旅行情報メディア【トリマ】

美ら海水族館の所要時間はどれくらい?見どころやお得な入館時間を紹介!

美ら海水族館の所要時間はどれくらい?見どころやお得な入館時間を紹介!

2020.09.12

Trima沖縄編集部

沖縄旅行で訪れるべき定番の人気スポット・美ら海水族館。青く輝く大きな水槽の中を優雅に泳ぐジンベエザメの光景は、観光ガイドやメディアで一度は目にしたことがあるでしょう。美ら海水族館の営業時間や入場料、見どころや周辺の観光情報をご紹介します。

目次

  1. 見どころ満載の美ら海水族館を徹底解説!
  2. 美ら海水族館の基本所要時間
  3. 美ら海水族館の見どころ
  4. サンゴの海
  5. 熱帯魚の海
  6. 黒潮の海
  7. 黒潮探検
  8. イノーの生き物たち
  9. カフェ「オーシャンブルー」
  10. オキちゃん劇場
  11. ウミガメ館・マナティー館
  12. 夕方以降の入館がお得?!
  13. 美ら海水族館について
  14. 美ら海水族館の営業時間
  15. 場所・アクセス方法・駐車場
  16. 美ら海水族館の口コミ
  17. 20代女性の口コミ
  18. 30代男性の口コミ
  19. 美ら海水族館の周辺観光スポット
  20. エメラルドビーチ
  21. 備瀬のフクギ並木
  22. 大家(うふやー)
  23. ジンベエザメやマンタが優雅に泳ぐ姿は一見の価値あり!

見どころ満載の美ら海水族館を徹底解説!

沖縄への旅行の際に、ガイドブックや旅行代理店で必ず目にする、沖縄を代表する観光スポットのひとつである美ら海水族館。世界最大の魚類・ジンベエザメを含め、多くのユニークな海の生物を見ることが出来る場所として人気です。

今回は、そんな魅力的なスポット・美ら海水族館の見どころと周辺の観光情報を詳しくご紹介します。

美ら海水族館の基本所要時間

View this post on Instagram

#亀 #美ら海水族館

A post shared by kohaku (@kinocoro24) on

美ら海水族館を楽しむ平均所要時間は90分から120分ですが、後述のオキちゃん劇場等を見学する時間も含めるともう少し長くなるでしょう。

美ら海水族館は見どころが多く、周りにも多くの立ち寄りたい観光スポットがあります。那覇から車で2時間ほどかかるので、ある程度は所要時間も把握しておきたいところです。時間に余裕をもって、魅力的な美ら海水族館を楽しむことをおすすめします。

美ら海水族館の見どころ

美ら海水族館と言えば、青く輝く大きな美しい水槽を優雅に泳ぐジンベエザメの写真を見たことがある方は多い事と思います。その貫禄ある姿は必見の価値がありますが、もちろん美ら海水族館が人気の理由はそれだけではありません。

美ら海水族館の魅力あふれる見どころをそれぞれ詳しくご紹介します。

サンゴの海

美ら海水族館の目の前には沖縄北部の美しい青い海が広がっています。その海から水を取り込み、さらにサンゴの海最大の特徴でもある屋根のない大きな水槽は、沖縄の日差しを水面いっぱいに受けて自然の光でキラキラ輝いています。

70種類もの様々なサンゴが生息しているサンゴの海は、飼育員の地元・本部町の美しいサンゴ礁の風景をもとに設計されており、派手な生物がいなくても雄大なサンゴ礁の中を歩いているような感覚を楽しむことが出来るポイントです。

熱帯魚の海

こちらも沖縄の豊かな南の海をイメージした、その名も熱帯魚の海。限りなく自然な沖縄の海に近い環境が再現されており、数多くの美しくもユニークな姿の熱帯魚たちがのびのびと優雅に生活しています。

カラフルなフエダイの群れをはじめ130種もの熱帯魚や、自然な太陽の光が織りなすキラキラと輝く熱帯魚の海は浅瀬から始まります。明るい浅瀬から奥に進むにつれて、洞窟がある薄暗い場所まですべてがつながっており、熱帯魚たちの自然のままの姿を見ることが出来ます。

黒潮の海

View this post on Instagram

Today's Topic 沖縄観光情報 海に入らなくてもこんなツーショットが👀💡 . 『美ら海水族館』 ジンベエザメのいる大きな水槽が有名ですね✨ 新型コロナの影響で休業していましたが、3/16から営業を再開しています⛱ 今ならとても空いていて、こんなジンベエザメとのツーショット写真も撮れちゃう❣️ . 📍 沖縄本島「美ら海水族館」 📷 @sacomayo555 < Thank you! . . ―― [NEW] 日本全国の写真で虹を作ろう ―― 色とりどりの日本の写真で全国を7色で彩りませんか? 次の7色から#を選んでを投稿してね☟ #日本の白色のセカイ #日本の赤色のセカイ #日本のオレンジ色のセカイ #日本の黄色のセカイ #日本の緑色のセカイ #日本の青色のセカイ #日本の紫色のセカイ 集まったお写真はHISの各メディアやSNSでご紹介します😃 . ―― 今月の旅の思い出は ―― @his_japan をタグ付け頂き LW3月の旅 で投稿お待ちしてます😃 (皆様のお写真をHISの旅メディア「Like the World」で記事にさせていただきます) . . #沖縄旅行 #沖縄 #美ら海水族館 #沖縄好きな人と繋がりたい #ジンベイザメ #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #誰かに見せたい風景 #絶景 #旅行 #世界遺産 #死ぬまでに行きたい世界の絶景 #travel #instatravel #tourist #instapassport #instatraveling #travelgram #lovetravel #traveljapan #lovers_nippon #okinawa #okinawatrip

A post shared by HIS公式アカウント (@his_japan) on

美ら海水族館のメインコンテンツであり、訪れる人が最も立ち止まるであろう場所がこちらの黒潮の海。メキシコ湾流と並んで世界最大の海流である黒潮は、温暖な海流でサンゴ礁や多種多様な回遊魚などが生息している豊かな海流です。

そんな黒潮の海を切り取ったような巨大な水槽は、正面の大きなパネルからは劇場のように、アクアルームからは海の中で見るように、ジンベエザメやナンヨウマンタが優雅に回遊する、美しくもダイナミックな姿を見ることが出来ます。

黒潮探検

美ら海水族館を楽しめる黒潮探検は、実はあまり知られていないコンテンツです。水族館を裏側から見て回れるような作りになっていて、水面の上から「黒潮の海」を見ることが出来ます。

黒潮の海のような巨大な水槽で正面からジンベエザメを見ると、風格ある雄大な姿に時間を忘れて見入ってしまいますが、上から見るとまたリアリティのある迫力を感じることが出来るでしょう。

スタッフによる解説も行われているので、黒潮探検は水族館好きの方には特におすすめです。

イノーの生き物たち

View this post on Instagram

こちらは「美ら海水族館」入口にあるイノーの生き物たち。沖縄の浅瀬の海をリアルに再現したタッチプールで、ヒトデやナマコなどの海の生き物にじっさいに触ることができるスポットなんです。怖いもの知らずの私はナマコもヒトデも触ってみましたが、何とも言えない感触が忘れられません。中華料理で食べるナマコはこれなのか、答えは未だに謎のまま(笑)知ってる方は、ぜひ教えてくださいね。#cute #colorful #starfish #touchpool #churaumiaquarium #aquarium #kaiyouhakupark #okinawa #okinawalabo #wbf #かわいい #カラフル #ヒトデ #☆ #タッチプール #美ら海水族館 #水族館 #海洋博公園 #沖縄 #沖縄ラボ #しろくまツアー

A post shared by 沖縄ラボ🌸 (@okinawa_labo) on

沖縄の言葉でサンゴ礁の浅い海を意味する「イノー」。ここでは、イノーに住むユニークな姿の生き物たちに触れられるタッチプールになっており、水深の浅いキッズエリアも用意されているので、小さなお子様も一緒に楽しむことが出来るポイントです。

サンゴ礁の浅瀬にはウミヘビやガンガゼなど、毒を持っていたり危険な生物がいるイメージが強い方も多いと思います。こちらのイノーの生き物たちのコーナーには触っても問題のない安全な生き物しかいないので、ぜひ安心して触れてみてください。

カフェ「オーシャンブルー」

ジンベエザメやナンヨウマンタの優雅な姿をすぐ近くに見ることが出来る、まるで海の中のようなロケーションでカフェタイムを過ごせるのがこちらのカフェ・オーシャンブルーです。

美ら海水族館は見どころが多く、気が付くと立ちっぱなしで時間が過ぎている事でしょう。ユニークな生き物や迫力ある回遊魚たちの姿を楽しんだり黒潮の海の正面でベストショットが撮れたなら、太陽の自然な光を受けて青く輝く大きな水槽が照らす空間で、一息ついてみてはいかがでしょうか。

オキちゃん劇場

美ら海水族館を含む施設やビーチ一帯の敷地は海洋博公園と言い、オキちゃん劇場は水族館から直接行ける館外にあります。オキちゃんとは、様々なショーを見せてくれる海洋博公園のアイドル的存在のイルカの事で、イルカショーの代名詞でもある高いジャンプやユーモアのある演技で楽しませてくれます。

後方に伊江島が見えるロケーションで、迫力満点のショーを楽しめる「ショープール」とイルカが水中にいる姿を観察できる「ダイバーショープール」があり、知的なイルカたちの生態も見ることが出来る人気のスポットです。

また、ショーが開催される時間を以下にまとめましたので美ら海水族館を回る際の参考にしてみてください。

プログラム開始時刻
イルカショー(20分)10:30、11:30、13:00、15:00、17:00
ダイバーショー(15分)12:00、14:00、15:30

ウミガメ館・マナティー館

こちらはのんびりと優雅に海を回遊するウミガメの様子を、水中からも上からも観察することが出来るウミガメ館と、人魚の伝説のモデルになったと言われているマナティーが飼育されているマナティー館。

ウミガメ館では夏になると「ウミガメ放流会」を実施しており、生まれて一年たった子ガメをエメラルドビーチから放流するイベントに参加することが出来ます。マナティー館の見どころは何といっても絶滅危惧種のマナティーたちのレアな食事シーン。

飼育員がエサを与えるタイミングに合わせられれば、ゆっくり野菜を食べるマナティーの可愛い姿を見ることが出来るかもしれません。ウミガメ館、マナティー館ともに季節により解放されている時間が変わるので、以下に情報をまとめました。

10月-2月3月-9月
開館時間8:30-17:308:30-19:00
料金・備考どちらも無料,総合案内から徒歩10分

夕方以降の入館がお得?!

立ち止まるポイントも多く、沖縄を代表する観光スポットのひとつでもある美ら海水族館では、基本的にどの時期に訪れても混雑は避けられません。そこで押さえておきたいお得な情報として、「4時からチケット」があります。

4時からチケットは通常料金よりも安く利用出来て、さらに夕方の時間であれば比較的混雑もしていないので、他のビーチで遊んできたりランチは別の場所に目星をつけている、という方には4時からチケットでの利用がおすすめです。

料金比較
通常料金大人1,880円 高校生1,250円 小・中学生620円 6歳まで無料
4時からチケット大人1,310円 高校生870円 小・中学生430円 6歳まで無料
備考※旅行クーポン等でチケットを持っている場合差額返金あり

美ら海水族館について

水族館, サメ, 沖縄, 日本, 魚, 水, 水中, 動物, 水泳, 生活, 海

ここまで美ら海水族館の魅力的なスポットのご紹介をしてきました。沖縄には人気の訪れたい人気のスポットが本島・離島各地に多数ある為予定を組むのが大変だったり、無理のないプランか不安もあるかと思います。

そこで一度、美ら海水族館の営業時間などの基本情報を確認しておきましょう。

美ら海水族館の営業時間

美ら海水族館は那覇から車で2時間程の距離にありますが、レンタカーで訪れる場合は、せっかくの沖縄なので海沿いの道を、のんびりドライブを楽しみながら向かいたいという方も多いのではないでしょうか。

実際、那覇から車で高速道路を使わずに向かう場合は、キレイな海が見える海沿いの道だけではなく、途中にアメリカンヴィレッジのある美浜や名護のパイナップルパークはじめ、その他にも人気の観光スポットの近くを多く通ります。

前述の「4時からチケット」でご紹介した入場料の情報と併せて営業時間についても確認しておきましょう。

10-2月8:30-18:30※最終入場17:30
3-9月8:30-20:00※最終入場19:00
休園日12月第一水曜、木曜

場所・アクセス方法・駐車場

美ら海水族館は、那覇空港から車で約2時間の沖縄本島北部の本部町にある海洋博公園の中に位置しています。美ら海水族館に向かうための主な交通手段は車、バス、タクシーですが、こちらもあわせて情報を確認しておきましょう。

車で訪れる場合駐車料金はすべて無料ですが注意事項として、カーナビによっては「美ら海水族館」で出てこない事があるので、その場合は「海洋博公園」と検索しましょう。

美ら海水族館のある海洋博公園は敷地がとても広く、駐車場から歩く距離も長いので時間に余裕を持って行動することをおすすめします。バスに関しては空港からの直行便もありますが、時期や状況により変動がありますので、詳しくはHP情報を以下にまとめましたのでご確認ください。

所要時間(那覇空港から)
車の場合約2時間※駐車場無料
バスの場合約3時間
沖縄バス協会HPhttp://www.bus-okinawa.or.jp/
やんばる急行バスHPhttp://yanbaru-expressbus.com/
沖縄エアポートシャトルHPhttps://www.okinawa-shuttle.co.jp/

美ら海水族館の口コミ

美ら海水族館は旅行会社で販売しているプランなどの選べる特典として、ほかの人気観光スポットと一緒に掲載されていることも多いです。日程に余裕があれば良いですが、予定を決めるのに迷う事もあるのではないでしょうか。

実際に美ら海水族館を訪れた方の口コミをチェックしてみましょう。

20代女性の口コミ

女子旅で訪れました。TVや雑誌でよく見るジンベエザメの大きな水槽がある場所も本当にあのイメージの通りで、正面から写真に撮ると、水槽の前で見ているほかの観光客も逆光でシルエットが良い感じに青い空間の写真が撮れました!

大きなジンベエザメやマンタが泳ぐ姿はずっと見てられるので、写真を撮れたら水槽のすぐそばで海の中みたいな雰囲気のカフェで、座ってお茶しながらゆっくり眺めるのがおすすめです!時間が経つのを忘れます。

30代男性の口コミ

家族旅行で沖縄に行った時に、初めての沖縄だったのでメジャーなスポットに行こうと思って美ら海水族館に行きました。イルカショーやタッチプール等、見て回るだけじゃない子供も大人も楽しめるポイントもあり、公園にはキレイなエメラルドビーチもあるので1日中遊べるスポットです。

スタッフの皆さんもとても感じよくて、入館してすぐに写真を撮ってくれるところもあって、家族旅行でもデートでも友達同士でも楽しく過ごせるので、沖縄に来たら行くべきですね。

美ら海水族館の周辺観光スポット

美ら海水族館は見どころが多く、見て回ったりイルカショーなどのイベントだけでももちろん楽しく遊ぶことが出来ますが、オープン以来ずっと多くの方が訪れている人気の理由として、美ら海水族館の周辺にも魅力的なスポットが沢山あるという、ロケーションに恵まれた場所であることがあげられます。

美ら海水族館と併せて立ち寄りたい、周辺のおすすめスポットをご紹介します。

エメラルドビーチ

View this post on Instagram

𓆉 𓆉 𓆉✔️モルディブウェディングフォト📷 𓆉 𓆉 𓆉 𓆉 𓆉 𓆉 #新婚旅行 #honeymoon #ラックスサウスアリアトール #モルディブ#🇲🇻 #モルディブハネムーン #モルディブウェディング #ウェディングフォト #ビーチフォトウェディング #ビーチコーデ#ビーチドレス #セルフフォト#一眼レフ#カメラ好きな人と繋がりたい #ビーチでドレスフォト #オーダードレス#👗 #綺麗な景色#綺麗なビーチ#綺麗な写真#綺麗な海と空  #綺麗な嫁さん #エメラルドビーチ  #夫婦#夫婦デート#海外デート#結婚#genic_beach#genic_maldives#genic_wedding

A post shared by 👩🏻‍🚒🚒Ⓚⓞⓚⓘ₍₂₈₎ ₓ Ⓐⓨⓤⓜⓘ₍₂₇₎🙎🏼‍♀️ (@k.k_a122.4) on

エメラルドビーチは美ら海水族館のある海洋博公園の北側の端にある、その名の通りエメラルドグリーンの海と白いコーラルサンドの美しいビーチです。平成18年に環境庁指定の快水浴場100選にも選出されている美しいエメラルドビーチでは、4月から10月の間海水浴を楽しむことが出来ます。

クラゲなどを防ぐ為のネットなど安全面にも十分配慮されており、エメラルドビーチは沖縄らしいキレイな海と砂浜を安心して満喫できるビーチです。

遊泳時間 4月-10月8:30-19:00
遊泳時間 10月8:30-17:30

備瀬のフクギ並木

美ら海水族館から車で5分ほどの近い場所にある、穏やかな時の流れと豊かな自然を感じられるパワースポット・フクギ並木。台風から家を守るために防風林として植えられたフクギの並木道を、水牛が引く車に乗って地元の方の案内で回ったりサイクリングで回ることが出来ます。

並木の中にはカフェなどの立ち寄れる場所もあり、並木道を抜けると伊江島が見えてシュノーケリングも楽しめる備瀬崎のビーチが目の前に広がります。漢字で「福木」と書かれて、福を招く木として親しまれているフクギ並木の空気は晴れの日は特に心地よく、訪れる人を幸せな気持ちにしてくれるスポットです。

水牛車受付時間8:00-16:00
予約電話番号090-1941-9291
所要時間約20分
料金4名まで2,000円 5名からは1名毎に追加500円

大家(うふやー)

美ら海水族館を訪れる際に食事で立ち寄ってほしいおすすめの場所がこちらの大家(うふやー)。100年の歴史があるとても大きな古民家を改修し、沖縄料理やあぐー豚を提供する飲食店として営業しています。

緑豊かな土地に沖縄らしい赤瓦や黒い梁の伝統的な古民家は中も広く、高貴な気品を感じる琉球庭園と滝を眺めながらあぐーそばなどの沖縄料理をいただくことが出来ます。

食後には遊歩道を散歩したり、併設するスイーツ工房やカフェなどもあるので、大家は食事の他にも見どころの多いおすすめのスポットです。

営業時間ランチ11:00-17:00 ディナー18:00-22:00
電話番号0980-53-0280
公式HPhttp://ufuya.com/

ジンベエザメやマンタが優雅に泳ぐ姿は一見の価値あり!

世界最大の魚類・ジンベエザメや、ユニークな見た目で優雅に泳ぐマンタの魅力が最大限に引き出された美ら海水族館。沖縄らしい美しいビーチや自然に囲まれた絶好のロケーションも魅力です。

沖縄を感じられる見どころがたくさんの美ら海水族館に、ぜひ訪れてみてください。

関連する記事