旅行情報メディア【トリマ】

開聞トンネルは鹿児島の心霊スポット!トンネルの場所や怖い噂とは

開聞トンネルは鹿児島の心霊スポット!トンネルの場所や怖い噂とは

2020.09.25

Trima心霊編集部

鹿児島県にはペコちゃんハウスなどの有名な心霊スポットがありますが、その中でもやばいと噂になっているのが開聞トンネルなんです。今回は開聞トンネルの場所や心霊現象を徹底解説!トンネル内の画像や特徴、体験談などを紹介していきます。

目次

  1. 鹿児島県の開聞トンネルの心霊現象や怖い噂!
  2. 開聞トンネルとは?
  3. 開聞トンネルはどんなところ?
  4. 非常に暗くて狭いトンネル
  5. 開聞トンネルの場所や行き方
  6. 開聞トンネルの怖い噂
  7. 開聞トンネルの心霊現象
  8. トンネルを通り抜けると車の後部座席が濡れている
  9. 天井の窓から女性が覗いている
  10. 開聞トンネルの内部の様子画像
  11. トンネル内部
  12. 噂の天井の窓
  13. 開聞トンネルでの心霊体験談
  14. トンネルの中に女性が立っていた
  15. 天井から女性の顔
  16. 悲鳴が聞こえた
  17. 一旦入るとトンネルを抜けるまで引き返せない!

鹿児島県の開聞トンネルの心霊現象や怖い噂!

Nature Forest Trees - Free photo on Pixabay (779198)

鹿児島は九州の南にある県で、小さな島々が点在しているのが特徴的です。桜島を始めとする定番の観光スポットもあり、焼酎や黒豚、鹿児島ラーメンなどのグルメも豊富です。

そんな魅力溢れる鹿児島にも、もちろんたくさんの有名な心霊スポットがあります。その中でも近寄ってはいけないと言われるほど危険な場所と言えば、開聞トンネルでしょう。

今回は、鹿児島の開聞トンネルの心霊現象を徹底解説!アクセス方法やトンネルの特徴、体験談、また内部の様子も画像で紹介していきます。

開聞トンネルとは?

Concrete Lights Perspective - Free photo on Pixabay (779199)

開聞トンネルは鹿児島県にあるトンネルです。実は、2つのトンネルの通称であり、正式名称は異なります。北側にあるトンネルは「御倉本2号トンネル」と言い、南側にあるトンネル「御倉本1号トンネル」と言います。

北側のトンネルの方が南側より長く、竣工されたのは1966年です。実は、目隠しのために作られたトンネルだとか。公園やゴルフを利用する外国の観光客から、農作業を行う地元民を見えないようにするために作られたと言います。

外国人には農作業している日本人は滑稽に見えたのでしょうか。日本らしい気配りの1つと言えるでしょう。ここからは開聞トンネルの特徴やアクセス方法をもう少し具体的に見ていきましょう。

開聞トンネルはどんなところ?

Vaulted Cellar Tunnel Arches - Free photo on Pixabay (779200)

開聞山麓自然公園の脇にひっそりとたたずむトンネルで、御倉本1号トンネル が全長152m、御倉本2号トンネルが全長625mあります。2つのトンネルが繋がっているため、非常に長いトンネルです。

開聞岳という観光スポットにもなっている火山を一周できる遊歩道の東側に位置しており、遊歩道の入り口とも言えるトンネルなんです。内部はくねくねと曲がっており、車の運転には気を付ける必要があります。

Cave Tunnel Underground - Free photo on Pixabay (779247)

車のすれ違い不可能なため、北側には待避所が2か所設けられています。対向車が来た場合はこちらを利用すると良いでしょう。ただし、南側には待避所がありませんので、注意してください。

また、二つのトンネルをつなぐ境目は空が開放的になっており、骨組みだけの鉄骨のアーチになっています。天井は植物が覆いかぶさっている状態です。このアーチを抜けると再び真っ暗のトンネルになります。

非常に暗くて狭いトンネル

Tunnel End Architecture - Free image on Pixabay (779201)

また非常に暗くて狭いのも特徴の1つでしょう。とは言え、廃トンネルではなく、現在も現役で使われているトンネルです。もちろん車で通れます。入口は狭く、車一台がやっと通れるぐらいの車幅です。そして、トンネル内には人口照明が一切ありません。

狭く暗く、しかも曲がっているので、運転する際には注意が必要です。自然光を取り入れるため、トンネル内にはいくつか穴が開いて空が開けてる部分があります。これを頼りに車を運転するしかありません。

開聞トンネルの場所や行き方

Books Library Knowledge - Free photo on Pixabay (779202)

開聞トンネルは、鹿児島県指宿市の開聞岳にあるトンネルです。最寄りの駅はJR指宿枕崎線・開聞駅、薩摩川尻駅と東開聞駅です。ただし、駅からは徒歩で1時間ほどかかりますので、車での訪問をおすすめします。

車での行き方は、まずは「開聞山麓自然公園」の入り口を目指します。公園入口の手前50mほどのところに脇道がありますので、ここを右を入るとすぐトンネルが見えてきます。暗く狭いトンネルですので、走行する際は十分に気を付けてください。

開聞トンネルの怖い噂

Nature Road Mountains - Free photo on Pixabay (779203)

開聞トンネルが心霊スポットと言われるのには、当然理由があります。狭く暗く長いトンネルなので、霊が集まりやすいのも特徴です。しかし、それだけではありません。トンネルにまつわる数々の怖い噂があり、それらが心霊スポットと言われる理由に直結しているのです。

この辺りには開聞岳があり、林に囲まれています。入口付近は、自殺が多発している地域だと言うんです。地元の人の間では自殺の名所として知られており、そこで亡くなった人の霊が開聞トンネルまで流れてきているとか。トンネル内が居心地が良く、霊が居座っている可能性もあります。

Tunnel Tube Vision - Free photo on Pixabay (779204)

他にも、戦時中、臨時に野戦病院が置かれていたという噂もあります。多くの兵士が開聞周辺に駐留していた事実はありますが、戦争で負傷した兵士たちの治療のためでしょうか。

あくまでも噂に過ぎませんが、一説によると野戦病院が置かれたとされる場所は敵陣のため、そこに臨時病院が置かれるのはありえないとも言われています。しかし、このような噂が心霊スポットと呼ばれる理由になったと考えられるでしょう。

開聞トンネルの心霊現象

Adventure Ice Cave Cold - Free photo on Pixabay (779205)

開聞トンネルの怖い噂を見てきました。もちろん、噂が出るといういことは、これまでに霊体験をした人がいるからでしょう。暗く狭いトンネルですので、その雰囲気だけでも不気味で何かが居るように感じる人も少なくありません。

地元の人の中には実際に女性の霊を見た人も多数おり、恐れられているトンネルです。ここからは、開聞トンネルの心霊現象を具体的に見ていきましょう。

トンネルを通り抜けると車の後部座席が濡れている

Tunnel Subway Metro - Free photo on Pixabay (779235)

1つ目は、「トンネルを通り抜けると車の後部座席が濡れている」です。こちらの霊現象はトンネルでよく見られるものではないでしょうか。開聞トンネルのどのあたりで人が乗っているのか情報はありませんが、後部座席に誰かが乗ってくると言うんです。

トンネルの手前で誰かが乗り込んできたなら引き返せませんので、なんとか早くトンネルを抜けなければなりません。777mもある長いトンネルです。そのまま事故を起こした人もいると推測されます。

ミラー越しに気配を感じたり、中には女性の霊が見えた人もいると言います。

天井の窓から女性が覗いている

Tunnel Train Ice Rail - Free photo on Pixabay (779236)

さらに怖いのが「天井の窓から女性が覗いている」です。トンネル内は真っ暗ですが、天井に穴が開いており空が開けている場所がいくつかあります。ここから自然光が入るので解放感を感じる唯一の場所ですが、この天井が危険だと言うんです。

何やら、この天井から女性の霊が覗いていることがあるとか。さらには、この女性の顔を見てしまうと、帰りに交通事故に遭うとも噂されています。

トンネルを通る際には、天井に目線をやらない方が無難です。霊的なものも怖いですが、交通事故で命を落とすなんてことにならないように気をつけましょう。

開聞トンネルの内部の様子画像

Gang Architecture Tunnel - Free image on Pixabay (779237)

開聞トンネルは非常に長く暗く狭いのが最大の特徴!歩いて通ると15分ぐらいはかかるのでは?と言われています。徒歩の方は、懐中電灯必須!暗くて足元も見えませんので灯りを照らしながら通るようにしましょう。

また、心霊現象はもちろんですが、歩きの方は車にも注意する必要があります。ここからは、ぜひチェックしておいて欲しい開聞トンネルの内側の様子を画像で紹介していきます。

トンネル内部

こちらがトンネルの内部です。まるで童話の中に出てくるようなトンネルですが、内側から出口は一切見えません。曲がりくねっているのがこの画像からも確認できるでしょう。内側には人工的な街灯は1つもありません。そして非常に狭いです。

圧迫感があり、この中を車で運転するだけで、ハンドルもアクセルも重くなると言います。

噂の天井の窓

天井の姿にも注目してみてください。天井からは外の木々がご覧いただけます。小さな穴ではありますが、これがトンネルを走行する際の目印になります。解放感を与えてくれる天井ではありますが、ここを見つめるのはNG!

どこで女性の霊が出るかわかりませんので、見上げながらの走行は止めましょう。

開聞トンネルでの心霊体験談

Bridge Tunnel Door - Free photo on Pixabay (779206)

開聞トンネルは多くの方が心霊体験をしており、特に地元の人の間では有名なスポットです。実際に体験した人の声を聞いてみたい方も多いのではないでしょうか。

ここからは、開聞トンネルでの心霊体験談を3つ紹介していきます。背筋が凍るような体験談をお楽しみください。

トンネルの中に女性が立っていた

Tunnel Asphalt Light - Free photo on Pixabay (779254)

彼女と開聞トンネルを通った時のことです。暗くて車幅も狭いため、運転に集中していました。するとトンネルの真ん中ぐらいまで来た頃でしょうか。視界の左に白いものが飛び込んできたんです。

気のせいかな?と思い目を凝らしてみると、どうやら女性のように見えます。「こんなところに女性が?」と思いましたが、危険な道なので再び運転に集中したんです。すると、二つのトンネルに入ってしばらくした頃、今度は右の視界に先ほどの女性が見えたんです。

思わず急ブレーキを踏み、その女性の方を再び見ると姿は消えていました。(30代男性)

天井から女性の顔

Green Tunnel Natural - Free photo on Pixabay (779255)

友人と二人で肝試しに行った時のことです。開聞トンネルは天井がやばいと聞いていたので、天井ばかり見ていたんです。始めは特に変わった様子がありませんでしたが、2つ目のトンネルに入ると、天井の方に何やら白いものが・・。

一瞬光かな?と思いましたが、その白いものは女性の姿をしていました。顔はぼやけてて見えませんでしたが、黒い長い髪の毛の女性だったように思います。(20代男性)

悲鳴が聞こえた

Factory Brickyard Shaft Dry - Free photo on Pixabay (779256)

開聞トンネルの入り口までくると、なんだか急に頭が重くなり体調が悪くなったのを覚えています。友人が運転していたのでなんとか我慢していましたが、その後頭が割れるように痛くなって、うずくまっていたんです。すると、友人が突如ブレーキを踏んで「何か聞こえる」と言うんです。

耳を澄ますと遠くから女性の「きゃぁぁ」という悲鳴が・・しかも段々と僕たちに近づいてくるようでした。これはやばいと二人で顔を見合わせ猛スピードでトンネルを抜けましたが、トンネル内で何度か悲鳴に追いかけられ本当に怖かったです。(20代男性)

一旦入るとトンネルを抜けるまで引き返せない!

Tunnel Train Old - Free photo on Pixabay (779257)

開聞トンネルは車がすれ違えないほど狭いトンネルです。一度入ったら引き返せないと思っておいた方が良いでしょう。しかも非常に長いトンネルですので、抜けるまで時間がかかります。

トンネルに入る前に体調不良等の変化があったなら、入らない方が無難です。トンネル内に入る際は気を付けてください。

関連する記事