旅行情報メディア【トリマ】

石清水八幡宮は厄除けのパワースポット!ご利益や見どころ・御朱印についても

石清水八幡宮は厄除けのパワースポット!ご利益や見どころ・御朱印についても

2020.09.29

Trimaパワスポ編集部

京都にある石清水八幡宮は厄除け・厄払いのパワースポットとして人気です。経営の神様・松下幸之助や武将からも厚い信仰を受けていたとか。今回は、石清水八幡宮のすごいご利益やパワースポットを徹底解説!見どころや御朱印、おみくじについても紹介します。

目次

  1. 石清水八幡宮のご利益がすごい!
  2. 石清水八幡宮について
  3. ご祭神は?
  4. 松下幸之助が愛した神社
  5. 日本三大八幡宮の一社
  6. 石清水八幡宮のご利益
  7. 厄除け・厄払い
  8. 必勝
  9. 安産
  10. 病気平癒
  11. 交通安全
  12. 石清水八幡宮のパワースポット
  13. タブの木
  14. 招霊の木
  15. 一ツ石
  16. 大楠と信長塀
  17. 石清水井
  18. 石清水社
  19. 高良社
  20. 石清水八幡宮の御朱印
  21. 御朱印帳はある?
  22. 御朱印
  23. 時間
  24. 石清水八幡宮の口コミ
  25. 難しい商談がまとまった
  26. 大事な試験に合格!
  27. 石清水八幡宮のアクセス情報
  28. 石清水八幡宮で厄払いをしてご利益をいただこう!

石清水八幡宮のご利益がすごい!

 (814503)

京都府八幡市にある石清水八幡宮をご存じでしょうか?建物の10棟が国宝にしていされおり、日本三大八幡宮の1つともされる由緒ある神社の1つです。

京都には歴史溢れる建造物がたくさんあり、国内外から多くの観光客が訪れています。縁結びや恋愛成就を願ってパワースポットに行く方も多いでしょうが、石清水八幡宮は特に浄化パワーに優れた神社です。厄を祓うことで開運にもつながりますので、運気アップにもぴったりなんです。

今回は、石清水八幡宮のご利益やパワースポットを解説!御朱印や口コミも紹介していきます。

石清水八幡宮について

 (814504)

石清水八幡宮は、伊勢神宮に次ぐ二所宗廟の1つで、創建の頃から二十二社(上七社)に指定されています。また宮中は、四方拝で遥拝される神社の1つでもあります。格式高い石清水八幡宮は、多くの文化人からも愛されてきたとか。

数ある京都のパワースポットの中でも、石清水八幡宮はさほど名が知れた神社ではありません。市街地から少し離れた大阪との県境にあるのも理由でしょう。

しかし境内には様々な見どころがあり、多くのご利益を授かれる非常に強いパワーを感じさせる神社です。

 (814514)

石清水八幡宮が創建されたのは、860年です。宇治神宮から勧請され京都南部の男山に鎮座しました。創建以来、宮寺形式をとっていましたが、神仏分離により仏式は廃止されています。

元々お寺だった岩清水八幡宮は、仏と神の力で災いから護り、現在もその強いパワーを引き継いでいます。

ご祭神は?

 (814505)

御祭神は3柱から成り立っています。誉田別命 (ほんだわけのみこと)、比咩大神 (ひめおおかみ)、息長帯姫命 (おきながたらしひめのみこと)で、「八幡大神」「八幡三所大神」と呼ばれています。

誉田別命は、第15代「応神天皇」のことで、息長帯姫命 の夫でもあります。夫婦そろって軍を率いて海を渡りました。比咩大神は西御前に祀られる女神さまで、玄界灘の神として知られています。息長帯姫命は、住吉大社の第四本殿に祀られている神様です。

松下幸之助が愛した神社

 (814506)

経営の神様とも言われた松下幸之助が愛した神社としても有名です。松下幸之助とは、パナソニックを創業し、世界的企業へと発展させた方。

経営に関する数々の名言を残しており、5年間で売り上げを4倍にするという「5年計画」を4年で成し遂げた驚異的な経営人です。そんな彼が愛した石清水八幡宮は、戦国武将からも厚い信仰を受けてきており武家の聖地でもありました。

日本三大八幡宮の一社

 (814507)

石清水八幡宮は、日本三大八幡宮の1つとしても知られています。主に武家の崇敬を集めた土地に建てられた全国におよそ1万あると言われる八幡宮の内、最も由緒と知名度が高い3つの神社が日本三大八幡宮です。

宇佐神宮(大分県宇佐市)、筥崎宮(福岡市東区)あるいは鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)と、石清水八幡宮が選ばれています。

それだけ由緒あり有名でご利益が高いということです。

石清水八幡宮のご利益

 (814508)

戦国武将からも崇敬され、経営の神からも愛された石清水八幡宮にはどのようなご利益があるのでしょうか?厄除けのご利益があるということは、当然それに伴い開運も得られます。

また武将から愛されてきたことから必勝のご利益も期待できるでしょう。では、具体的にどのようなご利益があるのか紹介していきます。

厄除け・厄払い

 (814530)

誰しもに厄年があり、通常より災いに遭遇しやすいと言います。日本では厄払い・厄除けをする風習があり、無事安泰に過ごすために祈祷されます。

石清水八幡宮では、降りかかる災いを取り払うご利益があり、多くの方が厄除けに訪れています。鎌倉時代の元寇では、境内から放たれた矢が襲いかかり元軍を撃退したという言い伝えもあり、そこから厄除けの神様として知られるようになりました。

必勝

 (814542)

武士からも勝利を司る神様として崇められてきました。八幡大神を祀っていることからも、障害を突破し勝利に導く、目標に向かって突き進む必勝のご利益があります。

新しく何かを始める時、成功したい時など、強いパワーが必要な時に参拝すると障害から守ってくれ、必勝に導いてくれるでしょう。

安産

 (814546)

安産のご利益は、息長帯姫命からきています。息長帯姫命は、妊娠中でありながら遠征を遂行した神様です。また、帰国後無事に出産したことから、安産の神様として祀られています。

妊娠したら誰しも安産を願うものでしょう。必勝のご利益もありますので、Wのパワーで良い結果に導いてくれるはず!

病気平癒

 (814549)

厄を祓ってくれることで心身ともに安定し、病気平癒のご利益も授かれます。開運も必勝も健康な体あってこそ。いつまでも健康で長生きしたいと願うのは、誰しも同じでしょう。

さまざまな災いから守ってくれることで、病気にも打ち勝ち強い体へ導いてくれます。病気を快復したい人はもちろんですが、健康を願う方にもぴったりな神社です。

交通安全

 (814556)

厄除け、開運などのご利益とともに、交通安全のご利益も期待できます。車に乗る方、自転車になる方など、普段から乗り物に乗っている方は、ぜひ参拝してみてください。

もちろん海上や航空などの安全のご利益もあります。参拝とともにお守りを購入すれば、さらにご利益を得られるでしょう。

石清水八幡宮のパワースポット

石清水八幡宮は、大阪との境にある男山にある神社です。山自体がパワースポットとして知られており、境内に足を踏み入れると澄んだ空気と神聖なる雰囲気が相まって、ひしひしとパワーを感じられるでしょう。

境内には様々な見どころがありますが、その中でも特に押さえておきたいパワースポットを紹介していきます。

タブの木

1つ目のパワースポットは、樹齢700年とも言われる「タブの木」です。境内にある摂社・高良神社の御神木で、迫力のある佇まいが印象的な大きな木です。

こちらの木は、昔から厄除けのご利益があると崇められており、多くの参拝者を集めています。ぜひそのパワーを近くで感じてみてください。澄んだ空気を感じられ、エネルギーがチャージされるでしょう。疲れた体や心を休めたい人にもぴったりのスポットです。

招霊の木

続いては「招霊の木」を見ていきましょう。こちらは、神が宿る木として古くから崇められており、本殿の御神木として知られています。

「招霊の木」(おがたまのき)はモクレン科に属する木で、その高さは約20mにも及ぶとか。春になると白色の花を咲かせ、心地よい香りを放ってくれます。巫女さんが舞う際に鳴らす「神楽鈴」は、おがだまの木の実をモチーフにしているとか。

おがたまの木は、実は、皆さんも身近でよく目にしています。1円玉硬貨の裏に描かれているのがおがたまの木なんです。葉っぱが印象的な木ですが、香料としても使用されてきたとか。

漢字で書くと「霊を招く木」となるため、神が依り代として境内に植えられています。ぜひ近くでその葉っぱの形や木の実に注目してみてください。太陽の光を浴びたおがたかまの木は、神々しくパワーを放っています。

一ツ石

三の鳥居から本殿にまっすぐと伸びる参道に「一ツ石」という看板が見えてくるでしょう。囲いの中には大きな自然石が置かれています。この石は、「勝負石」「お百度石」とも言われています。かつて参道で行われていた競馬の出発点だったことから「勝負石」と呼ばれるとか。

また、ここがお百度参りや千度参りのスタートとなっていたことから「お百度石」とも呼ばれています。ここから本殿まで百往復していたと言いますから、それは苦しい道のりだったことでしょう。パワーみなぎるスポットで、その力を全身に感じてみてください。

大楠と信長塀

本殿に向かって左側に大きなクスノキがそびえたっています。「楠木正成公」が植えたことから通称「楠木正成公の楠」とも言われています。戦勝祈願のために奉納したと言いますので、必勝のご利益必死のパワースポットです。

勝負事がある方や運気アップさせたい人は、ぜひ近くでエネルギーをチャージしてみてください。「信長塀」は、織田信長が採用したことからその名前がつけられたと言います。熱田神宮にもありますが、武士たちから厚い信仰を受けてきたのがこの塀からも感じ取れるでしょう。

戦の際には守護神ともなり、必勝に導いたとも言われる石清水八幡宮!そのご利益は境内のあらゆるスポットから溢れ出ています。

石清水井

「石清水井」は、表参道と裏参道の間にあり、境内でも最も神聖な場所と言われています。石清水八幡宮の名前の由来ともなった井戸で、男山に湧く八幡五水の井戸の1つです。5水の中でも最も重要な井戸で、石清水八幡宮が造られる前から湧き出ていたとか。

井戸の上には竹林がご覧いただけます。この竹もパワースポットの1つ。神聖なる井戸で、心が洗われていくのを感じてみてください。

石清水社

View this post on Instagram

#石清水社 #鳥居 #常夜灯 #石清水八幡宮 #京都

A post shared by tsunoda (@tsunodadesignoffice) on

先ほど紹介した「石清水井」があるのが「石清水社」です。明治以前は、「石清水寺」というお寺だったんです。当時は、仏と神を同格で崇めるスタイルを取っていたことでも有名です。

井戸の右手の少し高いところに祠があり、御祭神の天之御中主神が祀られています。そこには「御神徳 心願成就の神様」と記されており、日本神道の最高神でもあります。

京都府指定文化財にも指定されている「石清水社」は、井戸同様、境内でも一番神聖なスポットです。石清水八幡宮の参拝には欠かせない摂社ですので、ぜひ参拝してみてください。

高良社

「高良社」は石清水八幡宮の摂社で創建は、860年、869年とも言われています。「鳥羽伏見の戦い」により炎上しましたが、1884年に再建され、1906にはほぼ元あった位置に移座されています。

祭神は「高良玉垂命」。旧八幡町の氏神として厚い信仰を受けています。落ち着いた独自の雰囲気を持っており、その厳格な見た目から、仁和寺の法師に登場するお坊さんが本宮と間違えて参拝したという笑い話もあります。

毎年7月には「太鼓まつり」が開催され、多くの人で賑わいを見せます。境内からはパワフルな空気を感じ取れるでしょう。

石清水八幡宮の御朱印

 (814732)

参拝の記念に御朱印をいただく方も多いでしょう。最近は、神社により御朱印の種類も異なり、季節に応じた限定の御朱印や、コラボした御朱印など、御朱印の種類も増えてきました。神社によっては書体も異なり、その場で書いていただける楽しみもあります。

石清水八幡宮の御朱印にはどのような特徴があるのでしょうか?ここからは、御朱印・御朱印帳の特徴や受付時間を紹介していきます。

御朱印帳はある?

石清水八幡宮で現在扱っている御朱印帳は、「勅祭 石清水祭」の行列の様子が刺繍された、青色をベースとした布製の御朱印帳です。シックなカラーに繊細に施されて刺繍が鮮やか!ここでしか手に入らない特別な御朱印帳とあって、多くの方がこれを目当てに参拝するとか。

お値段は2,000円です。御朱印代は別途かかります。なお、御朱印帳を汚したくない方におすすめなのが、御朱印帳を入れる袋も一緒に購入することです。袋は1,500円になります。

現在扱っている御朱印帳はこちらの1種類のみですが、噂によると本蒔絵の御朱印帳(金色)と、石清水灯燎華の御朱印帳もあるとか。

本蒔絵の御朱印帳(金色)は本殿が描かれた金色の御朱印帳で、お値段は3,000円です。石清水灯燎華の御朱印帳は、毎年5月4日のみ限定発売される御朱印帳です。

本蒔絵になっており、ライトアップされた本殿がモチーフになった高級感溢れる御朱印帳です。こちらもお値段は3,000円。通常の御朱印帳に比べると、若干お高めではありますが、その分特別感を味わえる御朱印帳です。

御朱印

続いては御朱印の特徴を見ていきましょう。石清水八幡宮の境内には多くの摂社があるとお話ししました。それらの摂社では御朱印をいただけるのでしょうか?

石清水八幡宮でいただける御朱印は全部で4種類!「石清水八幡宮」「石清水社」「高良神社」「武内社」になります。初穂料はどちらも300円です。

「石清水八幡宮」の御朱印は真ん中に「八幡大神」と書かれており、左側に日付が入ります。

「八」の字が鳩になった可愛らしい御朱印もあります。「鳩の字で」とお願いすれば、可愛らしい鳩の字で「八」を書いてくれます。また、季節ごとに特別な和紙の御朱印も用意されています。3種類あり、どれも目移りする可愛さ!季節限定の和紙の御朱印にも注目してください。

「石清水八幡宮」以外の残り3つの御朱印は、どちらもスタンプタイプになりますので、スムーズにいただけます。

時間

 (814698)

岩清水八幡宮の御朱印がいただける場所は、お守りやおふだの授与所になります。御本殿に向かって右側にあり、すぐに見つかるでしょう。受付時間は時期によって異なります。

4月~9月は8時30分~18時30分。10月~3月は8時30分~18時。1月1日~19日までは不定期で、12月31日は8時30分~11時と短くなっています。また行事のある日には、受付時間が変わることもあります。4つの御朱印をいただくためには、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

御朱印だけでなく、おみくじにも注目!特に「鳩みくじ」と呼ばれる、可愛らしい鳩のおみくじが人気です。

石清水八幡宮の口コミ

 (814701)

厄除けの神様として知られる石清水八幡宮ですが、様々なご利益が授かれるとあって、多くの参拝者を魅了しています。境内には「エジソン記念碑」も建てられており、エジソンが描かれた絵馬も売られているんです。必勝祈願の1つとして、合格祈願に訪れる人も多いとか。

実際に参拝した人からは、「仕事運がアップした」「健康に1年過ごせた」「新しい事業で成功した」など嬉しい声がたくさん届いています。ここからは、参拝してご利益があった人たちの口コミを見ていきましょう。

難しい商談がまとまった

 (814705)

仕事で難しい商談に直面していました。なんとかこの商談をまとめると、会社には大きな利益をもたらしてくれるとあって、私も同僚たちもあの手この手で必死に策を練っていたんです。しかし、思うように上手くいかず、半ば諦めかけていました。

そんな時、同僚から「石清水八幡宮を参拝してみたら」とアドバイスをいただき、早速お参りすることに・・・。「商談が上手くまとまりますよに」と祈願し、数日が経った時です。ふとこれまでのやり方ではだめだ!と新しいアイデアが降ってきて、視点を変えて違うアプローチをしてみると、難航していた商談が一気にまとまったんです。

石清水八幡宮を参拝したお陰です。(30代・男性)

大事な試験に合格!

 (814710)

検定試験を受けるため勉強に励んできました。合格を勝ち取るためにお参りしとこう!と思い、石清水八幡宮を参拝したんです。見どころ満載の神社で、パワースポットを巡って「合格しますように」と沢山お願いしてきました。

いつもなら緊張でがちがちになって実力を発揮できないのですが、今回の試験は落ち着いて挑め見事合格!自分自身も頑張ってはきましたが、参拝してご利益をいただいたのも大きかったでしょう。

試験に合格してからは、新しい仕事も決まり充実した日々を送っています。(20代・男性)

石清水八幡宮のアクセス情報

 (814714)

岩清水八幡宮は、京都府八幡市八幡30にあります。最寄りの駅は「八幡市駅」で、京都駅からは40分ほど、大阪駅からは約1時間で到着します。京阪電車と地下鉄には「宇治・伏見1dayチケット」があり、石清水八幡宮で鳩ストラップがもらえるのでおすすめです。

「八幡市駅」からの行き方を見ていきましょう。徒歩だと20~25分ほど。改札を左に出て、表参道、裏参道の階段を登っていきます。表参道には380段ほどの階段があり、裏参道は560段ほどです。特に行きは坂になっており、階段の数も多いため足腰に自信がない方は疲れてしまいます。

 (814720)

徒歩以外にはケーブルカーを利用するのがおすすめです。ケーブルカーで周辺の景色を楽しみながら、到着したら本殿を目指します。右側の舗装された道を使えば、緩やかな坂になっており階段はあまりありません。本殿前まで歩いて10分ほどで到着します。

行きはケーブルカー、帰りは徒歩で降りてくるのもおすすめです。ご自身の体力に合わせてチョイスしてみてください。車の方は、大阪からだと名神高速・大山崎ICから約10分、京都からだと第2京阪道路、京滋バイパスの久御山・淀ICから10分ほどです。

駐車場は一の鳥居の近くにあり、普通車500円で8:30~16:00まで停められます。

石清水八幡宮で厄払いをしてご利益をいただこう!

 (814726)

石清水八幡宮は、厄払いや浄化のパワースポットとして人気があります。境内にはさまざまな見どころがあり、仕事運をアップしたい男性の参拝客も多いと言います。自然に囲まれた気持ち良い境内で厄を祓えば、運気アップや開運につながるはず!

ぜひ参拝してそのパワーを感じてみてください。

関連する記事