旅行情報メディア【トリマ】

宮崎の方言は語尾が優しくかわいい!思わずキュンとする告白例文!

宮崎の方言は語尾が優しくかわいい!思わずキュンとする告白例文!

2020.08.26

Trima宮崎編集部

宮崎の方言はかわいいと話題となっています。語尾が優しく、「ですです」など他の地域では使われない単語が使われることも特徴の1つです。宮崎の方言で告白されたい!と夢見ている人も多いのではないでしょうか。今回は宮崎の方言について、詳しく紹介します。

目次

  1. 宮崎県の方言がかわいいと話題!
  2. 宮崎県とはどんなところ?
  3. 宮崎弁の特徴とは?
  4. 宮崎弁は大きく分けると2種類
  5. 濁点が少ない
  6. イントネーションについて
  7. 語尾が優しい
  8. 宮崎県の方言を紹介
  9. ですです
  10. ちんがら
  11. ぎゅたましい
  12. だれた
  13. しょろさん
  14. かわいいと話題の宮崎県の方言
  15. てげてげ
  16. じゃかいよ
  17. げんねー
  18. いっちゃが
  19. 思わずキュン!宮崎弁のかわいい告白例文
  20. 「好きやって知っちょった?」
  21. 「あんたと一緒におるだけでてっげ幸せ」
  22. 「どんげかなりそう…好きやっちゃ」
  23. 宮崎県の方言は全国的に大人気!

宮崎県の方言がかわいいと話題!

Women Meeting Conversation - Free photo on Pixabay (772137)

宮崎の方言は可愛い!特に女の子が方言を使ったら萌える!という人は多いです。大学などで上京した際、これまで方言だと思っていなかった単語が通じないということはよくあります。

ではまず、宮崎の方言を紹介する前に、宮崎県について少し紹介します。

宮崎県とはどんなところ?

Girl Child Read - Free photo on Pixabay (772138)

宮崎県は九州の南東部に位置し、温暖で日照時間が長いです。1960年代には新婚旅行に人気のあるリゾート地でした。産業面では、温暖な気候を活かして農産物や牧畜業で全国上位を占めています。

宮崎県の観光スポットでは高千穂峡や青島が有名であり、パワースポットを巡る観光客も多いです。また、マンゴーの季節である4月から7月は、質の高いマンゴーを買いにわざわざ宮崎を訪れる人も少なくありません。

これまで宮崎県はあまり注目されていませんでしたが、東国原知事の宣伝によって有名となりました。

宮崎弁の特徴とは?

Bible Books God - Free photo on Pixabay (772139)

宮崎弁と言っても、身近に宮崎出身の人がいなければどのような方言か思い浮かばない人も多いでしょう。

ここでは宮崎弁について、その特徴を紹介します。

宮崎弁は大きく分けると2種類

Woodtype Printing Font - Free photo on Pixabay (772140)

宮崎県は南北に細長いため、地域によって話す方言にはかなり違いが見られます。その中でも、ざっくり方言の種類を分けると、「豊日方言」と「薩隅方言」の2種類となります。

豊日方言は北九州から大分にかけて話されており、宮崎県で広く使用されている日向方言も含まれます。それに対して薩隅方言は鹿児島から宮崎県南部で話されている方言で、母音が抜け落ち、子音で終わる語が発達したという特徴があります。

同じ宮崎県内でも、意味の取り間違いが起こることもあるようです。

濁点が少ない

Kindness Chalk Handwritten - Free photo on Pixabay (772141)

言語が与える印象は様々で、同じ日本語を話していても方言によって攻撃性がある、優しい、ゆっくりなど印象が異なることがあります。この攻撃性の有無や強い感じというのは、濁点の多さが関係しています。

濁点が多ければ強い印象を与え、濁点が少なければ優しい印象を与えます。宮崎で話されている言葉は濁点が少ないという特徴があるため、攻撃性が少ないと受け取られやすいのです。

それが女性らしい、可愛いと感じられるようになった要因の1つでしょう。

イントネーションについて

People Women Talking - Free photo on Pixabay (772143)

宮崎県の方言の特徴として、アクセントがないということが挙げられます。これは単語のどこにもアクセントが付かないので、フラットで抑揚が付かないことを意味します。

日本語には多くの同音異義があり、アクセントの位置によって言葉を使い分けます。箸や橋は同じ発音ですが、イントネーションが異なるので聞き分けられます。しかし、宮崎では箸も橋も同じ発音です。

そのため、単語の意味は文脈で判断する必要があります。

語尾が優しい

Young Woman Flowers Bouquet - Free photo on Pixabay (772142)

イントネーションの他にも、代表的な特徴として、語尾が優しい印象を受けます。これは疑問文でなくても語尾が上がることが要因です。

語尾が上がることによって全体的に印象が丸くなり、攻撃性がありません。また、「~っちゃが」「~ちゃ」と語尾に特徴があるため、イントネーションと相まって可愛い印象を与えるようです。

宮崎の方言に慣れていなければ、疑問文か肯定文を区別できず、意思疎通が難しい場面があるようです。

宮崎県の方言を紹介

Hiking Nature Walking Trails - Free photo on Pixabay (772146)

宮崎県の方言の概要が分かったところで、実際にどのような言葉が使われているのかを見てみましょう。

ここでは、宮崎の方言の代表格となっている5つの言葉を紹介します。意味を推測しながら読んでみるのもおもしろいでしょう。

ですです

Animal Dog Pet - Free photo on Pixabay (772152)

ですですは「そうです」という意味です。これは宮崎から上京して長年経っても癖が抜けないという人も多いようで、真面目なシーンで言ってしまい、笑われたおかげで場が和んだというエピソードもあります。

また、方言を使っているという意識がなく、「ですです」が標準語でないことに衝撃を受けるようです。使い方は簡単で、「そうなん?」(そうなの?)に対して「ですです」(そうです)と答えます。

「そうです」と言うよりも柔らかい印象を与えますよね。

ちんがら

Camping Fire Camp - Free photo on Pixabay (772147)

ちんがらは標準語で「めちゃめちゃになってしまった、壊れてしまった」という意味になります。何かが壊れた時や、まとめていたものがバラバラになってしまった時に使えます。

咄嗟に言う場面が多いため、長年宮崎県以外に住んでいてもふとした時に出てしまう人は多いようです。「ちんがらっなったな」と使い、意味は「めちゃくちゃになってしまったね」となります。

言葉からは意味が推測できないため、他の県民には通じないことが多い言葉です。

ぎゅたましい

Landscape Mountain Sky - Free photo on Pixabay (772148)

ぎゅたましいというのは「大げさな」という意味になり、大げさな表現やリアクションをしたときに使う言葉です。紙などで指を切り、少ししか血が出ていないのに騒いでいる人に向かって「ぎゅたましい奴ちゃね!」という使い方をします。

これは仰々しいが訛ってぎゅたましいとなったのではないかと言われています。若い人は使わなくなってきている傾向にあり、どちらかといえば、おじいちゃんやおばあちゃんが使う言葉のようです。

だれた

Night Star The Milky Way - Free photo on Pixabay (772150)

だれたは「疲れた」という意味になります。「だれた~」と語尾を伸ばすと、もう元気がない、気持ちが疲れてしまったということが伝わります。

また「ひんだれた」は「すごく疲れた」という強調する表現となり、相手に気持ちが強く伝わりやすいです。「てげ」が「すごく」という意味なのに、疲れたを意味する「だれた」の強調としては使わないというのはおもしろいポイントです。

身体的な疲れだけでなく、精神的な疲れの場合にも用いることができます。

しょろさん

Boy Scout Scouting - Free photo on Pixabay (772149)

しょろさんは「仏さま」を意味します。これはお盆の時期に祖先の霊を迎え入れる際の「精霊棚」(しょうろうだな)から来たのではないかと見られています。親しみを込めてしょろさん、おしょろさまなどが使われています。

日本では昔から自然と仏教や神道が生活の中に溶け込んでいました。仏さまも生活の一部であり、小さいころから馴染みがあるため、呼び方も親しみがこもっていたのでしょう。

お墓詣りや寺に行く際に「しょろ参り」という人もいるようです。

かわいいと話題の宮崎県の方言

Babe Smile Newborn Small - Free photo on Pixabay (772153)

宮崎の方言は、他県民には通じない言葉もあります。音の響きや雰囲気が可愛いと話題になっているいくつかの方言を紹介します。

これらを他県民が使えば違和感があるため、宮崎出身の子にこれらの言葉を言ってもらうよう頼んでみましょう。

てげてげ

Sparkler Holding Hands - Free photo on Pixabay (772154)

「てげ」というのは、すごくという意味です。大概が訛ったとする説と、韓国のテゲ(すごく)から来ているという説があります。日常でもよく使われ、若者も使っています。

しかし2回繰り返して「てげてげ」になると、意味は「適当に、そこそこ」という別の意味になります。強調するわけではないので気を付けましょう。

例文としては「そんなん、てげてげでいっちゃがー。」です。これは「そんなの、適当でいいんだよ」という意味になります。

じゃかいよ

Woman Young Rain - Free photo on Pixabay (772155)

じゃかいよというのは、標準語で「だからよ」という意味です。使う人や場面によって言い方は微妙に異なり、「じゃーかいよー」や「じゃかいよー」となる場合もあります。

「今日は○○で飲むっちゃわ~じゃかいよ、あんたも来ないて~」という場面で用います。この文の意味は、「今日は○○で飲むからあなたも来ない?」となります。

そのほか、じゃかいよは単品で相づちとして使えるため、標準語の「だからよ」という意味と全く同じなわけではありません。

げんねー

Young Girl Mystical Black And - Free photo on Pixabay (772157)

げんねーは「恥ずかしい」という意味の宮崎弁です。これは鹿児島でも使われる方言であり、「げんなか」と言われることもあるようです。このように鹿児島弁と共通する語が多いことも宮崎の方言の特徴の1つです。

例文としては「あんひとんあうのは、げんねー」があり、意味は「あの人と会うのは恥ずかしい」となります。げんねを使う代わりに恥ずかしいを使う若者も、都会を中心に増えているようです。

しかし、今でもお年寄りや田舎ではげんねが使われています。

いっちゃが

Siblings Brother Sister - Free photo on Pixabay (772156)

いっちゃがは「大丈夫、問題ない、いいよ」という意味の宮崎の方言です。宮崎は温暖な気候のため、南国に住んでいる人のような気質もあります。それは小さなことを気にしない、なるようになるという心持ちです。

そのため、「いっちゃが」は宮崎の県民性を表す言葉としても認識されており、日常で使う頻度が高い言葉です。例えば誰かが待ち合わせに遅れ、謝る場面で「いっちゃがいっちゃが」と答え、いいよいいよとなだめる時に用います。

思わずキュン!宮崎弁のかわいい告白例文

Valentine'S Day Heart Love - Free photo on Pixabay (772160)

それでは、最後に宮崎弁をつかった告白の例を挙げてみます。宮崎出身の彼女がいれば、この例文を言ってもらうのもいいかもしれません。

「好きやって知っちょった?」

Couple Bride Love - Free photo on Pixabay (772161)

これは「私が(あなたのことが)好きだって知ってた?」という意味になります。宮崎弁を知らなくても大体の意味は予測できますが、語尾の「~ちょった?」というのが宮崎弁らしく、とても可愛らしい印象を与えます。

ストレートに「あなたのことが好き」と伝えるよりも、疑問文で聞くことで奥ゆかしい印象を与え、男心をくすぐるのではないでしょうか。今まで異性として意識されなくても、これを言われたら意識し始めてしまいます。

「あんたと一緒におるだけでてっげ幸せ」

Sunset Kiss Couple - Free photo on Pixabay (772162)

これもはっきり好きとは伝えない文で、「あなたと一緒にいられるだけで、とても幸せ」という意味になります。この言葉を言われたら、はっきりと好意を持ってくれていることが伝わりますよね。

「てげ」という強調する言葉を「てっげ」とすることで、より強い気持ちが伝わります。彼女のことを幸せにできているか不安に思う男性も多いので、この言葉を言って安心させてあげましょう。また、意外と「あんた」と呼ばれたいという男性も多いです。

「どんげかなりそう…好きやっちゃ」

Bokeh People Couple - Free photo on Pixabay (772163)

これは「どうにかなってしまいそうなくらい、好き」という意味になります。東国原知事がよく「どげんかせんといかん」(どうにかしないといけない)とテレビで言っていたので、意味が分かった人も多いのではないでしょうか。

これは宮崎県外の人にも伝わりやすく、「ザ・宮崎弁」と感じられるのでおすすめです。シンプルに「好き」と伝えるのも良いですが、このように方言を混ぜることによって、溢れ出てくる好意を伝えることができます。

宮崎県の方言は全国的に大人気!

Balloons Sky Love - Free photo on Pixabay (772165)

今回は宮崎県の方言について紹介しました。イントネーションが可愛く、優しい印象を与える宮崎弁は全国に人気となっています。

宮崎出身であれば、上京しても方言を貫くことで周りと差がつけられ、可愛いと思ってもらえるでしょう。

関連する記事