旅行情報メディア【トリマ】

石垣島にコンビニはある?石垣島のコンビニ事情や限定のお土産を紹介!

石垣島にコンビニはある?石垣島のコンビニ事情や限定のお土産を紹介!

2020.09.14

Trima沖縄編集部

小腹がすいた時やドリンクを買う時に便利なコンビニ。都会では少し歩けばコンビニがあり、コンビニを探しても見つからないということはありません。しかし、石垣島にはコンビニがあるのでしょうか。今回は石垣島のコンビニ事情を紹介します。

目次

  1. 石垣島にコンビニはある?
  2. 石垣島のコンビニ事情
  3. コンビニは現在ファミリーマートだけ
  4. かつてはココストアとローソンがあった
  5. ココストアはファミリーマートと合併した
  6. 石垣島のコンビニでおすすめの限定土産
  7. 沖縄そばのカップラーメン
  8. 泡盛コーヒー
  9. 新垣ちんすこうアイス
  10. オリオンビアジャーキー
  11. ハブアタックのど飴
  12. コンビニは市街地にしかないので注意!
  13. コンビニがない場合はスーパーを利用しよう
  14. マックスバリュー
  15. かねひで
  16. サンエー
  17. ハッピーマートほんな
  18. 石垣島にコンビニは一応ある!

石垣島にコンビニはある?

 (829768)

沖縄県にはたくさんの離島があります。沖縄本島も島ですが、本島を除く島の中で最も観光地として有名なもののひとつに「石垣島」があります。

石垣島は3番目の大きさの島で、本土からよりも台湾に近い位置にあります。八重山列島の中心都市として、観光に力を入れています。

沖縄本島にはローソンやセブンイレブンもありますが、石垣島にはファミリーマートしかないようです。今回は石垣島のコンビニ事情を詳しく紹介します。

石垣島のコンビニ事情

 (829769)

旅先でなにかとお世話になるのがコンビニです。ちょっとした忘れものでもコンビニで買えたり、深夜におつまみを買えたりと便利ですよね。

石垣島にはコンビニはあるのでしょうか。また、本土で見かけるようなコンビニは全て揃っているのでしょうか。

コンビニは現在ファミリーマートだけ

これから観光がさらに活発になり、観光客が多くなればコンビニも増える可能性があります。しかし、今のところ、石垣島にはファミリーマートしかありません。

これはファミリーマートが沖縄の大手企業であるリウボウと共同で沖縄ファミリーマートを作ったことが関係しています。

リウボウは沖縄の流通経路や売るテクニックを熟知しているため、本島だけでなく離島にも出店することができました。本土と同じようなサービスの質を保っており、ATMもあります。

かつてはココストアとローソンがあった

現在はコンビニではファミリーマートしかありませんが、今まで他のコンビニが全く無かったわけではありません。実は、ココストアとローソンも石垣島内にありました。

沖縄本島にはファミリーマートだけでなく、ローソンや最近ではセブンイレブンも上陸しました。また、石垣島でファミリーマートが上陸する前に勢力を伸ばしていたのはココストアというコンビニです。

ココストアが島で唯一のコンビニであり、コンビニ=ココストアと島民には認識されていました。

ココストアはファミリーマートと合併した

 (829778)

石垣島で圧倒的に店舗が多かった「ココストア」ですが、2015年にファミリーマートと合併したことで、石垣島内にある全てのココストア店舗は、2016年6月までに閉店となりました。

ココストアというコンビニに馴染みがない人も少なくありません。ココストアは、1971年に愛知県で1号店をオープンし、コンビニエンスとコンフォートの頭文字をとってココと名付けられました。

石垣島にココストアが進出したのは2007年で、順調に勢力を伸ばし、島内に21店舗もありました。現在はファミリーマートに看板替えして営業している所が多いです。

石垣島のコンビニでおすすめの限定土産

 (829779)

旅行はその地の食べ物や文化に触れるのも楽しいですが、仲の良い友人や家族、職場の人にお土産を選ぶのも楽しいです。その地の名産品や限定品を買うと喜ばれることも多いですよね。

お土産ショップで定番のお土産を買うのも良いですが、コンビニには沖縄限定の品物も多く、お土産としても喜ばれるものが販売されています。ここでは、コンビニで買える限定品を紹介します。

沖縄そばのカップラーメン

View this post on Instagram

はいたーい🌺 本日10月17日は【沖縄そばの日】✨🍜 *** そば粉を使っていない沖縄そばは「そば」と認められないと言われていました😢しかし、当時の#沖縄製麺共同組合 の方々の熱意が通じ、県民の食文化・ソウルフードとして親しまれてきた「沖縄そば」が「そば」と認められたのです✨ 「本場沖縄そば」の商標登録が認められたのが1978年10月17日。その歴史から10月17日は「沖縄そばの日」なんです😊 *** 沖縄県内スーパーやコンビニでGETできる沖縄そばのカップ麺はお土産にもオススメです! 今日は沖縄そばへの♡愛♡を込めて朝も昼も夜も沖縄そばを食べちゃおー✨🍜 * * #沖縄そば #okinawasoba #沖縄そばの日 #沖縄そばカップ麺 #omiyaokinawa #沖縄土産の正解 #贈物 #沖縄の手土産 #おもたせ #沖縄土産 #沖縄 #沖繩旅遊 #沖繩伴手禮 #omiya #okinawa #okinawasouvenir #okinawatrip #okinawalife #okinawangift

A post shared by OMIYA OKINAWA (@omiya_okinawa) on

ファミリーマートの沖縄にある店舗でしか販売されていないカップヌードルがあります。それが「沖縄そばの名店 しむじょう三枚肉そば」です。ノンフライ麺と厚切りの焼き豚が特徴的で、お店の味に近いと評判です。

2020年2月から新発売となったのが、沖縄そばの名店である「3丁目の島そば屋」が監修したカップヌードルです。3種類の乱切り麺を使用しており、かつおベースの出汁にしょうがの風味が食欲をそそられます。

ファミリーマートに限らず、コンビニでは沖縄でしか販売されていない沖縄そばのカップラーメンがあります。いくつか沖縄そばのカップラーメンを買って帰り、食べ比べしてみるのも楽しいでしょう。

泡盛コーヒー

2014年から発売され、じわじわと注目を集めているのが「泡盛コーヒー」です。泡盛とコーヒーって合うの!?と驚く人も多いかもしれませんが、コーヒーの苦みと泡盛の酒臭さが緩和され、とても飲みやすいと話題です。

アルコール度数は12%あるので、未成年は買うことができません。沖縄県内のファミリーマートだけで販売されている商品です。

カルーアミルクのようにしたい人は、泡盛コーヒーにミルクを足してもまろやかさが増して美味しく飲めるようです。お土産のインパクトも強いのでお酒好きな人にあげるのもいいかもしれません。

新垣ちんすこうアイス

沖縄のスイーツでちんすこうが最初に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。なんと、沖縄のファミリーマートにはちんすこうをアイスに混ぜた「ちんすこうアイス」が販売されています。

ちんすこうの老舗ブランドである新垣ちんすこうを砕いて、塩バニラアイスに練り込んでいます。塩気と甘みが絶妙なバランスで、1度食べると病みつきになると言われています。

ちんすこうのサクサク感もしっかり残っており、食感も最後まで飽きません。アイスなのでお土産で持って帰るのは難しいかもしれませんが、ぜひ現地で食べたいアイスです。

オリオンビアジャーキー

沖縄で泡盛を楽しむのも良いですが、暑い夜は冷たいビールで喉を潤したくなりますよね。沖縄と言えばオリオンビールが有名です。ビールのお供におすすめなのが、2015年に発売された「オリオンビアジャーキー」(150円/13g)です。

砂肝から作られたジャーキーに、オリオンビール酵母と沖縄県産の塩が入っています。シンプルな味付けなので砂肝の旨味が感じられ、塩気をオリオンビールのさっぱりとした味わいが流してくれます。

13gと少ない量で売られているので、1袋ずつお土産として配るといいかもしれません。

ハブアタックのど飴

沖縄県に生息している毒を持っているハブは、1年以上餌なしでも生きていける生命力の強さや24時間以上も交尾を続けて行える勢力の強さから、栄養豊富な食材としても知られています。

そんなハブからとれたエキスをのど飴に入れた「ハブアタックのど飴」(216円)は、沖縄限定の商品となっています。見た目のインパクトもさることながら、ハブエキスを摂取したことで自然と力がみなぎる感じがします。

エキスだけなので味は爽やかなクールミントであり、蛇特有の臭みなどは全くありません。ぜひ味見してみてください。

コンビニは市街地にしかないので注意!

 (829780)

石垣島にファミリーマートはあるといっても、都会のように少し歩けばコンビニがあるわけではありません。少し市街地から外れれば、コンビニがないどころか商店や自動販売機すらないことがほとんどです。

そのため、コンビニで飲み物を買ったり、小腹がすいた時用に食料を買ったりすることが大切です。特に喉が渇いてなくても飲み物だけは確保しておきましょう。

その他にも、公衆トイレが少ないのでコンビニでトイレを済ませておいたり、お金を引き出せる場所が少ないので現金を用意したりとコンビニの用途は様々です。

コンビニがない場合はスーパーを利用しよう

 (829784)

離島と言っても、石垣島は栄えている島です。島民もいるため、コンビニは少ないものの、生活必需品を買えるスーパーは営業しています。

ここでは石垣島にあるスーパーを紹介します。

マックスバリュー

「マックスバリュー」は、イオングループが経営するスーパーであり、国内だけでも740店舗を展開しています。マックスバリューがない都道府県は1つもなく、スーパーの中でも最大ブランドを誇っています。

石垣島にはマックスバリューが4店舗あります。やいま店、新川店、平真店は24時間営業となっており、石垣店は8時から25時の営業です。

島民はコンビニよりもマックスバリュを利用することも多いようで、24時間営業をしている店は少ないので貴重です。

かねひで

沖縄のローカルスーパーである「かねひで」は、沖縄県民であれば誰もが知っている有名なお店です。本社は1983年創業の金秀商事であり、スーパーだけでなくリゾート事業も行っています。

石垣島にはかねひでが1店舗のみ営業しています。それが石垣市登野城にある石垣店であり、朝9時から夜12時と営業時間が長いことも人気となっています。

全体的に価格は安く、Tポイントを使うこともできます。かねひでのオリジナル商品は要チェックです。

サンエー

「サンエー」というお店も沖縄のローカルスーパーです。宜野湾市に本社があり、エディオンやマツモトキヨシ、ジョイフルなどとフランチャイズ契約を結んでいます。

ローカルスーパーですが、品ぞろえはよく、サンエーで手に入らない商品はほとんどありません。石垣島には石垣シティに1店舗あるのみですが、マクドナルドや薬局も入っている大型店舗なので利便性は良いです。

沖縄のスーパーとしては少し高めの価格帯ですが、その分品質も良いようです。

ハッピーマートほんな

マックスバリュなどは知名度も高いですが、「ハッピーマートほんな」に行ったことがある人はかなりの石垣島上級者と言えるでしょう。

地元の人がよく利用するため、価格も沖縄価格で安めです。惣菜コーナーが充実していて、地元でとれた魚介類も棚に並んでいます。夜10時まで営業しており、市街地からも近いので外食しない時は惣菜をホテルで食べるのもいいかもしれません。

クレジットカードは使えないので、現金で払う必要があります。

石垣島にコンビニは一応ある!

 (829787)

今回は石垣島のコンビニ事情について詳しく紹介しました。ファミリーマートしかありませんが、島内にはコンビニが存在するので心配しすぎる必要はありません。

しかし、市街地から離れるとコンビニが無いこともあり、事前にカーナビなどで場所を把握し、熱中症対策としても飲み物を切らさないようにすることをおすすめします。

関連する記事