旅行情報メディア【トリマ】

伊勢神宮と出雲大社はどちらを先にお参りするべき?違いや関係性とは!

伊勢神宮と出雲大社はどちらを先にお参りするべき?違いや関係性とは!

2020.09.29

Trimaパワスポ編集部

日本を代表すると言っても過言ではない「伊勢神宮」と「出雲大社」ですから、一度は参拝したいと思っているかたも多いのではないでしょうか。そんな2つの神社の関係性やどちらの格が上なのか、どちらからお詣りするのが正解かなどご紹介します。

目次

  1. 伊勢神宮と出雲大社は繋がりがある?
  2. 伊勢神宮と出雲大社の違い
  3. ご祭神が違う
  4. 参拝方法が違う
  5. 社号が違う
  6. 出雲大社のほうが古くからある
  7. 伊勢神宮と出雲大社の関係は?
  8. ご祭神の祖先が同じ
  9. 大和王権と1本のラインで繋がる
  10. 常に対局軸にある
  11. 伊勢神宮と出雲大社はどちらが格上?
  12. 社格は出雲大社が上
  13. どちらも他の神社とは比較できないほど格上
  14. 総合すると同等の格
  15. 伊勢神宮と出雲大社は対立関係にある?
  16. 伊勢神宮と出雲大社は両参りが基本?
  17. どちらを先に参る?
  18. 両参りのツアーもある
  19. 伊勢神宮と出雲大社のアクセス
  20. 伊勢神宮
  21. 出雲大社
  22. 伊勢神宮の口コミ
  23. 神秘的な佇まい
  24. ツアーで参拝
  25. 出雲大社の口コミ
  26. 神在祭に参加
  27. 素晴らしいの一言です
  28. 伊勢神宮も出雲大社も日本を守る偉大な場所

伊勢神宮と出雲大社は繋がりがある?

日本人であれば誰もが知っていると言っても過言ではない「伊勢神宮」と「出雲大社」。
日本全国で見渡すと神社の数は8万社以上と言われていますが、どれか一つを挙げるとしたら上記の神社のいずれかを挙げる人が多いのではないでしょうか。

それくらい知名度の高いこちらの2つの神社ですが、どのような違いがあるのか、はたまたこの2つの神社に繋がりはあるのか!?

日本人であれば知っておきたい神社についてご紹介していきます。

伊勢神宮と出雲大社の違い

「伊勢神宮」と「出雲大社」の違いをハッキリと言える貴方はもう神社のスペシャリストです。
ですが、それを言える人は数少ないかと思われますので、是非ともこちらをご覧になっていってください。

この2社の違いがわかると、お詣りするのが楽しくなってくること請け合いです。
実はそれぞれ違いがあり、知れば知るほど引き込まれていきます!

日本人の皆様には是非ともご一読頂きたいです。

ご祭神が違う

言わずもがなかとは思いますが、「ご祭神」とは神社で祀られている神様のことを言います。
その肝心要のご祭神が、伊勢神宮では太陽神とも言われる「天照大神(あまてらすおおみかみ)」様です。

ただ、伊勢神宮ではもう一柱(ひとはしら)のご祭神がいらっしゃり、「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」と呼ばれる衣食住の神様が祀られています。

これに対し出雲大社では、「大国主の大神(おおくにぬしのおおかみ)」様が祀られています。
数多くの別名を持ち、国創りをされた神様としても有名ですが、広くは”だいこくさま”として慕われているようです。

参拝方法が違う

 (820039)

参拝とはお詣りすることですが、普通神社でお詣りする際の参拝方法は、既に皆さんご存知かと思いますが「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」が一般的ではないでしょうか。

明治以降にこのような形になったとされていますが、それより以前は「三礼三拍手一礼」だったようです。
この参拝方法ですが伊勢神宮と出雲大社では異なり、伊勢神宮では「八度拝八開手」で祭祀の時に神職の方が行うものもありますが、普通の人は「二礼二拍手一礼」で良いようです。

対して出雲大社はどうかと言いますと、「二礼四拍手一礼」となり拍手の回数が増えるそうです。

社号が違う

「社号」聞きなれない言葉と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
どのような意味かと言いますと、「神宮」や「大社」といった神社名に付される称号のことを指します。

「〇〇神宮」の○○を付けず単に「神宮」と呼んだ場合、本来伊勢神宮を示す正式名称とされています。
この「神宮」の社号が付く神社は、全国で24社ほどあるようです。

「大社」についてですが、もともとは天孫降臨で国創りを行った大国主命をご祭神とする、出雲大社を示す社号として使われていたようですが、現在は全国に24社ほど「大社」と付く神社があるようです。

出雲大社のほうが古くからある

View this post on Instagram

#島根#出雲#出雲大社

A post shared by もりちゃん (@myusuke0628) on

「伊勢神宮」と「出雲大社」ではどちらが古いのか?気になるところではないでしょうか。
「伊勢神宮」と言えばすぐに「式年遷宮」を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

この「式年遷宮」は、第40代の天武天皇の時代から始まったとされており、「伊勢神宮」も飛鳥時代の頃からのものと考えられています。

対して「出雲大社」=いずもたいしゃと皆さん読まれるかとおもいますが、正式には「いづもおおやしろ」と読みます。
飛鳥時代からの「伊勢神宮」に対し、「出雲大社」は古く神代の頃からの記述がみられる為、古さの点では「出雲大社」の方が古いと言えるようです。

伊勢神宮と出雲大社の関係は?

「伊勢神宮」と「出雲大社」それぞれのご祭神や参拝方法の違いなどをご紹介してきました。
これだけではどのような関係性があるのか、まだはっきりしませんよね。

ここからはもう少し掘り下げて、ご祭神のご先祖様についてやそれぞれの地の歴史的背景など、「伊勢神宮」と「出雲大社」の関係性をご紹介していきたいと思います。

ご祭神の祖先が同じ

上記でもご紹介してきた通り「伊勢神宮」のご祭神は”天照大神”で、「出雲大社」のご祭神は”大国主命”です。
もともと葦原の中つ国を(高天原から見て黄泉の国との中間にあたる)治めていたのが”大国主命”でした。

ちなみに、”大国主命”は大変な美男子だったと言われており、最終的に6柱の女神と結婚し181柱の子供を儲けられています。

そんな”大国主命”は「古事記」や「日本書紀」では須佐之男命の6世後の子孫と記されています。
”天照大神”は伊邪那岐神と伊邪那美神の子供で弟にあたるのが須佐之男命ですから、”大国主命”にとって”天照大神”は大~叔母にあたる訳です。

大和王権と1本のラインで繋がる

上記でご祭神の先祖を辿っていくと同じになるとご紹介しました。
かつての日本は「ヤマト族(教科書に出てくる大和王権です)」と「イズモ族」に分かれていたとも言われています。

この2大勢力が争った歴史が、「古事記」に出てくる『国譲り神話』ではないかと言われているようです。
この「古事記」の編纂を命令したのは40代の天皇にあたる天武天皇ですが、当時の大和王権は自分たちの都合の良い歴史を残したのではないかとも言われいます。

話しを戻して「古事記」では話し合いで決着がついたとされています。
「ヤマト族(天照大神)」は譲ってくれた「イズモ族(大国主命)」に敬意を払い「出雲大社」を建立して祀ったということなので、大和王権とは実は深いつながりがあると言えるようです。

常に対局軸にある

 (820825)

畿内地方(きない ちほう=奈良県、京都府南部、大阪府、兵庫県南東部)を支配していた大国が大和王権です。
出雲と伊勢を地図上でまっすぐ結んだ線上に、この大和王権があります。

この大和から見ると伊勢は「東方」に位置します。
”東”は日が昇る方向で「生を象徴する方位」と信じられていました。

対して出雲は大和から見て「西方」に位置します。
”西”は反対に日が沈む国で「死者の国がある方位」とされていました。

そして伊勢神宮のご祭神である「天照大神」は天上を統べる天津神であり、出雲大社のご祭神である「大国主命」は地上を支配していた国津神です。

東と西、生と死、天上と地上のように、常に対局軸にあるようです。

伊勢神宮と出雲大社はどちらが格上?

 (820834)

日本の東と西でそれぞれ有名な神社である「伊勢神宮」と「出雲大社」ですが、どちらの方が格上なのか気になった事があるのではないでしょうか。

どちらも死ぬ前に一度はお詣りしたいと、思われている方が多い神社の1つではないかと思います。
そんなそれぞれの神社について比較しながら、どちらの方が格上なのか?検証していきましょう!

社格は出雲大社が上

平安時代から昭和に廃止されるまで、日本には「社格」と呼ばれる神社のランク付けのような制度があったそうです。
「延喜式」という平安時代に編纂された格式のわかる資料には2861社もの神社が記載されているのですが、それらを「式内社(しきないしゃ)」と言い格式の高い神社として位置づけられています。

反対に記載されていない神社を「式外社(しきげしゃ)」と呼ばれていたようです。
この社格の上では、「出雲大社」の方に軍配が上がるようです。

どちらも他の神社とは比較できないほど格上

社格では「伊勢神宮」より格上の「出雲大社」に対して、「伊勢神宮」は皇室の氏神である”天照大神”を祀られている為か、歴史的にも皇室・朝廷の権威との結びつきが強いこともあって「別格」の扱いであり、社各制度の枠よりも高い位置にあるとされてきたようです。

要するに、「伊勢神宮」は比較対象に含まれない特別な神社であると言えますし、「社格」という枠に当てはまらないということになります。

総合すると同等の格

 (821107)

太平洋戦争後にGHQによってこの”社格制度”が廃止された為、厳密に言えばどこの神社が格上だとか格下だとかという順位は付けられていません。

しかし、長年このような制度が存在した為、人々の意識の中にはこのような格付けが残っていると言えるようです。
ですが、「神宮」と言えば「伊勢神宮」を指すほど別格な「伊勢神宮」と、神無月には全国から八百万の神々が集うことでも有名な「出雲大社」は、どちらも同等に格の高い神社と言えるのではないでしょうか。

伊勢神宮と出雲大社は対立関係にある?

 (819009)

「伊勢神宮」と「出雲大社」の対立というより、「天照大神」対「大国主命」を巡る対立があったと言った方がわかりやすいでしょうか。

これを語る際に欠かせない人物の一人が「千家 尊福(せんげ たかとみ)」であり、出雲大社の宮司を務める出雲国造家に生まれ、神道大社派を創始し、後に神道大社教に改称し管長に就任するなど、教派神道たる出雲大社教の礎を築いたという人物です。

そしてこの対立とも言われる論争の要が、顕幽論(天照大神→天皇へと繋がる系譜(「天」・「顕」中心、「伊勢」中心)を重視した本居宣長と、素盞嗚命→大国主神へと繋がる系譜(「地」・「幽」中心、「出雲」中心)を重視した平田篤胤です。

明治期の祭神論争は勅裁(明治天皇の勅命)によって、「伊勢派」が勝利して終わります。

伊勢神宮と出雲大社は両参りが基本?

江戸時代には特に人気のあった「伊勢参り」ですが、庶民にとってはやはり大金がかかってしまう為、「一緒に一度はお伊勢参りをしたい」というような言葉が生まれたのかもしれません。

現代でも一度は訪れてみたいと思われる方が多い両神社ではないかと思いますが、どちらを先にお詣りすれば良いのか気になるところではないでしょうか。

どちらを先に参る?

「格」のお話をご紹介しましたので、どちらかを先にお詣りしないと失礼にあたるのでは?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ご安心下さい。
どちらを先に参拝されても全く問題ないようです。

昔から”自宅より近い神社に参拝すると良い”という考え方があったようなので、どちらか迷われているようであればご自宅から近い方の神社から参拝されると良いかもしれません。

両参りのツアーもある

どうせなら、”両方一緒にお詣りしたい!!”という欲張りな貴方の為に、「両参りツアー」があるのはご存知でしょうか。

今は本当に便利な世の中だなぁと感じずにはいられませんが、一遍にお詣りできたら便利なのではないでしょうか。
筆者がサクッと調べたところによると10万円前後はしますが、それぞれ神社以外にも楽しめる土地ではありますから、行く価値はあると思われます。

伊勢神宮と出雲大社のアクセス

 (819004)

両方一緒にお詣りできれば一番楽ではありますが、場所も離れていますし貴方の出発地点によってはアクセスが難しいということもあるかもしれません。

ですから別々にお詣りしたいという方の為にも、それぞれの交通手段をご紹介したいと思います。
お好みの交通手段で、日本時であれば是非とも一度はお詣りされてはいかがでしょうか。

伊勢神宮

伊勢市駅(JR・近鉄)または宇治山田駅(近鉄)よりバスが出ていますので、電車で行かれる方はそちらを利用されるかタクシーを利用されると便利です。

車で行かれる方は、伊勢自動車道・国道23号・東名高速道路などから、下記の駐車場にお停め頂くと良いのではないでしょうか。

「伊勢神宮」は”おかげ横丁”もあり、土日も大変混む人気の場所です。
行かれる際は、ホームページ等を確認されることをお勧めします。

出雲大社

View this post on Instagram

所以你到了松江城前、卻又沒有進去?勝子小姐直盯著我看、然後笑了出來 真是個怪人 有時候就是一種感覺吧。西郷先生喝了一口味噌湯接著說、突然就覺得、好像也沒有什麼非要進去裡面不可的理由 我用力的點了點頭 大哥、你煮的味噌湯有點鹹、喝起來就像媽媽煮的一樣。勝子小姐說著:會煮味噌湯的人真厲害呢!樹總是嫌棄我煮的味噌湯難喝 這是第一次我們三個人一起吃朝食、平常的勝子小姐總是睡到中午才起床 我跟他們說了我剛到出雲那天曾經去到松江城前、卻沒進去 不然等等吃完飯、一起去一趟松江城吧。西郷先生對我笑了笑 咦?等一下嗎? 對啊、反正今天是週末。西郷先生把味噌湯喝完後看了勝子小姐、問了她要不要一起去 我不要、勝子小姐說著、天氣那麼冷、而且那是觀光客才會去的地方吧! 反正我們也沒有去過啊!西郷先生一邊對著勝子小姐說、一邊把碗盤收一收 我也站起來把用完的餐具拿到廚房 上個週末我和西郷先生說好了、之後我也會開始幫忙做家事 所以西郷先生跟勝子小姐都沒有去過松江城嗎?在廚房和西郷先生洗著碗盤、我好奇的問著 我和勝太郎都沒去過喔!勝子小姐窩在起居室的電暖桌裡、對在廚房的我們說著 欸!不是很近嗎?怎麼會都沒去過?我又驚訝又好奇:小學的校外教學什麼的不會去嗎? 不會去!勝子小姐的聲音再次從起居室傳來:山陰地區的校外教學都是去鳥取砂丘、明明周遭都是一堆沙、卻還要在那邊野餐、也不知道是哪個笨蛋發明這樣的傳統的 松江城感覺都是觀光客去的地方吧、島根県民根本不會想去。勝子小姐說著:而且就是因為近啊!總是覺得隨時都可以去、一直抱持著這樣的心態、結果沒想到往往都是還沒有去過、就這樣死掉了 西郷先生笑了出來、是啊、很多時候確實是這樣、如何、等等要去嗎 我想著反正我也沒有事情、所以就答應了 西郷先生要開車載我去嗎?我問 沒有!我們搭一畑電車去! 室外的氣溫不高、西郷先生穿了件白色的牛津襯衫、在外面套了件寶藍色的開襟毛衣、圍上了灰色圍巾 下身穿一件直筒的黑色長褲、配上REGAL的棕色樂福鞋 不知道是樂福鞋還是襯衫的緣故、看上去有點正式、不過整體來說還是走休閒的路線吧 西郷先生蠻會穿搭的、可能日本的男生大多這樣 我穿著從無印良品買來的藏青色過膝長版棉質外套、裡面穿著白色的華夫格長袖上衣、下身穿著卡其色的寬褲跟adidas的stan smith魔鬼氈的板鞋 果然是年輕人。我走出門口後、西郷先生看了看我的穿著後對我說:一旦有點年紀、不知不覺都會穿的有點正式呢 你也才30出頭而已吧!我笑了笑 不過已經是連穿牛仔褲都會覺得彆扭的年紀了、西郷先生說著:是想裝年輕也裝不了的年紀了 西郷先生還是很年輕的、我告訴他台灣會打扮的中年男子簡直少之又少 走在小山町的街道上 我們並肩走向出雲市駅 我們看起來不像朋友或同學、不像兄弟、也不想父子 不知道路人看到我們、會認為我們是什麼樣的組合 我們就這樣走在有點冷意的出雲街道上 啊!因為開始幫忙做家事 在曬衣服跟折衣服的過程中 知道了西郷先生穿的是四角內褲 – 《#山陰的日子》 山陰的日子05 – 拍攝地:JR出雲市駅 – #西郷勝太郎 #西郷勝子 #山陰 #島根 #出雲 #小山町 #松江 #鳥取 #鳥取砂丘 #jr出雲市駅 #一畑電車 #味噌 #みそ汁 #adidas #無印良品 #muji #regal #観光客

A post shared by 小室和也 (@komuro_kazuya) on

電車で行かれる際は、JR出雲市駅が最寄り駅になります。
ここから一畑バス[出雲大社・日御碕・宇竜行き]で25分で到着します。

車で行かれる際、山陰自動車道・松江自動車道・中国自動車道・米子自動車道をご利用の方は、出雲IC 国道431号で出雲大社へ到着することができます。

駐車場は3カ所有り、765台停めることができます。

伊勢神宮の口コミ

伊勢神宮の口コミで多いのが、「厳かな空間」と感じることのようです。
実際にお詣りした人でないとわからない、独特な空気が流れているのかもしれません。

行っただけで背筋がシャンと伸びるような、そして心が洗われるような空間、それが「伊勢神宮」なのかもしれません。
行かれる前に、是非皆さんの口コミをご覧になってください。

神秘的な佇まい

新年のお参りで伊勢神宮へを訪れました。
平日でしたが、多くの参拝客が訪れていて人気の高さが伺えました。

御朱印をいただくところも長蛇の列になっていて驚きました。
しかし、やはり他の神社とは違うというか、あの独特の神秘的な雰囲気はここでしか感じることができない、特別な聖地だなと感じました。 (20代 男性)

ツアーで参拝

 (822691)

初めてなので、ツアーに参加して行ってきました。
外宮・内宮と専任ガイド付きで、参拝作法から広い敷地に点在してる小さなお宮含め、式年遷宮の様子や説明を聞くこともできましたし、きちんとお詣りすることができました。

2日間に分けて夕方の外宮、翌日は朝の内宮と平日だったので混雑なく参拝することができてとても良かったです。
日本の神社の総本山はとても立派でした。 (50代 女性)

出雲大社の口コミ

1~2時間あれば、主要なところは全部見ることができると言われています。
「出雲大社」も「伊勢神宮」と同様に、やはり”空気が違う”と感じられた方の口コミが多いようです。

また、混雑時を避けたいという方は、早朝に行くのがお勧めのようです。
朝の澄んだ空気、夜明け前の神秘的な雰囲気、夜明けからの雰囲気などを楽しむこともできるみたいです。

下記の口コミも是非ご参照下さい。

神在祭に参加

View this post on Instagram

始まります! #神迎祭 11月6日 #神有祭 11月7日〜11月13日 神有月とは… 旧暦10月。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月。他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、ここ出雲では神在月と呼びます。 神々が集う出雲の各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、「神在祭(かみありさい)」そして、全国に神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。 #出雲大社 #出雲 #島根 #島根旅行 #izumotaisha #izumo #shimane #縁結び #良縁 #神門通り #神門通りおもてなし協同組合 #女子旅 #旅行 #神社 #神社巡り #パワースポット #卒業旅行 #出雲路

A post shared by 出雲大社観光ナビ (@izumo_omokyou) on

一畑電車出雲大社前駅を降りたら、少し戻って最初の山門から順にくぐって大社の参拝をしないとご利益ないと聞いたので、戻って山門からスタート。

そして今回の目的だった「神在祭」!事前に申し込みをしていたので、厳かな式典に参加できてとても良かったです。
因みにその後は良いことが色々と訪れているので、ご利益あったと思います。 (30代 女性)

素晴らしいの一言です

出雲市駅よりバスで出雲大社正門前で下車し、向かいました。
まず最初に勢溜の大鳥居(二の鳥居)が迎えてくれます。

この地点が1番高い位置なので、下り参道方面と神門通り方面の景色を楽しみます。
ここから整備された下り参道を降りて行きます。

一番低い地点で現れるのは松の参道の鳥居(三の鳥居)で、両サイドに立派な松が並んでいます。
そして出雲大社の境内に入る銅鳥居(4の鳥居)が現れます。

その鳥居の向こうには大きなしめ縄が立派な拝殿が現れます。
この拝殿を回り込み進むと楼門がありその向こうに本拝殿があります。

ここで、出雲大社のお参り(二礼4拍手一礼)を行いました。
全体的に綺麗に整備されており歩きやすく澄んだ空気感がとても良かっです。 (60代 男性)

伊勢神宮も出雲大社も日本を守る偉大な場所

「伊勢神宮」「出雲大社」のどちらも、日本人なら一度はお詣りしてみたい!と思える神社に変わりはないかと思います。
それぞれのご祭神や歴史など、お詣りする際に少しでもご存知だと、更に神社や神様と一体になれた感覚を味わえるのではないでしょうか。

お詣りする際は、くれぐれも神様に対して失礼のないよう心掛けたいものです。
身も心も清々しくなり、また明日からの生活が楽しいものとなりますように。。。

関連する記事