わせでもまた行ってみたいと思うけど、 ホイホイ遊びに行くような場所ではない気がして。 本当に貴重な体験をさせてもらったよ😌  . ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△  repost Accepting😄 If you wish to repost please tag "@instabae_navi" in the picture.  ▼△▼△▼△ 🌈repost受付中🌺 ▼△▼△▼△   インスタ映え写真のrepostを受付中です🤗   🏝少しでも多く方に見て欲しい!🐠 🏝いいね数を増やしたい!🍹 🏝フォロワー数を増やしたい!🐢   そんな方は自慢の写真にタグ付け下さい🙇   🍍写真に @instabae_navi をタグ付け下さい‼️ 🍍ハッシュタグに #インスタ映えNAVI もお忘れなく ‼️   ※順番に投稿しておりますので少々お待ちいただく場合がございます。  皆さまからのタグ付けをお待ちしております🙇   ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ . Hello my new self 🌱 . Thanks to #佐光ツアー by @taracoai ≋ ≋ #鍋底 #鍋底池 #下地島 #宮古島 #パワースポット #genic_mag #genic_blue #タビジョ #lw10月の旅 #ana旅のブルーバトン #マイトリ #goproのある生活 #ゴープロのある生活 #ジェットスター旅部 #ジェットスターアンバサダー #インスタ映え  ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△  repost Accepting😄 If you wish to repost please tag "@instabae_navi" in the picture.  ▼△▼△▼△ 🌈repost受付中🌺 ▼△▼△▼△   インスタ映え写真のrepostを受付中です🤗   🏝少しでも多く方に見て欲しい!🐠 🏝いいね数を増やしたい!🍹 🏝フォロワー数を増やしたい!🐢   そんな方は自慢の写真にタグ付け下さい🙇   🍍写真に @instabae_navi をタグ付け下さい‼️ 🍍ハッシュタグに #インスタ映えNAVI もお忘れなく ‼️   ※順番に投稿しておりますので少々お待ちいただく場合がございます。  皆さまからのタグ付けをお待ちしております🙇   ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ 

A post shared by 【公式】インスタ映えNAVI (@instabae_navi) on

観光地としても人気が高い宮古島には、いくつもの絶景スポットがあり一度は訪れたい場所です。そんな宮古島には観光スポットだけではなく、パワースポットもたくさんあります。

一般の人は立ち入り禁止されている神聖な場所や、戦時中に実際に使用されていた防空壕、神様のいるとされ崇められている小島などがあります。とても強いパワーをいただくことができますので、ぜひ訪れて感じてみてください!

ヌドクビアブ

ヌドクビアブはさとうきび畑のなかにあり、第二次世界大戦の際に防空壕として使用されていた場所のことです。森のなかを約3分歩いて行くと、30段ほどある階段がありますので、その階段をおりていきます。

このヌドクビアブは宮古島のなかで一番のパワースポットとして知られており、その場にいるだけで何とも言えないパワーを感じることができるでしょう。

さらに奥に進む場所もありますので、奥深くまで行ってみたい人は体験してみてはいかがでしょうか。

大神島

View this post on Instagram

大神島なう〜(^o^)/

A post shared by Takao Taniguchi (@paul3750) on

宮古島から北北東に約4㎞ほどのところに浮かんでいる離島の大神島は、島全体がパワースポット。古くから地元では「神様のいる島」として多くの人々から大切に崇められています。

神祭行事の際には観光客の立ち入りの禁止や、普段でも無断で入れないところなど島特有のルールが存在する場所です。面積0.24㎢、人口約27人の小さな島の大神島は、スーパーマーケットや銀行、病院もありません。

島内の道路は途中で切れているのですが、かつて周回道路を建設中ブルドーザーが故障したり、関係者が原因不明の病気にかかったり、死亡したりと様々なトラブルが起こったそうです。そのため「何かの暗示だろう」ということになり、未完成のまま工事が中断されました。

そのことにより現在でも手つかずの風景が残されており、島の一番高い場所に建っている「遠見台」からは大神島全体を見渡せ、エメラルドグリーンの海や池間大橋、宮古島東岩などを見ることができます。

漲水御嶽

沖縄で御嶽と呼ばれる場所は、普段は気軽に立ち入りることができませんが、漲水御嶽は自由に参拝することができます。宮古島で最も最高の霊場と言われており、地元の人々から厚い信仰を集めている神聖な場所です。

琉球王国の建国よりも古い歴史をもち、宮古島創世の神話には「人間がまだこの世に誕生する前、古意角・姑依玉の二神が天下からおり、一切のものを生み昇天した」と残されており、その跡地に建てられたのが漲水御嶽と言われています。

鍋底池

鍋底池とは通り池の先にあり、龍が休憩する場所であったと言われています。水の神や風の神、火の神が宿っていると伝えられており、知る人ぞ知る場所です。

波が荒いときには沸騰しているように泡立つ、鍾乳石に反響した音が鍋底を思わせることから、その名がついたと言われています。

生まれ変わりの場所と呼ばれており、自分の殻をやぶり変化したいときに訪れると良いとされていますので、今の現状を変えたい!という場合におすすめです!

宮古神社

View this post on Instagram

この度の大雨で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 . @photo by @hori93 @jinja_photocon では、応募作品だけでなく、皆様の投稿作品の中から事務局お気に入りの写真を紹介させて頂いております。 . 沖縄県宮古島市御鎮座、宮古神社 . 真っ青な空に大きな鳥居と赤い瓦屋根のお社の素敵な写真ですね。参道脇は砂利では無く芝生。ご祭神は波上宮から勧請。現在のご社殿は平成22年に御造営されたそうです。撮影者様は宮古在住15年の方。かわいいワンちゃんと青い海のギャラリーが素敵です。 . @hori93 さま、ありがとうございました! . . #宮古神社 #宮古島 #宮古島市 #沖縄 #波上宮 #熊野三神 #豊見親三神 #赤瓦 #青空 #鳥居 . . #神社 #⛩ #神社好き #神社巡り #神社仏閣 #神社好きな人と繋がりたい #神社仏閣巡り #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #インスタ #インスタグラム #7月 #夏

A post shared by 神社フォトコンテスト (@jinja_photocon) on

宮古神社は日本最南端の神社ですが、本殿の屋根が赤瓦で狛犬ではなくシーサーだったりと、沖縄ならではの神社の様子を楽しむことができます。

1950年に沖縄本島に鎮座している波上宮から熊野三神を勧請し、建立されました。金運のご利益をいただくことができますが、その他にも家内安全や開運子宝、縁結びのご利益がありますので、沖縄旅行の際にはぜひ宮古神社に参拝に訪れてみてはいかがでしょうか。他では見られない神社の造りも堪能してみてください。

大主神社

大主神社は大主御嶽とも呼ばれていますが、御祭神や創建時期などすべてのことが不明な謎の神社です。1720年ころ創建されたとも言われていますが、正確なことが分かっていません。

大主神社は池間島と宮古島、伊良島の三つに存在しており、池間島では関係者以外立ち入り禁止ですが、伊良部島では参拝することができますので、他の神社では体験できないパワーを感じることができるでしょう。

保良泉鍾乳洞

保良泉鍾乳洞は入口の鍾乳石がぼちゃのカタチをしていることから、「パンプキンホール」とも呼ばれています。このパンプキンホールの上は水の音と氷柱状、カーテン状の鍾乳石、足元には棚田状という神秘的な空間。

海神様が祀られている神聖な場所として地元の人たちに崇められています。鍾乳洞の入り口には祠が建てられていますので、海神様にお祈りを捧げてから入るようにしましょう。

また、潮が引いている時間帯にしか訪れることができませんので、事前に観光協会などで問い合わせしておくのがおすすめです。ぜひこの幻想的な風景を見に訪れてみてください。

石庭

宮古島のパワースポットの一つである石庭は、なんと個人所有の庭。新城定吉さんが天の啓示を受けたことから、庭の様々な巨石を掘り起こして造られました。

石のエネルギーを感じながら積み上げたストーンサークルの庭で、経営の神様と呼ばれていた船井幸雄氏の本で紹介されたことで世界中に知れ渡りました。

裸足になりストーンサークルのなかで瞑想すると、インスピレーションが湧き出たり、不思議な浮遊感や魂が宇宙へ上昇して生まれてきた意味や魂のあり方、真の行き方を考えさせられる体験を味わうと言われています。

地球の核から宇宙へとつながるエネルギーが通る道が石庭にあるとされており、石庭には宇宙と地球の満ちあふれるパワーが宿っています。

開運には欠かせない!沖縄の守り神「シーサー」

沖縄に旅行に行ったさいに必ずと言っていいほどお土産として人気のシーサー。実際にお土産としていただいたことがある人も多いでしょう。

シーサーはただ飾りとして置かれているのではなく、実は大切な役目があるのを知っているでしょうか。そんなシーサーについてご紹介していきます。

シーサーとは?

シーサーは古くから沖縄に伝わる守り神で、その歴史は紀元前のスフィンクスまで遡るともされており、13~15世紀ころにシルクロードを経て中国から伝わったそうです。

なぜシーサーという名がついたのかは、原型である獅子(しし)が沖縄の方言により「シーサー」になったことが始まりで、八重山地方ではシーシーとも呼ばれています。

家の守り神や魔除けの役目があることから、沖縄では多くの家に設置されています。日本での最古のシーサー「石獅子」は300年以上前の1689年に作られました。

当時、八重瀬町では火事が相次いだことから町民は風水師に相談。獅子の像を作って元凶の八重瀬岳の方角に置くことで収まるという助言を受け、設置すると本当になったことから邪気から身を守る目的でシーサーを置くようになりました。

シーサーの種類

シーサーの種類は大きくわけて3つあり、権威の象徴として城などに設置される「宮獅子」、村や町を守る「村落獅子」、家庭用の「家獅子」があります。

家の中や前、門などに置かれていますが、そのなかでも特徴的なものが屋根の上にいるもので、庶民が瓦葺き屋根を許可されるようになった明治以降から作られるようになりました。

そして屋根の上のシーサーは、漆喰や陶器のものがありますが、この漆喰は屋根職人が最後の瓦葺きの仕上げのときにサービスで作ったことが始まりだそうです。

シーサーの置き方

シーサーはただ置くのではなく、対にして二体で置くのが一般的ですが、口を開けているのが雄で口を閉じているのが雌です。

沖縄の悪霊マジムンを口を開けている雄がかみつたりと追い払い、口を閉じている雌が幸福を呼び込んで今ある幸せを逃さない役目をもっています。

鬼門である北東の方角にシーサーを正面にして右側に雄、左側に雌を置きますが、火の被害から家を守る意味で置く際には南に設置すると大きな効果があると言われています。どこに置く際にも設置する場所を綺麗にして、神様として扱うことが大切です。

パワースポットで有名な全国の島

宮古島は御嶽やシーサーなどのように、独特の雰囲気のあるパワースポットの島ですが、日本にはパワーを秘めている島がたくさんあります。

そのなかでも特に有名な全国の島をご紹介していきます。ぜひこちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか。その島ならではの力が溢れており、運がアップすること間違いなしです!

仙酔島

広島にある仙酔島は、鞆の浦に浮かんでいる島で、そのパワーは伊勢神宮や明治神宮などと並ぶと言われている強力なパワースポットです。

瀬戸内海に浮かんでおり、約1億数千年前の古くからの自然がそのまま残る美しい小島。仙人が空を飛んでいる際に仙酔島の美しさに酔って落ち、島になったと伝えられているほどです。

宮島と同じ神様を祀っている霊山「弥山」があり神聖な島として知られており、仙酔島にある岩のトンネルがパワースポットの入り口と言われています。

また、仙酔島には願いが叶う「龍神橋」がありますが、この龍神橋は静かに渡りましょう。龍神様に気づかれないようにする必要があるためです。橋を渡り切ると龍神様が寝ていますので、その背の上で願いをすると叶うと言われています。

さらに、龍神橋の先にある遊歩道には赤・黄・青・白・黒の「五色岩」と呼ばれる岩があり、五色のエネルギーが集まっていることから、パワースポットとして知られています。島全体が独特の雰囲気をもち、パワーを感じる場所ですのでぜひ足を運んでみてください。

壱岐島

長崎県にある壱岐島は神社庁に登録された神社が150社、小さな祠などと合わせると1000を超えるそうです。そんな壱岐島には住吉三神を祀っている住吉神社が鎮座しており、壱岐島で特に格式が高く、夫婦楠は縁結びや長寿のご利益があります。

男嶽神社には見ざる言わざる聞かざるの三猿がおり、男岳山の頂上に鎮座しています。山全体がご神体とされていますので、入山したときからパワーを感じるでしょう。

また、男嶽山から約25分のところにある辰の島は透き通った海水に心が洗われスッキリとした気持ちになります。無人島ですので、のんびりとした時間を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。

姫島

View this post on Instagram

Have you ever heard of Princess Island, #姫島 (Himeshima)?✨ ⁣ This view is one of the 7 wonders this island has to offer. Probably one of the most beautiful sights I’ve enjoyed so far in Japan- so unique. ✨⁣ ⁣ Japan is not only Tokyo (Kyoto and Nara), and the only way you will really understand what this is all about is by getting out there.🥰⁣ ⁣ While you make your way over here, I will take you with me. 🐰♥️⁣ ⁣ ⁣ ⁣ ⁣ ⁣ ⁣ ⁣ ⁣ #hiddenjapan #japanphoto #japan_photo_now #japanesebeauty #realjapan #japan_view ⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣ #bunnytokyo #japanlife #japon #lovejapan #therealjapan #japaneseculture #asiadiscovery⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣⁣ #japan_focus #japan_of_insta #japan🇯🇵 ⁣⁣ #kunisakipeninsula #Oita #大分 #travelasia #japantravelguide #traveljapan

A post shared by BunnyTokyo ♡︎ ʜᴏᴘ ɪɴᴛᴏ ᴊᴀᴘᴀɴ! (@bunnytokyo) on

姫島とは大分県東半島に浮かぶ、周囲17㎞の小さな島。東端の柱ヶ岳に建っている姫島灯台は花崗岩で造られ、明治37年に初点されました。対岸の本州山口県や四国の一部など瀬戸内海を一望でき、心地よい海風に吹かれながら絶景を堪能できます。

敷地内にある休憩所のそばにはハートのカタチをした木の幹がありますが、樹齢100年の大島桜が台風で倒れたため切ったところ、ハート型の空洞があらわれました。島の名前の由来である比売語曽神の伝説より、このハート型の幹も比売語曽神がされた業ではないか!と恋愛スポットとして人気を集めています。

実際に訪れたカップルが結ばれたと言われており、恋愛成就を祈願しに多くの人が訪れるパワースポットです。また、比売語曽社のそばにある拍子水は霊泉で、この拍子水を使用した温泉施設がありますので、浸かりに訪れてみてはいかがでしょうか。

パワースポット巡りをして開運を目指そう!

約40~50万年前に形成された宮古島には、宇宙と地球のパワーが満ちあふれるている石庭や、パンプキンホールと呼ばれている鍾乳洞など数々のパワースポットがあります。

そんな宮古島を巡り、開運を目指してみてはいかがでしょうか。神様や自然のパワーで溢れていますので、強力なご利益をいただけることでしょう!

関連する記事