旅行情報メディア【トリマ】

宮城県の与兵衛沼の昼間と夜のギャップがすごい?心霊スポットになった理由とは

宮城県の与兵衛沼の昼間と夜のギャップがすごい?心霊スポットになった理由とは

2020.09.27

Trima心霊編集部

仙台市の市街地にある美しい自然に囲まれた「与兵衛沼」。日中は市民の憩いの場所となっていますが、夜になると表情は一変。高い確率で霊が目撃される心霊スポットとなります。「与兵衛沼」や宮城県を代表する恐ろしい心霊スポットなどを紹介します。

目次

  1. 宮城県の有名心霊スポット【与兵衛沼】
  2. 昼間はのどかな公園
  3. 与兵衛沼が心霊スポットになった理由
  4. 沼で泳いでいた母子が溺死
  5. 男性が投身自殺した
  6. 与兵衛沼周辺で殺人事件や自殺が多い
  7. 与兵衛沼の心霊現象
  8. 身投げをした男性の霊
  9. ライオン島に立つ男性の霊
  10. 白装束を着た女性の集団
  11. 和服の女性
  12. 与兵衛沼での心霊体験談
  13. あの道ですれ違った女性が
  14. 夜釣りは注意
  15. その他宮城県の心霊スポット
  16. 八木山橋
  17. 化女沼レジャーランド
  18. ホテルニュー鳴子
  19. 霊感のない人でも霊の姿が見える可能性が高い

宮城県の有名心霊スポット【与兵衛沼】

View this post on Instagram

#与兵衛沼

A post shared by @ apooptosis on

仙台市にある「与兵衛沼」は宮城県内にある心霊スポットのひとつです。その昔、鈴木与兵衛という藩士が私財を使い作られたことで、この名がつけられました。

水の溜まっている場所は、負のエネルギーが溜まりやすいと言われていることから、心霊スポットになりやすいです。例にももれず「与兵衛沼」は昭和初期から幽霊の目撃情報が相次ぐ場所として、地元住民から注目されるようになりました。

日中は穏やかな空気が流れる憩いの場ですが、丑三つ時と言われている時間帯は特に注意が必要です。今回は宮城県の代表的な心霊スポットのひとつ「与兵衛沼」について紹介します。

昼間はのどかな公園

心霊スポットとして注目されていますが、昼間は仙台市民にとっての憩いの場所となっています。敷地内は綺麗に整備されているので、釣りやランニング、散歩など思い思いにのどかな時間を過ごしているようです。

市街地の中にあるにも関わらず、美しく豊かな自然に囲まれた公園には平日や休日問わず幅広い世代が集まります。しかし日が暮れ始めると様子は一変。場所によっては昼間でも心霊現象に出くわすこともあるそうです。

与兵衛沼が心霊スポットになった理由

 (792361)

市街地にある憩いの場所が、なぜ心霊スポットとして注目されるようになったのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。あまり整備がされていない頃は、自殺スポットともされ多くの人がこの地で命を落としていたとか。「与兵衛沼」が心霊スポットとされるようになった理由は次のとおりです。

沼で泳いでいた母子が溺死

 (792362)

元々は農業用貯水池として作られた「与兵衛沼」。今では「与兵衛沼」で泳ぐことに不思議に感じる人も多いかもしれません。しかし昔は川遊びや沼で遊ぶのは当たり前の光景だったようです。

しかしそれがひとつの悲劇を生みました。この沼で遊んでいた親子が、2人とも溺死してしまったのです。浅くみえる「与兵衛沼」ですが、底はすりばち状になっているとか。注意喚起の意味を込めて、この話は現在でも語り継がれている話のひとつです。

男性が投身自殺した

 (792363)

「与兵衛沼」には少しだけ岩が突き出している”ライオン島”があります。この場所は心霊現象が起きやすい場所としても知られていますが、投身自殺があった場所でもあるようです。

昔は近くにある精神病院から抜け出した患者が、この沼で投身自殺をするということが相次いでいました。もちろん現在ではそのようなことは発生していませんが、昔のインパクトがとても強く自殺の名所としての印象が残っているのでしょう。

与兵衛沼周辺で殺人事件や自殺が多い

 (792364)

心霊スポットとして「与兵衛沼」を調べていると、近隣では殺人事件や自殺が多いということは良く目にすると思います。明確な情報は公開されていませんが、地元住民と名乗る人の書き込みなどを見るとやはり殺人事件や自殺はあったようです。

近隣で野宿していた老人が何者かに殺害されていたり、近くにある高校の裏山で自殺した人がいたりと実際に命を落としてしまった人は少なくありません。またこのあたり一帯はもともと、氾濫が起きやすい場所でもありました。その犠牲者となった人も多かったようです。

自殺の名所として情報は残っていますが、実際には整備されてからは自殺する人は少なくなっています。

与兵衛沼の心霊現象

 (792366)

「与兵衛沼」で実際に見られている心霊現象を見ていきましょう。実際に起きた事件や事故の犠牲者とも思われる人の霊の目撃情報も相次いでいるようです。他の心霊スポットでは命に関わる現象が発生することもありますが「与兵衛沼」は、比較的穏やかな心霊スポットのように感じられます。

しかし霊感がある人にとっては、心身に異常をきたす場合もあるので肝試しなど遊び半分で行くのはおすすめしません。そしてあくまでも、仙台市民の憩いの場所なのでマナーはしっかりと守りましょう。

身投げをした男性の霊

 (792367)

投身自殺が多い場所でもあった「与兵衛沼」。目撃情報が多いのは、身投げをしたと思われる男性の霊です。沼を見ていると、水面から男性の霊が浮き出てくるそうです。散策路などで見かける霊なら、本当の人間かもしれないと自身をごまかすことができます。

しかし水面から出てくるのは正真正銘の霊でしかありません。一気に恐怖心を掻き立てることでしょう。

ライオン島に立つ男性の霊

 (792368)

投身自殺があった場所として先述した「与兵衛沼」にある”ライオン島”。この地は心霊現象が起きる場所としても知られています。よく見かけるのがライオン島に立っている男性の霊。人を見てニヤッと笑った後に、ライオン島から沼に飛び込むそうです。

何も知らずにその光景を見かける人は、思わず警察を呼んでしまうこともあるとか。

白装束を着た女性の集団

 (792369)

心霊現象が起きるのは夜だけではありません。公園の近くには松林があり、山菜採りスポットとして立ち寄る地元住民も多いようです。この付近では白装束を来た女性の集団霊を見かけたという情報が相次いでいます。

「与兵衛沼」と白装束がなかなか結びつかないように感じますが、近隣にある狐塚の伝説が関係していると言われています。

和服の女性

 (792370)

男性の霊の目撃情報が多いですが、和服を来た女性の霊が1人で佇んでいる姿も目撃されています。木陰からこちらがわを覗き、優しくほほえみかけるそうです。ある霊能者の話では昔にこの地で溺死をしてしまった女性の霊だと言われています。

沼沿いの散策路から森林地帯にかけて進むと、霊感が無い人でも目撃することがあるようです。

与兵衛沼での心霊体験談

 (792372)

最後に「与兵衛沼」の心霊体験談を紹介します。日本国内だけを見ても多くの心霊スポットが存在していますが、恐怖度は少し低いかもしれません。しかし実際に夜中に訪れて、次の現象に遭遇したら恐ろしさを感じるのは事実。霊を連れて帰ったり、憑かれてしまったりしないように気をつけてください。

あの道ですれ違った女性が

 (792373)

これはある一人の男性の話です。運動がてら一人で「与兵衛沼」を散歩していたある日の夜。今日はいつもよりは少し足を伸ばしてみようと、散策路を森林に向かって歩くことにしました。日中は賑わっている「与兵衛沼」も、夜になると薄暗くひっそりとした雰囲気に包まれています。

少し不気味さを感じながらこの道を通ったことに後悔し始めた頃、進行方向に人影を発見しました。近づいてみるとその人影は女性。こんな夜中に一人で女性が歩いているなんて物騒な・・と思いながら「こんばんわ」と挨拶をすると優しくほほえみかえしてくれました。

しかしその時に男性は、何かうまく言えない違和感を覚えます。その違和感の正体を突き止めようと、後ろを振り返るといるはずの女性の姿がすでにありませんでした。

夜釣りは注意

 (792375)

次に紹介するのは「与兵衛沼」のある場所、ライオン島で起きた心霊体験です。

ある1人の男性が静かな雰囲気の中で夜釣りを楽しんでいました。今日はなかなか釣れないなぁと、そろそろ帰り支度を始めたことに異変に気づきます。カサッという草を踏む音が聞こえた方向を見ると、ライオン島の上に人影が。目を凝らして人影を見てみると、男性がニヤニヤしながらこちらを見つめています。

そしてニヤニヤしている男性は、こちらがわに手を振り突然沼に飛び込みました。驚いたのは目撃した男性です。慌てて警察を呼び、すぐさま捜索活動が始まりましたが「与兵衛沼」から飛び込んだはずの男性は見つかりませんでした。

その他宮城県の心霊スポット

 (792376)

最後に「与兵衛沼」以外で有名な宮城県の心霊スポットを紹介します。数々の心霊スポットに比べると、穏やかな雰囲気が流れる「与兵衛沼」に比べると、さらに恐ろしい空気が漂う場所もあるため訪れる際には注意が必要です。

観光スポットに行く際の通り道となっている交通量の多いあの橋も、実は宮城県では最恐の心霊スポットとされていました。次に紹介する場所に行く際には、あの世に引きずりこまれないように気をつけましょう。

八木山橋

宮城県で最も恐ろしい心霊スポットとされているのが「八木山橋」です。有名観光地も近いため日中は比較的交通量が多く、普通の橋のように感じますが夜は特に注意が必要です。自殺の名所として全国的に知られています。

橋の両脇を見ると、自殺の名所と言われているのも納得。フェンスは2メートルもの高さで作られていて、人が乗り越えられないように有刺鉄線などもつけられています。昼間に訪れても物々しい雰囲気を感じられるでしょう。

夜に訪れると、フェンスに絡みついたたくさんの手を目撃したり恐ろしい形相をした人の霊に追いかけられたりという心霊現象も報告されています。

化女沼レジャーランド

廃墟遊園地として廃墟マニアからも注目されているのが「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」。2001年に閉園してからは買い取り手が見つからず、廃墟と化してしまいました。気になるのがこの化女沼という地名。この名前がつけられたのは、はるか昔に誕生した伝説が由来とされています。

ある旅人との間に子供を授かった女性。産まれてまもなく子供は、忽然と姿を消します。必死に探し回り見つけたのは子供より一回り大きい蛇が、沼の中に姿を消す光景でした。この日から沼の近くでは子供の泣き声が聞こえるようになりました。

廃墟と化した現在も子供の鳴き声、悲しそうにすすり泣く女性の声が聞こえてくるそうです。

ホテルニュー鳴子

 (792377)

温泉地としても有名な鳴子温泉郷のほど近くに存在していた「ホテルニュー鳴子」。このホテルでは営業当時に大きな火災が起き、多くの犠牲者が出たと言われている場所です。現状は廃墟となり、中はかなり荒れ果てています。

この地で目撃されているのが、建物の窓から覗いている女性の霊らしきもの。また建物内に入ると、突然フロントの電話が鳴り受話器からは「あつい・・・くるしい・・・」という声が聞こえてくるそうです。現在は電話機は撤去されているため、真実を確かめるすべはありません。

霊感のない人でも霊の姿が見える可能性が高い

 (792378)

霊感のあると、恐ろしさを知っているため心霊スポットを敬遠する人も多いです。しかし霊感が無い人は面白半分や怖いもの見たさで、肝試しと称して心霊スポットと言われている場所に足を伸ばします。

しかし今回紹介した「与兵衛沼」は時間や場所によっては、霊感が無い人でも心霊現象に遭遇する可能性が高いスポットです。結局何も無いだろうと油断をして訪れると、恐ろしい体験に遭遇してしまうかもしれません。

関連する記事