旅行情報メディア【トリマ】

鹿島神宮はどんな御朱印?受付時間やアクセス・駐車場情報も紹介!

鹿島神宮はどんな御朱印?受付時間やアクセス・駐車場情報も紹介!

2020.09.28

Trimaパワスポ編集部

鹿島神宮は、全国的にも有名なパワースポットであり、強いご利益が得られるスポットです。神社に行ったら必ずチェックしておきたいのが御朱印。また、御朱印帳やお守りについての情報もご紹介します!得られるご利益はもちろん、アクセス方法や駐車場も要チェックです。

目次

  1. 鹿島神宮で御朱印をいただくことができる?
  2. 鹿島神宮について
  3. ご祭神は?
  4. 関東最古の神社
  5. 始まりの地と言われる
  6. 鹿島神宮の御朱印情報
  7. 本宮の御朱印
  8. 奥宮の御朱印
  9. 料金
  10. 時間
  11. 御朱印帳はある?
  12. 鹿島神宮のお守り
  13. 勝守
  14. 幸運守
  15. 足腰健康お守り
  16. 鹿島神宮のご利益
  17. 勝負運
  18. 厄除け
  19. 決断力アップ
  20. 判断力アップ
  21. 鹿島神宮の口コミ
  22. 勝負運を求めて
  23. 決断力をいただきました
  24. 鹿島神宮へのアクセス
  25. 駐車場は?
  26. 鹿島神宮で御朱印をゲットしよう!

鹿島神宮で御朱印をいただくことができる?

パワースポットとしても観光地としても有名な鹿島神宮は、御朱印をいただくことはできるのでしょうか。パワースポット巡りなどをしている人にとって、御朱印をいただくことは必須でしょう。

もし鹿島神宮で御朱印がいただけないとなれば、鹿島神宮に参拝することを少しためらってしまうかもしれません。鹿島神宮の御朱印について詳しく解説していきますので、ぜひご確認ください。

鹿島神宮について

まずは鹿島神宮について詳しく解説いたします。神社に参拝に行くときには、まずはその神社の情報をしっかりと収集しておくことをおすすめします。

どのようなご祭神がいるのか、そしてどのような歴史を持っているのかを知って参拝すれば、よりその神社に参拝する理由や参拝の気持ちが変わってくるはずです。鹿島神宮について解説いたします。

ご祭神は?

 (817974)

まず、鹿島神宮のご祭神は武甕槌大神です。神武天皇との由来もある神社であり、神武天皇元年に創建されたとも言われています。

武甕槌大神は、もともとは天照大神に命を受けた神です。武甕槌大神は経津主大神と一緒に出雲に天降り、国を作っていったとされています。

関東最古の神社

実は鹿島神宮は関東最古の神社としても有名なのです。そのため、茨城県内でも有名な神社ですが、関東地方内でも人気がある神社なのです。

東国三社である香取神宮や鳥栖神社と合わせて鹿島神宮も含まれていますが、その中でも最も古いのが鹿島神宮です。そのため、関東の神社の中でも湧き出ているパワーは他の神社の比べ物になりません。

歴史的にも有名な、そしてパワースポットとしても有名な鹿島神宮は、必ず訪れておくべき神社です。

始まりの地と言われる

この鹿島神宮は、始まりの地とも言われています。この言葉にはさまざまな意味が込められていますが、神がこの茨城県に最初に降り立った地という意味も込められています。

つまり、関東で最も古いこの鹿島神宮がまさに始まりの地となっているのです。また、こうしたご利益を得るために、人生の節目において訪れることで大きなご利益が得られるともされています。

鹿島神宮は、まさに最強の神社なのです。

鹿島神宮の御朱印情報

それでは鹿島神宮の御朱印情報をお伝えします。鹿島神宮では、2種類の御朱印をいただくことができます。

多くの人は2種類の御朱印がいただけるということは知りませんので、鹿島神宮を訪れたときには忘れることなく、この2種類の御朱印をいただくようにしましょう。

本宮の御朱印

まず、多くの人が訪れる本宮の御朱印からご紹介します。基本的にはほとんどの人はこの本宮で御朱印をいただいているはずです。

分かりやすい場所にあることや、多くの神社ではこうした本宮でいただくことが多いことから、御朱印をいただくときには真っ先に本宮を訪れるでしょう。本宮の御朱印はとてもシンプルな文字で、鹿島神宮と書かれています。

奥宮の御朱印

そして実は奥宮でも御朱印がいただけるのです。この奥宮での御朱印は知らない人が多い傾向にあります。

このスポットでただける御朱印にははっきりと奥宮と書かれています。奥宮の文字の真ん中には大きな朱印も押されていますので、かなり迫力がある御朱印であることが分かります。

鹿島神宮を訪れたときには、奥宮の御朱印も忘れることなくいただいておきましょう。本宮、そして奥宮の両方の御朱印をいただいてこそ、この鹿島神宮を訪れた意味があるのです。

料金

 (817980)

では、鹿島神宮の御朱印の初穂料はどのくらい必要でしょうか。鹿島神宮では、先ほどもお伝えした通り本宮と奥宮とで別々の御朱印をいただくことができます。

そして、初穂料はそれぞれ500円になります。鹿島宮はシーズンになるとかなりたくさんの参拝者が訪れます。

そのため、御朱印をいただくのも時間がかかるようになりますので、初穂料は事前に準備しておくことをおすすめします。事前に準備をしておけば、スムーズにいただくことができるでしょう。

時間

 (817981)

では、鹿島神宮で御朱印をいただける時間はどうなっているでしょうか。鹿島神宮での御朱印の受け受けは、8時30分から16時30分までとなります。

この時間以外は受け付けてくれませんので、必ず注意しておきましょう。また、元日のみになりますが、午前0時から御朱印の受付ができます。

この日は特別な日でもありますので、午前0時から御朱印をいただくことができます。ただし、時間外の受付は資本的には行っていません。

そのため、時間内に御朱印をいただけるように事前に予定を立てておきましょう。

御朱印帳はある?

では、鹿島神宮には御朱印帳はあるのでしょうか。鹿島神宮には、御朱印帳もしっかりと用意されています。

それも鹿島神宮の完全にオリジナルの御朱印帳が用意されていますので、御朱印だけではなく御朱印帳も一緒にいただいておくことを強くおすすめします。

御朱印帳は、鹿島神宮が刺繍されたタイプと、鹿島神宮のマークが入ったタイプがあります。どちらも独特な雰囲気のある御朱印帳なので、ぜひいただいておきましょう。

御朱印帳の初穂料は1000円です。事前に初穂料を用意しておけば、スムーズにいただけます。

鹿島神宮のお守り

鹿島神宮では、さまざまなお守りも用意されています。ご利益などに合わせてお守りをいただくことができますので、御朱印だけではなくお守りも合わせていただいておくことをおすすめします。

また、鹿島神宮のお守りは女性に人気があります。中には可愛いお守りもありますので、鹿島神宮を訪れたときには、忘れることなくいただいておきましょう。

男性にも女性にもおすすめできるお守りばかりです。

勝守

 (817984)

鹿島神宮で一番の人気を誇っているのが、勝守です。その名の通り、勝負事に効果的なお守りなので、スポーツ選手などがこのお守りをいただいていきます。

鹿島神宮は武運の神が祀られていると言われています。こうしたことからも、鹿島神宮でのこの勝守は人気なのです。

もちろんスポーツ選手だけではなく、何かのシヨウブ事に勝たなければならないときにもおすすめのお守りです。

幸運守

 (817985)

鹿島神宮では、幸運守もかなり有名なお守りです。女性に人気があるお守りで、真っ赤なからーはかなり目立ちます。

幸運が訪れるまでしっかりと見守ってくれるお守りなので、頂いた後はカバンなどに付けていつも一緒に持ち歩くようにしておきましょう。

足腰健康お守り

 (817986)

年配の人に人気のある足腰健康お守りは、草履をイメージした形になったお守りです。一見すればお守りには見えませんが、こうしたことがまた足腰健康お守りの人気に繋がっているのでしょう。

また、足腰健康お守りだけではなく、健康に関係するお守りとして心身健全御守や病気平癒御守も用意されています。必要であれば、ぜひいただいておきましょう。

鹿島神宮のご利益

View this post on Instagram

鹿島神宮なう(笑)" #鹿島神宮

A post shared by jt.boss🇯🇵 (@jt.boss) on

鹿島神宮で注目することは、御朱印やお守りだけではありません。この神社で忘れてはいけないのが、とてもたくさんのご利益と、そのご利益から得られるパワーです。

鹿島神宮で得られるご利益について解説しますのでいたしますので、ぜひじっくりと確認してください。

勝負運

 (817988)

鹿島神宮と言えば勝負運です。さまざまな勝負事に効果があるご利益であり、スポーツ選手だけではなく、さまざまな勝負事に挑戦する人に人気です。

中には受験を控えている人が訪れることもあります。受験を控えている人も、ある意味では勝負なので、この鹿島神宮でご利益を得ようとしているのでしょう。

鹿島神宮での勝負運のご利益の効果は絶大です。

厄除け

 (817989)

また、鹿島神宮と言えば厄除けも有名です。今まで付いていた悪い厄をこの鹿島神宮で払っておけば、新たなご利益も入りやすくなります。

鹿島神宮では厄除けぜんざいもあります。お餅入りのぜんざいで、抹茶とセットで注文できますので、ぜひこの厄除けぜんざいを食べて心も体も綺麗になりましょう。

決断力アップ

 (817991)

勝負事で大切なのは決断力です。この決断力は、どのような勝負事でも大切になります。

決断力がアップすることで、仕事の向上にも繋がるでしょう。少しでも早く決断をして、さらにはその決断が間違っていなければ良い方向に進むことは間違いありません。

鹿島神宮では、この決断力アップのご利益もいただけます。もちろん、すぐにこのご利益がいただけるわけではありません。

鹿島神宮に何度かに分けて参拝し、この決断力アップのご利益を得てみましょう。

判断力アップ

 (817992)

決断力アップだけではなく、判断力の向上も鹿島神宮では期待できます。人生の中で決めなければいけない、いわゆる判断しなければならないことはたくさんあります。

判断力アップのご利益を鹿島神宮でいただけば、これからの人生が大きく変わっていくでしょう。人生を大きく左右するかもしれない判断力アップのご利益をぜひいただきましょう。

鹿島神宮の口コミ

 (817993)

鹿島神宮を訪れた人の口コミをご紹介します。鹿島神宮を訪れた人の多くは、大きなパワーを得て帰っています。たくさんのご利益、そして強力なご利益がありますので、鹿島神宮を参拝する意味はとても大きいでしょう。

これから鹿島神宮を訪れる予定がある人は、事前に行った人の口コミを確認しておいてください。

勝負運を求めて

 (817994)

仕事でどうしても成功させたいプレゼンがありました。他社との競争と言うことで行われたこのプロジェクトのリーダーに選ばれのですが、どうしても自信が持てないまま取り組んでいました。

できるだけの努力はプレゼンに注ぎ込み、最後は神頼みと言うことで鹿島神宮で勝負運を求めて訪れましたが、勝負運を祈願することを忘れてしまうほど素晴らしい場所でした。神社内には御手洗池と呼ばれるスポットがあり、とても綺麗な景色を堪能でき、また本殿もどっしりとした作りになっていますので最高のロケーションで参拝ができました。

この場所がパワースポットとになっていることがよく分かりました。

(35歳男性)

決断力をいただきました

 (817995)

自分にないのは決断力でした。ここぞと言う場面でどうしても決断することができず、結果的にいろいろなことに失敗していました。

正しい決断力を得るため、鹿島神宮を参拝することにしました。こうした神社に普段、参拝する機会が少ないため、緊張していましたが、実際に鹿島神宮に足を踏み入れるとそうした気持ちも解消されていきました。

素晴らしいの一言に尽きる鹿島神宮は、自分の悩みを全て受け入れてくれるような存在でした。少しでも長くこの場所にいたくなるような雰囲気は、やはり本物のパワースポットなのだと感じました。

決断力を養うには、全てを神頼みにしてはいけません。自分自身で努力をすることも怠らないようにしなければなりません。

そうしたことも教えられたようでした。

(25歳男性)

鹿島神宮へのアクセス

 (817996)

鹿島神宮へはどういったアクセス方法が最適でしょうか。鹿島神宮へは、電車でのアクセスが最適です。

JR鹿島線、鹿島神宮駅がありますのでそこで下車します。駅から歩いて10分ほどなので、かなり便利です。

もちろん車で向かうこともできますが、混み合うシーズンは公共交通機関が有利でしょう。

駐車場は?

 (817997)

車で鹿島神宮に向かう場合は、潮来ICで降ります。そこから一般道を経てICから90分ほどで到着します。

駐車場は普通車は第一駐車場に普通車が60台、さらに第二駐車場は55台駐車できます。ただし、第一駐車場は有料なので注意しましょう。

車が混み合うシーズンは、臨時駐車場が330台ほど設けられます。

鹿島神宮で御朱印をゲットしよう!

鹿島神宮はご紹介した通り、最高のパワースポットです。この最高のパワースポットでいただける御朱印は、とても大きなご利益がいただけることは間違いありません。

とくに初めて鹿島神宮に足を運んだ人は、忘れることなく御朱印はいただいておきましょう。また、鹿島神宮でいただけるご利益についてももう一度確認をして、自分に当てはまる項目があればしっかりと祈願しておきましょう。

そうすれば今までに感じたことがない、大きなパワーを手にすることができるでしょう。

関連する記事