旅行情報メディア【トリマ】

深沼池は心霊スポット?有名なタクシー怪談の内容と現在の状況とは

深沼池は心霊スポット?有名なタクシー怪談の内容と現在の状況とは

2020.09.29

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

深沼池をご存知ですか。日本にはたくさんの心霊スポットがありますが、この深沼池はまさに特別と呼ぶにふさわしい場所です。有名なタクシーの怪談のスポットとされているため、今までに起こった心霊現象もたくさんあります。この深沼池について解説していきます。

目次

  1. 京都最古の池?!深泥池の心霊現象や怪談話
  2. 深泥池とはどんなところ?
  3. 数十万年前から存在している池
  4. 泥が蓄積しており底なし沼になっている?!
  5. 深泥池のタクシー怪談とは?
  6. タクシーに乗せた女性が…
  7. その後捜索するも痕跡は一切見つからず
  8. 深泥沼の怖い噂や心霊現象
  9. 入水自殺が絶えない
  10. 精神病院の患者が池に入り大勢が亡くなった
  11. 人魂が出る
  12. 深泥沼の心霊体験談
  13. 霊感がある人は注意
  14. 池の中心に女性の霊
  15. 池の中から人の声
  16. タクシー怪談が有名すぎて近隣住民が大迷惑
  17. 深泥池の場所や行き方
  18. 訪れる際は節度ある行動を

京都最古の池?!深泥池の心霊現象や怪談話

 (809558)

京都にはたくさんの池が今でも残っていますが、中でも深沼池は最も古い池として知られています。京都は歴史がとても深いスポットであるため、こうした古くから残る池は残っていますが、深沼池はその中でも古いだけではない特別な存在なのです。

実は深沼池は心霊スポットです。それもかなりの曰く付きのスポットなのです。

尽きることのない心霊の話題が飛び交う深沼池についてご説明いたします。

深泥池とはどんなところ?

 (809559)

では、まずは深沼池とはどういったスポットなのかについてご説明いたします。心霊スポットに強い興味を抱いている人は、かなりこの池は気になるでしょう。

基本的な情報を知れば、なぜこの池が心霊スポットになってしまったのかが分かるかもしれません。深沼池の基本情報についてご説明いたします。

数十万年前から存在している池

 (809560)

深沼池はいつから存在しているのでしょうか。京都1200年と言う言葉がありますが、実は深沼池はそういったレベルではありません。

一説によれば、深沼池は数十万年前から存在していると言われています。これほどまでに長い歴史を持っている池なので、それまでにこの池ではさまざまなことがあったはずです。

この長い歴史もまた、深沼池が心霊スポットになってしまった要因かもしれません。

泥が蓄積しており底なし沼になっている?!

 (809561)

また、深沼池と言う名前からも分かる通り、この池はかなり底が深いことでも知られています。池が深いと言うこともそうですが、実はこの池は底なし沼のようになっているのです。

長年に渡りこの池には泥などが蓄積されていき、底なし沼状態になってしまったのです。この底なし沼状態になったことも、この場所が心霊スポットになった要因です。

イメージとして、人がこの池に入り込んだときには、池から出ることができないなくことが分かります。そうした事故や事件が過去に起こっていたとしても、何らおかしくはないと感じるはずです。

深泥池のタクシー怪談とは?

 (809562)

幽霊タクシーと言う話を聞いたことがありますか。多くの人が一度は聞いたことがある怪談です。

かなり有名なこの怪談は、実はこの深沼池発祥の話です。この深沼池はまさに、タクシー怪談のスポットなのです。

タクシー怪談を聞いたことがある人は、この話が実際に舞台があることを知らないかもしれませんが、ちゃんと実際に舞台がある話なのです。

タクシーに乗せた女性が…

 (809564)

このタクシー怪談はとても有名ですが、この話はタクシーに乗せた女性が大きく関係している話です。あるタクシーが京都の郊外で女性を乗せました。

その女性は行先を深沼池とだけ告げて、後は何も話をしませんでした。タクシーの運転手は深沼池に向かいましたが、目的地に到着するというときに女性は消えてしまったのです。

そして、その女性が乗っていた後部座席のシートはぐっしょりと濡れていたということです。

その後捜索するも痕跡は一切見つからず

 (809565)

この話はマスコミに取り上げられ、瞬く間に世に広がることになりました。タクシーの運転手は警察にも届けており、その女性がどこに行ったのかが調べられましたが、痕跡自体が一切ないことから、捜索は打ち切りになりました。

つまり、このタクシーの話は実話ということになります。本当に女性が乗ったのか、そして本当に消えてしまったのかについては謎に包まれていますが、タクシーがこうしら体験をしたであろうことと、通報をして捜査が行われ、さらには痕跡が一切なかったことは事実です。

深泥沼の怖い噂や心霊現象

実はこの深沼池は昔から怖い噂や心霊現象が多発しています。このタクシーの話が広まる前から、深沼池は心霊スポットとして有名だったのです。

では、どのような怖い話があるのか、そしてどのような心霊現象が起こっているのかについてご説明いたします。次の話を聞けば、タクシーの話も納得できるかもしれません。

入水自殺が絶えない

View this post on Instagram

🔹🔹ⓑ⑦ⓖⓔⓒⓚⓞ🔹🔹⠀ ・⠀ 〜 深泥沼の紅葉 〜 ・⠀ 久しぶりに五色沼湖沼群を歩きました ・⠀ ・⠀ —————————–⠀ 撮影地:福島 撮影日:2019.10.21 —————————–⠀ When introducing this picture in your gallery, please follow the rules below. ⠀ 1.Please don't change the size of the picture.⠀ 2.Please don't eliminate a copyright.⠀ 3.Please put my account on the picture as a tag and do.⠀ 4. Indicate photographer's account on a comment space.⠀ —————————–⠀ #磐梯朝日国立公園 #五色沼 #深泥沼 #磐梯山 #紅葉 #vivid_impact #ig_myshots⠀ #ig_world_colors⠀ #amazing_shots⠀ #global_creatives⠀ #igworld_global⠀ #earth_shotz⠀ #turkobjektif #LINES_and_POINTS #art_of_japan_ #はなまっぷ⠀ #wp_flower⠀ #team_jp_flower⠀ #best_moments_flora #best_moments_nature⠀ #picturetokeep_nature⠀ #total_naturepics⠀ #best_moments_landscape⠀ #planetoutside⠀ #total_landscapes⠀ #ig_nature_naturally #total_reflections⠀ #raw_reflection⠀ #reflectiongram⠀ #reflection_super_pics⠀

A post shared by syn. (@b7gecko) on

この深沼池は、昔から入水自殺が絶えないスポットなのです。この深沼池を選んでしまう理由は、この池がとても深いということ、そして一度奥まで進んでしまうと沼に足を取られて二度と戻ってこられなくなるからです。

つまり、一度深沼池に足を踏み入れてしまうと必ず亡くなってしまうということです。そのため、自殺者が後を絶たなくなったのです。

精神病院の患者が池に入り大勢が亡くなった

また、この深沼池の近くには精神病院があったという噂があります。そして、その精神病院に入院していた患者が、この深沼池に入り込んだのです。

それも多くの患者が入り込んでしまい、結果的に多くの人が亡くなる自体になったのです。あくまでも噂ですが、実際にこうした話が出回っているのは何らかのわけがあるのかもしれません。

人魂が出る

View this post on Instagram

🇯🇵福島県、裏磐梯の五色沼。 本当に見る角度によって、様々な色に変わる水面を楽しめます。 こちらは、いくつかある沼の中の深泥沼(みどろぬま)です。 沼底の成分や流入する水、藻などの影響で色が変わるそうですよ。 ちなみに、私は立ち寄れなかったのですが、近くにある諸橋近代美術館はアジア唯一のダリの常設美術館だそうですよ。次回行った際には、ぜひ立ち寄りたいと思います! 五色沼のハイキングと合わせて、桧原湖の遊覧船もおすすめです! #福島 #裏磐梯 #猪苗代 #五色沼 #深泥沼 #ハイキング #桧原湖 #遊覧船 #旅行 #国内旅行 #諸橋近代美術館 #ダリ #サルバドールダリ #旅行好きな人と繋がりたい #ぶらり旅 #遠出 #旅スタグラム #fukushima #japantrip #dali #salvadordali

A post shared by yoshihiro sugimoto (@sugimotoo927) on

この深沼池の近くに住んでいる住民の中には、このスポットで心霊体験をした人がとても多いです。実際に深沼池の近くで人魂を見たという人もいるほどです。

それも一度や二度ではなく、何度も見たという人もいれば、たくさんの人魂を見たという人もいます。さらには霊感が強い人はこのスポットは行きたくないとまで感じてしまうらしく、深沼池の近くに住んでいながら、あえて避けて通っている人もたくさんいます。

深泥沼の心霊体験談

 (809570)

それでは深沼池で起こった心霊体験をご紹介します。この深沼池はタクシーの話で有名ですが、そうした話意外にも実際に怖い体験をした人がたくさんいます。

もし、心霊スポットに興味がある人は、できればこの深沼池は訪れない方が良いかもしれません。本物の心霊スポットのため、遊び半分で訪れてしまうと、取り返しのつかない自体に遭遇することも予想されます。

これからご紹介する心霊体験をじっくりと確認して、実際に足を運ぶがどうかを考えてみましょう。

霊感がある人は注意

 (809571)

友達数人で心霊スポットで有名な深沼池に行きました。友達はかなり心霊スポットに詳しく、今まで有名なスポットに行ってきたということもあり、この深沼池も他のスポットと変わらないだろうと思っていたようです。

しかし、実際にこのスポットに来るとその思いは崩れました。空気が他の心霊スポットよりも全く違っていたようです。

また、友人の一人は霊感があるようですが、このスポットは明らかに強い霊気が漂っていることが分かったようです。それも数人の霊ではなく、かなりたくさんの霊を感じていたようです。

まさに本物とも言えるこの深沼池は、もう二度と行くことはないと思います。

(22歳男性)

池の中心に女性の霊

 (809572)

深沼池の近くを車で通りました。深沼池を目的地としていたわけではありませんが、たまたまこの場所を通りがかったのです。

時間は夕方だったため、池自体は綺麗に見えました。何となく池の中心を見たときです。

池の中心に女性のような影が見えました。影と言っても真っ黒ではなく、なんとなく色が付いたような影でした。

車を運転していましたので、ほんの一瞬かもしれませんが、間違いなく女性であることが分かりました。運転中ということもあり、すぐに前を向きなおして、再度、池の中心を見たときには既に女性の影は消えていました。

(40歳男性)

池の中から人の声

 (809573)

深沼池に心霊体験に行ったときのことをお話します。深沼池はかなり有名な心霊スポットということもあり、心霊体験にはうってつけの場所だと思い、足を運ぶことにしました。

深沼池に着いたときには、この場所に来たことを後悔していました。身震いするほど怖く感じ、そしてうっすらですが、池の中から声のような音が聞こえてきました。

その声は最初は一人のように聞こえていましたが、時間が経つにつれてどんどんと増えていくように聞こえました。すぐにその場を離れましたが、その後も怖いという感覚は数日続いてしまいました。

(20歳男性)

タクシー怪談が有名すぎて近隣住民が大迷惑

 (809574)

この深沼池はタクシー怪談はかなり有名な話です。しかし、有名になったことで、近くの住民はとても迷惑を受けることになりました。

とくに新聞などで取り上げられたころは、連日マスコミは若者がこのスポットを訪れ、騒音などの迷惑も起こっていました。今ではそうしたことも少なくなりましたが、それでも肝試しに訪れる若者はいます。

このスポットに足を運ぶ場合は、常識ある行動を取らなければいけません。また、非常識な行動は霊の怒りを買ってしまう可能性もありますので注意しましょう。

深泥池の場所や行き方

 (809576)

深沼池は京都府京都市北区上賀茂深泥池町67-1にあります。深沼池に行くには、車が一番です。

近くには電車などは走っていませんので、車が最適な移動手段となるでしょう。また、近くにはバス停もありますので、バスでの移動も良いでしょう。バスの場合、深沼池というバス停がありますので、そこから歩いて5分ほどで到着します。

山奥ではありませんので、比較的足を運びやすい場所にあります。ただ、車で騒音を周囲にまき散らすようなことはやめましょう。

あくまでに近隣住民に迷惑がかからないように、静かに訪れるなどの配慮は行いましょう。

訪れる際は節度ある行動を

 (809577)

深沼池は、間違いなくかなり有名な心霊スポットです。かなり有名な心霊スポットのため、訪れる人も多いです。

しかし、多くの人が訪れれば、それだけ近隣住民の迷惑になることも考えておきましょう。そのため、深沼池に肝試しなどで訪れるときには、かなり節度ある行動を意識しましょう。

他の人の迷惑にならないように楽しむことが一番です。また、非常識な行動を起こすことで、霊の怒りを買ってしまうことがあることも覚えておきましょう。

関連する記事