旅行情報メディア【トリマ】

石川県の最恐心霊スポット12選!墓地や城跡・牛首トンネル等を紹介

石川県の最恐心霊スポット12選!墓地や城跡・牛首トンネル等を紹介

2020.09.24

Trima心霊編集部

自然に囲まれた多くの観光客を魅了する石川県の心霊スポットとは?今回は、石川県で最恐と言われる心霊スポットを徹底解説解説!牛首トンネルや、野田山墓地などの有名なスポットや穴場スポット、持っておくと便利な持ち物についても紹介します。

目次

  1. 最恐!行ってはいけない石川県の心霊スポットを紹介
  2. 地蔵に関する心霊現象多発「牛首トンネル」
  3. 地元民にもよく知られている心霊スポット「野田山墓地」
  4. 村人の怨念が今も残る「鳥越城跡」
  5. 深夜には池の水が真っ赤になる「首洗池」
  6. 過去に解剖実験が行われていた「解剖墓地」
  7. 洗面台の鏡に浮かび上がる無数の手形「坂田屋」
  8. 自殺者の名所としても有名「ヤセの断崖」
  9. 不気味なホテルが今も残る「モテル北陸」
  10. 自殺者が自殺者を呼ぶ「熊走大橋」
  11. 霊とすれ違う「旧四十九院トンネル」
  12. 霊の仕業か?不思議な現象が多発「ラブホテル S」
  13. 誰にもいないはずなのに”何かがいる”「細川旅館」
  14. 心霊スポットに行く際の持ち物
  15. 災害用発電機
  16. 心霊スポットに行く際には覚悟が必要

最恐!行ってはいけない石川県の心霊スポットを紹介

Castle Mystical Mood Night - Free photo on Pixabay (778551)

石川県と言えば、情緒溢れる金沢市の「兼六園」や新鮮な魚介類が楽しめる「近江町市場」などの観光スポット、加賀野菜や金沢カレーを始めとするグルメも豊富な県です。

近代と歴史がバランス良く混ざりあった石川県にももちろん心霊スポットは多数あります。有名なところから、行くのは危険とされるスポットまで、石川県で押さえておきたい心霊スポットを徹底解説!

どのような心霊現象が起こるのか、また過去に起こった事件についても紹介していきます。

地蔵に関する心霊現象多発「牛首トンネル」

石川県で最も有名な心霊スポットと言えば「牛首トンネル」ではないでしょうか。富山県との県境に位置しており、トンネルの中にお地蔵さんがあることでも有名です。ここでは過去に焼身自殺した男性がおり、その後を追うように男性の母親も自殺したと言います。

トンネルの中で立ち止まると必ず心霊現象が起こる!とまで言われている体験率が非常に高いスポット。霊感がない人でもここにくれば何か感じるかも。中には、「お地蔵さんが血の涙を流す」「お地蔵さんを写真に撮ると心霊写真になる」などの噂があります。

河北郡牛首の県道74号線上にあり、落石注意などの看板もあり不気味な雰囲気があります。

地元民にもよく知られている心霊スポット「野田山墓地」

金沢市にある加賀百万石前田家ゆかりの墓地です。前田利家が兄、利久が埋葬されている場所でもあり、通称「前田家の墓」とも呼ばれています。

ここでは落ち武者の霊が出現するとの噂があります。前田家にまつわる霊でしょうか。落ち武者だけでなく、心霊スポットによくある白い和服の女性の霊もよく目撃されています。

肝試しに多くの方が訪れる場所ですが、墓地でむやみに騒ぐと交通事故に遭うといった噂も。車で行くと複数の手形やひっかき傷が残ることもあると言います。

村人の怨念が今も残る「鳥越城跡」

白山市の県道44号線の山道の頂上にある城跡です。現在は観光地として整備されており、昼間は多くの旅行客が訪れる場所ですが、鳥越城が落下し処罰された人たちの怨念が残ってると言います。

ここでは、武士の霊、農民の苦しそうな霊、黒っぽい女性の霊などが目撃されています。写真撮影すると心霊写真が撮れることも。訪れる際には十分に注意してください。

深夜には池の水が真っ赤になる「首洗池」

加賀市の藤原古戦場跡の中にある池。こちらも観光スポットとして知られていますが、心霊スポットとしても有名です。かつて木曽義仲の軍制が斎藤実盛の首と取り洗ったと言われている場所です。近くには首を抱えて泣いている銅像があり、その時代を想像すると不気味です。

ここには戦争で命を落とした人の霊が出現すると噂になっています。また、夜中になると池の水が真っ赤になるという情報も。霊感が強い人は、金縛りにあってその場から動けなくなることもあるとか。こちらも危険な場所です。

過去に解剖実験が行われていた「解剖墓地」

House Abandoned Night - Free photo on Pixabay (778575)

金沢市の卯辰山墓地内にあり、古くは明治時代に金沢大学の学生が解剖実験を行い、遺体を解体して捨てた場所だと言われています。亡くなった方の供養のために建てられたのが「解剖墓地」です。

昼間は解放感があり、観光スポットとしても有名ですが、夜になると学生が解剖した人たちの霊がさまよっていると言います。また江戸時代にも7人が見せしめに処刑される事件が起きており、怨念が深く根付いている場所だと考えられます。

洗面台の鏡に浮かび上がる無数の手形「坂田屋」

Haunted Castle Ghost - Free image on Pixabay (778581)

小松市粟津温泉にある温泉旅館跡で、現在は主に駐車場として使われています。開業したのは1984年で閉業は2002年です。

過去にどのような事件があったかは不明ですが、女性のお風呂場の鏡に無数の手形が写っている映像がYouTubeでご覧いただけます。

夏になるとリアルなホラーアトラクションとして、廃墟内を回遊するアトラクションも開催され、話題になりました。

自殺者の名所としても有名「ヤセの断崖」

「ヤセの断崖」は、羽咋郡志賀町笹波にある松本清張の名作「ゼロの焦点」の舞台にもなった断崖絶壁です。観光スポットとして多くの人が訪れており、日本海を見渡せる景色には定評があります。ここは、海面からの高さが35m~55mもあり、自殺の名所としても知られているんです。

手前には手すりがありますが、崖を見るためにはそれを越えないといけないため、あまり意味をなしていません。断崖絶壁に立つと吸い込まれそうなパワーがあり、ごつごつとした岩も恐怖心を煽ります。

ここでは、亡くなった方の霊が出るとか。足を踏み入れると自殺者の声が聞こえるという噂もあります。

不気味なホテルが今も残る「モテル北陸」

加賀市の国道8号線にある廃墟になっている「モテル北陸」は、1963年に開業しており、ワンルームワンガレッジのモーテルで、日本のラブホテルの基盤になったホテルとも言われています。コンクリートでできた建物は、当時にしてはかなりスタイリッシュで斬新に映ったでしょう。

現在は木に囲まれて不気味というよりはミステリアスな雰囲気があります。ここでは、都市伝説のような噂が多数あります。「上りと下り、同じ階段を使わないと呪われる」「布が擦れる音がする」「時に異臭が漂う」などの噂です。

自殺者が自殺者を呼ぶ「熊走大橋」

金沢市207号線を犀川に向かって北上したところにある橋で、絶景が見られるスポットとしても有名です。サイクリングにも適しており、昼間は壮大な景色を感じられて空気がおいしい場所です。しかし夜になると一変して心霊スポットになるとか。

橋は高さ50mもあり、ここから自殺する人も多い場所です。地元の人の間では有名な心霊スポットで、多くの方が霊を目撃しています。また、自殺者が手招きして導いているという噂もあります。むやみに近寄ると、その気はなくても橋の下に引っ張られる可能性もあるでしょう。

霊とすれ違う「旧四十九院トンネル」

Tunnel Tube Vision - Free photo on Pixabay (778608)

加賀市山中温泉もあるトンネルですが、「新四十九院トンネル」が開通しているため、こちらはめっきり通行量が減り、昼間でも薄暗く何か出そうな雰囲気があります。過去には事故等もあったのでしょうか。

トンネル内では「サイドミラーに霊が映る」「火の玉のようなものが見えた」などの声が寄せられています。中には、「新四十九院トンネル」を通っていたはずが、耳鳴りがして気が付いたら「旧四十九院トンネル」の出口にいたという都市伝説のような噂もあります。

また、狭いトンネル内で車とすれ違い、車内に乗っていた人数が見た人によって異なることから、「霊とすれ違った」と感じた人もいます。

霊の仕業か?不思議な現象が多発「ラブホテル S」

Castle Mystical Ghosts - Free photo on Pixabay (778621)

金沢にある「ラブホテル S」では不思議な現象が報告されています。自由の女神が立っており、現在も多くの人が利用しているラブホテルですが、ここが「出る」と噂になっているんです。

「寝ていたら圧をかけられる」「勝手に鍵がかかる」「監視カメラに女性の霊が」などです。どれも噂レベルに過ぎませんが、特に和室の部屋は危険だと言います。

過去に自由の女神がの像が壊れたこともあり、テレビでも話題になりました。現在は修復・リニューアルされ綺麗になっています。

誰にもいないはずなのに”何かがいる”「細川旅館」

Forest Owl Trees - Free image on Pixabay (778627)

小松市にある旅館で、1993年頃にすでに廃業しています。現在は廃墟として残っており、ここも地元の人の間では有名な心霊スポットです。噂では廃業後、某宗教団体が管理していたとか。

ここでは、「1階の大浴場に血で書かれたお経がある」「ラップ音が聞こえる」「何かが向かってくる足音が聞こえる」「過去に自殺したやくざの霊が出る」などの噂があります。

現在はかなり荒れた状態で、窓ガラスは割られ内部も荒らされているとか。内側に侵入するのは困難でしょう。

心霊スポットに行く際の持ち物

Full Moon Silhouette Castle - Free photo on Pixabay (778628)

石川県には危険とされる心霊スポットがたくさんあることがわかりました。心霊スポットが好きな人であれば、ぜひとも行ってみたい!と思うことでしょう。では、実際に心霊スポットに行く際、どのようなものを持参しておけば便利なのでしょうか。

ここからは、押さえておきたい持ち物を2つ紹介してきます。

災害用発電機

Theatre Dark Spotlight - Free photo on Pixabay (778638)

現場では何が起こるかわかりません。特に霊が存在する場所では、電子機器の故障が起こりやすく、懐中電灯が壊れたりその他の電気機器に影響を及ぼす可能性があります。

そんな時に備えて持っておくと便利なのが災害用発電機です。心霊スポットだけででなく、災害時にも非常に便利で、1つあると重宝します。最近はコンパクトな物もたくさん発売されており、持ち運びに便利なタイプもあります。ぜひチェックしてみてください。

Salt Spa Wellness - Free photo on Pixabay (778641)

霊感の強い人や繊細な方は、霊気が強い場所にいくとそのまま霊を連れて帰ってしまう可能性もあります。そこで昔から言われている方法で清めておくと安心です。

自宅に帰ってからでも良いですが、自宅まで連れて帰ると後々大変なことになりますので、家に入る前に清めておきましょう。塩は極力天然のものにこだわってください。不純物が入っていると効果が薄れる可能性があります。

それでも気になる方は、家に着いたら盛り塩をしたり、塩風呂に入ったりして効果を高めておきましょう。

心霊スポットに行く際には覚悟が必要

Index Finger Hands Poor Clouded - Free image on Pixabay (778649)

心霊スポットに行く際はある程度の覚悟が必要です。霊感が弱い人でも、霊気が強い心霊スポットに行けば何が起こるかわかりません。また面白半分で訪れるのはNG!

また強気で挑むのも大事なことです。体調が悪い時や精神的に弱っている時は、心霊スポットには行かない方が無難です。

関連する記事