旅行情報メディア【トリマ】

伊和神社のご利益や見どころを徹底解説!お守りや御朱印についても紹介

伊和神社のご利益や見どころを徹底解説!お守りや御朱印についても紹介

2020.09.28

Trimaパワスポ編集部

「歴史と由緒ある神社に参拝したい」とお考えならば、兵庫県にある伊和神社を訪れてみてはいかがでしょうか?この記事では、6世紀に創建されたと伝わる伊和神社のアクセス方法や魅力に加えて、そのお守りや御朱印、お祭りなどについて広くご紹介しています。

目次

  1. 伊和神社のご利益や見どころを徹底解説!
  2. 伊和神社について
  3. 伊和神社の歴史
  4. 御祭神
  5. ご利益
  6. 伊和神社の見どころ
  7. 参道
  8. 鶴石
  9. 夫婦杉
  10. 乙女の泉
  11. 伊和神社のお守りや御朱印もいただこう
  12. 伊和神社で行われる祭り
  13. 風鎮祭
  14. 伊和神社秋季大祭
  15. 三つ山祭
  16. 伊和神社の口コミ
  17. お祭りは見る価値あり!
  18. 清々しい雰囲気に心が洗われる
  19. 伊和神社の所在地とアクセス
  20. 伊和神社へのアクセス
  21. 駐車場情報
  22. 木々に囲まれた神聖な場所

伊和神社のご利益や見どころを徹底解説!

 (818108)

みなさんは普段神社に足を運ぶことはありますか?出産祈願や厄除けなどのために神社を参拝する人も少なくありませんが、最近では清廉な雰囲気に触れて心と体をリフレッシュするために、パワースポットとしての神社を訪れる人も増えてきています。

関西エリアにある神社に参拝したいとお考えならば、ぜひ伊和神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。兵庫県にある伊和神社は、播磨を代表する神社として多くの人々の信仰を集めてきました。

この記事では伊和神社の魅力やアクセス方法に加えて、お守りや御朱印の情報、絶対に訪れたいお祭りなどについて広くご紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

伊和神社について

関西地方にお住まいの方ならば恐らくほとんどの人が伊和神社の名前を聞いたことがあるはずです。伊和神社は、兵庫県宍粟市一宮町にある歴史と由緒ある神社です。

神戸市内の海神社、たつの市の粒坐天照神社と並ぶ「播磨三大社」のひとつであり、古くから播磨の人々の信仰の対象となってきました。ここではまず、そんな伊和神社の基本情報について確認しておきましょう。

伊和神社の歴史

 (818112)

伊和神社に限らず、寺社仏閣を訪れる際にはその歴史や由緒について事前にしっかりと学んでおきたいものです。では、伊和神社はどのようにして建立されたのでしょうか?

伊和神社が建立された正確な年は不明ですが、6世紀半ばに建立されたとされています。6世紀と言えば、まだ古墳時代です。いかに伊和神社が長い歴史を有しているか、おわかりいただけることでしょう。

ただし、社伝によると、2世紀半ばに播磨地方の豪族であった伊和恒郷が神託を受けたことで伊和神社が建立されたとされています。

御祭神

伊和神社の御祭神は大己貴神です。大己貴神は伊和大神と呼ばれることもあり、播磨地方の歴史を伝える「播磨国風土記」によると、伊和大神は播磨国を建てたとされています。

大己貴神は播磨で国づくりを行った後、現在の伊和神社がある場所で鎮まったため、伊和神社が建立されて人々の信仰の対象になったのです。

ご利益

 (818114)

大己貴神は特定の場所だけを守る神様ではなく、日本を広く守ってくれる「総氏神」であるとされています。また、そのご利益は特定の分野に限定されておらず、縁結びや交通安全、商売繁盛などさまざまなご利益が得られると言われているのです。

また、大己貴神は医学に長けていた神様でもあるため、病気平癒にもご利益があると多くの人々の信仰を集めてきました。

伊和神社の見どころ

 (818115)

播磨地方を代表する神社のひとつである伊和神社は広大な敷地を有し、都会の喧騒から離れて清廉な雰囲気を味わうことができます。

普段は神社にお参りをすることがないという方であっても、伊和神社は訪れる価値が十二分にあるのです。最近ではパワースポットとして、伊和神社にお参りをする若い世代も増えてきています。

ここからは、伊和神社を参拝する際にぜひ見ておきたいおすすめのスポットについてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

参道

View this post on Instagram

I wish I could have such a place near my house 😌

A post shared by Elisa (@e.lisa_r) on

伊和神社の見どころとしてまずご紹介したいのが、参道です。伊和神社自体が森の中にあり、参道は美しい木々に囲まれているため、まるで「もののけ姫」や神話の世界に入り込んだかのような神聖な気持ちにさせてくれます。

都会の喧騒から完全に切り離された空間であり、「神様がおられる場所」ということを肌で感じることができるでしょう。

日々の生活で知らず知らず溜め込んでしまっているストレスも、伊和神社の参道を歩くことで解消できるはずです。

鶴石

伊和神社は、播磨国の豪族である伊和恒郷に下された大己貴神からの神託によって建立されたと伝わっています。そして神託を受けた伊和恒郷が目にしたのが、美しい2羽の白い鶴が大きな石の上で羽を休めている姿でした。

白い鶴は北を向いて休んでいたため、伊和恒郷は「これは大己貴神の御意思であるに違いない」と考え、北向きに伊和神社を建立したと言われています。

この鶴石は「降臨石」とされて信仰の対象となっており、本殿近くに現在もまつられているのです。

夫婦杉

伊和神社を訪れたならば必ず見ておきたいのが、「夫婦杉」です。伊和神社の拝殿の向かって右側には、その名前の通り、まるで仲睦まじい夫婦が体を寄せ合っているように2本の見事な杉があります。

高さは45メートルほどあり、その姿を目にすれば荘厳な雰囲気に圧倒されること間違いなしです。夫婦円満の祈願の対象にもなっています。

恋人やパートナーと伊和神社を参拝した際には、ぜひ夫婦杉を一緒に見てはいかがでしょうか?

乙女の泉

乙女の泉も、伊和神社の見どころのひとつとして忘れてはならないでしょう。伊和神社は大きな森の中に位置しますが、本殿の北川の森の中に「三山乙女の泉」と呼ばれるスポットがあるのです。

大きな岩の上に二人の少女の像があり、伊和神社の宮司が建てたという文言が刻まれています。秋になると、乙女の泉は美しい紅葉に囲まれるため、まるでおとぎ話の中に入り込んだかのような幻想的な雰囲気を感じ取ることができるでしょう。

伊和神社のお守りや御朱印もいただこう

伊和神社を訪れたならば、お守りや御朱印をいただいてみてはいかがでしょうか?SNS上でも、伊和神社を参拝して御朱印をいただいたという方の投稿が多く見られます。

御朱印をいただく際にはマナーを守り、敬虔な気持ちになりましょう。

伊和神社で行われる祭り

 (818121)

古くから播磨の人々の信仰を集めてきた伊和神社では、その豊かな歴史の一端をうかがうことのできるお祭りが現在も催されています。

何もない時に伊和神社に参拝するのも素敵ですが、せっかくならばお祭りにあわせて伊和神社を訪れてみてはいかがでしょうか?ここからは、伊和神社のお祭りの情報についてご紹介していきます。

風鎮祭

伊和神社では、毎年8月26日に風鎮祭が行われています。8月後半は台風が到来して風が強くなることが多いため、風が鎮まって農作物がきちんと育つように、境内で献灯をして豊作祈願をするのです。

そのため、風鎮債は油万灯とも呼ばれています。美しい木々に囲まれた伊和神社境内で日が暮れた頃にろうそくに火がともされる様子は、とても神聖であり、見る価値が十二分にあると言えるでしょう。

伊和神社秋季大祭

伊和神社秋季大祭は、10月15日から16日にかけて行われるお祭りです。伊和大神の加護に感謝するお祭りであり、16日に行われる神輿渡御では、神職の方や地元の方々が神輿を担ぐ姿を見ることができます。

その壮観な様子を一目見ようと、地元だけではなく遠方からも多くの人が訪れているほどです。秋に伊和神社を訪れる際にはぜひこの秋季大祭に合わせてみてはいかがでしょうか。

三つ山祭

伊和神社秋季大祭は毎年秋に行われますが、三つ山祭は61年に一度しか行われない、とても貴重なお祭りです。「三つ山」とは、伊和神社を囲むようにして位置する白倉山、高畑山、花咲山の三つを指します。

一生に一度見られるかどうかわからない、とてもレアなお祭りだと言えるでしょう。三つの山を拝むのは、古来からの自然崇拝の影響を受けたお祭りであると考えられています。

伊和神社の口コミ

 (818125)

近年、伊和神社はパワースポットとして注目を集めています。それまでは神社に参拝することのなかった若い世代であっても、伊和神社に興味を持ち、お参りをする人が増えてきているのです。

では、実際に伊和神社を参拝した人たちはどのような感想を抱いているのでしょうか?ここからは、伊和神社の口コミをご紹介していきます。

お祭りは見る価値あり!

「秋に行われる秋季大祭に興味があったので、大阪からわざわざ伊和神社を訪れました。古くから伊和神社が地元の人々の信仰を集めてきたこと、現在も多くの人々によって大切にされていることが伝わってくる、とても素晴らしいお祭りで、わざわざ遠方から足を運んだ価値があったと思います。」(31歳男性)

秋季大祭が行われる季節には伊和神社を囲む森林の美しい紅葉を目にすることもできるので、ぜひお祭りを見に伊和神社を訪れてみるとよいでしょう。

清々しい雰囲気に心が洗われる

「深い森林の中にある伊和神社を訪れると、まるでジブリの世界の中に入り込んだような不思議な気持ちになりました。とても澄んだ雰囲気で空気も美味しく、日々のストレスを忘れさせてくれたので、定期的に参拝したいと思います。」(45歳女性)

この女性のように、伊和神社の清々しい雰囲気に心が洗われたという声も多く聞かれました。

伊和神社の所在地とアクセス

伊和神社は、兵庫県宍粟市の一宮町須行名に位置します。「ぜひ伊和神社に参拝してみたい」という方のために、ここからは伊和神社へのアクセス方法や駐車場の情報についてチェックしていきましょう。

伊和神社へのアクセス

 (818129)

公共交通機関を利用して伊和神社に参拝したい場合には、JR山陽本線「姫路駅」で降りて、バスに乗りましょう。「山崎バス停」でいったんバスを降り、横山・皆木方行のバスに乗り換えて「一宮伊和神社バス停」で降ります。

ただ、バスだと1時間半ほど時間がかかるため、車でアクセスするのもおすすめです。車の場合は、中国自動車道の「山崎IC」で降りて国道29号を北上していきましょう。

駐車場情報

 (818130)

バスを利用するととにかく時間がかかるため、車で伊和神社を訪れたいと考えている方も多いことでしょう。幸い、伊和神社には無料で利用できる駐車場があるため、運転免許をお持ちならば車でアクセスしてみてはどうでしょうか。

木々に囲まれた神聖な場所

 (818131)

今回は兵庫県を代表するパワースポットである伊和神社について特集してきました。播磨三社のひとつである伊和神社は、2世紀もしくは6世紀に創建されたと伝わる、長い歴史と由緒を有する神社です。

深い森林の中にあり、周囲を木々で囲まれているため、伊和神社を訪れると日常の喧騒から離れて清々しい気持ちになれるでしょう。

関連する記事