旅行情報メディア【トリマ】

北海道の地ビールが美味しすぎる!絶対に飲みたい限定ビールも紹介!

北海道の地ビールが美味しすぎる!絶対に飲みたい限定ビールも紹介!

2020.06.02

Trima北海道編集部

北海道は美味しいグルメが沢山存在していますが、ビールもとても美味しく、沢山の工場や北海道ならではの地ビール、北海道限定のビールなども多数存在しています!是非北海道へ訪れた際は、美味しいグルメと共にビールを堪能してみてください。工場見学をするのもおすすめです

目次

  1. 北海道はビールが美味しい!
  2. 北海道のビールは何故美味しいのか
  3. ビールの製造に好条件である
  4. ビールを飲むときの気候も最高である
  5. 地ビール・クラフトビールとは?
  6. 北海道のおすすめビール5選!
  7. サッポロビール
  8. オホーツクビール
  9. 小樽ビール
  10. ノースアイランドビール
  11. 大雪地ビール
  12. 北海道限定!絶対に買いたいビール
  13. サッポロクラシック
  14. キリン一番搾り 北海道千歳工場限定醸造
  15. サッポロ生ビール 黒ラベル The北海道
  16. 北海道はビールの工場がたくさん!家族で楽しい工場見学
  17. サッポロビール以外にも工場は多い
  18. 工場見学ができるサッポロビール
  19. アサヒビールも見学可能
  20. 北海道にきたらビールは外せない!

北海道はビールが美味しい!

 (847644)

北海道には様々な美味しいグルメが存在しています。グルメにスイーツ、そして美味しいビールも多いのです!今回は、北海道の美味しいビールを紹介していきます。

北海道へ観光へ行った際に、是非美味しいグルメと共にビールも飲んでみてください!夜だけではなく、昼間からビールを飲むのもなんとも特別な時間を過ごすことができます!

北海道は「ビールの本場」とも言われている場所で、国産ビール産業のルーツは、北海道にあると言われているのです!

北海道のビールは何故美味しいのか

 (847645)

明治時代に、海外から多くの文化などが入ってきて、政府が北海道に開拓使を置きました。その際、北海道について様々な調査をしたところ、ビールを作るのに非常に適した条件が揃っているということがわかりました。

それがきっかけで、北海道が日本のビール産業発祥の地だと言われているのです。では、さらに詳しく北海道のビールがなぜ美味しいのかについて説明していきます。

ビールの製造に好条件である

 (847646)

まず、北海道は麦の栽培に適した場所です。そして北海道にはホップが自生しており、大麦の低温発酵にも向いていることがわかったのです。

そのため、ビール醸造にかなり適した土地であることから1876年に札幌市に開拓使麦酒醸造所ができました。この時の工場は改築を繰り返しながらも現在も残っており「近代遺産」となっています。

ビールを作るのに適した場所なので、有名な大手のビール工場だけではなく、小規模な醸造所も多数存在しています。そのため、個性的なビールを飲むこともできるのです。

ビールを飲むときの気候も最高である

 (847648)

「北海道で飲むビールは美味しい!」という声が多数あるように、北海道はビールを作るのにも適した気候ではありますが、ビールを飲むのにも適した気候なのです!

北海道は真夏に暑くなった日でも、湿度が比較的低いのでからっとした気候とビールは相性抜群なのです。そして夏だけではなく冬場は冬場で、北海道は防寒対策がしっかりとしているので室内は暖かく湿度ももちろん低いためビールが進みます。

ビール工場も多いので新鮮なビールを飲むことができる、北海道のグルメともビールは相性抜群!などの好条件が揃っているのです。

地ビール・クラフトビールとは?

 (847647)

最近よく耳にすることも多い「地ビール」と「クラフトビール」これはどちらとも「小さい規模の醸造所で作ったビール」という意味があります。ビールを作るには1年間に最低最低2000klという決まりがあります。

ですが、小さい醸造所ではそれが達成できません。しかし1994年に法律が変わったことで1年間に最低60kl作ればOKとなったのです。そのため、小さい醸造所でもビールが作れるようになったことから近年よく耳にするようになったのです。

地ビールとクラフトビールは根本的には同じ意味なのですが、地ビールは「地酒」という意味が強いため、お土産に適している各地のご当地ビールという意味で、クラフトビールは職人のこだわりが詰まったビール、というような意味で区別するといいでしょう。

北海道のおすすめビール5選!

 (847649)

では早速、北海道のおすすめビールを紹介していきます。北海道のグルメとも相性抜群です!是非美味しいグルメと一緒にビールを堪能してみてください。

サッポロビール

北海道のビールの始まりとなった開拓使麦酒醸造所からできたサッポロビールは、大麦やホップの栽培からこだわっており、生産者と共に畑を作っているほどです。

代表的な銘柄でもあるサッポロ生ビール黒ラベルは、独自に育てた「旨さ長持ち麦芽」を使用しており、穀物ならではの旨味を感じることができるビールです。キレ・コク・苦味のバランスが程よく、すっきりとした味わいです。

風味の劣化が少なく、さらに泡持ちが良いので泡でしっかりと蓋をしてくれ、それによってさらに香りが逃げないという役割を果たしてくれているのです。料理に一番合うのはサッポロ黒ラベル!という方も非常に多いです。

オホーツクビール

北海道北見市にあるオホーツクビール株式会社は、1994年に法律が変わった際に製造免許の申請し、取得第1号となったことでも有名です。

北見市近郊では、ビール用の大麦を栽培しており「ビール研究会」が発足したことがオホーツクビールの大きなきっかけともなっています。保存料や防腐剤が一切入っていないので、賞味期限は4週間です。是非新鮮なうちに飲んでみてください。

エールはキレと苦味がしっかりとしており、香りと味を楽しみながらじっくりゆっくり飲んでください。ヴァイツェンは、女性からの人気も非常に高くさっぱりとした味わいなので、ビールが苦手な人でも飲めるような爽やかさがあります。

エール・ヴァイツェン・マイルドスタウト・ピルスナーの各種類が1本ずつセットになったビンビール(330ml)が、2,134円(税込)ですので、是非飲み比べもしてみてください。

小樽ビール

View this post on Instagram

#おたるさんぽ #休憩ビール #小樽ビール#クラフトビール🍺 #ピルスナー#ヴァイス#ドンケル#ドンケルボック #ドイツビール#🍻#🇩🇪 #Bier #Weiß 外国人に紛れて#醸造所見学 。その結果、英語で説明してくれて、隣にいる友達に通訳してもらった。 途中から日本人だと気がついてもらえて、日本語でも説明してくれた笑 たのしかったでぇっす。 #大人の小樽の愉しみ方 #小樽の酒#otarubeer #小樽さんぽ #小樽散策 #水分補給 #正月休みモード で更新しまくり。#ミラーレスカメラマン #クラフトビール部#小樽暮らし #ビールは三番目に好き#ohmyhokkaido#三谷真理子

A post shared by 三谷真理子 (@mitani_mariko.food) on

小樽ビールは、ドイツのビール純粋令にしっかりと基づいて作られており、大麦・ホップ・水・酵母のみを使用しているのが特徴です。

小樽ビールの定番商品はピルスナー・ドンケル・ヴァイスで、ピルスナーはなめらかな味わい、ドンケルは茶褐色のビールで濃い、ビールならではの味わいが広がります。ヴァイスは、すっきりとしたフルーティーな味わいです。

期間限定などで、甘いビールや珍しい味わいのビールなども販売されており、多くの女性からも支持されているビールです。最近では飲食店などでも取り扱いが増えてきています。お土産にも最適です!

ノースアイランドビール

2003年に札幌市東区で醸造がスタートした「カナディアンブルワリー」が2009年にブランド名を変え「ノースアイランドビア」になりました。

ほとんどの工程を手作業で行っているほどこだわっており、種類も豊富でラベルもおしゃれなクラフトビールなのです。

ホップの爽やかな香りが特徴的な「ピルスナー」や、柑橘系の爽やかな香りが特徴的なエールビールの「IPA」、まろやかな茶褐色の「ブラウンエール」、他にもコリアンダーブラックやヴァイツェン、スタウトなどがあります。価格は税込616円です。

大雪地ビール

大雪山を水源としている静水と、旭川で生産されている食材を使用して作られている「大雪地ビール」はまさに旭川を愛する心から生まれたビールと言えます。

旭山動物園の白熊をラベルにデザインした「大雪ピルスナー」は、キレとコクのバランスが絶妙です。「ケラ・ピルカ」はフルーティーな味わいで、ビールが苦手な人にもおすすめです。富良野の大麦を使用した「富良野大麦」は苦味が少なくまろやかです。

この3種類が2本ずつセットになった「麦の畑セット」は税込4,980円で、とてもお得です。お土産にもぴったりなパッケージになっています。

北海道限定!絶対に買いたいビール

 (847675)

次は、北海道のみで手に入るビールを紹介します!是非北海道へ訪れた際に限定のビールを購入してみてください。お土産にもおすすめです。

サッポロクラシック

サッポロクラシックは、福原材料を一切使用せずに麦芽100%で作られたこだわりのビールです。そして、世界の醸造家が認めているファインアロマホップを使用しており爽やかなのどごしです。

高温短時間製法で作られ、コクをしっかりと感じられるのに、後味はすっきりとしています。是非、北海道限定の味わいを堪能してみてください!

キリン一番搾り 北海道千歳工場限定醸造

一番搾り北海道づくりは、北海道千歳工場限定醸造で、北海道産の米と名水を使用して作られたプレミアムな味わいです。口当たりはすっきりとしており、爽やかな味わいです。

地元の素材を使用した、まさに地元の味!ですので、是非北海道で味わってみてください。

サッポロ生ビール 黒ラベル The北海道

サッポロ生ビール黒ラベルThe北海道は、富良野の大自然で育った大麦麦芽と、希少な富良野産のホップを使用しているビールで、爽やかな味わいです。

北海道産米のゆめぴりかを使用し、一部には北海道産馬鈴薯でんぷん、北海道産コーンを使用するなどと、まさに北海道づくしのビールなのです。

北海道はビールの工場がたくさん!家族で楽しい工場見学

 (847676)

北海道には、ビール工場だけではなく、様々な工場があります。そして、工場見学ができる場所もとても多いのです!是非、北海道へ訪れた際には、工場見学もプランに入れてみてください。

ビール工場では新鮮なビールも味わうことができますし、なかなかできないビールができていく工程などを見学することができます。

サッポロビール以外にも工場は多い

サッポロビール以外にも工場は多く、アサヒビール北海道工場もありますし、余市町にはニッカウヰスキー余市蒸溜所もあります。

札幌市清田区には北海道コカ・コーラボトリング札幌工場、札幌市東区には雪印メグミルクの工場があります。せっかくならば、色々な工場を巡ってみるのもおすすめです。

工場見学ができるサッポロビール

サッポロビールは事前に予約をすることによって、無料で工場見学をすることができます。ビールを製造する過程をじっくりと案内してもらいながら見学することができます。

工場見学のあとは、なんと「サッポロ生ビール 黒ラベル」・「サッポロクラシック」を試飲することができるのも嬉しいポイントです。

アサヒビールも見学可能

アサヒビールの工場も見学することができ、ビールができる工程をじっくり見学できます。工場創設当時に使用されていた「仕込釜や煮沸釜」を見ることができ、ビール製造の歴史を感じることができます。

そして、見学が終わったあとには出来立てビールを20分間の間、3杯まで試飲することができます!

北海道にきたらビールは外せない!

 (848020)

北海道には美味しいグルメだけではなく、それに合う美味しいビールもたくさん存在しています!大手メーカーのビールでも、北海道限定のものや、期間限定のものも多いので、特別感があります。

そして、北海道の素材をふんだんに使って作られているこだわりのクラフトビールも多いため、ビール好きの方にはたまらない場所なのです!

是非、色々なビールを飲んだり、お土産にも購入してみたり、工場見学をしてみたりと、ビール尽くしな北海道を堪能してみてください!

関連する記事