旅行情報メディア【トリマ】

宮崎で有名な食べ物や名産品は?絶対に行くべき有名店を紹介!

宮崎で有名な食べ物や名産品は?絶対に行くべき有名店を紹介!

2020.08.26

Trima宮崎編集部

宮崎といえば温暖な気候からマンゴーや日向夏が知られていますが、その他にも旨味たっぷりの宮崎牛など、まだまだ有名な名産品があります。そんな宮崎の名産品・有名な食べ物ランキングをご紹介していきます。さらに宮崎で絶対行くべき有名料理店も!

目次

  1. 宮崎名産品や有名な食べ物ランキング!
  2. 宮崎で有名な食べ物第1位【チキン南蛮】
  3. 宮崎で有名な食べ物第2位【炭火焼地鶏】
  4. 宮崎で有名な食べ物第3位【宮崎牛】
  5. 宮崎で有名な食べ物第4位【日向夏】
  6. 宮崎で有名な食べ物第5位【マンゴー】
  7. 宮崎で有名な食べ物第6位【うどん】
  8. 宮崎で有名な食べ物第7位【肉巻きおにぎり】
  9. 宮崎で有名な食べ物第8位【肉厚しいたけ】
  10. 宮崎で有名な食べ物第9位【レタス巻き】
  11. 宮崎で有名な食べ物第10位【なんじゃこら大福】
  12. 宮崎で絶対に行くべき有名店
  13. チキン南蛮の「おぐら」
  14. 鶏の炭火焼き「丸万」
  15. 宮崎牛の「大淀河畔 みやちく」
  16. 宮崎ならではの名産品の味わいを堪能!

宮崎名産品や有名な食べ物ランキング!

宮崎には肉厚しいたけや宮崎牛などの名産品や、宮崎発祥と言われるチキン南蛮や肉巻きおにぎりなど有名な食べ物がたくさんあります。

そんな名産品や食べ物ってどんなもの?と気なる人も多いでしょう。宮崎で有名な食べ物10選をご紹介していきます!ぜひ参考にしてみてください。

どれも絶品でパクパクと食べれる美味しさで、お土産や自身へのご褒美に、家族でゆっくりと癒しのひと時にとおすすめのものばかりです!

宮崎で有名な食べ物第1位【チキン南蛮】

チキン南蛮といえば下味をつけた鶏肉をふんわりと揚げ、その揚げたての鶏肉のうえにたっぷりとかけられているタルタルソースがポイントで、鶏肉との相性が抜群の食べ物です。

そんなチキン南蛮は宮崎が発祥の地と言われており、数多くのお店がありますので宮崎観光をしてお腹が空いたときにおすすめです。

またそれぞれのお店によってタルタルの味も違ってきますので、味の違いも楽しむことができるでしょう。

宮崎で有名な食べ物第2位【炭火焼地鶏】

宮崎で有名な食べ物として知られているなかに地鶏料理がありますが、地元では宮崎地頭鶏(じっとこ)を指すのが一般的です。

とても美味しいことから江戸時代には地頭職に献上されていたことから、そのように呼ばれるようになったと言われています。

そして、その地頭鶏を原種に交配された宮崎のブランド鶏ですが、親鳥は宮崎県が管理をしており一定条件を満たしている生産者だけにヒナを出荷していません。

そんなブランド鶏を炭火で焼いたものが炭火焼地鶏で、柔らかい肉質のなかにも歯ごたえがあり、やみつきになってしまう美味しさです!

宮崎で有名な食べ物第3位【宮崎牛】

宮崎は温暖な気候で豊かな自然が溢れており、そんな自然のなか育った宮崎牛は美味しいことで人気の食べ物です。そんな宮崎牛とは宮崎県内で生産された黒毛和牛で、格付基準肉質等級が4等級以上のものを指すため、良もしくは最上の認定の牛肉だけが宮崎牛となります。

奥深い味わいをしており高い評価を得ていますが、宮崎県内にはそのお肉を味わえるお店がありますので、心ゆくまで堪能してみてください。リーズナブルなランチメニューとしても提供していますので気軽に訪れることができます。

宮崎で有名な食べ物第4位【日向夏】

View this post on Instagram

. FARM TO TABLE  宮崎県産 葉付き日向夏  宮崎県の大地で、さんさんと降り注ぐ太陽を浴びて育った『プリンセス日向夏』は、とても味が濃く、酸味が少なく上品な味わいが特徴です。  日向夏の食べ方で特徴的なのは、果皮のふわっとした白い部分も果肉と一緒に食べる事。  苦味はなく、独特の食感も同時に楽しめます。  そして宮崎県で生まれた『日向夏』は、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く含み、フワッとした白い部分には食物繊維も含まれています。  栄養素も高く、甘みと酸味のバランスも絶妙です。  最上級の『プリンセス日向夏』をどうぞお楽しみ下さい。  #ハナフル #くだものこのみ #宮崎 #フルーツ #柑橘 #日向夏 #hanafru #conomi #miyazaki #fruit #citrus #winter #foodpic #instafood #instadessert #instagood #follow

A post shared by hanafru_official (@hanafru_official) on

日向夏は、江戸の文政時代に宮崎市の民家の庭先に育っているのを偶然発見されたことで広まった宮崎生れたの果物で、夏ミカンが果実のまま冬を越すのも、暖かい気候の宮崎ならではです。

そんな日向夏は外皮を薄くむき、白皮をそのままにしてそぐように切って食べるのが一般的ですので、とくに暑い夏にはヒンヤリと冷やすとより美味しくいただけます。

たっぷりと太陽の光を浴びて育った日向夏は、砂糖をかけたりジュースやジャムにしたりと様々な食べ方がありますので、自家製ジャムを作るのも楽しいでしょう。また、ドリンクにしたものも販売されていますのでお土産にもおすすです!

宮崎で有名な食べ物第5位【マンゴー】

マンゴーはインド産のフルーツですが、皮が黄色いペリカンマンゴーなど100の品種があります。そのなかで宮崎のマンゴーはアップルマンゴーと呼ばれる品種です。

その名の通り、リンゴのような赤みと強い香り、甘みと酸味のバランスが良いのが特徴で、そんな宮崎マンゴーのなかでも糖度15度以上・重量350g以上・表皮の2/3以上が赤色の三つの条件を満たしているものがブランドマンゴー「太陽のたまご」。

そんなブランドマンゴーを食べれるお店もあり、パフェやかき氷などとして食べれたり、カットしたものをそのまま味わうこともできますので、観光の休憩に食べてみてはいかがでしょうか。

宮崎で有名な食べ物第6位【うどん】

宮崎で有名な食べ物にはうどんがあるのを知っているでしょうか。意外と知られていないのですが、宮崎では飲んだ後のしめにはうどんなのです!

有名な食べ物のひとつであるチキン南蛮に並ぶソウルフードとして、宮崎県民に長く愛されており、そして宮崎のうどんといえば「釜揚げうどん」で、宮崎県が発祥とも言われています。

釜から茹で上がった麺を、熱いつゆにつけて食べるのが特徴ですが、そのつゆの味もお店ごとに違いますのでそれぞれのお店の味を楽しめるでしょう。寒い日に食べるアツアツの釜あげうどんは格別の美味しさです!

宮崎で有名な食べ物第7位【肉巻きおにぎり】

肉巻きおにぎりは山口信一氏によって考案され1994年に誕生し、こんがりと焼けた丸いお肉をかじると中にはご飯がたっぷりと入っています。

おにぎりと言えばご飯に海苔を巻いたものが一般的ですが、海苔のかわりに豚肉で巻いたものが宮崎名物の肉巻きおにぎりです。

View this post on Instagram

* * * #肉巻きおにぎり弁当 . . #OnigiriAction . . 昨日のハンバーグ弁当のデジャブじゃないよ(^▽^;)💦 肉巻きおにぎりだよ(๑´ω`)ノ . テストが終わった息子くん。 結果はともあれ今日も元気に部活へ行きました。 . お天気の良い土曜日。 素敵な週末をお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡ . Have a good weekend ☆。.:*・゜ . . . #お弁当 #おべんとう #おうちごはん #lunchbox #obentobox #bento #わっぱ弁当 #ellegourmet #おしゃ弁 #esseonline #iegohanphoto #yummyphotograph #私のおいしい写真 #wp_deli_japan #フーディーテーブル #豊かな食卓 #お昼が楽しみになるお弁当 #お弁当作りたのしもう部 #日本人で良かった弁当 #おうちごはんlover #男子弁当 #男子高校生弁当 #ガッツリ弁当 #おにぎり#おにぎり弁当 #riceball #肉巻きおにぎり #照り弁

A post shared by Megumi (@megumaru925) on

こんがりと焼けたお肉が食欲をそそり、そのお肉のタレを吸い込んだご飯もこれまた美味しいと人気!サラダ巻きにしたもの、チーズをトッピングしたもの、アジアンテイストの味付けにしたものとその種類も豊富にあります。

飲みの後の定番としても親しまれており、楽しくお酒を飲んだ後に肉巻きおにぎりをパクッと食べれば極上の幸せが口の中に広がるでしょう。

宮崎で有名な食べ物第8位【肉厚しいたけ】

肉厚しいたけは宮崎の代表物産。肉厚にコリコリとした食感としいたけの旨味がジュワ~っと広がるその味は多くの人がとりこになっています。

そんな肉厚しいたけは宮崎ではチキン南蛮としいたけ天ぷらがセットになった「しいたけ南蛮定食」などとして食べることができ、タルタルのチキン南蛮とコリコリのしいたけを一度でいたただけるという嬉しいメニューも!

さらに、なんと「しいたけカレー」もあり、延岡市北川町・道の駅北川はゆま「レストランはゆま」にて季節限定で提供されていますので、宮崎に訪れ際にはぜひ珍しいしいたけカレーも食べてみてください。

宮崎で有名な食べ物第9位【レタス巻き】

宮崎で有名な食べ物であるレタス巻きが生まれた歴史は昭和41年まで遡ります。元祖レタス巻きのお店「寿司処一平」初代店主が親交のあった作曲家の平尾昌晃氏のために作ったことから始まりました。

美味しく野菜が食べれヘルシーなお寿司を作ろうと、酢飯にエビ・レタスと自家製マヨネーズを組み合わせ、当時は斬新であったレタス巻きは現在では宮崎名物として知られるようになりました。

プリプリのエビとシャリ、そして巻いた宮崎ならでは九州の有明産海苔との絶妙なバランスが絶品です!あっさりといきたいなぁ、ちょっと小腹が空いたなというときにはパクッと美味しいレタス巻きをほおばってお腹を満たしてみてはいかがでしょうか!

宮崎で有名な食べ物第10位【なんじゃこら大福】

なんじゃこら大福はそのネーミングの通り、食べてビックリ!なんじゃこらの中身になっています。まずその見た目は通常の大福と同じ白くて丸いのですが、手のひらサイズほどもある大きさです。

そして重いその中身はイチゴと栗、クリームチーズの3種類が入っています!一口でガブリと味わってみたいものですが、とにかく大きいですのでパクパクと。すると徐々に3種類がコラボレーションしていき濃厚な味わいが広がっていきます。

インパクト大!ですのでお土産にピッタリですし、おやつにぜひ堪能してみてください。なんじゃこら~と思わず言ってしまうでしょう!

宮崎で絶対に行くべき有名店

View this post on Instagram

11月のメニューの御案内を致します。 オードブル 宮崎牛のビーフシチュー カニのフィンガーフード ピンチョス 前菜 奥日向サーモンのガレット包み バーニャソース スープ 宮崎人参のポタージュ お肉 焼野菜 佐土原茄子、大杉椎茸、紅はるか ご飯物、汁物、漬物 デザート ミヤチク特製パンのフレンチトースト、フランボワーズソース チョコムース 柿 アプリコットソース 食後のお飲み物 となっております。 仕入れにより、食材の変更がある場合もございますので予めご了承下さい。 こちらはディナーのコース内容となっております。 皆様のお越しを従業員一同お待ちしております。 ♯宮崎牛♯宮崎市ディナー♯鉄板焼き ♯宮崎牛専門店♯大淀河畔みやちく

A post shared by 大淀河畔みやちく (@oyodokahan__miyachiku) on

チキン南蛮をはじめ、プリプリのエビが挟まったレタス巻きなど有名な食べ物がたくさんありますが、その味を堪能できるお店も数多くあります。

そのなかでもとびきり美味しいことで有名で、宮崎に訪れたら絶対に行くべき有名店をご紹介していきます。思わず笑みがこぼれる美味さです!

チキン南蛮の「おぐら」

「おぐら」はチキン南蛮発祥のお店として知られており、甘酢タルタルソースの元祖として有名です。昭和31年に創業しましたが当初は軌道にのらず、創業者である甲斐義光氏は出身地である延岡市の洋食店「ロンドン」に研修へ。

その際にまかないの鶏唐揚げの甘酢かけに出会い、その後宮崎に戻り独自に考案したのが現在のタルタルソースだと言われています。

そんな「おぐら」のタルタルソースは濃厚で甘みと酸味のバランスが抜群です!5時間以上米酢に漬け込んだ玉ねぎや人参、キュウリやゆで卵などを砂糖入りの自家製マヨネーズと和えて手間暇かけて作られています。一度食べたら忘れらない、おぐらのチキン南蛮をぜひ味わってみてください。

住所宮崎県宮崎市橘通東3-4-24
電話番号0985-22-2296
営業時間11:00~15:00・17:00~20:30

鶏の炭火焼き「丸万」

鶏の炭火焼き「丸万」は、昭和26年創業のもも焼きの元祖のお店で、シンプルなメニューが揃っています。そして、身肉だだけではなく骨付きもも肉も提供していますので、ガブリと豪快に食べるお肉はまた違った美味しさです!

そしてそのシンプルメニューはもも焼き・手羽焼き・とり刺し・砂ずり焼き・もつ焼きなどに絞り込まれており、2階には座敷がありますので大勢でワイワイと食べながらお酒を飲んだり、1階のカウンター席で鶏の炭火焼きを味わいながらゆっくりと一人酒をたしなむのもいいのではないでしょうか。

住所宮城県宮崎市橘通西3-6-7
電話番号0985-22-6068
営業時間17:00~23:00
定休日日曜日

宮崎牛の「大淀河畔 みやちく」

View this post on Instagram

皆さんこんにちは。 大淀河畔みやちくの焼肉個室席に、待望のお得な新メニューが登場です。 宮崎牛と宮崎ブランドポークが夢の共演を果たします。 2月11日(月)から3月31日(日)までの期間限定で、 ・宮崎牛肩ロース 80g ・宮崎牛希少部位 80g こちらは焼スキ&焼シャブにて召し上がっていただきます。 ・宮崎ブランドポーク 厚切りロース 80g ・宮崎ブランドポーク 厚切り バラ肉 80g 合計320gのお肉のボリュームに、小サラダ、キムチ、焼き野菜、白ご飯とお味噌汁が付いて3800円と大変お得な内容となっております。さらに、こちらに+1000円で飲み放題90分が付けられます! 大淀河畔みやちくは今年一番の大サービスで様々な逆境に負けて欲しくない強い思いと共に県内の農家の方を全力で応援しています! 是非この機会に普段とは一味違うお肉を特別な食べ方で味わってみませんか? ご予約お待ちしております。 大淀河畔みやちく TEL 0985-62-1129

A post shared by 大淀河畔みやちく (@oyodokahan__miyachiku) on

最高品質と言われる宮崎牛ですが、そのお肉がリーズナブルな価格で食べれると人気なのが「大淀河畔みやちく」です。ランチメニューには「鉄板焼ランチ」が2,900円~で提供されており、多くの人が訪れる人気店です。

そして夜になると昼とは違ってシックな空間になり、河畔の夜景をみながら優雅な雰囲気のなか大切な人とゆったりと過ごすのにピッタリです。

シンプルに塩で味わったり、わさびや柚子胡椒で食べたりとお好みでぜひ宮崎牛の旨味を堪能してみてください。

住所宮崎県宮崎市松山1-1-1(宮崎観光ホテル西館2階)
電話番号0985-62-1129
営業時間11:00|15:00・17:00~22:00

宮崎ならではの名産品の味わいを堪能!

View this post on Instagram

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ⬛宮崎に来た レストランおぐら本店 チキン南蛮発祥地宮崎で レストランおぐら本店に行ってみた もともとは延岡市の洋食屋さんロンドンの賄いめし 鶏の唐揚げに甘酢をからめたものをチキン南蛮と称したそうです おぐらの創業者が今で云う創作料理人系の方で、酢鶏にエビフライのタルタルソースをかけてみたらが現在のチキン南蛮誕生 このタルタルソースはオリジナルマヨネーズに様々な工夫の結晶、秘伝のタレの域らしい ただ面白いのは、タルタルソースチキン南蛮を世に広めたのは「ほっかほっか亭」の弁当としてなんですね 開店と同時に満席。出された瞬間「むねやけおこすかな?」とおじさんの頭を不安がよぎりましたが そもそも鶏肉そのものが良質は口に入れた瞬間に私でもわかりました そして秘伝でしょうが、きっと揚げ方、温度、そして甘酢 洋食は日本人の文化だと思えます。皆さんも宮崎にお越しの際は体験してみてください #旅 #食べることが好きな人と繋がりたい #lunch #グルメ巡り #宮崎ランチ #レストランおぐら本店 #foodpic #WASHOKU #チキン南蛮おぐら #MIYAZAKI #JAPAN #lin_stagram

A post shared by Kenji Ito (@k.ito7788) on

宮崎には、ちょっと小腹が空いたときにピッタリなレタス巻きや肉巻きおにぎり、ガッツリと美味しいお肉を堪能したい場合には宮崎牛のステーキや炭火焼地鶏。

そして甘いものというときにはマンゴーパフェやなんじゃこら大福などがあり、宮崎に訪れた際にはぜひその宮崎ならではの名産品の味わいを堪能してみてください!

関連する記事