旅行情報メディア【トリマ】

大宝八幡宮といえば宝くじ祈願!高額当選総額や御朱印・駐車場情報も紹介!

大宝八幡宮といえば宝くじ祈願!高額当選総額や御朱印・駐車場情報も紹介!

2020.09.30

Trimaパワスポ編集部

皆さんは、茨城県にある大宝八幡宮をご存知でしょうか。大宝八幡宮は、「宝くじが当たる」として祈願に訪れる方が多い神社です。今回は、御朱印、神社の場所や駐車場情報、なぜ有名になったのかなど、大宝八幡宮について詳しく紹介していきます。

目次

  1. 大宝八幡宮はどんな場所?宝くじ祈願で有名な理由とは?
  2. 大宝八幡宮とは?
  3. 歴史
  4. 名前の由来
  5. 宝くじ祈願として有名スポットになった理由
  6. 金が発見された年に創建
  7. 発売前の宝くじを高額当選祈願し見事当選
  8. 高額当選総額は「40億円」
  9. 人気沸騰中!大宝八幡宮の御朱印情報
  10. 宝くじ祈願のお守り「大宝守」
  11. 当選者続出!大宝八幡宮祈願者の口コミ
  12. 大宝八幡宮に行ったら宝くじが当たった!
  13. 商品券が当たった!
  14. 給料が格段に上がった!
  15. 大宝八幡宮へのアクセス
  16. 駐車場情報
  17. 他にもある!宝くじ祈願におすすめの神社
  18. 宝当神社
  19. 御金神社
  20. 新屋山神社
  21. さらに確率を上げる!当選しやすい宝くじ売り場の特徴!
  22. 明るい雰囲気が漂っている
  23. 吉方位を向いている窓口
  24. 宝くじを買う前には宝くじ祈願に!

大宝八幡宮はどんな場所?宝くじ祈願で有名な理由とは?

 (810305)

「宝くじが当たる」といわれている神社があるのならば、誰しもが一度は足を運びたいと思うことでしょう。そんな、金運アップにご利益がある神社として有名なのが、茨城県の下妻市にある大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)です。

そんな大宝八幡宮は、一体どんな神社なのか、なぜ宝くじ祈願として有名になったのかなど、詳しくご紹介していきます。宝くじの当選経験がこれまでにない方、金運アップのご利益を授かりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

大宝八幡宮とは?

View this post on Instagram

#大宝八幡宮

A post shared by 神谷芳直 (@kamiya_yoshinao) on

宝くじの当選祈願をしたいけれど、「大宝八幡宮ってどんな神社なの?」と感じている方も多いでしょう。大宝八幡宮は、宝くじの当選祈願に訪れる方が後を絶たない神社として有名です。

また、金運アップだけでなく、あじさい祭りや奇祭(タバンカ祭)でも有名で、観光スポットとしても知られています。6月にはとても綺麗なあじさいを見ることができます。

歌手の相川七瀬さんがプライベートで訪れているともいわれているこの「大宝八幡宮」。この場所は一体どんなところなのか、まずはその歴史についてくみていきましょう。

歴史

 (810314)

大宝八幡宮は、文武天皇が治めていた大宝元年の701年に、藤原時忠が大分県宇佐市の宇佐八幡宮の分霊を迎え、創建されたと伝えられています。その歴史は古く、関東最古の八幡様としても知られているほどです。

大宝八幡宮の中心に位置していたといわれる大宝城は、残念ながら平安時代の末期に落城してしまいましたが、土類などが現在も残っており、後にあじさいが植えられるようになりました。ここは現在は、「あじさい神苑」と呼ばれていおり、約300種類のあじさいが植えられ観光名所となっています。

名前の由来

 (810312)

大宝八幡宮という名前は、大宝律令の「大宝」、そして神社を創建したとされる年号である「大宝」に由来しているといわれています。大宝という年号は、その年に対馬から朝廷へ高価な品である金が献上されたため、文武天皇が「大きな宝を手に入れた」と喜んだことから、縁起の良い文字をとって「大宝」という年号へ改元したといわれています。

この「大宝」という年号が定められたことがきっかけで、現在まで年号で呼ぶことが定着したとされており、実は私たちが暮らす現代においても深いつながりがあったのです。

そして、大宝八幡宮は「大きな宝を手に入れる=宝くじに当選する」という意味として捉えられるようになり、名前からして金運アップのご利益が得られそうな名前として有名になりました。

宝くじ祈願として有名スポットになった理由

 (810307)

ここまで、大宝八幡宮の歴史や名前の由来についてご紹介してきました。名前を聞くだけでも、「なんだか金運がアップしそう」と感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、大宝八幡宮は本当に宝くじの当選や金運アップにご利益がある神社なのか半信半疑の方もまだ多いと思います。ここからは、宝くじ祈願の神社として有名になったとされる理由についてみていきましょう。

金が発見された年に創建

 (810308)

大宝八幡宮の「大宝」という名前は、朝廷へ金を貢献した「大寶(だいほう)」から取られたことでも有名です。実は、この年である西暦701年までは、日本列島では金をとることができていませんでした。

金は王族であったり、貴族であったりといった身分の高い人しか手に入れることのできない貴重品だったのです。そのため、金を見ることができたのも限られた方々だけだったのです。しかし、この年に対馬で初めて金が産出し、朝廷は大喜びしました。

実は、大宝八幡宮は、この金が発見された西暦701年に創建されています。これだけも、やはり金と深い縁を感じます。このことから、「きっと金運が上がるに違いない」としてそのご利益を得ようとする人々が足を運ぶようになったのでしょう。

発売前の宝くじを高額当選祈願し見事当選

 (810309)

では、実際に宝くじに当選した人はいるのでしょうか。皆さんが一番気になるところだと思いますが、きちんと実績も残っているのです。

遡ること平成17年、宝くじ売り場を運営する企業の社員さんが、神社に販売前の宝くじを持ち込み祈願しました。すると、次の年のドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボでは2等の1億円が8本も当選したと有名になりました。

そしてなんと、この当選した宝くじ8本のうち3本は、大宝八幡宮の最寄りである下妻イオンの売り場から出たのです。これも大宝八幡宮のご利益を授かっていたのでしょう。

高額当選総額は「40億円」

 (810311)

一年のうちに、高額当選者をたくさん出した大宝八幡宮ですが、実はこれだけではありません。

その後の平成18〜22年の間だけでも、宝くじの高額当選者が次々と出ました。その当選金額の累計は40億円を超えていたといわれています。

当然ですが、宝くじは全国各地、様々なところで販売されています。当選するだけでもかなりの倍率であることは言うまでもありませんが、短期間でこれだけの当選者を出したところをみると、金運アップのご利益を信じずにはいられないでしょう。

人気沸騰中!大宝八幡宮の御朱印情報

ここまで読んで、「実際に行ってみたい!」と感じた方も多いのではないでしょうか。そんな方に、今現在人気沸騰中の大宝八幡宮の御朱印をご紹介します。

大宝八幡宮の御朱印は、初穂料は300円となっています。社殿の右手側にある社務所にいくといただくことができます。開所時間は8:30〜17:00となっていますが、大型連休や土日祝日は社務所に行列ができることも珍しくありません。

「せっかく行ったのなら御朱印も絶対に手に入れたい!」という方は、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

宝くじ祈願のお守り「大宝守」

御朱印と並んで人気があるのが、宝くじ当選にご利益があるとされる「大宝守」といわれるお守りです。お守りであれば、サイズが小さいので普段カバンなどにつけて持ち歩くことができ、御朱印よりもご利益がありそうな感じがして欲しいと思う方も多いでしょう。

大宝八幡宮のお守りは、金運アップのお守りなだけあって金色の糸で作られています。いかにも、金運が上がりそうな色です。宝くじ当選祈願のご祈祷をされた方は、忘れずにこの「大宝守」をいただいて帰りましょう。

当選者続出!大宝八幡宮祈願者の口コミ

 (810315)

大宝八幡宮で宝くじの当選祈願をすると宝くじに当たるといわれていますが、これは単なる噂だけではないのです。実は、「金運アップにご利益がありますよ」というのを、なんと大宝八幡宮の公式サイトで紹介しているのです。

なかなかそんなことする神社は少ないので、相当自信を持ってオススメしているのですね。そこでここからは、実際に大宝八幡宮に行った方の口コミをご紹介していきます。当選祈願をしていった人に、一体どんな幸福の知らせが届いたのでしょうか。

大宝八幡宮に行ったら宝くじが当たった!

 (810316)

宝くじを買ったので、ついでに当たると有名な神社に参拝でもしてみようと思い参拝に行きました。本殿はとても威厳があり、圧巻されました。参拝もしっかりと行い、年末を迎えました。

すると、年末ジャンボで10万円が当選しました!これまで300円も当てたことがなかったので、家族全員で番号を見返すほど驚きました。1億の当選とはいかなかったものの、大満足です。早速ご利益があったので、行ってよかったです。
(30代・女性)

商品券が当たった!

 (810317)

先日、関東地方へ旅行の予定があったので、ついでにと大宝八幡宮を訪れました。宝くじは買っていなかったのですが、金運アップのご利益があると聞いたので、金運が上がるようお祈りしました。

その翌週、家族でショッピングモールへ出かけました。そこでくじを引くことになり、引いたらなんと1等が当たりました!景品は、5万円分の商品券!こんなこと今までなかったので、思わず娘と「えーっ」と叫んでしまいました。

5万円分の商品券で食事をしてもいいし、ちょっといい生活用品を買い替えてもいいし、今はどう使うか、何を買おうか悩んでいるのも楽しいです。大宝八幡宮のご利益は本物です!
(20代・女性)

給料が格段に上がった!

 (810318)

子供が生まれ、毎月の生活が精一杯なとき、たまたま通りかかった大宝八幡宮に参拝してきました。すぐに目に見える変化はなかったのですが、あれから2年してお給料がアップしました。

そのおかげで、今は毎月月末に「今日のご飯は何にしよう」と悩むことも少なくなりました。金運アップに効果があったのかな、と思います!あの時、行ってみてよかったです。
(30代・女性)

大宝八幡宮へのアクセス

 (810323)

実際に大宝八幡宮へ行った方の口コミを読んで、「私も大宝八幡宮へ行ってみたい!」と思った方は、下記がアクセス方法となりますので確認してみてください。

自動車でのアクセス
名称:大宝八幡宮
住所:〒304-0022 茨城県下妻市大宝667
常磐自動車道谷和原インターより、国道294号線を水海道・下館方面へ。
国道125号線との立体交差を通過後(右手にはイオンモール下妻)、最初の信号を左折、2個目の信号を左折、1個目の信号(東部中学校入口)を右折、道なりにお進みいただくと一ノ鳥居が見えてきます。(インターより約40分)

鉄道でのアクセス
関東鉄道常総線大宝駅より徒歩3分

分からない場合は、直接大宝八幡宮への問い合わせをおすすめします。下記、公式サイトです。

駐車場情報

 (810321)

自動車で行く場合、気になるのが駐車場の有無ではないでしょうか。大宝八幡宮には無料駐車場が3つ設けられていますのでご安心ください。

1つ目は、鳥居の右手側にあるお店「ゑびすや」の駐車場です。お店の駐車場ですが、ゑびすやを利用しなくても駐車できます。配られているパンフレットにも記載がありますので、安心して利用してください。

2つ目は大きな三ノ鳥居の左側にある旧なべや菊花園跡の駐車場です。こちらもお店の駐車場で、2017年に閉店してしまいましたが、駐車場は現在も利用できます。

3つ目は大宝保育園の駐車場です。東門のすぐそばにある駐車場です。車が多い日はこちらの駐車場へ行くと良いでしょう。

他にもある!宝くじ祈願におすすめの神社

 (810326)

大宝八幡宮についてご紹介してきました。皆さんも行ってみたくなったのではないでしょうか。

しかし、「住んでいる場所から遠くて、なかなか足を運べない」などという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は大宝八幡宮の他にも宝くじ祈願におすすめの神社をご紹介します。

数ある宝くじ祈願ができる神社の中でも、今回ご紹介する神社は金運のパワースポットとしても知られいる場所ばかりです。一攫千金を夢みる方、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

宝当神社

宝当神社(ほうとうじんじゃ)は、佐賀県の唐津市にある唐津湾の上に浮かぶ「高島」にある神社です。島の上にある神社で少し珍しい神社です。

1990年頃から、宝当神社で参拝した方の中から宝くじの当選者が出るようになり、ご利益がある神社として知られるようになりました。中でも、億を超える高額当選をした方が持つお札や宝くじのコピーなどが社殿内に貼られているので、見ものとなっています。

こうしたことから有名になり、今では年間20万人以上もの人が参拝に来るほど大人気の神社です。宝当神社では、宝くじ当選だけでなく、商売繁盛、子宝祈願、厄除、厄払い、開運など多くのご利益を授かることができます。

住所:佐賀県唐津市高島523
電話番号:0955-74-3715

御金神社

御金神社(みかねじんじゃ)は、京都の中心地にある神社で、京人気のパワースポットとして知られています。この御金神社の魅力は、24時間いつでも参拝ができるところです。仕事が忙しくて休みが取れない方でも、就業後に行って参拝することができます。

御金神社には、大きな金の鳥居や、金色の絵馬などがあり、その全てが金運アップに効果がありそうですが、最も人気のあるアイテムは黄色の「福財布」といわれるものです。これにお金を入れていたら収入がアップした、宝くじが当選したなど、良い知らせが来た人が続出したのです。

福財布をゲットし、お財布の中身はいつでも整理整頓しておくことで金運の神様がやってくるでしょう。

住所:京都府京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618
電話番号:075-222-2062

新屋山神社

新屋山神社(あらややまじんじゃ)は、山梨県吉田市にあり、日本三大金運神社の1つとして有名な神社で、日本一金運に恵まれている神社だといわれています。

この新屋山神社は、船井総研の元会長である船井幸雄さんが「お金に困りたくなかったら富士山の麓にある新屋山神社に行きなさい」と言った事から、金運に恵まれたパワースポットとして人気を集めるようになりました。

宝くじ当選、商売繁盛のご利益がいただけます。

住所:山梨県富士吉田市新屋1230
電話番号:0555-24-0932

さらに確率を上げる!当選しやすい宝くじ売り場の特徴!

「ここで宝くじを買うと当選する」といわれている宝くじ売り場があったら、皆さん足を運びたくなるのではないでしょうか。

日本各地には、このような宝くじ売り場が実際にいくつか存在しているのです。それでは、一体どんな宝くじ売り場ならば高額当選が狙えるのでしょうか。

最後は、「こんな売り場ならば当選確率が上がる!」といわれている宝くじ当選売り場の特徴についてご紹介していきます。買った宝くじの当選確率を少しでも上げたい方は、参考にしてみましょう。

明るい雰囲気が漂っている

 (810332)

まずは、ぱっと見で明るい雰囲気の漂っている宝くじ売り場かどうか見てみましょう。当たり前ですが、人間と同様、暗く重苦しい雰囲気の売り場には、金運の神様も近寄りがたいのです。

金運の神様が「あ、なんだかいい感じの売り場だな。寄っていこうかしら」なんて思ってくれそうな宝くじ売り場は、人の活気で溢れ、清潔で明るい雰囲気が出ている売り場なのです。

同じ売り場から何度も高額当選が出ている売り場には、当然のように人が来ます。そこに神様の気も向くので、どんどん当選者が出るという仕組みなのでしょう。売り場を選ぶときは、明るく嫌な感じのない雰囲気の売り場を選ぶようにしましょう。

吉方位を向いている窓口

 (810331)

宝くじ売り場を選ぶときは、風水の力を借りるのも良いでしょう。

大きな建造物の近くにある宝くじ売り場は、風水では良いとされています。また、一年ごとに吉方位というのが変わるのですが、宝くじ売り場の窓口がその吉方位を向いていると良いとされています。

宝くじを買う前に、売り場がある周辺地図の確認や、窓口の向いている方向を確認し、当選確率を上げましょう。

宝くじを買う前には宝くじ祈願に!

 (810304)

今回は、宝くじの当選祈願にご利益のある大宝八幡宮について詳しくご紹介してきました。

大宝八幡宮には、毎日宝くじの当選祈願に多くの参拝客がやってきます。そこに足を運ぶことで、あなたのところに金運の神様がやってきてくれたら、これほど嬉しいことはないでしょう。

宝くじを買ってから祈願に行くのも良いですが、本気で高額当選を狙う方はぜひ宝くじを買う前に祈願に行くようにしてみてください。宝くじを買うとき、金運の神様があなたに「これだよ」と力を貸してくれることでしょう。

関連する記事