旅行情報メディア【トリマ】

諏訪大社・四社めぐりで5つの御朱印と記念品を!おすすめの回り方!

諏訪大社・四社めぐりで5つの御朱印と記念品を!おすすめの回り方!

2020.09.28

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

諏訪大社は四社で構成された神社で、それぞれで御朱印をいただけます。さらに四社参りすることで、5つの御朱印と記念品も貰えるとか。今回は、四社参りでいただける御朱印の特徴・記念品や場所を解説!回る順番や所要時間、御朱印は何時からいただけるのかなども紹介します。

目次

  1. 諏訪大社の四社参りで御朱印と記念品をゲット!
  2. 諏訪大社四社とは?
  3. 四社参りの順番は?
  4. 車移動がおすすめ
  5. おすすめの順番
  6. 電車で行く場合
  7. 四社参りの所要時間目安
  8. 公共交通機関
  9. 御朱印の授与は何時から?
  10. 御朱印の授与時間
  11. 参拝は24時間可能
  12. 御朱印をいただける場所と特徴
  13. 諏訪大社秋宮
  14. 諏訪大社春宮
  15. 諏訪大社前宮
  16. 諏訪大社本宮
  17. 諏訪大社の御朱印帳
  18. 四社参りの記念品
  19. 諏訪大社の口コミ
  20. 下社から回りました
  21. 四社参りで仕事運が上昇!
  22. きちんと参拝して御朱印をいただこう!

諏訪大社の四社参りで御朱印と記念品をゲット!

 (811833)

長野県の諏訪湖周辺にある諏訪大社をご存じでしょうか?県内有数の大規模の神社で、様々なご利益がある最強のパワースポットでもあります。初詣の時期や7年に一度行われる「御柱祭」では県内外から多くの参拝客が訪れ、賑いを見せています。

諏訪大社は全国に約25,000ある諏訪大社の総社で、県内では善光寺と並んで有名な観光スポットでもあります。信濃国の一宮(いちのみや)の中でも最も格式が高い神社とされており、日本最古の神社の1つです。

 (811834)

そんな格式高い諏訪大社は4社から成り立つ神社で、4社それぞれで御朱印を頂けると言います。「四社まわりマップ」も配布されており、それぞれの御朱印を集めると最後に記念品がもらえるとか。

最近は「御朱印ガール」と呼ばれる、神社を巡って御朱印を集める女性が増えています。御朱印は参拝の印にもなり、達筆の社名からは強いご利益を感じさせるとか。最近、御朱印マニアの間でも話題になっているのが、諏訪大社の御朱印だと言うんです。

今回は、諏訪大社の御朱印の種類や特徴を徹底解説!「四社まいり」の効率良い回り方やルートなどを紹介していきます。まずは、諏訪大社の特徴をおさらいしておきましょう。

諏訪大社四社とは?

 (811838)

諏訪大社は諏訪湖を挟んで2社4宮から成り立つ神社です。南側に上社、北側に下社があります。上社は、上社前宮、上社本宮が鎮座し、下社は、下社秋宮、下社春宮から構成されています。

それぞれの社は10kmほど離れたところにあり、上社は茅野市と諏訪市にまたがっています。下社は下諏訪市に位置しています。

諏訪大社は本殿をもたない神社です。通常の神社だと拝殿の後ろに本殿がありますが、諏訪大社は本殿の代わりに自然をご神体としているんです。上社では守屋山をご神体とし、下社秋宮ではイチイの木、下社春宮では杉の木がご神体です。

 (811839)

上社は、どちらかと言うと男性的なイメージがあり、下社には女性的な特徴があります。縁結びや子宝などのご利益は、女の神様を主祭神とする下社を参拝すると良いと言われています。

「建御名方神(たけみなかたのかみ)」とその妃「八坂刀売神(やさかとめのかみ)が主祭神で、下社には「八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)」も祀られています。

ご利益としては、農業、交通安全、勝負運、家内安全、縁結び、子宝、漁業など複数に渡り、1度の参拝で様々なご利益が授かれるのも人気の秘密でしょう。

四社参りの順番は?

 (811840)

諏訪大社の参拝は「四社まいり」が基本!上社、下社と別れており、それぞれ10kmほどの距離がありますので、上社から回るなら上社本宮、上社前宮を合わせて参拝しておくのが良いでしょう。気になるのが、回り方にルールがあるのかどうかですが、回り方は定められていません。

伊勢神宮では回り方が決まっていますが、なぜ諏訪大社では自由に回って良いのでしょうか?それは、それぞれの社格の序列や祭神が同一とされているからです。よって、一日ですべて回る必要もありません。距離が離れていることから、実質上、別々の神社として捉えられています。

車移動がおすすめ

 (811883)

長野県は交通機関がさほど発達している訳ではありません。交通手段に車を使う人が多く、一家に一台ではなく、一人一台が当たり前となりつつある県なのです。よって諏訪大社の四社参りにも、車移動が一番効率良く回れる方法と言えます。

待ち時間を短縮できますし、4社それぞれに駐車場を完備していますので、歩く距離もカットできます。

おすすめの順番

 (811889)

先ほども言ったように、上社から回るのであれば、上社本宮と前宮を一緒に回ってから下社に移動するのが良いでしょう。交通手段によっても変わってきますが、車で回るのであれば、岡谷ICと諏訪ICのどちらを使うかによります。

諏訪IC側からであれば上社から回りましょう。お土産売り場は、上社本宮、下社秋宮が多いです。お土産は参拝後に見たいのであれば、上社は前宮→本宮のルートで回ると良いです。そこから下社に移動し、春宮→秋宮と参拝します。

電車で行く場合

 (811892)

車ではなく電車で行かれる方は、下社の場合は、「下諏訪駅」から徒歩で十分回れます。下社春宮までは約1.2kmですので、徒歩15分~20分ほどで到着できます。春宮から秋宮までも同じぐらいの距離です。

上社の最寄りの駅は、「上諏訪駅」「茅野駅」になります。「茅野駅」の方が距離は短いですが、上宮までは3.2kmほどあり、徒歩だと30分ほどかかります。上宮と本宮間は1.5kmほどで、徒歩だと15分~20分程度でしょう。前宮から「茅野駅」までは約1.2km、徒歩15分ほどで到着できます。

 (811898)

電車移動は待ち時間もありますし、時間もかなりかかります。駅から徒歩で回るとなるとかなりの距離ですので、体力の消耗も激しくなるでしょう。参拝の際に歩くことを考えると、体力に自信がない方は駅から神社まではタクシーを使うのが賢明!

時間、体力と相談しながら上手くタクシーを利用するようにしましょう。

四社参りの所要時間目安

 (811901)

移動だけでもかなりの時間がかかってしまう四社参りですが、滞在時間も含めてどれくらいの時間を見ておけば良いのでしょうか。それぞれの神社での滞在時間はご自身の希望によっても異なりますが、最低でも30分は必要でしょう。

電車の場合は移動時間だけでなく、待ち時間も発生します。それらも考慮しながら、大体どれくらいの時間があれば4社巡りできるのか、車、公共機関を使った場合、それぞれ見ていきましょう。

 (811908)

車での移動は、諏訪IC、岡谷ICからそれぞれ近く、両社間は10kmほどですので、20分ほどで到着できます。それぞれの宮間は車移動5分ほどです。駐車場もそれぞれの神社にあり、時間も短縮できるでしょう。

各神社での滞在時間を30分と考えれば、単純に計算すると所要時間2時間30分となります。お土産屋さんを見たり、ご飯を食べたりと、途中ゆっくりする時間を含むと、半日もあれば4社参りできるでしょう。

公共交通機関

 (811922)

電車移動の場合は、下社は「下諏訪駅」、上社は「茅野駅」を利用します。先ほどそれぞれの宮まで徒歩で大体どれくらいかかるのか紹介しました。それプラス、電車での移動時間があります。「下諏訪駅」から「茅野駅」まではおよそ22分かかります。

駅から徒歩でかかる時間、両社間の電車の所要時間、そこに滞在時間30分をプラスしても、約4時間30分の計算になります。そこに待ち時間、歩き通しですので休憩も必要になります。それらをプラスすると、やはり1日丸々かかると考えておいた方が良いでしょう。

車と公共交通機関の所要時間は、倍ぐらい違うことがわかります。

御朱印の授与は何時から?

 (811944)

続いては、本題の御朱印の話題に触れていきましょう。まずは、御朱印の受付時間からです。特に交通機関を使って1日で4社参りを考えている方は、御朱印の授与時間が気になるところでしょう。

ここからは、授与の時間を見ていきましょう。

御朱印の授与時間

 (811947)

各宮の祈祷時間は9:00~16:00です。この時間内であれば、確実に御朱印を頂けるでしょう。実際には17:00頃までは受付しているとか。日によっては、18:00まで開いている時も。

受付開始は9:00と決まっていますが、終了時間時間は日によって異なります。確実なのは16:00までは受付しているということ。それ以降の時間帯に関しては、社務所の人によると考えおくと良いでしょう。

参拝は24時間可能

 (811950)

参拝自体は24時間可能です。好きな時間に自由に見て回れるので、遅い時間の参拝になっても安心です。しかも年中無休なので、スケジュールを組みやすいでしょう。

ただし、宝物殿は9時~16時までの営業時間です。お祓いや祈祷に関しても9:00~16:00の受付で、上社本宮、下社秋宮で受け付けています。

御朱印をいただける場所と特徴

 (811953)

諏訪大社の御朱印にはどのような特徴があるのでしょうか?4社参りをし、各境内のパワースポットを巡りながら、それぞれの社で御朱印をいただきましょう。特徴はもちろんですが、どこでいただけるのか事前に把握しておけば、迷う心配もありません。

ここからは、各社の御朱印の特徴といただける場所を見ていきます。

諏訪大社秋宮

四社参りはどこから回っても問題ありませんが、今回は、下社の方から順番に紹介していきます。下社秋宮は、神楽殿や大しめ縄が有名です。それらのパワースポットを巡ったら、いよいよ御朱印をいただきましょう。

御朱印がいただける場所は、授与所とは異なります。授与所を通り過ぎると、「御朱印」と書かれた看板が見えてきますので、そちらで受け付けを行います。境内には「秋宮恵比寿社」があり、そちらでも御朱印をいただけるんです。

よって、下社秋宮でいただける御朱印は2種類ありますので、忘れずにもらってください。御朱印は、真ん中に大きく「諏訪大社」と書かれており、左側に「下社秋宮」と入ります。初穂料は500円です。

諏訪大社春宮

下社春宮にも神楽殿があり、近くにある「万治の石仏」と呼ばれるパワースポットも見どころの1つです。御朱印は授与所でいただけます。春宮は秋宮よりもわかりやすい場所にあるので迷う心配はありません。

四社どちらも真ん中に「諏訪大社」の文字が書かれています。場合によっては、朱印が1つだったり2つだったりします。書いてくれる人やその日の気分によっても、字の雰囲気は変わってくるでしょう。その日ならではの特別感を感じさせてくれます。

諏訪大社前宮

続いては、上社の方へ移動していきましょう。鳥居をくぐり坂を登って行くと、次の鳥居が見えてきます。その鳥居の手前右側に「御朱印」の看板が立っています。ここがいわゆる社務所、御朱印を頂ける場所です。左側には神社の紋の「かじの木」があります。

社務所から5分ほど歩いたところに拝殿が見えてきます。坂を登った分、見渡す景色も絶品!澄んだ空気を感じながら、パワーを授かってみてください。

前宮の御朱印も他の社と同じで、「諏訪大社」と大きく書かれた左側に「上社前宮」と書かれています。その場で書いていただけるので、よりご利益を感じられるでしょう。

諏訪大社本宮

お土産屋さんや飲食店も多く、参拝客で賑わっています。初詣の時期には大通りに出店がずらっと並び、参拝客の楽しみの1つでもあります。

大きな鳥居をくぐると、諏訪大社の名物でもある「明神湯」と呼ばれる温泉を源泉とした手水舎があります。ここもパワースポットの1つですので、ぜひ温泉の水で清めてみてください。

本宮は神楽殿の太鼓や宝殿など、見どころ満載です。本宮の社務所は拝殿の近くにあり、一の御柱の右側にあります。こちらでも「御朱印」の看板が立っていますので、すぐに見つかるでしょう。

本宮は参拝客が多いこともあり、御朱印の書き手も沢山いらっしゃいます。誰に当たるかは、その日のお楽しみ!パワーが込められ丁寧に書かれた御朱印は、迫力と繊細さを感じさせます。

こちらでも「諏訪大社」の左側に「上社本宮」と書かれており、どこの御朱印なのか一発でわかるようになっています。4社とも構成は同じですが、書き手が違うという楽しみがあります。

諏訪大社の御朱印帳

四社参りで5つの御朱印がいただける諏訪大社ですが、御朱印帳はあるのでしょうか?御朱印帳は3種類。場合によっては1種類の時もあるとか。赤と青の小さいタイプが1,000円。大きいサイズの黒い御朱印帳が2,000円です。

いずれもシンプルな作りになっており、裏面に「諏訪大社」の文字が書かれています。特に黒の御朱印帳が人気で、神紋のかじの葉が金色がよいアクセントとなっています。

ちなみに、御朱印帳はどの社でも同じ種類が置いてありますので、好きな社で購入いただけます。

四社参りの記念品

「四社まいり」を行うと、最後の社で御朱印をいただく際に記念品がもらえるんです。この記念品を目当てに四社参りをする人もいるとか。訪れた際に、四社参り最後の社だと相手が気付かない場合は、「ここが四社目です」と一言伝えるようにしましょう。

では、記念品にはどのような種類があるのでしょうか?御神供となるのが長野県の名産でもある落雁です。そばの実を挽いた作られた落雁で、甘さとそばの香りが絶妙バランスだとか。記念特製として諏訪大社と書かれたしおりも頂けます。

基本は落雁としおりですが、その年によっては記念品の種類も異なるとか。2019年の記念品は、特製「きんちゃく」でした。

諏訪大社の口コミ

 (811986)

諏訪大社は長野県の中でも最強と言われるパワースポットで、多くのご利益が授かれる神社です。四社巡りをすることでさらなるご利益をいただけ、多くの方がその効果を実感しています。

自然に囲まれた気持ちの良い壮大な神社で、その場にいるだけでもパワーを感じられるとか。ここからは、諏訪大社の四社参りを実行した人の口コミを見ていきましょう。

下社から回りました

 (812000)

家族で車で四社参りしました。私たちは下社から回ったんですが、結果、上社を後にしておいて良かったです。特に上社本宮にはお土産屋さんがたくさんあり、ここで友人へのお土産も買えました。最後に一番大きな社を回れたことで、四社参りの締めとしてふさわしかったように思います。

車だったのでさほど疲れることもなく、しっかりパワーを授かれました。下社では縁結びのご利益もあると言うので、期待しながら祈願もしてきましたが、あれから実は良い出会いがあって、彼氏ができたんです。四社参りのお陰だと感じています。(20代・女性)

四社参りで仕事運が上昇!

 (811996)

仕事でなかなか認められず、正直行き詰っていました。少し気分を変えたくて、諏訪大社の四社参りを実行し、神聖なるパワーを全身で感じてきたんです。僕は上社の前宮→本宮、下社春宮→秋宮と回りましたが、それぞれに特徴があり新鮮でした。

参拝後、なんと大きなプロジェクトで責任者に抜擢!やりがいのある仕事を任され、毎日が充実しています。四社参りをしたお陰でしょうか。気持ちの切り替えという意味でも、参拝したことが大きなプラスとなりました。(30代・男性)

きちんと参拝して御朱印をいただこう!

 (811987)

諏訪大社の四社参りは若干時間がかかりますが、その分得られるご利益も大きいでしょう。しっかり参拝して御朱印をいただくことで、参拝した記念にもなります。

境内のパワースポットを巡りながら、ぜひご朱印も頂いてみましょう。下社秋宮では2種の御朱印がいただけますので、忘れないようにもらってください。

関連する記事