旅行情報メディア【トリマ】

黒川温泉の日帰り可のおすすめ混浴スポットまとめ!混浴の注意点も

黒川温泉の日帰り可のおすすめ混浴スポットまとめ!混浴の注意点も

2020.05.22

Trima熊本編集部

黒川温泉は、全国でも人気のかなり高いスポットです。この黒川温泉がここまで高い人気を得ているのは、最高のロケーションで混浴を楽しめるからです。数ある黒川温泉の宿のなかでも、おすすめの混浴スポットや日帰り可能な場所をご紹介しますので、チェックしてください。

目次

  1. 温泉好きにおすすめ!黒川温泉とは?
  2. 黒川温泉の歴史
  3. 入湯手形について
  4. 7つの泉質
  5. 【日帰り可】黒川温泉の混浴
  6. いこい旅館
  7. 新明館
  8. 夢龍胆
  9. おおぎ荘
  10. 共同浴場 元湯
  11. 帆山亭
  12. 旅館 山河
  13. いやしの里 樹やしき
  14. 奥の湯
  15. 旅館 山翠
  16. 山林閣
  17. 川風呂
  18. 瀬の本館 夢龍胆
  19. 混浴を楽しむ上での注意点
  20. 写真・動画の撮影はしない
  21. ワニに注意する
  22. 過度なスキンシップをしない
  23. 混浴はカップル・家族などにおすすめ!

温泉好きにおすすめ!黒川温泉とは?

View this post on Instagram

今年で8回目の開催となる黒川温泉の「湯あかり」。もともとは放置竹林から地域の環境・景観を守るため、竹の間伐・再生活動の一環として始まりました。  ライトアップの総距離は約300m、球状の鞠灯篭を約300個、竹筒の灯篭を50個ほど設置します。  準備作業には毎年地域住民だけでなく、地域外の方々にもたくさんお手伝いいただいております。また近年は黒川温泉だけでなく、地域にある他の温泉地でも灯籠を設置してライトアップする文化が拡がりつつあり、この地域にとってなくてはならない一大行事となっています。   身体を癒す温泉と美味しい食事の後は少し足を延ばして温泉街へ。竹の明かりが揺らめく幻想的な空間で大切な方との楽しい時間をお過ごしください。  「黒川温泉 湯あかり」 日程  2019年12月21日(土)〜2020年4月5日(日) 時間  日暮れ(17時半頃)から22時まで 場所  黒川温泉街 川端通りの川沿い / 温泉公園  #黒川温泉 #南小国 #阿蘇 #露天風呂 #景観 #温泉 #旅館 #絶景 #湯巡り #温泉旅館 #温泉旅行 #温泉巡り #湯あかり #kurokawaonsen #aso #hotsprings #ryokan #japantrip #bestjapanspics #onsen #Japanesestyleinn #greatview #satoyamalandscape #onsenryokan #hotspringsnationalpark #hotspringstour #yuakari #lightupthenight #lightuptheworld

A post shared by 黒川温泉/KurokawaOnsen (@kurokawaonsen) on

黒川温泉をご存じですか。熊本県にはさまざまな温泉地がありますが、なかでも秘湯とも呼ばれる黒川温泉は、今では全国から訪れるほどの人気の観光スポットになっています。

まずは黒川温泉の歴史や泉質などについて触れていきます。

黒川温泉の歴史

黒川温泉は、ここ数年で人気が急上昇した温泉地に感じている人も多いですが、実は昭和35年、戦後から続いている温泉なのです。実際はそれよりも以前に温泉が出る場所としての存在はありましたが、温泉協会として発足したのはこの時期からです。

当時は6件の温泉宿によって構成されていました。

入湯手形について

黒川温泉では、入湯手形を設けています。この入湯手形を利用すれば、お得に黒川温泉を楽しむことができます。

黒川温泉は立ち寄り湯だけデモ楽しむことができますが、料金は500円から800円ほどかかります。しかし、入湯手形を利用すれば、1300円で好きな立ち寄り湯、3箇所入ることができます。

黒川温泉を訪れたときには、この入湯手形については必ず購入しておくべきです。

7つの泉質

日本には数多くの温泉がありますが、さまざまな泉質に別れており、全部で10種類あるとされています。そして実は、黒川温泉には10つのうちの7つもの泉質が含まれています。

アルカリ性の単純泉や、硫黄泉、そして炭酸水素塩泉など、この黒川温泉にくれば日本の有名な泉質のほとんどを楽しめてしまうのは、かなりお得です。そうした意味でもこの黒川温泉は人気が高いのです。

【日帰り可】黒川温泉の混浴

黒川温泉は、宿泊も最高ですが、日帰り温泉も人気があります。数ある黒川温泉の全ての宿が日帰り温泉に対応しているのも魅力的です。

ちょっと黒川温泉のお風呂に入りに行こうと言う旅行プランも立てることができます。また、黒川温泉と言えば混浴も有名です。

日帰りができる、そして混浴も可能な黒川温泉の人気の宿をご紹介いたします。

いこい旅館

View this post on Instagram

#黒川温泉 #いこい旅館 #熊本 #情緒ある

A post shared by YUME0070 (@hanayoridango_no_yumeko) on

日本の古民家を改装したようないこい旅館は、黒川温泉の宿のなかでも群を抜いた人気を得ています。その人気は建物だけではなく、混浴が楽しめる露天風呂もそうです。

柔らかい暖色に包まれた照明に映し出される露天風呂は、夜は最高の贅沢を感じることができるでしょう。人気の宿のため、たくさんの観光客が訪れたます。

できれば平日に足を運んでもらい、お客様ができるだけ少ないときに行ってみてください。打たせ湯もありますので、心も体も和みます。

住所熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6548
営業日通年
営業時間10:00~14:30
定休日不定休
料金500円

新明館

View this post on Instagram

#黒川温泉 #新明館

A post shared by かが.くろ. (@kagm_ku) on

黒川温泉でひときわ目立つ宿と言えば、新明館でしょう。黒川温泉街の中心的な存在であり、和風の大きな建物であることから、すぐに目に付きます。

この新明館でも混浴の露天風呂を楽しむことができます。ただ、この宿で楽しんで欲しいのは露天風呂だけではなく、なんと手掘りで作られた洞窟風呂です。

この新明観の洞窟風呂に訪れれば、間違いなく忘れることができない思い出になります。カップルにおすすめのお風呂です。

住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6608
営業日通年
営業時間8:30~21:00
定休日不定休
料金500円

夢龍胆

黒川温泉の落ち着いた雰囲気に最高にマッチしている夢龍胆は、まるでお屋敷の中に入るような和のリッチ気持ちを味わえる宿です。かなり広い建物の中には、さまざまなタイプの部屋が用意されており、もし黒川温泉に宿泊する機会があれば、迷うことなく夢龍胆は候補に入れておくべきです。

また、夢龍胆のおすすめはお部屋だけではなく混浴で楽しめる露天風呂にもあります。かなり広い露天風呂なので、お風呂でもリッチな気分にさせてくれます。

ここまで大規模な露天風呂はなかなかありません。ぜひ、夢龍胆の混浴露天風呂で最高の気分を味わってください。

住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6430-1
営業日通年
営業時間8:30~20:30
定休日不定休
料金500円

おおぎ荘

大自然に囲まれた、のどかな雰囲気で混浴風呂を楽しみたいときには、黒川おおぎ荘かおすすめです。おおぎ荘は、ある意味では黒川温泉らしくない良さがあります。

黒川温泉と言えば、和の良さをリッチな気分で楽しむイメージがありますが、おおぎ荘は素朴な雰囲気が強いです。しかし、肩苦しくない自然な気持ちで混浴風呂を楽しめますので、そうした温泉が好きな人にはおすすめです。

夜も綺麗な照明で気持ち良さをアピールしてくれます。カップルでこのおおぎ荘に訪れれば、最高の気分を味わえます。

住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺扇
営業日通年
営業時間11:00~20:00
定休日不定休
料金500円

共同浴場 元湯

黒川温泉の共同浴場 元湯は、黒川温泉のルーツとも言えるスポットです。元湯さしく、手の混んだ作りにはなっていませんが、温泉の質の良さは入ればすぐに感じます。

この共同浴場 元湯も混浴で楽しめる温泉です。そしてなんと共同浴場 元湯は、大人は100円で入ることができますので、観光客だけではなく地元の人からも愛されるスポットになっています。

なんとなく温かみを感じさせてくれる温泉なので、黒川温泉に来たときには必ず立ち寄っておくべきてす。

住所本県阿蘇郡南小国町満願寺地蔵湯
営業日通年
営業時間8:30~21:00
定休日不定休
料金100円

帆山亭

山々に囲まれたロケーションで、のんびりとした時間を満喫したいのであれは、帆山亭を選んでみましょう。音のない、静かな場所で露天風呂を楽しむことができ、そして何よりどこを見渡しても山です。

夕方から夜にかけての山の景色が最高で、季節に応じてさまざまな表情を見せてくれます。黒川温泉らしさもあり、自然に囲まれた場所で混浴を楽しんでみてください。

住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6346
営業日通年
営業時間9:00~20:30
定休日不定休
料金800円

旅館 山河

黒川温泉が初めての場合には、旅館 山河がおすすめです。旅館 山河は、老舗の良さを感じさせる和モダンの雰囲気があり、いつまでもこの場所にい続けたくなる温泉が自慢です。

また、全部で7つの温泉があり、どの温泉も黒川温泉にマッチした作りになっています。旅館 山河の玄関に一歩足を踏み入れた瞬間から、心地よさ実感させてくれる宿です。

住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6961-1
営業日通年
営業時間8:30~20:30
定休日不定休
料金500円

いやしの里 樹やしき

現代風の和を意識して作られたいやしの里 樹やしきは、黒川温泉のなかでも隠れ家的なスポットに成っています。黒川温泉自体も人里離れたスポットになっていますが、いやしの里 樹やしきはよりそうした雰囲気を感じます。

かなり広い露天風呂は、自分のスペースを確保しやすいため、お客様が多くても十分楽しめます。また、いやしの里 樹やしきでは囲炉裏料理にも力を入れており、黒川温泉を満喫できる体制が整っています。

住所熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6403-1
営業日通年
営業時間9:00~20:30
定休日不定休
料金500円

奥の湯

黒川に流れる川を眺めながら、ゆっくりと露天風呂を楽しめるロケーションが最高の奥の湯は、黒川温泉では珍しい温泉熱プールがあるスポットです。

奥の湯がおすすめできる季節は冬です。山と川が流れるスポットに雪が擦り積もると、さらに最高のロケーションが整います。

一度この奥の湯を訪れた人は、また来たいという人が多いです。春夏秋冬、混浴が楽しめるスポットですが、中でも秋の紅葉の時期は最高です。これ以上なロケーションで楽しめます。

住所熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6567
営業日通年
営業時間
8:30~21:00
定休日不定休
料金500円

旅館 山翠

View this post on Instagram

【高台の混浴露天風呂から町を一望】 阿蘇を一望する標高約800mの場所に位置する大人だけの宿「旅館 山翠」。10種類以上あるお風呂の中でも最も高台にある混浴露天風呂「仙人の湯」は、季節や時間帯によって雲海や温泉街の湯けむりを眺めることができます。 →@ikyucom #一休コンシェルジュ #こころに贅沢させよう #一休com #kumamoto #ryokan #onsen #hotspring #travel #travelgram #japantrip #explorejapan #travelphotography #旅館山翠 #旅館 #山翠 #熊本 #阿蘇 #温泉 #露天風呂 #混浴露天風呂 #混浴 #源泉掛け流し #温泉旅行 #国内旅行 #湯めぐり #湯巡り #雲海 #温泉三昧

A post shared by 一休.com公式アカウント (@ikyucom) on

黒川温泉の旅館 山翠は、とくにお風呂に力を入れている宿です。なかでも露天風呂はこの旅館 山翠のメインと言えるべき楽しみで、もちろん混浴もできます。

露天風呂は展望風呂になっており、仙人の湯とよばれるスットから眺める山々は、忘れることができない景色です。昼間はもちろん、深夜でも利用ができますので、お客様が減った時間帯にのんびりと気持ちの良い露天風呂を楽しんでみてください。

旅館 山翠は、黒川温泉の中でも少し離れた場所に位置しています。そのため、観光客でにぎわっているわけではありませんので、のんびりと自分の時間を楽しむことができるでしょう。

カップルで訪れれば、カップルだけの時間を満喫できます。

住所熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
営業日通年
営業時間8:00〜15:00
定休日不定休
料金500円

山林閣

View this post on Instagram

・ ・ 熊本 阿蘇郡 小国町 北里 1435 – 1 ・ わいた温泉郷 ・ 旅館 『 山林閣 』立ち寄り湯 OK ! ・ 営業時間⏳ ・ am 10 : 00 〜 pm 22 : 00 ¥ 300 ・ 《 泉質 》硫黄泉 , 🅿︎ あり。 ・ pic 「 滝の湯 」露天風呂 。 ・ しらはなシンフォニーや豊礼の湯 以来のわいた温泉郷 ♨️ やっぱり わいた温泉は乳白色で良い湯ばかり。 ・ こちら、ぱっとみ旅館はレトロな佇 まいで、営業してるのかな?って思 わせるほど … w 駐車場前に下り用の 階段があり、降りた先に玄関があり ます。 ・ 立ち寄り湯の方と、宿泊様の靴箱が ございます。スリッパに履き替えて フロント横にある箱に、入浴料金が 書かれた紙があり、そちらにお金を いれ、振り返り奥に階段があります。 ・ 下ってその先に、第2フロントがあり スタッフの方がお出迎えしてくれます。 ・ たぶんpm 15 : 00 宿泊者様がチェック インする頃には、玄関付近に居ると思う ので案内してもらって下さい。 ・ とりあえず、入浴料金が ¥ 300 で内湯 と露天風呂があります。どちらもブルー で、硫黄臭い w w 別府の明礬よりキツ いかもしれないし、湯の花が感動🥺💓 どっぷりっとはいって舞っていました 。 ・ 内湯と露天風呂は別々で離れている為、 両方入りたい方は、一度着替えてから 次の湯に浸かっていただくスタイル💧 ・ ※ 内湯にシャワーが 2 箇所ありますが、 ドライヤーがありません 。持参が良い でしょう。 ・ とりあえず、目の前に広がる滝から轟音 が響き豪快であり、絶景でもある!!✨ ・ 水も木々も風も気持ちよく、湯は42 – 43 ℃ とお熱め🥵なんと、内湯のシャワー も香りキツめな硫黄泉が出てくるから、 全身 w 硫黄泉まみれで、浸かればつかる ほど、香りが肌に沁み漂います。 ・ 温泉好きにはたまらない香りと、¥ 300 とは思えない絶景と2 種の温泉は贅沢! ・ 湯上りは、まさかの玄関への戻り方を 忘れるという … 旅館のスタッフさん は、明るくて優しくて、おもしろい 😁 方向音痴な親子で申し訳けなかった w ・ たぶんこの硫黄の香りは 1 日では取れな いだろうなぁ … しばらくは自宅に居ても 温泉気分が味わえそうだわ ♪ (๑ᴖ◡ᴖ๑) ♪ ・ お気に入りの温泉がまた増えました💓 ・ #熊本旅館#熊本旅行#熊本温泉#阿蘇郡#小国町#温泉 #わいた温泉郷#わいた温泉#旅館山林閣#山林閣#滝の湯 #kumamoto#kumamotogram#phot_life_best #lover_nippon#art_of_japan#japan_of_insta #instagramjapan#bestjapanpic#trip#ig_japan #jalan_travel

A post shared by にゅん* ✩‧₊˚ (@m.6201518roox) on

黒川温泉のなかでも少しマイナーな存在の山林閣は、まさに隠れた名店と言えるスポットです。しかし、細かい部分にまで力を入れている宿のため、満足度はとても高いです。

温泉は硫黄が表面に漂っているほど濃厚で、全部で14種類の効能を得ることができます。混浴も用意されていますが、男女別々で入る露天風呂から滝を眺めることができますので、この滝もぜひご覧ください。

夏場にこの山林閣の露天風呂に入れば、すっきりと涼しい風が体を包んでくれますので、湯あたりも少なく長時間温泉を楽しむことができます。

住所熊本県阿蘇郡小国町大字北里1435−1
営業日通年
営業時間10:00~20:00
定休日不定休
料金500円

川風呂

黒川温泉の奥の湯の中にある川風呂は、隠れた混浴温泉として人気があります。とくに、外国人観光客に絶大な指示を得ており、日本で楽しめるレジャースポットのようになっています。

川風呂はその名の通り川に位置する温泉です。そのため、まさに大自然の中で楽しめるようになっています。

川のせせらぎは手を伸ばせばすぐに届く場所にありますので、思わず目をつむってしまう感覚になります。本物の混浴の露天風呂を楽しみたいときには、川風呂はこれ以上ない気持ちさを実感できるでしょう。

黒川温泉に来たときには、ぜひ足を運んで欲しいスポットです。

住所熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6567
営業日通年
営業時間8:30~21:00
定休日不定休
料金500円

瀬の本館 夢龍胆

View this post on Instagram

🏯

A post shared by @ jw.________ on

黒川温泉の山々の中腹に位置する瀬の本館 夢龍胆は、和の風情がこれ以上ないほど漂うロケーションで楽しめます。多きなホテルも良いですが、こうした和を前面に押し出した宿も最高だと実感できます。

瀬の本館 夢龍胆の魅力は、心からのんびりできることです。露天風呂もそうですが、宿全体が自然とマッチしていますので、とくに都会から来た観光客にはかなり人気があります。

露天風呂は龍胆の湯と天女の湯に別れており、どのお風呂も心地よいです。実はこの瀬の本館 夢龍胆は、京都で料理を学んだ料理長が担当しています。

和を意識した料理は、最高のおもてなしを感じさせてくれます。

住所熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6430−1
営業日通年
営業時間8:30~21:00
定休日不定休
料金500円

混浴を楽しむ上での注意点

 (772984)

黒川温泉で混浴を楽しむ場合には、次にご紹介することは必ず守るようにしてください。黒川温泉に限ったことではありませんが、黒川温泉は今、かなり注目されているスポットなので、とくに大きなトラブルにならないためも注意しておきましょう。

反対に言えば、これからご紹介する内容に注意しておけば、安全に楽しく、そして最高の混浴露天風呂を満喫できます。

写真・動画の撮影はしない

 (772983)

まず、黒川温泉内での混浴風呂にての写真撮影や動画撮影は完全に禁止されています。これは黒川温泉に限らず、全国の温泉では当たり前のことです。

とくに黒川温泉の場合にはこの写真撮影や動画撮影はかなり問題視されていますので、必ず守ってください。こうした違反をする人が増えてしまうと、きちんと規則を守っている人に対しても何らかの規制がかけられることもありますので、ルールは守りましょう。

楽しく、そして気持ち良く混浴を楽しむためにも、一人ひとりのモラルは守りましょう。

ワニに注意する

 (772985)

そして、露天風呂で今問題になっているワニにも注意しましょう。ワニと聞いても何のことなのか分からない人も多いですが、混浴風呂や露天風呂を除く男性のことをワニと呼んでいます。

とくに混浴風呂の場合には、男性と女性との距離が近くなることもありますので、女性の場合にはとくに意識して注意しておくべきです。温泉を管理している宿もしっかり監視していますが、それでもワニの存在は減りませんので、自分の身は自分で守ることを意識しておくべきです。

過度なスキンシップをしない

 (772986)

そして、混浴風呂でもこの場所は温泉を楽しむことが主となっていることを忘れないようにしましょう。カップルで混浴風呂を楽しむときには、過度なスキンシップは避けるようにして、周りのお客様に迷惑がかからないようにすることは基本です。

自分は楽しいと感じていることでも、周りの人はとても迷惑しています。必ず常識のある行動で黒川温泉の混浴風呂を楽しみましょう。

混浴はカップル・家族などにおすすめ!

 (772982)

黒川温泉は、露天風呂が最高です。カップルにももちろんおすすめですが、家族でも楽しめるようになっていますので、最高に思い出になることは間違いありません。

また、黒川温泉は温泉もそうですが、ここでしか味わうことができないロケーションも魅力的です。都会で忙しい毎日を過ごしている人は、黒川温泉で日頃の疲れを癒してみてください。

もしかすれば、帰りたくなくなるかもしれません。極端な表現かもしれませんが、黒川温泉はそれくらい最高のスポットなのです。

関連する記事