旅行情報メディア【トリマ】

全国各地にあるジェイソン村とは?新潟・神奈川・茨城にあり映画化もされた?

全国各地にあるジェイソン村とは?新潟・神奈川・茨城にあり映画化もされた?

2020.09.24

Trima心霊編集部

映画化もされた「ジェイソン村」と呼ばれる廃屋群、心霊スポットをご存じでしょうか?全国各地にあり、その発端となったのが神奈川県の「ジェイソン村」だとか。数多くの噂が存在するのが新潟の「ジェイソン村」でしょう。今回は、ジェイソン村の噂や心霊現象を解説します。

目次

  1. 全国各地にある【ジェイソン村】とは?
  2. 心霊スポットとして有名なジェイソン村
  3. 名前の由来
  4. ジェイソン村は全国各地にある?!
  5. 神奈川県のジェイソン村
  6. ジェイソン村の怖い噂
  7. 心霊現象
  8. 場所と行き方
  9. 茨城県のジェイソン村
  10. 新潟県のジェイソン村
  11. 映画化までされたジェイソン村の伝説
  12. 映画のあらすじ(ネタバレなし)
  13. 映画の評価
  14. 村にまつわる都市伝説
  15. 犬鳴村
  16. 杉沢村伝説
  17. ジェイソン村は他にもたくさん存在するかも

全国各地にある【ジェイソン村】とは?

 (799092)

閉業してそのまま廃墟化している建物は全国各地に多数あります。劣化が進むことで不気味な雰囲気になり、様々な心霊現象が噂されるようになるのも廃墟ならではでしょう。実際に霊が出るかどうかはさておき、廃墟には何かが出そうな雰囲気があります。

また、閉業の原因が事故や事件、また廃墟化してから自殺などにより死人が出ている場所も少なくありません。そんな全国各地にある廃墟の中で「ジェイソン村」と呼ばれる場所をご存じでしょうか?

 (799093)

「ジェイソン村」は廃墟となった建物ではなく、その名前が記すように村を指しています。「ジェイソン」と言えばアメリカの映画でおなじみの主人公ですが、日本にある「ジェイソン村」は映画の「ジェイソン」と関係があるのでしょうか?

「ジェイソン村」は日本各地にありその数は10村にも及ぶとか。今回は、「ジェイソン村」の特徴や日本全国の中でも特に有名な「ジェイソン村」の場所や心霊現象を解説していきます。

心霊スポットとして有名なジェイソン村

 (799094)

「ジェイソン村」は全国各地にある廃村だと紹介しましたが、具体的にはどのような場所なのでしょうか?また名前の由来は?「ジェイソン村」という名前をアメリカの映画はもちろんですが、日本の映画で聞いたことある方も多いでしょう。

実は映画化されており、ドキュメンタリータッチのホラーで全国の「ジェイソン村」を調査する物語になっています。ここからは「ジェイソン村」の名前の由来や概要を見ていきましょう。

名前の由来

 (799095)

名前の由来となっているのは、映画「13日の金曜日」に出てくる殺人鬼のジェイソンです。ジェイソンは顔面に先天的な傷があり、マスク、チェンソー、鉈を装備し、無残に人を殺していく殺人鬼です。

全国各地にある「ジェイソン村」では、殺人を始めとする惨殺事件が起こっており、その恐怖から「ジェイソン村」と呼ばれるようになったと考えられます。

ジェイソン村は全国各地にある?!

 (799096)

「ジェイソン村」は全国各地に10ほどあると言われています。ネット上では12か所とも言われていますが、その数は定かではありません。同じ名前がつけられていますが、それぞれの場所にまつわる事件は異なります。

特に有名なのが秋田、新潟、神奈川、栃木、千葉、茨城、山梨、熊本の8か所。残虐な事件が実際に起こったという記録はなく、噂が一人歩きした可能性も否めません。しかしながら、実際現地に行った人の中には心霊体験をしている人もおり、村が消えた原因と何らの関係があると考えられるでしょう。

神奈川県のジェイソン村

 (799097)

全国各地にある「ジェイソン村」ですが、その中でも元祖と言われているのが神奈川県にある「ジェイソン村」なんです。神奈川県相模原市緑区にある廃村で、別名「相模湖ジェイソン村」とも呼ばれています。

ここからは、神奈川の「ジェイソン村」の怖い噂や心霊現象、アクセス方法などを見ていきます。

ジェイソン村の怖い噂

 (799098)

神奈川の「ジェイソン村」は、1990年代後半頃からそう呼ばれるようになったと言います。7棟の廃屋から成り立っていますが、集落という訳ではなく単に廃屋が連なっているだけです。

いわゆる連続殺人のような事件は起こっていませんが、戦後すぐの頃に残虐な事件があったと噂されています。その内容は、ヒロポン中毒の青年が村人を斧で殺害し、その後自らも命を絶ったというもの。生き残った幼女2人は、そのショックから精神病院に入院していたと言われています。

 (799099)

事件は他にも起こっているとか。7つの廃屋群の中にはホテルもありました。営業していた当時、お客さんから「蛇口から赤い水が出る」とクレームがありましたが、その原因はわからなかったと言います。

よくよく調べてみると、経営者が首吊り自殺していたとか。他にも住人の1人の女性が自殺したという噂もあります。これらの怖い噂が心霊現象につながっているのでしょうか。

心霊現象

 (799100)

具体的にどのような心霊現象があるのか見ていきましょう。一番多いのは「女性の声が聞こえる」「たすけてと耳元でささやかれた」「ライトが消えた」等です。

また、ここでは「誰かを恨んだメモが見つかった」「骨壺のようなものがあった」という噂もあります。周辺には相模湖があり、これまでに死体遺棄などの事件が起きています。それらの事件も「ジェイソン村」の噂とつながっているのではないでしょうか。

場所と行き方

 (799101)

神奈川の「ジェイソン村」は、神奈川県相模原市緑区日連1411にあります。廃屋となっていますが、現在は倒木や深い藪がありなかなか見つけにくいとか。バリケードまで辿りつくのは非常に困難だと言います。

電車とバスを使って行く場合は、藤野駅から相模湖行きのバスに乗り、勝瀬橋で下車します。そこから徒歩18分ほど、およそ1.3kmほどで到着します。

茨城県のジェイソン村

 (799132)

神奈川の「ジェイソン村」の次に知名度が高いのは茨城の「ジェイソン村」です。2001年頃からその名前が定着しているため、その時点ではすでに廃墟だったと考えられます。ここではどのような噂や心霊現象があるのか見ていきましょう。

ジェイソン村の怖い噂

 (799133)

茨城の「ジェイソン村」は7棟の廃屋で、プレス工場、自殺の館、少女の館、画家の館等の建物があります。実際には、「中島プレス工業株式会社牛久工場」の跡地とも言われています。1970年代には工場棟が存在しましたが、1990年代には建物は解体され、事務所の棟が残っただけだとか。

ここでは一家心中事件があったと言います。母親が娘と夫を殺害して自殺したと言うんです。娘は1階の廊下で首を絞めて殺害し、夫はバットでメッタ打ちにしたとか。

廃墟になってからは、暴走族に少女がレイプされ殺されたという噂もあります。

心霊現象

 (799135)

「少女の館」と呼ばれる建物では少女の「お母さんやめて!」という悲しい声が聞こえるとか。また、一家心中があった付近では「若い女性の霊が出る」という情報もあります。

他にも、少女がレイプされて殺された付近では「ホッケーマスクの女の霊が出る」と言われています。暴行された少女の近くにはホッケーマスクが落ちていたという噂や、少女の顔を隠すためにホッケーマスクを使用したという噂もあります。

場所と行き方

 (799134)

茨城の「ジェイソン村」があるのは、つくば市高崎1464です。最寄りの駅は牛久駅。車で行く場合は、圏央道・つくば牛久ICから約10分ほどで到着します。近くには総合病院や森林公園、住宅地などが立ち並びます。

現在は「中島プレス工業株式会社牛久工場」の文字が見える事務所棟の建物があるのみです。

新潟県のジェイソン村

 (799136)

新潟の「ジェイソン村」も多くの怖い噂がある廃墟です。地元では有名な心霊スポットで、かつてテレビ等でも紹介され話題になりました。

廃屋群にはバンガロー、トイレ、白い建物、バス、角田山荘などがありました。角田荘は2000年初頭頃廃墟になったと言います。ここからは、新潟の「ジェイソン村」の噂や心霊現象を見ていきましょう。

ジェイソン村の怖い噂

 (799137)

新潟の「ジェイソン村」では、「ホワイトハウス」と呼ばれる白い建物に関する怖い噂が多いです。その建物には外交官一家が引っ越ししてきました。9歳の娘は解離性人格障害を患っており、彼女を幽閉するためにここに引っ越ししてきたとか。

少女は4つの人格を持っており、その中でも特に中年男性の人格が非常に凶暴でした。これまでも何度も家族に暴力をふるっており、家族を悩ませていたのです。

 (799176)

ある日、中年の男の人格が現れている時に事件が起こりました。父親が所有していたライフルを手に、家族を次々と殺害していったのです。鉄格子の部屋から飛び出した少女は、近くの集落を訪れ今度は村人を惨殺して行ったとか。

集落はたちまち無人となり、その入り口には血で真っ赤に染まったドレスを着た少女が立っていました。そこから南に向かって無心に走りだしたのです。少女が向かったのは自殺電波塔(ブラックハウス)だったとか。噂によるとそこで自殺したと言います。

心霊現象

 (799138)

ここで噂されている心霊現象を見ていきましょう。ホワイトハウスではなく、「角田荘の2階にある黒電話が勝手に鳴る」「誰もいないはずの廃墟から物音がする」などの噂があります。

また「ジェイソン村」の近くには歩行者専用のトンネルがあり、そこも不気味な雰囲気があるとか。実際に霊を見たという情報はあまりありませんが、さまざまな怪奇現象が起こっています。

場所と行き方

 (799140)

新潟の「ジェイソン村」があるのは、新潟市西蒲区角田浜 越後七浦シーサイドラインです。国道402号線越後七浦シーサイドラインから少し山側に入ったところにあります。国道から直接行くのではなく、海岸から国道の下をくぐった道の先に見えてきます。

海岸側からは角田荘の錆びついた鉄骨が見えてくるので、目印にしてみてください。建物に上る道は藪に埋もれており、近づくのは困難!半壊した状態の木造建築が複数見えますが非常に荒れた状態ですので、近づく際は十分に注意してください。

映画化までされたジェイソン村の伝説

 (799141)

全国各地の「ジェイソン村」には都市伝説のような怖い噂がたくさんあり、実際に心霊体験された方もいらっしゃいます。あくまでも噂に過ぎませんが、それを実証するために制作されたのが「ジェイソン村」と呼ばれる映画なのです。

ここからは、映画「ジェイソン村」について解説していきます。

映画のあらすじ(ネタバレなし)

 (799142)

映画「ジェイソン村」は、2009年の作品です。監督は田川幹太さん、出演者は、安西シエルさん、木村遥さんなどです。本作は都市伝説となっている全国各地の「ジェイソン村」を巡り、どこが本物の「ジェイソン村」なのか探し当てるというフェイクドキュメンタリーです。

関東が多いですが、女性レポーター2人が廃墟を探索し恐怖を感じて行くのが主体です。ドキュメンタリータッチで描かれているため、リアルとファンタジーが交差し興味深い視点で描かれています。

映画の評価

 (799143)

映画「ジェイソン村」は各地の廃墟を巡るため、廃墟好きにはたまらない作品でしょう。前半ではさほど事件は起こらず、ただただ廃墟を巡るだけ。しかし中盤にさしかかると徐々にやらせ要素が見えてきて、中には萎えてしまう人もいるでしょう。

「ジェイソン村」はあまり話題になった映画ではありません。口コミを見てみても、ドキュメンタリ―タッチでありながら大げさな演出が良くないという声が多いです。また、廃墟内でそこにあるものに触るのはいかがなものか?という声も少なくありません。

これまで「ジェイソン村」の都市伝説について知らなかった人にとっては、伝説を知る良いきっかけになるでしょう。

村にまつわる都市伝説

 (799144)

「ジェイソン村」も都市伝説の1つとされていますが、他にも村にまつわる都市伝説があります。映画にもなった「犬鳴村」と、メディアでも大きく取り上げられ話題になった「杉沢村伝説」です。

特に「杉沢村伝説」は、「ジェイソン村」と比較されることが多い都市伝説です。具体的にどのような伝説なのか見ていきましょう。

犬鳴村

 (799145)

九州・福岡県に存在する旧犬鳴トンネルの近くに日本政府の統治が及ばない集落「犬鳴村」があり、そこに足を踏み入れた者は生きて帰れないというのが「犬鳴村」の都市伝説です。

伝説に関しては諸説ありますが、主なものとしては「この先、日本国憲法は適用しません」という看板が村の入り口にある、小屋に骸が山積みされている、地図に載っていない、トンネルには柵がありそれを乗り越えると村人が駆け付けるなどです。

杉沢村伝説

 (799195)

青森県の山中に杉沢村がかつてありました。そこでは、一人の村人が発狂し、村人全員を殺し自殺する事件が起きました。村は無人になり廃墟と化し、地図などからも抹消されたのです。そこから悪霊の棲家になり、現在でも存在するというのが「杉沢村伝説」です。

村には「ここから先へ立ち入る者 命の保証はない」と書かれた看板があり、入り口には鳥居とドクロが。住居には血痕の痕が残っていると噂されています。

ジェイソン村は他にもたくさん存在するかも

 (799196)

「ジェイソン村」は全国に8か所、10か所、ネットでは12か所あるとも言われており、探せば他にも候補となる場所はたくさんあると考えられます。残虐な殺人事件などが起きたと噂されている「ジェイソン村」は、新たな都市伝説として語り継がれていくでしょう。

関連する記事