旅行情報メディア【トリマ】

旧善波トンネルは心霊スポット?看板が設置されている理由は?

旧善波トンネルは心霊スポット?看板が設置されている理由は?

2020.09.25

Trima心霊編集部

関東地方には、多くの心霊スポットが存在しますよね!神奈川にある善波トンネルやホテルすかいらぶは御存じでしょうか?心霊スポットとして有名な場所となっており目撃情報も数多くあります。そんな神奈川の善波トンネルの噂の真相や、ホテルすかいらぶについて解説していきます。

目次

  1. 神奈川県にある善波トンネルの心霊現象の真相
  2. 旧善波トンネルと新善波トンネル
  3. 善波峠は事故多発地帯
  4. 旧善波トンネルの内部の様子
  5. 別名「準一君トンネル」と呼ばれる旧善波トンネル
  6. 17歳少年のバイク事故
  7. 「もう死なないで 準一」の看板
  8. 看板設置の由来には諸説ある
  9. 準一君の両親が供養のために設置
  10. 事故防止のために設置
  11. 旧善波トンネルでの心霊体験談
  12. 新善波トンネル近くの電話ボックス
  13. 善波峠付近の最恐心霊スポット「ホテルすかいらぶ」
  14. ホテルすかいらぶの場所や行き方
  15. ホテルすかいらぶの心霊現象
  16. ホテルすかいらぶの心霊体験談
  17. ホテルすかいらぶの内部の様子
  18. 善波トンネル付近は霊が集まる場所?!

神奈川県にある善波トンネルの心霊現象の真相

 (785546)

神奈川にある善波トンネルを御存じでしょうか?今は新しい善波トンネルもあり、旧善波トンネルと新善波トンネルの2つあります。

心霊スポットとして有名になっているのが旧善波トンネルです。ある事故が原因で、憶測や噂、怪談が広まり心霊スポットとして有名になったと言われています。

そして、今回は善波トンネルの真相を突き詰めるためにまとめてみました。良ければ最後までお付き合いくださいませ。

旧善波トンネルと新善波トンネル

 (785547)

上記で少し話してしまいましたが、善波トンネルは旧善波トンネルと新善波トンネルとの2つが存在します。

この新善波トンネルの方は心霊の噂などはありませんが旧善波トンネルは様々な心霊の噂などが数多くあります。その心霊の噂はやはり、ある事故が原因なようです。

まずは、善波峠の事故多発地帯についてと旧善波トンネルの内部の様子について解説していきます。どういう場所なのか、どんな状態なのかを頭に入れておくことで現地でも冷静に行動できます。

善波峠は事故多発地帯

 (785549)

神奈川県伊勢原市と同県奏野市との間に位置する峠の善波峠。ここは、事故多発地帯として知られております。

善波峠には、急なカーブがあり事故が起きやすい事故多発地帯なのです。神奈川県や、善波峠をよく訪れる人は知らない人は少ないでしょう。

善波峠は、事故多発地帯でもありますが実は景色がすごく綺麗に見えるんです。それを見るためにドライブで来る方も少なくはないです。事故多発地帯と言われていますが、良い所もあります。

旧善波トンネルの内部の様子

 (785550)

さて、一番気になる旧善波トンネルの内部の様子ですがとにかく暗いです。旧善波トンネルには照明がなく、車のライトをつけないと真っ暗闇です。

トンネルの壁からは水が染み出ており、その水がポタポタと落ちてその音が何かの足音に聞こえてしまうことも良くあることです。また、シミも沢山あり気味悪さはあります。

善波トンネルの内部は真っ暗で、シミや汚れも沢山あり恐いの恐いですが他の心霊スポットとして有名になってるトンネルに比べれば、個人差はありますが、そこまで怖くないです。

別名「準一君トンネル」と呼ばれる旧善波トンネル

 (785551)

善波トンネルは、別名「準一トンネル」とも呼ばれています。その名前となった原因がこれから紹介します事故と看板なのです。

この旧善波トンネルで、一体何があったのか。そしてどんな看板があるのかについてつぎは解説していきます。

事故も看板も有名な話となっていますので知っている方も多いでしょう。ですが、この旧善波トンネルへ行くのであれば、事故の事もしっかり頭にいれておくべきです。

17歳少年のバイク事故

 (785552)

1965年9月2日の夕方に秦野市に住む当時17歳の少年がバイクで善波峠を走行中でカーブを曲がりきれなかった対向車のトラックと正面衝突し、翌未明に亡くなるという悲惨な事故が起きました。

17歳という若さでこの世を経ち、未練がないとは言い切れないでしょう。この少年のご両親もひどく落ち込まれました。

そして、この事故が善波トンネルが心霊スポットとして有名になり、別名準一トンネルと付けられた原因なのです。その事故以来、人影を見るという目撃者が多発して、準一なのではないかと言われているのです。

「もう死なないで 準一」の看板

 (785553)

国道246号線の善波峠付近は、「じゅんいち君道路」と呼ばれていました。理由は平成元年までこの場所に立てられていた「もう死なないで、準一」
と書かれた看板です。

この看板事態は1989年に撤去されましたが、未だに「準一君道路」と呼ぶ人は多くいます。この峠の付近にはこれ以外にも事故防止のためにたてられた看板が沢山あります。

ですが、やはりそのなかでもこの「もうしなないで準一」という看板はよく目立ちますね。この看板がなぜ立てられたのか詳しいことは次で解説します。

看板設置の由来には諸説ある

 (785557)

さて、上記で紹介した「もう死なないで準一」という看板。それには2つの諸説があります。

それぞれ紹介していきます。そしてどちらが本当の理由なのかも、紹介します。この看板に込められた理由とは一体なんなのか。

そして今ではこの看板はもうありませんが、あった当初の事を少し想像して読んでみてくださいね。

準一君の両親が供養のために設置

 (785558)

まず1つ目の諸説は「準一君の両親が供養のために設置」ということです。こちらは、心霊体験の話などが関係しています。

それは、事故後に頻繁に通行車へとびこむ人影が目撃されていました。それを聞いた準一君の両親が「もしかして準一なのでは」と心を痛めて供養のために設置されたと言われています。

愛しい我が子が、死後も事故現場をさ迷っているというのは親としては心が痛みますよね。ですが、実はこちらは、看板がたてられた本当の理由ではないのです。

事故防止のために設置

 (785560)

2つ目は「事故防止のために」ということです。そして、こちらが看板をたてられた本当の理由となります。

準一君の両親が頻繁に、準一君が事故にあう夢を見るようになり、また事故で悲しい思いをする人がでないように「もう死なないで準一」という看板がたてられました。

そして、この看板が設置されてから事故は減りました。本当にこの看板の効果なのかは謎ですが、どちらにせよこの看板には、準一君の両親の気持ちがこもっているというのには変わりありません。

旧善波トンネルでの心霊体験談

 (785561)

ある運転手が、旧善波トンネルを通っていると急に人影が横切って急ブレーキを踏み、急いで車から降りて確認した運転手。

ですが、人などどこにも居ませんでした。しかもその影は幼い子供くらいだったという。もし子供なら近くに親がいたり声がするはずだったのです。

また、幼い子供の影といいましたがここで1つ疑問が生まれるのです。ここでは準一の影が通行車に飛び込んでくるという目撃者は多いのですが、その影は何故か幼い子供でした。準一は17歳でなくなったはずなのです。準一は、幼い子供に戻って、この世をさ迷っているのでしょうか。

新善波トンネル近くの電話ボックス

 (785563)

新善波トンネルの前に公衆電話があるのを知っていますか?旧善波トンネル程ではありませんが、ここも心霊スポットとなっています。

ここの公衆電話で深夜2時に、回線テスト用の111番に電話します。そして、受話器を置いてかかってきた電話に出ると、男の子の声がすると言う噂があります。

その公衆電話は、昼間でも少し不気味で一人では入りたくないような雰囲気です。ここの公衆電話での噂はこれ1つだけですので、なにかが出るという目撃情報などはありません。

善波峠付近の最恐心霊スポット「ホテルすかいらぶ」

 (785570)

最恐心霊スポット「ホテルすかいらぶ」を御存じでしょうか?元々はラブホテルでした。結構大きなホテルで、人気も高かったようです。

そんなホテルは、今では最恐心霊スポットとして有名になっております、興味の持った人達が肝試し等で訪れたりしています。

つぎは、そんなホテルすかいらぶについて解説していきます。旧善波トンネルの近くですので、トンネルいったついでに寄ってみるのもありかと思います。

ホテルすかいらぶの場所や行き方

 (785571)

ホテルすかいらぶを御存知ですか?国道246号線から入るラブホテル街の一角にあります。ホテルすかいらぶは、元々ラブホテルです。つまり、ラブホテルの廃墟です。

旧善波トンネルのちかくにありますので、マップで確認するか付近の廃墟で検索してもすぐ出てきます。ホテルすかいらずも結構有名な心霊スポットとなっています。

旧善波トンネルのすぐ近くなので、旧善波トンネルに行ったついでにホテルすかいらぶへ行くかたが多いようです。

ホテルすかいらぶの心霊現象

 (785572)

ホテルすかいらぶでは、昔、殺人事件が起こり女性が3人亡くなったと言われております。この事件により客が激減し、閉業となりそのまま廃墟になってしまいました。

殺人事件で亡くなった女性の霊が出ると言われています。他にも、男性が窓から見ていた、足音が聞こえてきた、ラップ音多発等の情報が数多くあります。

旧善波トンネルよりも、心霊現象の目撃情報が多くありますので、くれぐれも一人や奇数では行かないようにしましょう。

ホテルすかいらぶの心霊体験談

 (785573)

ある少年の体験談です2×2で前後に分かれ廊下を進んでいましたら、前方組は両脇の部屋からの刺さるような視線を感じ、後方組は雨は降っていないのに雨が屋根を打つような音を聞いたといいます。

前後互いに確認したところ意見が食い違い互いに確認した時点で視線音共に消えとりあえず帰るということになったが、外に出ても雨は降っていませんでした。

このように、不思議な体験をする人もいれば、いってもなにもおこらなかっというひともおおくいます。また、取り付かれた人もいますので注意が必要です。

ホテルすかいらぶの内部の様子

 (785575)

ホテルすかいらぶの内部は、心霊スポットらしく結構散らかっていて足元には注意が必要です。夏でもサンダルや素足での行動は辞めておいた方がいいです。

廊下はガラスの破片や、壁の破片に木の枝などが散らかっております。また、なぜあるのかは謎ですが複数の歯ブラシも散らかっている場所もあります。

そして、部屋には布団やベッドなど当時のものが残っており部屋によっては生活臭がする部屋もあります。窓ガラスなどは割れており、勿論電気も通っていません。

善波トンネル付近は霊が集まる場所?!

 (785576)

いかがでしたか?トンネル系の心霊スポットも数多くありますが、中でもこの善波トンネルには霊が集まりやすいと言われています。

これまで、準一君の影を見たという情報を中心に紹介しましたが、カメラでシャッターを切ると白い霧のようなものが必ず写るとも言われています。

霊が集まりやすい場所は、非常に危険です。面白半分で行けば、怪我をしたり取り返しのつかないことになってしまうこともあります。冷静に行動、安全第一を忘れないようにしましょう。

関連する記事