旅行情報メディア【トリマ】

北海道の綺麗な海まとめ!海開きの時期やキャンプ場・海の見える温泉も!

北海道の綺麗な海まとめ!海開きの時期やキャンプ場・海の見える温泉も!

2020.05.31

Trima北海道編集部

北海道の海はどのようなイメージですか。実はとても綺麗な海で、夏場には真っ青に輝く最高の景色が堪能できます。北海道の海開き、さらには海開き前の水温をご紹介します。また、キャンプ場や海の見える温泉情報なども合わせてご紹介いたします。

目次

  1. 海やキャンプ・アウトドアなら北海道!
  2. 北海道の綺麗な海
  3. 北海道の海は海藻が少ないから綺麗なブルー
  4. おすすめ!北海道の綺麗な海3選
  5. 神威岬 積丹町
  6. 江ノ島海岸 島牧村
  7. 矢越海岸 知内町
  8. 北海道の海開きは7月中旬頃
  9. 早くても6月下旬、遅くて7月下旬
  10. 早すぎると肌寒いので注意
  11. 水温は上に行くほど冷たくなる
  12. 北海道でのおすすめ海水浴キャンプ場
  13. 豊浦海浜公園キャンプ場
  14. 川下海浜キャンプ場(ピリカビーチ)
  15. 蘭島海水浴場
  16. 北海道の海の見える温泉3選!
  17. 洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
  18. 登別石水亭
  19. 森のゆ ホテル花神楽
  20. 北海道の海は真っ青で綺麗!

海やキャンプ・アウトドアなら北海道!

 (854142)

北海道と言えば、やはり大自然が魅力的なスポットです。この北海道で楽しむことができる海やキャンプ場、そしてアウトドア全般について解説いたします。

北海道の大自然の中で楽しむアウトドアは、他県では味わうことができない魅力があります。今までアウトドアを趣味としてきた人でも、そしてアウトドアは全く行ったことがないという人でも必ずご紹介するスポットなら楽しめますので、ぜひチェックしてください。

北海道の綺麗な海

 (854143)

北海道が海がとても綺麗なことをご存知ですか。実は全国的にもあまり知られていませんが、北海道の海は積丹ブルーとも言われる通り、かなり綺麗です。

真っ青に輝く北海道の海は、とくに夏場に綺麗に輝きます。初めて夏の北海道に訪れた人は、これほどまでに綺麗な海に驚きます。

北海道の海は海藻が少ないから綺麗なブルー

とくに夏の海が綺麗な北海道ですが、なぜここまで綺麗に見えるのでしょうか。実は北海道は海藻が少ないスポットでもあります。

この事実もあまり知られていないことですが、夏の北海道には海藻が少ないからこそ、綺麗な海の自然の色のブルーが輝いて見えるのです。海藻によって海の色が遮断されることがありませんので、どこまでも広がるコバルトブルーを楽しむことができるのです。

そうした北海道の海には有名な観光スポットがたくさんあります。この海でしか味わうことができないスポットばかりなので、ぜひ北海道に訪れたときには有名な海を楽しんでみましょう。

おすすめ!北海道の綺麗な海3選

北海道の綺麗な海を3つご紹介します。北海道には有名な海スポットが3つあり、どれも個性的な海の綺麗な景色を生み出しています。

しかしどの海にも共通して言えることは、真っ青に透き通ったコバルトブルーだということです。観光スポットとしても有名な場所ばかりなのぜ、ぜひ訪れてみてください。

神威岬 積丹町

View this post on Instagram

【積丹】#北海道のここがえーぞ #北海道の道 #チャレンカの道 #神威岬  濃いセルリアンブルーの海へ続く細い遊歩道 約770m続く道の先には、パノラマの水平線 地球の丸さを感じます🌏  人知れず開催していた北海道の道特集は ひとまず神威岬で終了〜 千里の道も一歩から、 どんなに小さくても確実に前に進んで行くものです🤔   住所:北海道積丹郡積丹町神威町 photo by @i_sa_mu555  皆さんも北海道のステキ✨を見つけたら 北海道ラボをタグ付けor#北海道ラボ で 教えてくださいね。  #genic_hokkaido#lovetrip#北海道旅行#北海道観光#北海道#北海道ラボ#わざわざ行きたい北海道#北海道の道#北海道の絶景#神威岬#積丹  北海道旅行に役立つ! 北海道ラボの記事はプロフィールからcheck

A post shared by 北海道ラボ🧸 (@hokkaido_labo) on

北海道を代表する海の観光スポットと言えば神威岬 積丹町です。神威岬 積丹町は神が宿る場所とされており、かつてはこのスポットは女人禁制だった歴史もあるほどです。

またこの神威岬 積丹町は、日本海最大の難所としても知らていました。神威岬 積丹町へは高速バスを利用することができ、JR余市駅からバスで1時間ほどで到着できます。

神威岬 積丹町の先端までは歩いていくことになりますが、この先端部分の景色は絶景です。シャコタンブルーと呼ばれる景色は忘れることができない景色になるでしょう。

神威岬 積丹町の住所は北海道積丹郡積丹町神岬です。事前にしっかりとチサーチして向かうことをおすすめします。

江ノ島海岸 島牧村

日本の渚百選認定にも登録されている江ノ島海岸 島牧村は、北海道島牧郡島牧村字江ノ島にあります。江ノ島海岸 島牧村には車で向かうのが一番です。

日本海沿いの国道229号線を走れば江ノ島海岸 島牧村に到着しますが、この周辺は有名なドライブスポットにもなっていますので、レンタカーなどを借りて運転して向かうことをおすすめします。江ノ島海岸は約4キロほど広がる海岸ですが、綺麗な海だけではなく、瑪瑙やジャスパーなどの珍しい石が転がっているスポットとしても有名です。

夏になるとキャンプスポット、さらには冬には有名な釣りのスポットにもなりますので、一年を通じておすすめできるスポットです。

矢越海岸 知内町

矢越海岸 知内町は、北海道上磯郡知内町字小谷石99-8にあるかなり有名な観光スポットです。この矢越海岸 知内町で有名なのが青の洞窟と呼ばれるスポットです。

その名の通り真っ青に輝く洞窟で、太陽の光が綺麗に当たる時間帯はこれ以上綺麗なスポットはないと思わせるほど綺麗です。矢越海岸の青の洞窟では、青の洞窟ボートクルーズも体験できます。

ツアーが組まれていますので、矢越海岸で綺麗な海を堪能したいときにはツアーを申し込むことをおすすめします。

北海道の海開きは7月中旬頃

 (854150)

北海道の海を楽しむといには、北海道の海開きの時期も抑えておきましょう。北海道の海開きは7月中旬頃になります。

北海道は寒いイメージが強いかもしれませんが、意外に早い海開きです。海開きシーズンにはよりたくさんの観光客が訪れるようになりますので、ぜひ海開きシーズンの北海道の海を楽しんでみましょう。

早くても6月下旬、遅くて7月下旬

 (854151)

北海道の海開きは、基本的には6月下旬ころからです。遅くても7月下旬頃になり、これはその年の気候によって異なります。

多くの人は北海道の海開きは寒さのため、かなり遅い時期をイメージしているかもしれませんが、意外に6月中には行われるのが一般的です。

早すぎると肌寒いので注意

 (854153)

ただし、例年行われている6月下旬でも寒いと感じる日もあります。早めに海開きが行われたとしても、日によっては寒い時期がありますので、その日の気候に合わせて海に入るようにしましょう。

暖かいと感じても、実際に海に入ったときにはかなり肌寒く感じる日もあります。無理に入って風邪を引くようなことのないように、海の水温なども確認して入るように心がけましょう。

水温は上に行くほど冷たくなる

 (854154)

基本的には水温は海の上に行くほど冷たくなります。深い場所に行けば水温は温かい傾向にありますが、海にそのまま入るときには基本的にはビーチなどからになり、浅瀬から入りますので冷たく感じやすいでしょう。

ちなみに水温は4月頃では0から10度ほどです。深い場所に行けばもっと温かくなりますが、実際にどのくらい冷たいのか、温かいのかを確認してから入るようにしましょう。

水面が温かいと感じれれば、深い場所に入れば入るほど温かいと考えて問題ないでしょう。

北海道でのおすすめ海水浴キャンプ場

 (854155)

北海道では海水浴も人気ですが、同時にキャンプを行うことも人気です。北海道でおすすめしたい海水浴場のキャンプスポットをご紹介します。

海水浴とキャンプ、同時に楽しんでみましょう。

豊浦海浜公園キャンプ場

豊浦海浜公園キャンプ場は、北海道のビーチに面しているキャンプ場としてはかなりメジャーです。このキャンプ場に隣接して、温泉施設があることも人気の秘密でしょう。

利用料金は大人600円、子供は300円です。近くにはコンビニも、スーパーもありますので、キャンプ用の食事の買い出しなどもとても楽です。

ただし、砂浜にはテントは張れないことや、ビーチでの焼肉やコンロの使用は禁止なので注意しましょう。

川下海浜キャンプ場(ピリカビーチ)

View this post on Instagram

#ピリカビーチ #浜益 #青空 #海 #青空と海

A post shared by maimai (@mai5884mai) on

のんびりとキャンプを楽しみたいときには、川下海浜キャンプ場がおすすめです。ピリカビーチに面しているこのキャンプ場は、札幌市内から1時間30分ほどで行けますので、立地は最高です。

利用料金は日帰りで1000円、1泊の場合は2000円で、2泊の場合は3000円で利用できます。何人で言っても同じ料金なのは嬉しいポイントです。

近くには買い出しができるスーパーもあり、さらには温水シャワーも完備された居心地の良いスポットです。もちろんトイレも完備されていますので、長期間キャンプをしても困ることはありません。

蘭島海水浴場

蘭島海水浴場は、海水浴場としては歴史のある有名なスポットです。駐車場も1000台以上完備されていますので、毎年多くのキャンプや海水浴場で訪れます。

海水浴場にはバーベキューセットなどのレンタルも行うことができます。日帰りの場合は700円で、そして宿泊するときには1泊1400円で利用できます。

ただし、すぐ近くにはスーパーなどはありませんので、事前にしっかりと買い出しを行い蘭島海水浴場のキャンプ場に入るようにしましょう。

北海道の海の見える温泉3選!

 (854165)

北海道は温泉もとても有名です。日本海を見ながらのんびりと温泉を楽しむことができるスポットもありますので、北海道に来たときには温泉も立ち寄っておきましょう。

洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス

洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラスは、ホテルの中に入っている温泉施設です。目の前に広がる綺麗な海を眺めながら天然温泉が味わえますので、最高の気分を満喫できます。

日帰り温泉にも対応しており、大人は1100円で利用できます。タオルなどのセットを注文すると別に400円が必要です。サウナも完備されていますので、リッチな気分で温泉を楽しめます。

登別石水亭

登別石水亭は、日帰り温泉が800円で利用できる、リーズナブルな価格な温泉スポットです。目の前には登別の巨大な自然を満喫できます。

また、登別石水亭では天然温泉の貸切風呂も楽しめます。50分ですが、3240円で利用することができますので、事前に予約が取れるかどうか必ず確認しておきましょう。

森のゆ ホテル花神楽

森のゆ ホテル花神楽は気軽に天然温泉が楽しめるスポットです。日帰り温泉は大人は650円、子供は300円で利用することができますので、リーズナブルな価格であることが分かります。

日帰り温泉の場合は10時から22時と、比較的遅くまで利用できることも魅力的です。低張性弱アルカリ性低温泉は地元でもとても人気がり、旅の疲れも芯から癒されるでしょう。

北海道の海は真っ青で綺麗!

北海道の海は、おそらくイメージしているよりも綺麗で、真っ青です。この海を実際に眺めれば、日本で一番綺麗な海は北海道ではないかとさえ思ってしまうでしょう。

こうした綺麗な北海道の海周辺のレジャースポットもたくさんあります。ご紹介したスポットは北海道ではかなりメジャーなスポットなので、ぜひ一度は足を運んでみてください。

北海道の海のイメージが大きく変わるはずです。

関連する記事