旅行情報メディア【トリマ】

沖縄で飲みたい人気のお酒一覧!お土産におすすめなお酒ランキングも!

沖縄で飲みたい人気のお酒一覧!お土産におすすめなお酒ランキングも!

2020.09.05

Trima沖縄編集部

同じ日本でありながら、全く違うルーツを持ち琉球王朝独特の文化を現代まで残している、日本国内唯一の南国リゾート・沖縄。気候が違えば嗜好も変わります。泡盛や古酒のような強いお酒や沖縄旅行のお土産におすすめの名酒など、人気ランキングもあわせてご紹介!

目次

  1. 一味違う沖縄のお酒を徹底解説!
  2. 沖縄に来たら飲みたい人気のお酒一覧!
  3. オリオンビール
  4. 泡盛
  5. 黎明(れいめい)
  6. 沖縄ワイン
  7. ハブ酒
  8. 紅芋梅酒
  9. お土産で買いたい!沖縄おすすめのお酒ランキング
  10. 第5位 グァバリキュール(ヘリオス酒造)
  11. 第4位 フルーツワイン(うちなーファーム)
  12. 第3位 35リキュール泡盛珈琲
  13. 第2位 古酒くらクース
  14. 第1位 琉球泡盛 琉球王朝
  15. 沖縄県民はお酒に強い?!
  16. 沖縄県民はお酒に強い!
  17. 泡盛の美味しい飲み方
  18. 沖縄には美味しいお酒が盛りだくさん!

一味違う沖縄のお酒を徹底解説!

日本国内で唯一の南国リゾートを楽しめる、九州以北の日本とは明らかに異なる空気を味わうことが出来る沖縄。琉球王朝の名残を残しつつアメリカの影響も多く受けた沖縄の食文化やお酒造りは、沖縄以外ではなかなか感じられないオリジナリティと魅力があります。

泡盛や海に沈めて作る古酒、猛毒を持つハブを漬け込んだちょっとユニークで衝撃的なハブ酒など、今回は沖縄に行ったらぜひ味わいたい沖縄のお酒を、お土産としても人気の高いおすすめの銘柄などを交えてご紹介します。

沖縄に来たら飲みたい人気のお酒一覧!

View this post on Instagram

🍶南国離島の石垣島の泡盛🍶. . 「これが石垣島の泡盛か…」 . 本来の泡盛らしさを現代風に旨味をギュッと詰めたのが請福です。 . 「つまり誰にオススメなの?」そうだな…初めて泡盛を飲む「お酒好きの人だね♪」 . 詳しい飲み方や請福の特徴を知りたい方はプロフィール『お酒好きの泡盛初の人は石垣島の請福酒造がおすすめ』からどうぞ👉@ishigakipr . —————————————————- #石垣島好きな人と繋がりたい #離島暮らし #離島生活 #南国行きたい #石垣島移住 #石垣市 #石垣島 #請福 #泡盛 #泡盛古酒 #請福酒造 #離島好き #泡盛で乾杯 #石垣島旅行 #泡盛でカリー #観光地巡り #南国好き #南国暮らし #南国気分 #おきなわ🌺 #沖縄が好き #沖縄好きと繋がりたい #沖縄を盛り上げ隊 #沖縄の思い出 #石垣島旅行 #沖縄いきたい #沖縄一人旅 #泡盛女子 #旅行が好きな人と繋がりたい #泡盛飲み放題 —————————————————-

A post shared by 石垣島PR情報局 (@ishigakipr) on

沖縄と聞いてイメージするものはキレイな青い海やハイビスカス、島唄など様々な沖縄ならではの文化や景色が思い浮かびます。沖縄は24時間営業や深夜まで営業している飲食店の数が多く、連日深い時間まで観光客も地元民もお酒を片手に元気に盛り上がっているのも沖縄のならではの光景です。

沖縄の人には老若男女問わず元気で明るくおおらかなイメージがありますが、沖縄の人のパワーと豊かな心の秘密には暖かい気候や食事、それにお酒を楽しく飲んでいる事にもあるでしょう。お酒好きの沖縄の人たちが大切に守って育ててきた伝統ある製法で作られるお酒には沖縄の元気が詰まっています。

まずは沖縄に来たら外せない、ぜひ飲みたい人気のお酒からチェックしてみましょう。

オリオンビール

沖縄のお酒を語るうえで、泡盛と同様絶対に外せないのがオリオンビールです。オリオンビールは1957年に「沖縄ビール株式会社」としてスタートした沖縄で最初のビール製造会社です。発売を控えた頃に沖縄初のビールのネーミングを公募し、沢山の公募から「オリオン」の名前が与えられました。

創業当時は海外の製品こそ上等、沖縄の製品は2級品という風潮があり、かなりの苦戦を強いられたようですが創業者たちの必死の努力と営業で確実にシェアを広げて行き、今ではアサヒビール株式会社と提携し沖縄県外にもその名を響かせるビール会社へと成長してきました。

沖縄の気候によく合うオリオンビールはスッキリさわやかな味わいで、県外で飲む味わいとはまた違って「沖縄」を感じられます。7月から9月には地元アーティストのライブと楽しめるオリオンビールフェストも開催されるのでその時期の旅行ではぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

泡盛

https://www.instagram.com/p/B8nThjhADU_/

そしてこちらも沖縄のお酒の中で全国でもひとつのジャンルとして確かなポジションを築きあげている名酒・泡盛。泡盛は黒麹菌を使って蒸留される米焼酎によく似たお酒で、沖縄では定番のお酒として長く愛されてきました。

泡盛にはきついお酒というイメージがありますが、実は泡盛には沖縄の人の元気と「沖縄美人」の秘密が隠されていて、血液をサラサラにしてくれる血栓溶解酵素活性が赤ワインよりも1.5倍も高く、低カロリーでヘルシーというお酒好きには嬉しい一面を持っています。

他の飲み物やフラットで懐の深い味わいの泡盛は、居酒屋やバーでも女性に人気の泡盛ベースのカクテルなど飲み方のバリエーションも豊富で様々な人に愛され続けている沖縄を代表するお酒のひとつです。

黎明(れいめい)

こちらは日本酒好きならぜひとも沖縄で味わいたい、沖縄で唯一の日本酒・「黎明(れいめい)」。日本最南端で造られる日本酒として日本酒フリークには知られている銘酒です。

一般的に日本酒は東北などお米の生産地、または寒い地域で造られているイメージが強く、実際に沖縄の年中温暖な気候は日本酒つくりには適さない環境と言われています。黎明はそんな日本酒造りには厳しい沖縄で、冷水を流して温度を下げながら職人たちの努力によって生まれました。

黎明の味わいはスッキリとした辛口で、沖縄の気候や料理によく合う仕上がりになっており、特にこってりしたラフテーや沖縄らしいトロピカルな鮮魚のお刺身と合わせて飲んでみたい銘酒です。

沖縄ワイン

View this post on Instagram

トロピカルなカクテルで夏気分🌴 涼しげな水辺と森のある「アマデウス」で。 ⠀ Summer vibes ☀️ Tropical cocktails are waiting for you ! ⠀ ————————————————— ⠀ #うちなーファーム #フルーツワイン #ワイン #爽やか #カクテル #フルーツ #マンゴー #アマデウス #パイナップル #キウイ #かわいい #カラフル #南国 #トロピカル #ワイン #fruitswine #fruit #tropical #wine #cocktail #pineapple #amadeus #colorful #lovely #クールダウン #クールダウンサービス⠀ Photo by hotel staff with 📷 : #EOSKissx7i #カメラ好きな人と繋がりたい ————————————————— ⠀ Tag @westinosaka to share your image with us. ⠀ ⠀⠀ #WestinOsaka #ウェスティンホテル大阪

A post shared by THE WESTIN OSAKA (@westinosaka) on

沖縄のお酒=オリオンビール、泡盛…というイメージを持っている方は多いと思いますが、沖縄でワインというイメージはあまりないのではないでしょうか。沖縄は国内で最も台風の脅威にさらされる土地で、ブドウの収穫と台風のシーズンが重なりやすい事だけでもワインに適していない印象があります。

そんな中造られる沖縄のワインで有名なのは他とは一味違うフルーツワインがメイン。台風と闘いながら山ぶどうで生産される「涙(なだ)」という赤ワインもありますが、沖縄のワインの中で安定して生産されるメジャーなワインはマンゴーやパイン、パッションフルーツで造られるフルーツワインです。

アジアで最大の規模を誇る審査会である「ジャパン・ワイン・チャレンジ」でも最高賞を連続で受賞しているほどのクォリティを誇っており、デザインも豊富で見た目もおしゃれなことから高い人気を得ています。

ハブ酒

こちらは少し飲むのにチャレンジ精神が必要かもしれません…その名の通りあの猛毒のヘビ、ハブが漬けこまれた衝撃的なお酒です。毒蛇のイメージが強いハブですが、マムシやスッポンのように古くから滋養強壮の薬としても使われてきました。

実際に沖縄ではウミヘビが割とメジャーな食材だったりもするので、沖縄の山の住人の中にはハブを食べる方もいるのだそうです。気になるハブ酒のアルコール度数は、ハブを泡盛とハーブ等と合わせて漬け込まれるので、アルコールは度数は30度前後。

さらにシークワーサジュースや炭酸で割って飲む飲み方がポピュラーなので、実は見た目のインパクトとイメージ程強烈なお酒ではありません。ぜひ沖縄に行った際には記念にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

紅芋梅酒

こちらも沖縄の名物のひとつで、料理やスイーツにも使われる紅芋を使った沖縄ならではのお酒・紅芋梅酒。泡盛の原種に紅芋と梅を漬け込んで熟成して造られる、特に観光客に人気の高いお酒です。

紅芋らしい鮮やかな紅色が美しく、見た目がキレイなことも人気の理由。味わいは泡盛ベースなので、ほんのり紅芋の甘さを感じることが出来ますが、梅のフレーバーがそれだけではぼやけてしまいそうな味をきっちりしめているバランスの取れた仕上がりになっています。

アルコール度数も大体のものが12度前後と泡盛などに比べて低く、ロックでそのままの風味を味わったり炭酸で割って飲んだり、色鮮やかな特徴を生かしてカクテルに使われたりと幅広い形で楽しむことが出来る女性やあまりお酒が強くない方にもおすすめのお酒です。

お土産で買いたい!沖縄おすすめのお酒ランキング

日本国内でも異彩を放ち他の都道府県ではめったに見ないお酒も多く、沖縄旅行の際にはお酒好きな知人や友人に喜ばれる、お土産におすすめなお酒が沢山あります。

その特徴の強さと珍しさから他県でも物産展などが開催されて高い人気を誇っていますが、中には沖縄に行かないと手に入らないレアなものもあります。

ここまで紹介してきた沖縄ならではのお酒に加えて、実際にお土産として評価の高い沖縄のお酒のお土産をランキングでご紹介します。

第5位 グァバリキュール(ヘリオス酒造)

南国産の代表的なフルーツのひとつで、スーパーフードとしてもスポットを浴びるグァバは、美容と健康に効果が高いビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富なフルーツ。そんなグァバを贅沢に使用したグァバリキュールは沖縄でも人気の高いお酒のひとつで、特に女性へのお土産にはおすすめです。

アルコール度数も12度と扱いやすく、南国のトロピカルな香りをあまりお酒が強くない方でも楽しめる仕上がりになっているので、水割りやロック、炭酸で割ってもおいしく飲めます。グァバリキュールは人を選ばずに渡せる点でもおすすめのお酒です。

価格1000円前後 ※販売店による
購入できる場所各土産販売店、酒店など
公式HPhttp://www.helios-syuzo.co.jp/

第4位 フルーツワイン(うちなーファーム)

こちらはボトルのデザイン性も高く、彩も美しい南国らしさを感じられるフルーツワイン。東京ドーム6個分の広大な面積で栽培される南国フルーツの数々で造られており、多くの賞を受賞している確かなクォリティを誇る沖縄のお土産にふさわしいお酒のひとつです。

フルーツワインは見た目の良さや他県ではあまり見られない珍しさから県外の人には喜ばれることも多く、非常に飲みやすいお酒なのでバリューの高いお手頃な価格からも、お土産として非常に使いやすいお酒ではないでしょうか。

営業時間9:30-17:30、工場見学は10:00-16:30、水曜定休
住所沖縄県糸満市字摩文仁(まぶに)1018
電話番号098-997-2793
公式HPhttps://uchina-farm.jp/
価格一本1375円(税込み)※時期や販売店により変動の可能性あり

第3位 35リキュール泡盛珈琲

風化したサンゴを熱してコーヒーの生豆をじっくりと時間をかけて焙煎して出来る香り豊かな35(さんご)コーヒー。丁寧に焙煎されたコーヒー豆を風味が最も高まったタイミングで厳選された相性抜群の泡盛の中に漬け込み1か月ほど寝かせて造られるのがこちらの35リキュール泡盛珈琲です。

コーヒー豆の風味豊かな甘い香りに合わせて特殊な製法で作られた泡盛と組み合わせることで、コーヒーのフレーバーをしっかり生かすことに成功しています。コーヒーらしくホットはもちろんカクテルにも使える、沖縄ならではの泡盛を使った珍しいお酒なのでこちらもお土産におすすめのお酒です。

価格1400円 ※販売店による
購入できる場所各土産販売店、酒店など
公式HPhttps://www.nantosyuzo.com/coffee/

第2位 古酒くらクース

沖縄の伝統あるお酒といえば泡盛は、長い歴史の中で進化しながらもずっと沖縄県民に愛されてきました。こちらは泡盛の中でも古酒(くーす)と呼ばれる3年以上の熟成を経て流通する部類の泡盛で、通常出回っている若い泡盛とは違った味わいを感じることが出来ます、

「くら」シリーズの代表作といえる25度はお手頃な価格でありながら、3年熟成された古酒ならではの豊潤な香りを感じられる名酒です。樽熟成なのでまるでウイスキーのような香りと、ほのかに琥珀色に色づいた古酒くらクースは一般的なカジュアルな泡盛との違いを明らかに感じられるので、お土産にもピッタリです。

価格1296円※販売店による
購入できる場所工場直売、各土産販売店など
公式HPhttp://www.helios-syuzo.co.jp/docs/products/kura/

第1位 琉球泡盛 琉球王朝

数ある泡盛のブランドの中でも盟主といえる蔵元「多良川」は、宮古島のミネラルが豊富な硬水で造られる原酒から確かな品質の泡盛を数多く出荷している実力派、そんな多良川の名酒の中でもスタンダードな人気種の位置に君臨しているのがこちらの琉球泡盛・琉球王朝です。

琉球泡盛・琉球王朝はしっかりと熟成された古酒をベースに造られる芯のある仕上がりで、沖縄の中でも上質な泡盛として広く知られており非常に高い人気を誇るお酒です。

お酒好きな人へのお土産を考える時に泡盛をチョイスする方は多いですが、泡盛にもたくさんの種類があります。沖縄の良い泡盛といえば琉球泡盛・琉球王朝といえる位置づけにあるので、どれがいいかわからなかったり迷ったらこれを選べば間違いない、贈答品としての泡盛の定番と言えます。

価格1933円 ※販売店による
購入できる場所直売、各土産販売店など
公式HPhttps://taragawa.co.jp/

沖縄県民はお酒に強い?!

沖縄で選ぶお土産に最適なお酒についてご紹介してきましたが、せっかく沖縄まで行って沖縄ならではのお酒を楽しむなら、沖縄流の飲み方、沖縄スタイルで楽しみたいものです。ところで、泡盛を習慣的に飲む沖縄の人たちにはやはりお酒が強いイメージがありますが、実際のところはどうでしょうか?

観光地という事を除いても、沖縄には飲食店が多く中には24時間営業のステーキ屋さんや朝まで盛り上がりを見せるお店もかなり多いようです。沖縄の空気を沖縄のお酒と一緒に楽しむ為に、現地の人の感性を少しのぞいてみましょう。

沖縄県民はお酒に強い!

View this post on Instagram

大衆酒場 天しーさー 📍那覇市牧志3-5-2 📞090-3792-8671 🕘【月〜金】17:00〜22:00、【土・日】15:00〜22:00 🚗駐車場 無 (近くにコインパーキング多数) 🚻トイレ 有(男女別、2階の店と共同) 🍻ドリンク3杯+串揚げ10本orおでん5点盛りor一品料理1品 #沖縄 #那覇 #国際通り #せんべろ #せんべろ女子 #大衆酒場 #天しーさー #飲み #はしご酒 #おでん #串 #🍻#でんべろ #忘年会 #二次会 #りゅうだい #女子会 #居酒屋はしご #牧志 #新年会 #三次会 #ほろ酔い #飲み会 #酔っ払い #いいあんべー #お疲れ #3軒目 #いきつけ #お気に入り #雰囲気

A post shared by 沖縄せんべろ女子 (@senberojoshi) on

さて、実際に最近の沖縄の飲食文化をのぞいてみると、以前より認知されている大盛り文化や1000円ステーキの文化に加えて「せんべろ」の文化が特に盛んな様子です。「せんべろ」とは、「1000円でベロベロに酔う」事。

これは沖縄限定のモノという訳ではありませんが、沖縄の飲食店街を見てみると、せんべろの看板やのぼりが非常に目立っているのがよくわかります。せんべろ〇軒目、というコンセプトのもと企画しているお店もあり、1000円でお得に飲めるお店をはしごするスタイルで楽しむ人が多いようです。

流石に泡盛のようなアルコール度数の高いお酒が日常的に飲まれている土地、やはり沖縄県民は基本的にお酒が強いようです。飲みすぎには注意しつつ自信がある方は沖縄のせんべろ文化に挑戦してみると、沖縄ならではのおつまみもたくさんお得に楽しめて一石二鳥かもしれません。

泡盛の美味しい飲み方

View this post on Instagram

#泡盛 特集 . . 泡盛もたくさんあります。 . #春雨 #春雨カリー #春雨ゴールド #久米島 #美ら蛍 #星の灯 #美ら波 #琉球王朝 #米島 . . 焼鳥×泡盛、いかがですか?? . お家ごはんが飽きてきた方、是非お待ちしてます。 . . ********************************* . . 鶏と酒 晃 (あきら) . . 東京都中央区日本橋堀留1-1-13 藤田ビル1階 TEL 03-6810-9812 . . 〈アクセス〉 人形町駅 徒歩5分 小伝馬町駅 徒歩7分 . . #鶏と酒晃 #晃 #焼き鳥 #焼鳥 #宮崎黒岩土鶏 #黒岩土鶏 #炭火焼き #備長炭 #人形町 #水天宮前 #焼酎 #日本酒 #清酒 #日本ワイン #日本ウイスキー #和酒 #鶏そば #人形町焼鳥 #yakitori #沖縄

A post shared by 鶏と酒 晃 (@tori_to_sake_akira) on

続いてせっかく本場沖縄の泡盛を楽しめるなら、泡盛のおいしい飲み方も確認しておきたいポイントです。焼酎と同様にロックや水割りがスタンダードな飲み方ではありますが、女性同士やカップル、お酒があまり強くない人にはもっと飲みやすくカジュアルまたはおしゃれな飲み方も楽しみたいところです。

泡盛はカクテルベースとしてもフラットな使い方が出来る汎用性の高さがあり、炭酸やかんきつ類との相性もいいので沖縄らしくシークワーサと混ぜたりレモンやライム、トニックウォーターやコーラと合わせるのもおすすめです。

お土産に泡盛を選んだのなら、一緒にシークワーサジュースも渡すとより喜ばれるでしょう。

沖縄には美味しいお酒が盛りだくさん!

沖縄には、オリオンビールや泡盛といった広く認知されているお酒から、ハブ酒のようなインパクトの強いユニークなお酒まで幅広いジャンルのそこでしか味わえないおいしいお酒が沢山あります。

お酒が好きな方なら沖縄に行った際には現地で南国の空気を楽しみながら、お酒好きな人へのお土産にも喜んでもらえるスタンダードなお酒から面白い名酒までいろいろありまので、バリエーション豊富でユニークな沖縄の文化を存分に味わってください。

関連する記事