旅行情報メディア【トリマ】

大和神社は戦艦大和ゆかりの地!ご利益や見どころ・お守り・御朱印!

大和神社は戦艦大和ゆかりの地!ご利益や見どころ・お守り・御朱印!

2020.09.28

Trimaパワスポ編集部

戦艦大和で知られている大和神社に関して紹介します。大和神社のご利益からお守り、御朱印まで、大和神社の魅力を知っていきましょう。過去に大和神社に行った方も、これから行く方も、知っておいて損はありません。大和神社のご利益を最大限に授かってください。

目次

  1. 戦艦大和ゆかりの地「大和神社」のご利益と見どころ
  2. 大和神社について
  3. 大和神社の由緒
  4. 祭神
  5. ご利益
  6. 戦艦大和のゆかりの地
  7. 大和神社の見どころ
  8. 一の鳥居
  9. 二の鳥居
  10. 増御子神社
  11. 龍(龗)の木
  12. 拝殿・本殿
  13. 高龗神社
  14. 戦艦大和の石碑
  15. 大和神社のお守り
  16. 清めのお砂
  17. 最強守
  18. 大和神社の御朱印
  19. 大和神社の口コミ
  20. 戦艦大和ファンにおすすめの神社
  21. 不思議な感覚を覚えた神社
  22. ちゃんちゃん祭りがおすすめ
  23. 大和神社の所在地とアクセス
  24. 勝負運をアップさせたい人には特におすすめ!

戦艦大和ゆかりの地「大和神社」のご利益と見どころ

奈良県天理市にある「大和神社」は日本最古の神社と言われている神社の一つです。また、日本海軍が建造した世界最大最強と言われた「戦艦大和」の守護神としても広く知られています。今回はそんな戦艦大和ゆかりの地「大和神社」見どころとご利益のご紹介です。

神社としての歴史もさることながら、日本の歴史にも欠かせない戦艦大和とも切り離せない見どころたっぷりの神社を余すことなく紹介するので、ぜひ奈良旅行の前にチェックしてください。

大和神社について

まずは大和神社の歴史や成り立ちなどについてご紹介します。歴史は古く、始まりは今からおよそ2000年以上前、紀元前86年頃に創建されたと伝えられている古社です。「大和国」という名前も大和神社から由来しているとも言われています。

ここでは古くから歴史のある大和神社の由緒やご利益についてお伝えします。神社参拝前に歴史を振り返ることで、現地に行ったときに歴史を踏まえて参拝することができ、より一層大和神社のパワーをいただけること間違いなしです。ぜひ参拝前に勉強をしていきましょう。

大和神社の由緒

View this post on Instagram

🌾大和神社のお田植え祭「馬鍬(まんが)」🐮 🌾Rice planting festival of Ōyamato shrine🐮. . そしてもう一度牛さんの登場です。馬鍬(まんが)が活躍する「代掻き(しろかき)」です。この牛は時々働くのを嫌がります It's appearance of a cow in "cultivation in a rice field" once more again. . 大和神社 / 奈良県天理市新泉町 Ōyamato-jinja shrine / Sinnizumi-chō, Tenri city, Nara prf., Japan #大和神社 #御田植え祭 #御田植神事 山の辺の道 #農業 #農耕 #天理 #奈良 神道 #神社 #祭り #祭 #私は奈良派 #奈良県景観資産 #japaneseculture #agriculture #riceplanting #planting #shrine #shinto #festival #nara_landscape_heritage #nara #tenri #japan #bestphoto_japan #wp_japan #wu_japan #japan_of_insta #team_jp #lovers_nippon #loves_united_life icu_japan

A post shared by 祭り広場 京都🇯🇵JAPAN Festival Plaza🗾 (@amano.jun) on

奈良時代に成立した日本の歴史書「日本書紀」によると、日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)は大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)として、天照大神とともに同殿共床で祀られていたそうです。

ただ、その当時疫病が発生したり、世の中が乱れたりするなど色々な悪いことが起き、その原因は両神の勢いのためだとされ、崇神天皇は神威を恐れて、崇神天皇6年に天照大神を皇女豊鋤入姫命に命じて大倭国(現在の奈良県)の笠縫邑に移して祀られたのが、大和神社の創建と言い伝えられています。

祭神

View this post on Instagram

大和神社(おおやまとじんじゃ)。 日本最古の神社は数多ありますが大和神社もその一つです。 遣唐使が出発に際して参拝し安全を祈願したと伝わります。 祭神は日本大国魂大神(ヤマトオオクニタマノオオカミ)ですが、ニギハヤヒのことではないかと考えています。 ニギハヤヒ(大歳)の子である葛木御歳神社の御歳も配祀されています。 日本大国魂大神は宮中でアマテラスと一緒に祀られていましたが、崇神天皇が両神の神威を怖れたため、これを分け祀ったのが創建とされます。 日本書紀にはヤマトトトヒモモソヒメに神託があったことを受けて祀ることになったとされています。 大神神社の大物主と同じパターンです。 大地主大神とも呼ばれていたようで、宮中で天神と地祇を一緒に祀っていたことになるわけです。 これをアマテラスを天神、ニギハヤヒを地祇という性格にはっきりとさせたのではと考えられます。 神戸(かんべ)も伊勢神宮に次ぐ多さだったということなので、創建当時は相当広大な社領を持つ神社であったと思われます。 #古代史 #神社 #神社仏閣 #大和神社 #古事記 #日本書紀 #日本大国魂大神 #ニギハヤヒ #大物主 #奈良県 #天理市 #天神 #地祇 #神戸 #日本最古の神社

A post shared by hide (@hide867) on

大和神社の祭神は「日本大国魂大神」「八千戈大神」「御年大神」の3柱です。本殿の中央に「日本大国魂大神」が、向かって右に「八千戈大神」が、向かって左に「御年大神」が祀られています。

日本大国魂大神は日本の大地主大神とされており、地上地下万物の生育の発展、人や生き物など全ての命を司る偉大な神様と言われている神です。八千戈大神は健康増進や家門繁栄、国内平穏などを司る神とされており、御年大神は五穀豊穣や殖産工業発展を司る神とされています。

ご利益

View this post on Instagram

奈良県天理市にある大和神社⛩ . 朱鳥6年持統天皇は 藤原京の造営にあたって 伊勢・住吉・紀伊の神とともに 当社に奉幣し伺いを立てた 寛平9年 最高位である正一位の神階が授けられた 【延喜式神名帳】には 【大和国山辺郡 大和坐大国魂神社 三座】と記載され 名神大社に列し月次・相嘗・新嘗の 幣帛に預ると記されている 後に十六社・二十二社の一社ともなった 平安初期までに 天照大神を祀る伊勢神宮に次ぐ 広大な社領を得て朝廷の崇敬を受けて 隆盛した しかし平安京への遷都や 藤原氏の隆盛などにより衰微し 中世には社領を全て失っていたとのこと . 【戦艦大和】には同名であることから 当社の祭神の分霊が艦内で祀られていた 戦艦大和は昭和20年に 沖縄沖で沈没したが そのときに亡くなった2717名が 末社・祖霊社に合祀されている 昭和44年 境内に【戦艦大和記念塔】が建立された 昭和47年 巡洋艦矢矧外駆逐艦8隻の 戦没者も合祀して 坊の岬沖海戦の全戦死者 3721柱が国家鎭護の神として祀られている . #大和神社 #日本大国魂大神 #八千戈大神 #御年大神 #式内社(名神大3座) #二十二社(中七社) #旧官幣大社 #別表神社 #春日造 #神仏霊場巡拝の道 第20番札所(奈良7番) #戦艦大和 #参拝 #御朱印 #御朱印巡り #御朱印スタグラム #神社仏閣 #shrine #tenri #nara #japan #august #2018

A post shared by gosyuin_aznable (@gosyuin_aznable) on

ご利益は三社それぞれにあり、「日本大国魂大神」が祀られている本殿中央では生き物すべての命を司る神のご利益として、人や生物の長寿や育成の発展が期待できます。向かって右にある「八千戈大神」が祀られている社では、健康増進・家門繁栄・国内平穏のほかに勝負運を上げ、勝ち運を授けてくれるご利益。

向かって左にある「御年大神」が祀られている社では五穀豊穣や家内安全、子孫繁栄のご利益があります。

戦艦大和のゆかりの地

世界最大最強と言われた「戦艦大和」には、大和神社の御分霊が祀られていたと言われています。なぜ大和神社の御分霊が祀られていたかというと、奈良時代、遣唐使の人たちが出発前には必ず大和神社に航海の安全祈願に参拝されていたそうです。そのご縁があったため、戦艦大和の艦上には大和神社の御分霊が祀られていました。

現在大和神社の隣にある祖霊社には、戦艦大和が撃沈したときの殉死者の御霊が祀られており、戦艦大和のゆかりの地として、有名となったそうです。

大和神社の見どころ

次は大和神社の見どころをご紹介していきます。日本最古の神社の一つであり、延喜式神名帳に記載されている式内社(名神大社)であり、二十二社の中七社にも列せられている古社はたくさんあるものではないです。そのため境内にはパワースポットやしっかりとお参りをしておきたい場所がたくさん!

参拝後に見落としたところが…なんてことにならないように、事前にしっかりと勉強していって損はないです。大和神社に参拝して、どういうご利益を得たいかご自身のお願い事を合わせてチェックしましょう。

一の鳥居

 (820326)

まずは神社の参拝で一番最初に目にする「一の鳥居」です。ここから大和神社の神域に入るという場所なので、鳥居のサイズも大きく、くぐった瞬間にきりっとした気持ちにさせてもらえます。

二の鳥居

 (820327)

一の鳥居から少し離れたところに「二の鳥居」があります。一の鳥居と二の鳥居までの距離は約270m。なんと偶然なのか、狙ったのか、戦艦大和の長さとほぼ同じだそうです。

増御子神社

二の鳥居をくぐってすぐにある「増御子神社」は、猿田彦神・天鈿女命(あまのうすめ)、神武天皇の功臣、椎根津彦の子孫である市磯長尾市氏命が祀られている神社になります。この神社は知恵の神、受験・就職・産業開発の守護神と言われており、毎年4月1日に例祭が開かれ、祈願されている場所です。

これから受験を控えている人や就職試験を受けられる人はぜひ試験前に増御子神社に参拝すると守護神によってご利益をいただけるでしょう。大和神社の勝ち運アップと合わせて参拝したい神社です。

龍(龗)の木

「龍(龗)の木」は高龗の化身と言われている木。くねくねとした幹が龍を彷彿とさせます。そんな龍(龗)の木は大和神社のパワースポットと言われている場所です。あとでご紹介する高龗神社には龍神様が祀られており、その神社の龍神様の化身と言われているためパワースポットとされています。

間近で見て触れられるパワースポットなので、大和神社に参拝した際はぜひ見に行ってパワーチャージをするといいでしょう。ただし、古くからある木のため、ルールを守って触れる場合は優しく触れてパワーをもらうようにしてください。

拝殿・本殿

神社の一番奥にある「拝殿」とそのさらに奥にある「本殿」も大和神社の見どころです。桜の木など樹木に守られた拝殿と本殿は、祀られている3つの神様のパワーのご利益を受けられる場所なので、言わずもがなのパワースポット。

とくに大和神社の一番の特徴である勝ち運をアップのご利益を得たい人には外せない場所になります。ただ、実際の神社は昔の天皇が恐れるほどのパワーがあるとは思えないほど、穏やかな場所なので、そのギャップを楽しむのもおすすめです。

高龗神社

大和神社のもう一つのパワースポットと言えば「高龗神社」。この神社には水の神様である龍神様が祀られています。そして、この高龗神社のすごいところは全国にたくさんある水の神様を祀る神社の総本社ということです。

全国の有名な水の神様の総本社ということもあり、とても強いパワーチャージができます。天候、産業を司り水利を受け給う神様のため、天気に関するお願い事がある方はぜひ高龗神社の参拝もお忘れなく!

戦艦大和の石碑

一の鳥居と本殿の中間地点にあるゆかりの石碑は昭和20年に撃沈した際に乗っていた乗組員数2,736名の慰霊の誠を捧げ、建立されました。現在戦争もなく平和に暮らせているのは昔の方々が戦ってくれたこそです。

その悲しい歴史を後世まで語り継ぐためにも大和神社に参拝した際はぜひ戦艦大和の石碑に手を合わせてはいかがでしょうか。

大和神社のお守り

View this post on Instagram

連投失礼します✨ 大和神社で交通安全のお守りを買いました🚘️ 検索すると、交通安全でも有名みたいなので、旦那さんの車用にお土産にと買いました😆🚘️ ・ ちょっと大きい気もするけど、宮司さんが「車用に作られてるから大丈夫」って言ってたし、大丈夫大丈夫👍🏼🚘️ ・ 仕事から帰ってきた旦那さんに渡すと、案の定「なんか、、お守りデカくない?」って言われたけど、大は小を兼ねるって事で🤣 ・ #交通安全のお守り#交通安全のお守り購入 #大和神社#奈良#nara#奈良の神社#戦艦大和ゆかりの神社#梅

A post shared by 🌸とも🌸 (@tomutomo3) on

神社を参拝するときに忘れてはいけないのは、その神社でしか購入できないお守りです。特に大和神社は勝ち運をアップできる神社なので、そのご利益を肌身離さず持っていられるお守りは必ずチェックしておくことがおすすめ!

ここからは大和神社で購入してほしいお守りの情報をお伝えします。世界最強の戦艦が祀られているパワーをぜひ身に着けられるよう、お守り情報もチェックしておきましょう。

清めのお砂

 (820335)

お守りと一緒にぜひ購入していただきたいのは大和神社の「清めのお砂」です。ご利益をしっかりといただくためにも事前に身体を清めることが大切になります。大和神社に参拝できれば自然と浄化もできますが、神社まで来られない方もいると思うので、その場合は清めのお砂を買って帰っていただいて、お清めをしましょう。

もちろん人だけでなく、場所も清められるので、お家などお清めをしたい場所の四隅に撒いて場所の浄化をするのもよいです。大切な人にはお守りと合わせてお渡しするのもおすすめなので、チェックしてみてください。

最強守

大和神社でお守りを購入するなら、勝負運アップの「最強守」が一番おすすめです。世界最大最強と言われた「戦艦大和」の守護神である大和神社の勝負運アップのお守りは何事にも打ち勝ち成就させるご利益があると言われています。

絶対に勝ちたい試合を控えている人やどうしても手に入れたいものがある、負けられない仕事があるなど、何かに勝ちたい人にはぜひこのお守りをプレゼントしてあげてください!もちろんご自身の勝ち運をアップする際にもぜひ購入して、勝負運をアップしましょう。

大和神社の御朱印

続いては集めている方も多い御朱印についてです。大和神社の御朱印は拝殿の前にある授与所でもらうことができます。そして、大和神社でおすすめの御朱印が「3種類の御朱印セット」です。

大和神社と高龗神社、増御子神社の3種類の御朱印がいただける3種類セットが初穂料1000円でいただくことができます。それぞれのパワースポットの御朱印を集められるセットなので、ぜひ御朱印も3種類コンプリートしてみてください。

大和神社の口コミ

実際に大和神社を訪れた方の口コミの紹介です。日本最古の神社だったり、戦艦大和のゆかりの地だったりとたくさんのおすすめ情報があるけど、実際はどうなんだろう?と気になる方もいるでしょう。

そこで、実際に大和神社を訪れた方がどういう印象を持ったかなどを見ていただいて、次の奈良旅行の参考にしてください。

戦艦大和ファンにおすすめの神社

日本最古の神社の一つと言われており、戦艦大和ゆかりの神社でもあるので参拝しました。森に囲まれた神社で、厳かで静か。私が訪れた時は少し混雑はしていましたが、いつもはゆっくりと参拝することができるそうです。

主神の大国魂大神は、大和平野に鎮座する神々の主神だそうで、土木建築や地鎮祭の全国総本社とも言われている神社。戦艦大和に関する写真の展示などもあり、観戦大和ファンの私には充実した参拝になりました。「50代・男性」

不思議な感覚を覚えた神社

View this post on Instagram

#大和神社 #神社 #ツーリング

A post shared by Yoshihito Hayashi (@musikhalle) on

奈良にはたくさんの神社がありますが、その神社の中でもとても大きな感じを受けた神社です。実際に大きい神社なのですが、何もない中に1人でぽつんと立ってるような。そんな不思議な感覚を覚えた場所でした。

最古の神社と言われている場所なので、不思議なパワーを感じられたのでしょう。今までたくさんの神社仏閣を巡ってきましたが、こんな不思議な経験は初めてだったので、とても印象に残る神社となりました。「40代・女性」

ちゃんちゃん祭りがおすすめ

普段は観光客の方がたくさんいるような神社ではないですが、4月に開催されるちゃんちゃん祭りの時は普段の静かさがウソのように一気に賑やかな雰囲気に。

お渡り式では子ども神輿や馬なども登場してとても楽しいです。普段の静かな大和神社もいいですが、4月のちゃんちゃん祭りに合わせて参拝してください。「30代・女性」

大和神社の所在地とアクセス

最後に、大和神社の所在地とアクセスをご紹介します。電車の場合は近畿日本鉄道「天理」駅下車。奈良交通バスに乗車し、「大和神社前」で降り、徒歩5分。JR万葉まほろば線「長柄」駅下車、徒歩約7分です。駅から近く、アクセスはとても便利。

〒632-0057 奈良県天理市新泉町306

勝負運をアップさせたい人には特におすすめ!

建物, 鳥居, 伝統的な, 日本, アーキテクチャ, ドア, 入り口, ゲート

日本の歴史には欠かせない「戦艦大和」の守護神であった大和神社。それだけでも相当なパワーをいただけそうですが、日本最古の神社の一つだったり、水の神様の総本社だったりと非常にたくさんのご利益をいただける神社です。特に、世界最強として名をはせた戦艦大和のパワーにあやかり勝負運がアップができるのは、大和神社の強味になります。

生きているとどうしても負けられない瞬間というのは1度は2度は必ずでてくるものです。どんなにその瞬間のために準備をしても、緊張してしまったりするはずなので、そういう時はぜひ大和神社に参拝して勝負運をアップさせましょう。
きっと戦艦大和のパワーで勝負に勝てるようになるはずです。

関連する記事