旅行情報メディア【トリマ】

川崎大師はご利益抜群のパワースポット!おすすめのお守りや赤札についても

川崎大師はご利益抜群のパワースポット!おすすめのお守りや赤札についても

2020.09.29

Trima編集部

Trima編集部のアカウントです。

川崎大師といえば、日本でもトップクラスの参拝者数を誇り、厄除けのご利益で有名です。しかし、川崎大師には他のご利益もあることや境内のパワースポットは意外と知られていません。そこで今回は川崎大師について、赤札についてやお守りを含めて細部まで紹介します。

目次

  1. 川崎大師のご利益は厄除け以外にも!
  2. 川崎大師とは?
  3. 参拝者数は全国トップレベル
  4. 川崎大師の歴史
  5. 御本尊と宗派
  6. 川崎大師のパワースポットとご利益
  7. 大山門(浄化)
  8. 経堂(浄化)
  9. 霊木「奇跡の銀杏」(再生)
  10. 大本堂(災厄除け・願望成就)
  11. 福徳稲荷堂(強運)
  12. 不動堂(浄化)
  13. 薬師堂(浄化・健康運)
  14. しょうづかの婆さん(美貌成就)
  15. 川崎大師のおすすめのお守り
  16. 弘法大師願掛け守
  17. 干支巾着守
  18. なで御守
  19. 川崎大師10年に1度の「赤札授与(大開帳奉修)」
  20. 赤札授与の大開帳とは?
  21. 赤札のご利益
  22. 次の日程は?
  23. 川崎大師の口コミ
  24. 混んでいても行く価値はあり!
  25. 厄年でも幸せに過ごせました
  26. 無事故で過ごせました
  27. 川崎大師の所在地とアクセス
  28. 全国トップレベル川崎大師でご利益を授かろう!

川崎大師のご利益は厄除け以外にも!

 (808980)

神奈川県川崎市にある川崎大師は厄除けのご利益があるお寺として有名です。しかし、実は川崎大師には厄除け以外のご利益もあり、境内には多くの見どころがあります。

また、赤札など他の寺院では見られないものも開催されており、とてもユニークです。今回は川崎大師について、どのようなお寺であるか紹介するとともに、境内のパワースポットやお守り、赤札について紹介します。

川崎大師とは?

 (808981)

川崎大師と呼ばれることがほとんどですが、実はこれはお寺の正式名称ではなく、通称です。本当の名前は「平間寺」です。このように川崎大師は多くの人に知られていないことが多く、訪れたことがある人でも実は正しく理解できていないこともあります。

では、川崎大師がどのようなお寺なのかについて詳しく紹介していきます。

参拝者数は全国トップレベル

 (808984)

川崎大師を訪れる参拝者は全国でもトップレベルです。特に初詣には地元の人はもちろん、関東地方から多くの人が詰めかけ、初詣だけで毎年300万人もの人が訪れます。

江戸時代から氏神の元に大晦日から元旦にかけて泊まり込む習慣はありましたが、次第に年末と元旦に分けて参拝するようになりました。そして「初詣」という言葉を初めに使ったのが川崎大師とされています。

「初詣は川崎大師へ!」という電鉄会社のキャッチコピーが広く浸透したことで、初詣=川崎大師というイメージが刷り込まれました。

川崎大師の歴史

 (808985)

川崎大師は1128年に建立されました。平間兼乗が海の中に網を投げると、その中に弘法大師の木像が入りました。彼はその木像を持って帰って洗い、小堂を構えて供養していました。

高野山の尊賢上人が訪れた際にこの話を聞き、平間兼乗と協力してお寺を建てた事が始まりとなっています。1813年には徳川家斉が訪れた事が記録に残っています。

川崎大師への参拝客のために開業した大師電気鉄道は、現在の京阪急行電鉄の元となっていることでも知られています。

御本尊と宗派

 (808986)

御本尊は「厄除弘法大師」となっています。これは川崎大師が建てられる元となった、弘法大師の木像が海から引き揚げられたことに起因しています。弘法大師は国家安穏・済世利人のために尽力した人物としても知られています。

宗派は「真言宗 智山派」であり、弘法大師空海が始祖、興教大師覚鑁が開祖となっている新義真言宗の宗派の中の1つです。同様に真言宗智山派の寺院としては、千葉県にある成田山新勝寺や東京都八王子にある髙尾山薬王院が挙げられます。

川崎大師のパワースポットとご利益

 (808988)

川崎大師の境内には、様々なパワースポットがあります。初詣には時間が取れなくて本堂に参拝したらすぐに帰ってしまう人も多いですが、何もない平日にゆっくりと時間をかけて境内を歩くのもおすすめです。

本堂以外でもパワーは十分いただけるので、更にご利益をいただきたいという人はぜひこれから紹介するパワースポットを巡ってみてください。

大山門(浄化)

 (808989)

川崎大師のパワースポットは境内に入る瞬間から始めります。参道を歩いて境内に入る際、「大山門」があります。これはただの門ではなく、人間が住んでいる俗世と神様が住む聖域との境界線の役割を果たしています。

門には四天王がいて、東西南北を守っています。このパワースポットは浄化のご利益があると言われており、聖域にお邪魔するため門をくぐる前に一礼してから境内へと進みましょう。

厄が憑いている場合でも、悪いものは聖域に侵入することができないため、ここで厄払いができます。

経堂(浄化)

 (808990)

大山門の先、左手に現れるのが「経堂」です。ここには中国最後の木版大蔵経と言われる「乾隆版大蔵経」が7240巻も収蔵されています。経堂の中には御本尊の釈迦如来像や法具の五鈷杵も収められています。

お経と御本尊から発せられるパワーは力強く、ここも浄化のご利益があるとされています。自身の中にある邪心や穢れが自然と払われ、清められます。

また、五鈷杵は金色に輝いているのですが、金箔を奉納すると仏様との縁を結ぶことができると言われています。

霊木「奇跡の銀杏」(再生)

 (808991)

川崎大師の境内には霊木の「奇跡の銀杏」があります。川崎大師は第二次世界大戦中の空襲によってほとんどが戦火に巻き込まれたのですが、その際、この霊木も幹の大半が焼失してしまいました。

誰もがこの木の蘇生は諦めていましたが、戦火にも負けず再び生き返って成長し始めたのです。川崎大師の歴史を伝える存在として、今も大切にされています。

根元の近くには今でも戦火でダメージを受けた様子を見ることができます。幹に触れると木の生命力が感じられ、健康長寿や心願成就にご利益があるとされています。

ただの木だと素通りするのは勿体ないほどのパワースポットです。心を落ち着かせ、静かに木と触れ合ってみましょう。

大本堂(災厄除け・願望成就)

 (808993)

大本堂は川崎大師のメインであり、最強のパワースポットだと噂されている場所です。災厄除け・願望成就のご利益で知られ、堂内には救世観音像が鎮座しています。

心を静めてからお賽銭を入れ、手を合わせて弘法大師のご宝号である「南無大師遍照金剛」を唱えます。この言葉を唱えることで弘法大師まで願いが届き、願望成就に繋がると言われています。

川崎大師を訪れて二礼二拍手一礼をしている人もいますが、これは神社での一般的な参拝方法であり、川崎大師は寺院なので柏手を打つ必要はありません。

更にパワーが欲しい、どうしても願いを叶えたいという人は「護摩祈祷」を受けましょう。5,000円から祈祷を受けられ、煩悩を全て焼きつくすほどの力があると言われているものです。予約は必要ありませんが曜日によって修行の時間は異なります。

福徳稲荷堂(強運)

 (808994)

大本堂の左手側にあるのが「福徳稲荷堂」です。川崎大師の境内にある建物の中で唯一、戦争を乗り越えられました。戦火を免れたラッキーなお堂として、強運のご利益があるとされています。

祀られているのは「倉稲魂神」で、お稲荷さんと呼ばれる神様です。本来は五穀豊穣や商売繁盛のご利益で有名なのですが、川崎大師においては強運を司る神様として扱われています。

最近不運が続くな、運に味方してほしいな…と思う人はぜひ参拝しましょう。

不動堂(浄化)

 (808996)

福徳稲荷堂のすぐ近くにあるのが「不動堂」です。ここは浄化のご利益があり、その強さは川崎大師の境内にあるパワースポットの中でもトップクラスと言われています。

堂内には成田山新勝寺から勧請した「大聖不動明王」が祀られています。不動明王の真言である「ノウマク・サンマンダ・バザラダン・センダ・マカロシャダ・ソワタヤ・ウンタラタ・カンマン」を唱えることで、身体のチャクラが開き、何事にも動じない心が授かるようです。

浄化だけでなく、決断力も授かることができるとされているため、人生の大事な決断に迷っている人は不動堂の力を借りてみるのも良いでしょう。真言は難しいですが、普通に参拝する何倍ものご利益が授かることができるため、覚える価値はあります。

薬師堂(浄化・健康運)

 (808998)

不動堂から更に奥へと進むと「薬師堂」があります。川崎大師はいかにも日本の歴史あるお寺という風貌ですが、薬師堂だけはインド風の建物なので、そのギャップに驚く人も多いです。

インドでお釈迦さまが悟りを開いたとされる「ブッタガヤの大塔」に倣って作られました。川崎大師にある薬師如来像は金色に輝いており、浄化するパワーがとても強いとされています。

「病は気から」と言うように、心が浄化されることで病を患っていても治ってしまうという伝説があります。心の浄化をしたい人や治したい病気がある人はぜひ訪れてみてください。

しょうづかの婆さん(美貌成就)

 (808999)

メインの参拝ルートからは少し外れるのですが、女性はぜひとも訪れたいのが「しょうづかの婆さん」と呼ばれるパワースポットです。これは西解脱門近くにある小さな祠です。

死者があの世へ行く際に渡るとされる三途の川は葬頭河とも呼ばれ、それが訛って「しょうづか」となりました。しょうづかの婆さんは、三途の川を渡っている人の衣服をはぎとると言われています。

この像は江戸時代に建てられ、歯の痛みを治すご利益があると噂されていました。それがいつしか美貌の神様と敬われるようになり、心身ともに美人にしてくれると言われるようになりました。

見た目は少し怖いですが、容姿も心も美しくしてくれるこの祠はぜひお参りしたいスポットです。ただしかなり小さく、素通りしてしまう人も多いのでゆっくり歩いて探しましょう。

川崎大師のおすすめのお守り

 (809000)

川崎大師では10種類以上のお守りを扱っており、掛け軸やお札も人気です。厄除けのお守りから交通安全のお守り、学業成就のお守りなどは他の寺院や神社で買うことはできますが、その他にも川崎大師ならではのユニークなお守りがあります。

ここでは川崎大師を訪れたらぜひ買いたい、おすすめのお守りを紹介します。

弘法大師願掛け守

 (809003)

一般的な御守りとは異なり、絵馬のようにお願い事と名前を書いて納めどころに納めることで願いが叶うとされているのが「弘法大師願掛け守」です。

種類は3種類あり、心願成就・合格成就・良縁成就から自分の願い事にあるものを選びましょう。願掛け守の中央には弘法大師が描かれており、種類によって少しずつ色が異なります。

初穂料は全て1,000円であり、納め所は大本堂へ続く階段の右側に設置されています。思いを込めながら願掛け守に書くことで、その思いは弘法大師へと届くでしょう。

干支巾着守

 (809002)

「干支巾着守」も人気があるお守りの1つです。ストラップ型になっており、巾着型のお守りが紐の先に付いています。表にはそれぞれの干支の文字と絵が書かれており、自身の干支を購入する人が多いです。

特に年男・年女に当たる人は1年間守ってもらえるようにと買って帰る人が多くいます。兎は緑、戌は青、亥は赤という風に干支によって異なっています。4センチほどの小さな御守りなので持ち歩きやすく、可愛いデザインです。

初穂料はそれぞれ500円であり、干支全種類の12種類があります。

なで御守

 (809001)

ユニークなお守りと話題になっているのが「なで御守」です。このお守りはその名の通り、撫でることでご利益があるとされているものです。

自分の体の中で痛いところや悪いところがある人は、その箇所を撫でてご利益を頂くことができるとされています。色は薄い紫とクリームのような色の2種類があり、どちらもとても優しい雰囲気があります。

持病がある人や体に不調がある人に買っていってあげても喜ばれるでしょう。初穂料は1,000円となっています。

川崎大師10年に1度の「赤札授与(大開帳奉修)」

 (809004)

川崎大師では10年に1度しか開催されないとても大切な催しがあります。初詣には毎年300万人もの人が訪れることで有名ですが、この日には普段は授与されない赤札がもらえるとあって多くの人が詰めかけます。

ここでは、その催し物がどのようなものか、次はいつあるのかについて紹介します。

赤札授与の大開帳とは?

 (809005)

川崎大師の御本尊は弘法大師ですが、川崎大師を訪れてもその姿を見ることはできません。非常に大切な存在のため、普段は一般公開されていないのです。その御本尊が特別に開帳される日が「大開帳奉修」と呼ばれる祭事です。

江戸時代から続く歴史ある祭事ですが、非常に特別であることから10年に1度しか開催されません。前回は2014年5月の1ヶ月間開催され、午前6時から午後4時まで開帳されていました。

開帳が行われている時期は、毎日初詣かと思うほどの人が詰めかけています。この機会を逃すと10年待たなければいけないことになるので、しっかりと予定を確認して行きたいものです。

赤札のご利益

 (809006)

大開帳奉修で御本尊が開帳されると、御本尊と繋がっている綱に触れることができ、いつも以上に御本尊が間近に感じられます。この時期に訪れる多くの人が目当てにしているのは「赤札」と呼ばれるものです。

これは購入するのではなく、大開帳奉修の時期のみ配布される特別護符となっています。弘法大師が直筆したと言われる「南無阿弥陀仏」の文字を版にして1枚ずつ手刷りされたものです。

とても貴重なことから、赤札を授与されたら無量の功徳を授かれると言われています。ただ、この赤札は期間中いつでももらえるわけではなく、不定期で配っています。

護摩修行が1日に6回行われており、その後であるという情報はありますが、赤札の配布を行わない回もあるようです。全ては運とタイミングであり、半日以上かけて赤札を手に入れる人も少なくありません。

次の日程は?

 (809007)

前回の大開帳奉修は2014年だったことから、次回の大開帳奉修は2024年となります。詳しい日程は日が近くなければ分かりません。

年々川崎大師の知名度は上がっており、テレビで特集されているくらいです。次回の大開帳奉修の前には多くの特集が組まれることが予想されており、今まで以上に多くの人が訪れるかもしれません。

どの時間帯に訪れても多くの人がいるのですが、開帳が始まる朝6時に行くと観光客などは比較的少ないです。また、週末は更に混雑するので平日を狙いましょう。

今まで朝6時からの護摩修行の後は毎年赤札の授与があるようなので、赤札を目当てに行く人は朝早く行きましょう。

川崎大師の口コミ

 (809008)

川崎大師ってそんなに人気なお寺なの!?と驚いた人も多いのではないでしょうか。何十年に渡って多くの参拝客が訪れ続けるお寺は少なく、それだけご利益がいただけるお寺であることが分かります。

では、川崎大師を実際に訪れ、ご利益を感じた人の口コミを紹介します。

混んでいても行く価値はあり!

 (809009)

毎年初詣は家族で川崎大師に訪れています。年々初詣客が多くなっていると感じ、本堂近くは身動きがとれない程の混雑です。それでも毎年欠かさず訪れているのは、川崎大師が私のパワースポットだからです。

訪れる度に心が引き締まるような気がして、生活にも張りがでています。昨年は原因不明の病を患ってしまったのですが、病気平癒と厄除けの祈祷をしてもらい、とても症状が軽くなりました。

これからも一生付き合っていかなければならない病気ではありますが、川崎大師に参拝しているうちは大丈夫だと勇気をもらえています。(40代・女性)

厄年でも幸せに過ごせました

 (809010)

前回の厄年が散々な年になったため、本厄の今年は何があっても幸せに過ごしたいと厄除けで有名な川崎大師で厄払いしてもらいました。

いつ行っても混雑している川崎大師ですが、境内は見どころが多いので待ち時間があっても時間をつぶすことができます。あっという間に自分の分が来て、しっかりとお祓いしてもらいました。

おかげで昨年は何も不幸ごとが起こっておらず、平和に暮らせました。友人は厄払いに行かずに散々な年を過ごしたようなので、やはり厄除けのパワーをいただけたのだと感じました。厄除けをして損になることはないです!(34歳・女性)

無事故で過ごせました

 (809011)

小さいころから交通事故に遭いやすい体質の私は、これまで様々な神社やお寺で厄払いをしてもらいました。それでも小さいものを含めると2、3件の事故に遭っていました。

厄除けで有名な川崎大師であれば交通安全のご利益も強いのではと思い、お祓いを受けた後に交通安全のお守りを授与されました。かばんに入れて持ち歩くようにし、財布や携帯を忘れる日はあってもお守りだけは持ち歩いていました。

すると、今年1年無事故で過ごすことができたのです。これは私にとって快挙であり、お守りのおかげであると思っています。これからも川崎大師にお世話になるつもりです。(55歳・男性)

川崎大師の所在地とアクセス

 (809012)

川崎大師の住所は神奈川県川崎市川崎区大師町4-48となっています。全国から参拝客が訪れるため、公共交通機関でのアクセスが整備されています。

電車の場合は、京急川崎駅で大師線に乗り換えた後、「川崎大師駅」で下車しましょう。駅から川崎大師までは徒歩で8分ほどです。バスの場合は、JR川崎駅から7番のバスに乗り、「大師」バス停で下車します。同じく徒歩8分ほどで川崎大師に着きます。

また、川崎大師には駐車場が整備されています。「参詣ご信徒専用駐車場」は午前8時から午後5時まで無料で駐車することができます。普通車700台、大型バス40台まで停められるとても広い駐車場です。

全国トップレベル川崎大師でご利益を授かろう!

 (809013)

今回は川崎大師のご利益やパワースポットについて詳しく紹介しました。全国でもトップレベルに参拝客が多いという事は、それだけご利益を感じている人が多いということです。

とくに10年に1度ある大開帳奉修は一生に一度は訪れたいとされています。ぜひ赤札をもらって最大限のご利益をいただきましょう。

関連する記事