旅行情報メディア【トリマ】

宮崎こどもの国の楽しみ方完全ガイド!おすすめ遊具やカフェも紹介!

宮崎こどもの国の楽しみ方完全ガイド!おすすめ遊具やカフェも紹介!

2020.08.27

Trima宮崎編集部

宮崎にあるこどもの国はとても長い歴史をもつ施設です。子供は遊具や広場で思いっきり体を動かして遊ぶことができ、大人は園内に広がる美しい花々で日々の生活を忘れ、ゆったりとした時間を過ごすことができます。そんな素敵な場所、「こどもの国」についてごご紹介します。

目次

  1. 宮崎のこどもの国楽しみ方ガイド!
  2. こどもの国の歴史
  3. こどもの国の遊具や楽しみ方
  4. 長いすべり台
  5. アドベンチャーランド
  6. セグウェイ
  7. ツリーハウス
  8. カナディアンカヌー
  9. 季節ごとのお花を楽しむ
  10. 開園当初から人気だった遊具は残念ながら撤去済
  11. こどもの国のカフェ「ハイビスカス」
  12. こどもの国の口コミ
  13. こどもの国の基本情報
  14. こどもの国周辺の宮崎観光スポット
  15. 青島
  16. 宮交ボタニックガーデン青島
  17. 鬼の洗濯板
  18. こどもが思いっきり楽しめる場所!

宮崎のこどもの国楽しみ方ガイド!

宮崎県のこどもの国は宮崎の南東部の日南海岸に面しており、宮崎の観光地として有名な青島にあります。敷地内はとても広く、思いっきりからだを動かして遊ぶことができる遊具や椿やバラなどが咲き誇り、四季によってさまざまなお花を楽しむことができます。

小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い年齢層の方が1日中満喫することができると思います。観光はもちろん、時間が空いたときのお散歩コースとしてもおすすめの場所です。南国リゾートのこどもの国についてご紹介しますので、参考にしてください。

こどもの国の歴史

こどもの国の歴史はとても古く、日中戦争の最中である昭和14年3月21日に開園しました。当時、宮崎の観光開発に従事していた岩切章太郎が「日向の大地をキャンバスにして、理想の絵を描きたい」という思いで土地を開拓し、遊園地を作ったことが始まりです。

「こどものくに」という名前は当時、一般公募により多くの募集の中から決定しました。そして、宮崎県民にはもちろんのこと、多くの人から愛され、にぎわうスポットとなりました。

その後、2017年7月7日にリニューアルオープンし、4つの芝生からなる、広大な「青島ピクニックガーデン」が整備されています。

こどもの国の遊具や楽しみ方

こどもの国には楽しく遊べる場所が目白押しです。大人も子供も思いっきり体を動かして遊ぶことができるすべり台やアドベンチャーランドなどの遊具やセグウェイやカナディアンカヌー、スワンボードなどの青島の自然の魅力を感じながら体験することができる多くのアクティビティがあります。

アクティビティは事前に予約が必要なものや年齢制限などもありますので、体験してみたい方はホームページにてご確認下さい。また園内には季節によって色とりどりのお花が咲き誇っています。バラ祭りやみやざきフラワーフェスタのメイン会場にもなるなど、イベントも数多くあります。

以下にいくつかの楽しみ方をご紹介しますので、ご覧ください。

長いすべり台

こどもの国の園内にある遊具の1つに子どもに大人気の長いすべり台があります。このすべり台は開園当初から設置されていて、無料ですべることができます。

斜面に沿ってできており、今では珍しい、石でつくられた長い歴史のあるすべり台です。滑ってみると、とてもスリルがあり、大人も子供も一緒に楽しむことができます。すべり台好きのお子様はきっと喜ぶこと間違いなしです。しかも無料ですので、思う存分、滑らせてあげれると思います。

アドベンチャーランド

アドベンチャーランドは開園75周年記念にオープンしました。杉の木で作られた5つのアスレチック遊具があります。小さい子どもでも楽しめる縄で出来たトンネルや、歩くと揺れる丸太の橋や、丸太の平均台、大人でも筋力や体力を必要とする縄渡りなど、小さい子から大人まで楽しめる遊具となっています。

筋力を鍛えることもでき、親子で遊ぶこともできるので、アクティブな親子にはおすすめのエリアです。ぜひ、挑戦してみて下さい。

セグウェイ

セグウェイとは電動の立ち乗り二輪車です。前や後ろに体重を移動することで、前に進んだり、止まったりすることができます。セグウェイの受付はANAホリディ・インリゾート宮崎内アクティビティセンターで行っており、45分間で3500円、事前予約が必要です。

16歳以上、体重45キロ以上などの制限はあり、小さいお子様は体験することができませんが、お友達やカップルで遊びに来た際にぜひ試してみて下さい。大自然の中をセグウェイで走る爽快感は格別です。

ツリーハウス

タブの木と宮崎県産の杉の木でできたツリーハウスは開園77年記念に作られました。長いすべり台横に設置されています。屋根までの高さは約6、4メートルもある大きなツリーハウスです。ハウスが樹上に組まれており、上に上がってみると、まるで木登りをしている気分になれます。

ハウスにつながる階段を上がったり、下がったり、ハウスに入ったり、ハウスから景色を眺めたりと子供が楽しめる場所になっております。大人の方も童心に戻って、お子様と一緒に楽しめると思います。

カナディアンカヌー

南国である宮崎に来たときはせっかくなので、マリンスポーツも体験してみたいですよね。こちらではカナディアンカヌーでこどもの国の園内を流れる知福川で遊覧することができます。

受付はANAホリディ・インリゾート宮崎内アクティビティセンターで行っています。料金は税別20分926円となっています。滅多に体験することのできないカナディアンカヌーでご家族の思い出作り、友人、カップルとの思い出作りにしてみてはいかがですか?

季節ごとのお花を楽しむ

こどもの国では四季折々のお花を楽しむことができます。300種3500株を有する「バラ園」の他にも春はツツジ、初夏にはユリやあじさい、夏になるとブーゲンビリアやスイレンなどを楽しむことができます。

秋には春にもみられたバラなど、とくに秋は香りがよく、色が鮮やかです。そして冬には宮崎の観光の父、こどもの国の創設者である岩切章太郎が心より愛した「椿園」で400本の椿を堪能することができます。季節のお花を親子3世代でゆっくり満喫することができます。

開園当初から人気だった遊具は残念ながら撤去済

2017年に年々収益が厳しくなったこどもの国は園内に流れる知福川より海側にあった遊具類を撤去しています。現在はイベント広場になっている場所は以前はメリーゴーランドやゴーカートなどの遊具でにぎわっていました。

少子化や娯楽の多様化が進み、開園当初からの長い歴史をもつ遊具は撤去されてしまいましたが、現在は隣接するホテルと連動し、新たなコンセプト「自然と遊ぶ自由な空間」として各種イベントやイベント開催以外の日は憩いの場としてにぎわっています。

こどもの国のカフェ「ハイビスカス」

中央ゲートの1階にカフェ「ハイビスカス」があります。こちらではカレーなどの軽食や美味しいコーヒーやスイーツをいただくことができます。

また、2018年にこどものくにガーデンに「青島ハンモック」がオープンしました。バラ園や椿園を見渡すことができるこちらの2階にカフェがあります。ハンドドリップで丁寧につくられたスペシャルティーコーヒーや季節のドリンクや青島を感じることができるスイーツをいただけます。

数量限定で地元宮崎産の季節の野菜を楽しめるランチもあります。ランチは予約を受け付けています。1階はハンモックの製造・販売・レンタルを行っており、手編みのハンモック教室も行っています。自分の好きな色の糸でハンモックを自分で編むことができたり、ハンモックをレンタルして、園内の好きなところに吊るして楽しむこともできます。

その他、ANA・ホリディ・インリゾート宮崎ホテル内にも近海の新鮮なお魚を使い本格的な中華料理店「龍王」、オーシャンでロケーション抜群のカフェ・バー「リップル」、海のさざ波を感じることができる和食処「日向雫」があります。

こどもの国の口コミ

View this post on Instagram

#宮崎こどもの国

A post shared by Miyuki Ogami (@miyukiogami) on

前から行きたいなと思っていた、こどもの国に初めて家族で遊びに行くことができました。園内はとても広々としていて散歩をしたり、子供達が遊ぶのには最高の場所でした。

お花もとてもきれいで、ゆっくり楽しむことができます。子供達はアドベンチャーランドやツリーハウスなどの遊具で楽しんでいました。特にアドベンチャーランドでは主人も挑戦したりと、1日中親子で楽しめました。

入場料が無料であったり、広い駐車場もあり、駐車場代も無料だったこともうれしかったです。またゆっくり家族で遊びに行きたいです。(30代女性)

View this post on Instagram

. 一泊二日で、宮崎ツアー。 アナーセンさんの「パンジー ビオラ展」を見て、久しぶりにゆっくりと、こどものくにでガーデンの様子を見せてもらって、いまは帰りの飛行機の中です。 お馴染みのメンバーとの同窓会のような時間でもありました。 今回宿泊したホテルの「シェラトン グランデ オーシャンリゾート」がとっても快適で、次回はもう少しホテルでゆっくりとしたいです。 picはこどものくにの、ガーデンのテーブルの上に飾られていてた椿。 とっても素敵でした🌺 . #椿 #つばき #カメリア #宮崎こどものくに

A post shared by Kay (@kay_hashimoto) on

子どもの頃に行ったことのあるこどもの国に妻と行ってみました。子どもの時に行った時とは様変りしていましたが、とても開放的な空間で、海を眺めながらセグウェイなどのアクティビティを楽しむことができて最高でした!滅多にすることができない体験ができ、夫婦で楽しめました。

最近ではこんなに広々とした公園がどんどん減っていっているので、穴場とも言えますね。子連れの家族も多かったです。

ちょうどバラ祭りも開催されており、沢山のバラのが咲いていて、バラの香りにも囲まれ、癒されました。バラ以外にも季節によって多くのお花に囲まれた素敵な場所のようです。お花好きの両親も今度一緒に連れていきたいと思います。(40代男性)

こどもの国の基本情報

こどもの国は宮崎自動車道宮崎ICから約15分ほど、宮崎市街地より30分のところにあります。駐車場も約250台完備しておりますので、車で行くこともできます。駐車場の料金は通常は無料ですが、特別イベント開催時は有料になります。

また、徒歩1分ほどのところにJR「こどもの国」駅があり、中央ゲートに「こどものくに」というバス停もありますので、JRでもバスでもご利用も可能です。その他、こどもの国の基本情報を以下に記しますので、お出かけの際には参考にしてください。

住所宮崎県宮崎市青島1-1-1
営業時間9:00〜17:00
休園日無休
アクセスJRこどもの国駅から徒歩1分
入場料無料※イベント時を除く

こどもの国周辺の宮崎観光スポット

 (827186)

こどもの国からほど近くにある、おすすめの観光スポットを紹介します!

青島

こどもの国のすぐ近くに位置する青島は海岸から100メートルほどの沖に浮かんでおり、宮崎の観光スポットとなっています。周囲1.5キロメートルの小さな島で、「弥生橋」を渡って行きます。

島内には珍しい亜熱帯性植物群落が多く茂っており、国の特別天然記念物に指定されています。樹齢300年を超えるビロウ樹も生い茂っており、ぜひ1周まわって、マイナスイオンを感じてみて下さい。

また、青島の中央には青島神社があります。「古事記」に豊玉姫と山幸彦が恋文を交わしたという神話があり、恋愛のパワースポットとして人気のスポットで、特に女性参拝者が数多くいます。

恋文の始まりの地とも言われており、「幸せの黄色いポスト」があります。このポストで好きな人にお手紙を出してみたら、思いが通じるかもしれませんね。ビーチから神社まではトゥクトゥクに乗っていくこともできます。歩くのが苦手な方や南国気分を味わいたい方にはこちらもおすすめです。

宮交ボタニックガーデン青島

宮交ボタニックガーデン青島には多種多様な植物や果樹がある植物園です。青島に自生するビロウなど、17種類にも及ぶヤシ科の植物や亜熱帯花木類などを鑑賞することができます。

園内には南国の植物やお花であふれる「大温室」と宮崎で親しまれている果樹などのトロピカルフルーツを見ることができる「熱帯果樹温室」の2つの大きな温室がありとます。2つの温室では珍しい植物や果樹をみることができ、楽しむことができます。

シンガポール植物園との姉妹植物園であり、「大温室」の西側に姉妹植物園50周年記念のマーライオンの像があります。宮交ボタニックガーデン青島の入場料は無料となっていますので、気軽に立ち寄ってみて下さい。

鬼の洗濯板

View this post on Instagram

#鬼の洗濯板 #👹

A post shared by なおぱろ (@paro_indaeyo) on

青島から南の巾着島までの約8キロメートルの海岸線で奇妙な形の波状岩があります。これが「鬼の洗濯板」です。約700年前に海面下にあった固い砂岩と軟らかい泥岩が積み重なった地層が隆起し、波や海水に浸食されて、固い砂岩層だけが板のように積み重なって見えるようになり、現在のような洗濯板のような形になりました。

特に、干潮時には海岸線に沿って沖合100メートルほどの岩が現れ、「弥生橋」を使わなくても洗濯板の上を歩いて青島に渡ることができます。「鬼の洗濯板」は国の天然記念物に指定されています。鬼の洗濯板を散策してみると、巻き貝やカニなどの生き物に出会えることもあります。鬼の洗濯板を散策して長い時をかけて出来上がった自然のパワーを感じてみてはいかがですか?

こどもが思いっきり楽しめる場所!

View this post on Instagram

#宮崎こどもの国

A post shared by Miyuki Ogami (@miyukiogami) on

長い歴史をもつこどもの国は時代の変化に伴い、遊具の撤去はあったものの、リニューアルして、昔も今も変わらず、「こどもの国」という名の通り、子供が思いっきり楽しめる場所となっています。

宮崎に遊びに来た際はぜひ、自然を思いっきり感じ、癒されることのできることができ、こどもの国で家族みんなで楽しんでみて下さい。

関連する記事