旅行情報メディア【トリマ】

東山トンネルは京都屈指の心霊スポット!内部の様子や心霊現象とは

東山トンネルは京都屈指の心霊スポット!内部の様子や心霊現象とは

2020.09.25

Trima心霊編集部

東山トンネルと聞けば、心霊マニアであれば心霊スポットだと即座に答えるでしょう。それほど有名なスポットであり、年間、多くの人々人が東山トンネルを心霊目的で訪れています。なぜこれほどまでに東山トンネルに引き付けられるのかご説明いたします。

目次

  1. 京都の心霊スポット【東山トンネル】
  2. 自転車と歩行者専用トンネル「花山洞」
  3. 東山トンネルの心霊現象
  4. この場所の歴史が関係?落ち武者の霊
  5. 事故の犠牲者?首なしライダー
  6. 墓地からの訪問者?赤い服の女
  7. 東山トンネルの様子
  8. 外から見た様子
  9. 内部の様子
  10. トンネルを抜けると地蔵が祀られている
  11. 東山トンネルでの心霊体験談
  12. トンネル内で叫び声
  13. トンネルで佇む男性
  14. 東山トンネルの場所や行き方
  15. 京都にはもっと怖い心霊スポットがある?!
  16. 青信号は危険?!清滝トンネル
  17. タクシー運転手が恐れる深泥池
  18. 夜の東山トンネルは人通りも少なく危険な場所

京都の心霊スポット【東山トンネル】

京都には東山トンネルと呼ばれる心霊スポットがあります。京都にはたくさんの心霊スポットが存在していますが、中でも東山トンネルは心霊マニアの間では知らない人はいないほどの有名スポットです。

この京都の東山トンネルは、心霊スポットとしては出来すぎていると言えます。さまざまな条件が重なりすぎているほど、とても怖いスポットなのです。

自転車と歩行者専用トンネル「花山洞」

この東山トンネルは、心霊スポットとしてかなり有名ですが、実際に霊が現れるとされているのは、自転車と歩行者専用の道である花山洞と呼ばれているトンネルです。

レンガ造りになっているこの花山洞と呼ばれるトンネルは、東山トンネルができる前に利用されていたトンネルです。現在では自転車と歩行者専用になっていますが、かなり道幅が狭いこともあり、危険性が感じられるトンネルです。

東山トンネルの心霊現象

 (782259)

東山トンネルはどういった心霊現象が起こっているのでしょうか。東山トンネルは、現代の幽霊が現れるとイメージするかもしれませんが、かなり昔の霊も現れているようです。

東山トンネルの心霊現象の一部についてご説明いたします。

この場所の歴史が関係?落ち武者の霊

 (782260)

東山トンネルは、大昔は渋谷街道と呼ばれていました。この道はなくてはならない道でしたが、さまざまな事故なども起こったはずです。

ぬかるんだ道が続いていたこともあり、この場所で命を落とした武者も多くいたはずです。そのため、今でもこの地で亡くなった落ち武者の霊が出ると言われています。

事故の犠牲者?首なしライダー

 (782261)

また、この東山トンネルでは首なしライダーも目撃されています。この東山トンネルは、緩やかなカーブがある道ですが、ライダーの事故がかなり多いです。

目撃情報によると、首のないライダーがバイクに向かって眺めていたと言う話です。また、この場所はなぜかライダーが引き寄せられる何らかの力があるとされています。

事故によってなくなったライダーが、次のライダーを引き寄せているのかもしれません。

墓地からの訪問者?赤い服の女

 (782264)

この東山トンネルを抜けると、かなり規模野大きな墓地があります。この墓地に眠る霊が現れるという噂もあります。

赤い服の女を見たと言う情報が多く、中には着物姿の女性を見たと言う情報もあります。何らかの未練を残し手この墓地に埋葬された霊が、今でもさまよっているのかもしれません。

東山トンネルの様子

東山トンネルはどういった見ためでしょうか。東山トンネルは、いかにも出そうな雰囲気をかもし出しています。

外から見た様子

これが外から見た東山トンネルの様子です。綺麗とは言えない外観なので、外観だけで出そうな雰囲気が感じられます。

自転車と歩道専用の花山洞もそうですが、自分で進んで中に入ることはためらつてしまうような怖さです。

内部の様子

内部は外観よりもさらにこわい雰囲気があります。一番怖さが凶兆されているのは、内部の照明が異常に少ないことでしょう。

暗いと言う感覚が一気に押し寄せてきますので、それがそのまま恐怖感に繋がります。

トンネルを抜けると地蔵が祀られている

 (782253)

東山トンネルを抜けると、そこには地蔵が祀られています。何のための地蔵なのかは分かりませんが、おそらく昔からこの峠ではさまざまな事故が起こっていたと言うこともあり、地蔵が建てられたのではないかと言われています。

実際にこの場所に来れば分かりますが、異様な雰囲気のトンネルを抜けた後にある地蔵はより強い恐怖感を感じます。

東山トンネルでの心霊体験談

 (782266)

東山トンネルではどういった心霊体験が確認されているでしょうか。数ある心霊体験談の中から、よりすぐりの体験談をご紹介します。

この話を聞けば、心霊マニアは絶対に行きたくなるでしょう。

トンネル内で叫び声

 (782267)

車で東山トンネルを深夜走っているときに、中から人の叫び声のような音が聞こえます。もちろん、車が走る音とは明らかに違うことは分かります。

この叫び声は、男性にも女性にも似つかない声で、助けを求めているような声です。トラウマになってしまいそうなこの叫び声は、深夜にしか確認できません。

トンネルで佇む男性

 (782270)

東山トンネルは、ライダーだけではなく一般の自動車も事故を起こしています。そうした被害者の方が霊となって出てきているのかは分かりませんが、トンネル内で佇んでいる男性の姿は度々、目撃されています。

もちろん、この場所を一人で歩くようなことはありません。歩行者であれば花山洞を通ることになりますので、男性が佇んでいることなどありえないと言えるでしょう。

その男性は何をすると言うわけでもなく、ただただ下を向いている状態です。おそらくはこの世の者ではありません。

東山トンネルの場所や行き方

 (782271)

起用との心霊スポットで数名な東山トンネルの行き方をご紹介します。東山トンネルは、車で行くのがベストですが、バスで行くこともできます。

京阪バスにて清閑寺山ノ内町で下車します。そのまま道沿いに1分ほど歩けば東山トンネルに到着します。

また、東山トンネルは国道1号線沿いにありますので、車でも確認することができます。ただし、このスポットはトンネル内で車を停めることはできません。

もし自家用車で東山トンネルに行く場合には、危険な行動は必ず避けるようにしましょう。自分だけではなく、多くの人の迷惑になります。

京都にはもっと怖い心霊スポットがある?!

 (782272)

京都にはたくさんの心霊スポットがあります。東山トンネルもその一つですが、他にもまだまだ勇名な心霊スポットはあります。

その一部をご紹介しまので、ぜひチェックしてください。

青信号は危険?!清滝トンネル

 (782274)

清滝トンネルは、京都市北区の深泥池にかかるトンネルです。このトンネルはかなり狭く、トンネルの端と端を結ぶ信号機により管理されていますが、トンネルには居る前に既に青信号だった場合は、幽霊が現れるとされています。

ボンネットに女性の霊が飛び乗ってきたり、トンネル内で御経が聞こえるなどの怪奇現象が確認されています。

タクシー運転手が恐れる深泥池

 (782276)

深泥池は、先程の清滝トンネルからほど近い場所に位置しています。深泥池は、タクシー運転手も恐れるほどの心霊スポットです。

それもそのはず、この深泥池はタクシー運転手の怪談で有名なスポットだからです。お客様を乗せたのに、振り返ると誰でもいなかったと言う有名な話は、この深泥池が発祥だと言われています。

昔、この深泥池は自殺野名所になっていたため、幽霊が現れると云われています。

夜の東山トンネルは人通りも少なく危険な場所

 (782278)

東山トンネルは、有名な心霊スポットであることは間違いありません。そのため、多くの心霊マニアがこのスポットに足を踏み入れています。

ただ、夜の東山トンネルはかなり危険です。トンネル内は暗いこともそうですが、車がスピードを出して通ることもありますので、危険なのです。

また、自転車や歩行者専用の花山洞はさらに危険です。幽霊的な怖さもそうですが、それ以上に危険を感じる場所のため、できれば夜の東山トンネルは行かないようにしましょう。

また、ルールや常識を守って楽しむことも忘れないようにしましょう。

関連する記事