旅行情報メディア【トリマ】

仙巌園へのアクセス方法まとめ!駐車場情報や所要時間についても!

仙巌園へのアクセス方法まとめ!駐車場情報や所要時間についても!

2020.09.01

Trima鹿児島編集部

鹿児島にある仙巌園というかつての島津家の別邸は、世界遺産にも登録されている人気観光地です。国内外から季節を問わず多くの人が訪れ、土日には駐車場が満車となることも珍しくありません。今回はバスでアクセスする方法や所要時間、入場料を含めて紹介します。

目次

  1. 鹿児島の人気観光地「仙巌園」へ行こう!
  2. 世界遺産・仙巌園とは?
  3. 入場料について
  4. 【乗り物別】仙巌園へのアクセス方法
  5. 電車の場合
  6. バスの場合
  7. 車の場合
  8. 仙巌園に駐車場はある?
  9. 専用駐車場が存在する
  10. クレジットカード利用は不可
  11. 仙巌園の見どころを紹介!所要時間はどれくらい?
  12. 曲水の庭
  13. 千尋巌
  14. 御前相撲
  15. 猫神神社
  16. 御庭神社
  17. 反射炉跡
  18. 仙厳園茶寮
  19. 西郷どんのロケ地も多数!
  20. 仙厳園付近の観光スポット
  21. 異人館
  22. 薩摩切子工場
  23. 鹿児島旅行の際には是非「仙巌園」へ

鹿児島の人気観光地「仙巌園」へ行こう!

鹿児島県は桜島や屋久島、砂風呂など人気の観光スポットが多く、国内外からも多くの観光客が訪れる場所です。その中でも世界遺産である「仙巌園」は歴史を感じられる観光地として人気です。

世界遺産・仙巌園とは?

View this post on Instagram

𝗦𝗘𝗡𝗚𝗔𝗡-𝗘𝗡 . 【仙巌園】 📍鹿児島市吉野町 . 【Sengan-en】 📍Yoshinochō, Kagoshima, Japan ┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅ 📷 #ShotoniPhone XS Max – @apple 📲 #ShotWithHalide – @halideapp ⚙️ #ShotOn_TG #TG_Wide – @tokyo_grapher ┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅ #仙巌園 #磯庭園 #鹿児島 #Senganen #Kagoshima #Japan #薩摩 #島津 #大河ドラマ #せごどん #名勝 #日本庭園 #庭園 #庭 #九州 #Satsuma #Shimazu #Japanesegardens #garden #Kyushu #yokaphoto #tripgramjp #tripgramjp_kagoshima #kyushuambassador #onsenislandkyushu #mobilephotography

A post shared by Tomo Ueda (@dappi_official) on

仙巌園は島津家の別邸であり、1658年に第19代光久によって築かれ、歴代当主の改築が重ねられてきました。当時には珍しい、近代化を反映した別邸であると言われており、2015年には世界文化遺産構成資産として登録されました。

1888年に島津忠重が東京に移住させられたことで住人不在となり、現在は島津興業が管理を行っています。50,000平方メートルもの広大な敷地内には、歴史・文化・自然が楽しめるスポットが点在しています。

目の前に広がる海を池と見立て、借景が印象的です。庭園からは桜島が見えるため、晴れている日は観光客で賑わっています。

入場料について

Ticket Number Win - Free photo on Pixabay (774997)

庭園・尚古集成館・御殿に入る場合には、大人1,500円、小中学生750円のチケットを買う必要があります。御殿に入らなくても良いという人は大人1,000円、小中学生500円のチケットを購入しましょう。

乳幼児の入場はどこも無料となっています。障がい者割引があるほか、修学旅行や学校行事で訪れる場合には割引料金が用意されています。

どれくらい滞在できるか、どこを見たいのかによってチケットが買えるので無駄なく観光することができます。ただ、御殿は仙巌園のメインでもあるので、時間があるのであればぜひじっくりと見学してみることをおすすめします。

住所鹿児島県鹿児島市吉野町9700−1
時間8:30-17:30
電話番号099-247-1551
URLhttps://www.senganen.jp/

【乗り物別】仙巌園へのアクセス方法

Globe Trotter Traveller - Free photo on Pixabay (775017)

仙巌園にアクセスする方法は様々な選択肢があります。交通のアクセスも比較的良いため、観光客でも気軽に訪れられるというメリットがあります。

では、どのような方法や道順で仙巌園まで行けるのでしょうか。

電車の場合

Rail S Bahn Train - Free photo on Pixabay (775018)

電車でアクセスする場合、仙巌園近くには電車は通っていますが駅がありません。最寄り駅となれば鹿児島駅ですが、そこから歩くのであれば3kmほど歩くことになるので40分ほどかかり、おすすめはできません。

体力に自信がある人や運動したい人であれば、季節や天候によっては歩けないことはありません。次で紹介するバスでアクセスする方法であれば、歩く必要もなく待ち時間もあまりないのでおすすめです。

バスの場合、1日券を購入すると乗り放題になるので移動が多い人はぜひ買ってみてください。

バスの場合

Bus Train Subway - Free photo on Pixabay (775019)

バスで仙巌園にアクセスする場合、3つの方法があります。1つめは鹿児島駅や天文館からバスに乗り、「蒲生・楠田方面行き」に乗ることです。ただし仙巌園を経由するバスの本数が少ないため、タイミングが合えばラッキーといえる方法です。

2つめは「カゴシマシティビュー」に乗ることです。30分おきに鹿児島中央駅から出ているのであまり待たなくてよく、下車するバス停は「仙巌園前」です。

そして最後の方法は、「まち巡りバス」に乗車する方法です。こちらも20分おきに出発し、「仙巌園前」で下車します。バス停で停まる数がカゴシマシティビューより少ないので早く目的地に着きます。

車の場合

Adorable Animal Canine - Free photo on Pixabay (775020)

車があるのであれば、1番目的地までは早く着けます。鹿児島中央駅からは20分、鹿児島空港からは40分、桜島フェリー桟橋からは10分で到着します。市内からのアクセスであれば国道10号線を沿うように走れば着くので迷うことはありません。

また、夏の時期であれば磯海水浴場で泳いでから仙巌園を訪れることもできます。海沿いのルートなので潮風が気持ちよく感じられます。駐車場もあるため、よほど混んでいる日でなければすんなり駐車できるでしょう。

仙巌園に駐車場はある?

Multi Storey Car Park Underground - Free photo on Pixabay (775023)

車で観光地を訪れる人にとって、駐車場問題は深刻です。時には時間ごとに駐車料金を取られてゆっくりと観光できなかったり、駐車場が見つからなくて困ったりすることもあるでしょう。

では仙巌園には駐車場はあるのでしょうか。

専用駐車場が存在する

Road Urban Bicycle - Free photo on Pixabay (775024)

仙巌園には専用駐車場があり、500台まで駐車することができます。中で1日過ごす人はほとんどいないので、満車の場合でも少し待てば駐車できます。

駐車場の利用は1日300円で、お盆やゴールデンウイークなどの繁忙期には島津家が所有している土地を臨時駐車場として開放しています。こちらは仙巌園から少し歩きますが、200円と専用駐車場を利用するよりも安く停められます。

土日は観光客などもいて混み合うため、できるのであれば開園とともに入場しましょう。

クレジットカード利用は不可

Money Card Business Credit - Free photo on Pixabay (775025)

仙巌園は券売機でのチケット購入でもまとめて買え、クレジットカードを使用できます。ただし駐車場は現金の支払いのみできるようになっており、クレジットカードは利用できません。

車で仙巌園にアクセスする場合は小銭を持っていくようにしましょう。また、クレジットカードしかないからと周辺の施設にある無料駐車場に停める車もあるようですが、マナーとしては良くありません。

施設の駐車場はあくまでも施設利用者用のものであり、1日300円と駐車代も安いのでマナーを守りましょう。

仙巌園の見どころを紹介!所要時間はどれくらい?

Waiting Appointment Schedule - Free photo on Pixabay (775027)

仙巌園では敷地が広いので、いくつかのスポットを飛ばし、急いで回っても2時間はかかります。じっくり見るのであれば4時間~5時間は確保しておきたいです。

ここでは、仙巌園では外せない見どころを紹介します。

曲水の庭

曲水の庭は江戸時代中期に作られたと言われています。発見されるまで土の中に埋まっていましたが、1959年にほとんど完全な状態で発掘されました。毎年4月に行われる「曲水の宴」の舞台となっています。

曲水の宴とは、上流から酒盃を流し、それが前を通り過ぎないうちに和歌を詠んで盃の酒を飲むという宴です。参宴者は武家の礼装をしており、入場料のみでこの宴の様子を見られます。

また、春になると花が咲き誇り、曲水の宴の日でなくても美しい庭の様子が見られます。

千尋巌

View this post on Instagram

* . . . ▼千尋巌 / Senjingan . 中国文化の影響を感じることができる千尋巌。 27代当主島津斉興の時代に造られました。 . . . ►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►► 【千尋巌〈せんじんがん〉】 仙巌園の中にある千尋巌は、1814年27代当主島津斉興の時代に造られた。元々日本にはこのように岩の上に文字を彫る文化はない。これは中国文化の影響を受けて造られたのである。 当時は海外との交易が禁止されていたため、情報は長崎から得るのが一般的であった。しかし薩摩藩は琉球を通じて中国と交易を行っていたため、様々な情報を得ることができ、そこからこのような文化も知っていたのだろう。 この千尋巌という名前には「とても大きな岩」という意味がある。実際は11mととても大きく迫力がある。文字を刻むために3ヶ月で約3,900人の人員が使われた。諸説あるが公共事業の一環であったとも言われている。 彫った文字の上には、貝殻を細かく砕いた「胡粉(こふん)」を塗り、綺麗に仕上げている。1969年には修復作業が行われ、現在でも文字が綺麗に見えるようになっている。 千尋巌は庭園にある池の近くから見ることができるが、庭の裏側にある江南竹林の近くから見ると更にはっきりと見ることができるので、そこから見るのもオススメだ。 仙巌園では他にも中国文化の影響を受けたものが多く、「鶴亀」や「松竹梅」など縁起を担いだものもあるので、そちらも是非併せて見て欲しい。 ►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►►► . . . #KAGOSHIMA_NAKASATSU▪︎▪️◾#HITONOWA #鹿児島#鹿児島旅#鹿児島旅行#鹿児島観光#鹿児島の歴史#鹿児島の風景#鹿児島の思い出#鹿児島トラベル#鹿児島トリップ#シェアカゴ#かごぶら#ゲストハウス#ホステル#バックパッカー#一人旅#仙巌園#千尋巌

A post shared by K A G O S H I M A/J P N (@kagoshima_jpn) on

山の中腹を見てみると、「千尋巌」と書かれた一枚岩が見えます。その大きさはなんと11mもあり、遠くからでも分かるように、文字を削った中に色を入れています。この手法は中国でよく用いられているものであり、それを真似たのではないかとも言われています。

この千尋巌は1814年に作られたという記録があり、3,900人もの人が3か月間を費やしました。そのような昔に現代にも残るようなものを作れたことや、限られた道具でやり遂げた事のすばらしさを感じられます。

御前相撲

View this post on Instagram

今日、子どもたち三人とも、 体操クラブがあったので、 21時前には布団に倒れ込むように寝てしまいました😅 おつかれでしたー いよいよ今週から、 夏休みが始まりますね😃 まだ始まってもいないのに、早く夏休み終わらないかなーな〜んて思っています💦 夏休みはいろいろ遊びに連れていかなきゃと計画中です。 作文、絵、自由研究、新聞作成のためのネタ探しです😁 先日、行った仙巌園にもまた行く予定です🙋 #鹿児島#島津家#島津家別邸#西郷どん #NHK大河ドラマ#仙巌園#磯庭園#庭園 #kagoshima#kagoshimafan#鹿児島カメラ女子 #鹿児島カメラ部#鹿児島写真部#ふぉとしま #自然#空#いまそら#Instagramgood #InstagramJapan#ig_japan#photopic #instaphoto#instaphotography #ファインダー越し私の世界#御前相撲 #カメラ好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #カメラ女子#Japan_RX#どんどん鹿児島

A post shared by koto (@topotopo621) on

西郷どんの5話では、西郷隆盛と島津斉杉が相撲をとるシーンがありました。世界遺産である千尋巌で、大掛かりな相撲のセットを設置できたのはすごいことであり、主演の鈴木亮平さんも緊張しながら撮影を進めていたそうです。

実際の歴史ではこの2人が相撲をしたという事実は確認されていないため、時を超えたドリームマッチと呼べるでしょう。撮影が終わってからもセットが残されており、ファンたちは御前相撲のセットで記念撮影を楽しんだようです。

猫神神社

仙巌園を奥に進み、辺りには自然の音のみが聞こえているというような場所に「猫神神社」があります。ここは日本で唯一猫が祀られている神社であり、猫好きにはたまらないスポットです。

第17代島津義弘公は朝鮮出兵の際、7匹の猫を時計代わりに連れて行きました。これは猫の目を見てどれくらい瞳孔が開いているかで時間を推測していたためです。

このうち2匹は生きたまま帰ってこられ、その霊が祀られるようになりました。猫長寿祈願や供養祭も行われています。

御庭神社

園内を流れる保津川のほとりには神社があります。この神社は、仙巌園屈指のパワースポットと呼ばれる「御庭神社」です。この神社には13もの神様が集っているとされています。

なぜなら、かつて仙巌園や別邸、鶴丸城などにあった13の神社を1918年にこの御庭神社にまとめて祀ったためです。辺りには静かな時間が流れており、どんな願いも叶いそうな気がしてきます。

まるで様々な神様が仙巌園を訪れる人々を静かに見守っているかのようです。

反射炉跡

仙巌園受付が終わって入場し、すぐに見えるのは「反射炉跡」です。これは大砲を作るため、大量の鉄を高温の炉で溶かした場所の跡地です。

ヨーロッパの力に勝つためには、日本も近代化が必要であると考えられ、薩摩藩は試行錯誤しながら近代化を進めていきました。当時は大砲など作り方も知られていなかったため、オランダからの書物を元に見よう見まねで作ったとされています。

現在は炉の底部構造や基礎しか見ることはできませんが、昔の人の苦労や努力が感じられるスポットです。この反射炉跡も「明治日本の産業革命遺産」の構成遺産として登録されています。

仙厳園茶寮

View this post on Instagram

島津家のお屋敷内にあるお茶屋さん🍵 窓からは桜島が眺められ、とても素敵なところ✨私が今回チョイスしたのは濃茶ぜんざい🤤濃茶をアフォガードのようにかけていただく一品!散策のあとのホッと一息に最高👍———————————————————————— 📍😚 ———————————————————————— #鹿児島 #鹿児島カフェ #鹿児島グルメ #カフェ #和カフェ #仙厳園茶寮 #ぜんざい #gourmet #japan #japanesefood #foodinstagram #instagood #instafood #f4f #lfl #followme #グルメ好きな人と繋がりたい #グルメ巡り #グルメ女子 #ミシュラン #たべものぐらむ #たべすたぐらむ #おいしいもの #絶品グルメ #絶品

A post shared by Tabesuta (@kichelan_guide) on

2018年2月にオープンした「仙巌園茶寮」は和モダンの雰囲気で、店内中央にあるテーブルを錦江湾に、茶釜から湯気が出ている様子を桜島に見立てています。

人気メニューは「抹茶とお菓子」(1,000円)で、お菓子は鹿児島銘菓や仙厳園茶寮オリジナル、季節のお菓子などの中から選ぶことができます。

抹茶は店内で着物を着た女性が一杯ずつたててくれ、観光の合間にほっと一息つけます。仙厳園は広く、予想以上に歩いて足が疲れることもあるので、ぜひ茶寮でまったりとし、エネルギーをチャージしてください。

西郷どんのロケ地も多数!

Night Camera Photographer - Free photo on Pixabay (775038)

2018年からおよそ1年に渡って放送された大河ドラマ「西郷どん」は、女性人気の高い鈴木亮平が主人公の西郷隆盛役を演じた事でも話題となりました。西郷隆盛は鹿児島を代表する歴史上の人物であり、撮影は鹿児島県内各地で行われました。

その中で最も撮影現場に選ばれた回数が多かったのが、仙巌園です。小吉らが忍び込んで身を隠した「鶴灯籠」、篤姫と島津斉杉のシーンの「御殿」、竹林を走り切った「江南竹林」など西郷どんファンにはたまらないスポットです。

仙巌園を訪れる前に西郷どんを観てから訪れると、細かいところまで楽しむことができるかもしれません。

仙厳園付近の観光スポット

Travel Explore Journey - Free photo on Pixabay (775040)

仙厳園に訪れたついでに行ける観光スポットがいくつかあります。鹿児島はぜひ訪れたいスポットが多くあるので、限られた滞在時間の中で行きたい場所を絞ることをおすすめします。

では、仙厳園周辺のおすすめ観光スポットを紹介します。

異人館

View this post on Instagram

#kagoshima,#鹿児島異人館

A post shared by べくたーわーかー (@vectorworker) on

異人館は、1867年に建てられた和洋折衷な建物です。当時、鹿児島紡績所でイギリス人によって技術指導がされており、そのイギリス人の宿舎として機能していました。この異人館から日本の産業革命が始まりました。

当時、イギリス人は敵視されていたこともあり、トイレにすら警備がつけられていたようです。1962年には国の重要文化財に指定、2015年に世界文化遺産に登録されました。

入場料は一般200円、小中学生100円となっています。当時イギリス人がどのように暮らしていたのかを見られます。ゆっくり見ても1時間くらいで回りきれるでしょう。

住所鹿児島県鹿児島市吉野町9685−15
時間8:30-17:30
電話番号099-247-3401

薩摩切子工場

仙巌園の隣にある「薩摩切子工場」は、江戸時代から続いた切子工場でしたが、薩英戦争によって大打撃を受け、明治時代に途絶えてしまいました。この技術や美しさを無くしてはいけないと、1985年に再建されました。

この工場では現在も職人が手作業で薩摩切子を製造しています。休憩時間以外であれば、いつでも間近で製造の様子を見学することが可能です。当時称賛されたグラデーションと繊細な模様は、目を奪われることでしょう。

入場は無料なので、仙巌園の前後に訪れることをおすすめします。

住所鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24
時間9:00-17:00
電話番号099-247-2111

鹿児島旅行の際には是非「仙巌園」へ

View this post on Instagram

#鹿児島#仙巌園

A post shared by . m i y u . (@xxuyimxx) on

今回は世界遺産にも登録されている鹿児島の仙巌園について紹介しました。鹿児島には魅力的な観光スポットが多く、どこに行こうか迷ってしまいます。

その中でも仙巌園は文化や歴史、自然を同時に楽しめるスポットは珍しく、どの世代でも楽しめるところです。鹿児島を訪れる際は、ぜひ仙巌園を訪れてみてください。

関連する記事