旅行情報メディア【トリマ】

小樽・三角市場のおすすめグルメまとめ!お土産や三角市場の豆知識も

小樽・三角市場のおすすめグルメまとめ!お土産や三角市場の豆知識も

2020.05.29

Trima北海道編集部

北海道小樽にある「三角市場」では旬の海鮮をお得にお腹いっぱいいただくことができます。近年では流行りのタピオカやお取り寄せスイーツとして有名なルタオなども人気になっている小樽のおすすめスポットをご紹介していきます。ぜひ旅の参考にしてくださいね。

目次

  1. 小樽三角市場で堪能すべきおすすめスポット
  2. 三角市場おすすめスポット【海鮮グルメ】
  3. 「わがまま丼」滝波食堂
  4. 「ANA丼」味処たけだ
  5. 「いか塩辛」海鮮食堂かわしま
  6. 「カラフル丼」さんかく亭
  7. はやしや食堂
  8. 三角市場おすすめスポット【海鮮以外グルメ】
  9. 生タピオカ専門店SAKURA(サクラ)
  10. ルタオ パトス
  11. いろないそば
  12. ニューなると
  13. 三角市場おすすめスポット【お土産】
  14. アンデリス 「白いカスタードプリン」
  15. 滝波商店 「いくらの醤油漬」
  16. ルタオ 「ドゥーブルフロマージュ」
  17. 三角市場豆知識
  18. お土産の価格交渉ができる
  19. 時期によって扱われる海鮮物が異なる
  20. 三角市場アクセス方法
  21. 車・レンタカー
  22. 電車
  23. 徒歩
  24. 季節ごとの三角市場を楽しんでみよう

小樽三角市場で堪能すべきおすすめスポット

Iceland Arctic Fox - Free photo on Pixabay (749780)

北海道の小樽駅から徒歩2分という好立地にある「三角市場」をご存知でしょうか?海産物のお買いものや新鮮な魚介を使った海鮮丼を食べるなら、小樽の「三角市場」は外せないスポットでしょう。

今回は三角市場のおすすめスポットやお土産についてご紹介していきます。北海道で美味しい海鮮を頂くなら「三角市場」決まりでしょう。

三角市場おすすめスポット【海鮮グルメ】

Seafood Bowl Of Rice Topped With - Free photo on Pixabay (749781)

三角市場では様々な海鮮丼がいただけるお店がたくさんあります。中でもおすすめなお店をピックアップしましたので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

「わがまま丼」滝波食堂

「北のどんぶり屋 滝波食堂」では、自家製のいくらや生うになど約9種の新鮮なネタの中から、自分の好みに合わせて自由に3〜4品のネタをチョイスできるという「わがまま丼」が大変人気です。

三角市場のなかで一際目を引く店頭のメニューの写真が特長です。お店の近くまでくればそこが滝波食堂であることがよくわかるほど迫力満点です。

自分の好きなネタでボリューム満点の海鮮丼を贅沢に頂けます。どこで食べようか迷ったら間違いない人気店です。

北のどんぶり屋 滝波食堂
住所北海道小樽市稲穂3-10-16 三角市場内
営業時間 8:00~17:00 (年末年始除く)
定休日無休(年末年始除く)

「ANA丼」味処たけだ

「市場食堂 味処たけだ」は三角市場のなかでも人気が高い海鮮丼のお店になります。観光に来た人だけでなく地元の方のファンが多く、混み合っていることがあります。その人気の秘密はボリューム満点のどんぶり「ANA特製丼」です。

「ANA特製丼」とは飛行機のANAと共同で開発したというどんぶりで、生ウニやいくら、カニ、サーモンなど贅沢な海の幸をこれでもかと乗せたどんぶりになります。

海鮮丼はお味噌汁もセットになっているのでお得感もありますし、店内には来店した有名人のサインや写真が貼ってあり、その人気ぶりが伺えます。

市場食堂 味処たけだ
住所北海道小樽市稲穂3-10-16 三角市場
営業時間7:00~16:00
定休日元日

「いか塩辛」海鮮食堂かわしま

View this post on Instagram

北海道 小樽の三角市場で食べた3色丼😆💓    ボタンエビ・ウニ・ホタテ・トビッコ・カニ・サーモン・イクラ・本マグロの中から好きな具材を3種類選べます✨   どれも捨てがたくて悩みに悩んだ末、私はカニ・サーモン・イクラにしました🦀🐟   特に感動したのがイクラ❣️ 今まで食べたイクラとは全然違う、プチっと弾ける食感と濃厚な味が忘れられません、、😍    #海鮮食堂かわしま #北海道 #小樽 #三角市場 #海鮮丼 #3色丼 #蟹 #カニ #サーモン #いくら #海の幸 #海鮮 #小樽グルメ #小樽三角市場 #小樽ランチ #北海道グルメ #北海道旅行 #北海道観光 #たべすたぐらむ #飯テロ #飯テログラム #たびすたぐらむ #グルメ好きな人と繋がりたい #グルメ女子 #おもいでぐらむ #instagood #食スタグラム #グルメ好き

A post shared by *azumi* (@azu_mi2020) on

「海鮮食堂かわしま」は古くから続く歴史のあるお店です。その創業は昭和37年とされていて、地元でも有名な食堂です。「海鮮食堂かわしま」は鮮魚店として自家製の加工品を販売しています。

そのなかでも特に人気なのが「イカの塩辛」です。「海鮮食堂かわしま」のイカの塩辛は一風変わっていて、人気の塩辛はなんと”味噌味”なのです。どんな味か気になるという人は是非行ってみてくださいね。店内では気軽に試食等もできますしお土産にもピッタリです。

海鮮食堂かわしま
住所北海道小樽市稲穂3-10-6 三角市場内
電話番号0134-32-0163

 

「カラフル丼」さんかく亭

「さんかく亭」は小樽駅から三角市場へ向かって一番奥にある店になります。市場内の鮮魚店、奥村商店と網岸商店が共同経営している食堂になります。二つの商店は老舗の鮮魚店なので、その鮮度には自信があります。

そんな「さんかく亭」で人気のどんぶりは「カラフル丼」と言って、その日のおすすめを盛り合わせたどんぶりが人気です。いつ行っても違うものを味わえるのでリピーターも多くいます。また「10種の海の幸からチョイスする海鮮丼」という自分の好きなネタを選べるどんぶりもあります。

さんかく亭
住所北海道小樽市稲穂3-10-6 三角市場内
電話番号0134-23-2446

はやしや食堂

「はやしや食堂」は小樽三角市場の食堂では最も歴史あるお店です。やさしく元気な女将さんが一人切盛りしているお店で、他の食堂とは少し違った品揃えが魅力です。

やはり三角市場といえば海鮮丼に力を入れているお店がほとんどではありますが、こちらの食堂では魚定食やラーメン、カレーライスなども人気となっています。地元の人にも愛されているお店なので”おふくろの味”が食べたくなったらこちらの「はやしや食堂」がおすすめです。

はやしや食堂
住所北海道小樽市稲穂3-10-6 三角市場内
電話番号0134-24-1307
営業時間6:30〜16:00

三角市場おすすめスポット【海鮮以外グルメ】

Waffle Heart Waffles Icing Sugar - Free photo on Pixabay (749794)

三角市場では海鮮丼だけでなく他にも様々なおすすめグルメがあります。どんなものがあるのか詳しくご紹介していきましょう。

生タピオカ専門店SAKURA(サクラ)

「生タピオカ専門店SAKURA(サクラ)」は今流行りのタピオカミルクティーの専門店になります。生タピオカはもちもちしていてとってもおいしいので、海鮮丼を食べた後のデザートとしてもおすすめです。

ブルーベリーミルクやイチゴミルク、ココナッツミルクバタフライピーなど珍しいティーも豊富ですが驚くことにその値段が一律して380円ということです。都会では少しお高いタピオカですが三角市場のタピオカはお得に楽しみことができます。

生タピオカ専門店SAKURA(サクラ)
住所北海道小樽市稲穂3丁目10-16
営業時間9:00~17:00
定休日不定休

ルタオ パトス

北海道小樽と言えば有名なのが「ルタオ」でしょう。今や知らない人はいないというくらいの人気のチーズケーキのお店で、お取り寄せスイーツといえば「ルタオ」といわれるお店です。

この「ルタオ」の本店には、人気のチーズケーキを始め、創作スイーツなどが頂けるカフェが併設されています。中でも人気が高いのは、フロマージュ3種を食べ比べできる「ドゥーブルプレート」です。 食べ比べをしてみてどれをお土産にしようか参考にするのも良いでしょう。

ルタオ パトス
住所北海道小樽市堺町5-22
営業時間09:00〜18:00
定休日無休

いろないそば

View this post on Instagram

#いろないそば#IronaiSoba #ZaruSoba#MoriSoba

A post shared by Ben (@crong65) on

「いろないそば」は地元の人からも愛されるおそば屋さんです。こちらで人気なのは大きなエビ天の乗った天ぷらそばが人気です。さすが海鮮の小樽にあるおそば屋さんというだけあって、天ぷらには粋のいい海鮮が使われます。

そばは幌加内産の蕎麦粉を石臼で挽き、二八の手打ちそばを出すこだわりを見せています。そばに自信があるからこそ、メニューは限られてて余計なメニューは一切ありません。海鮮丼に飽きてしまったという方はおそばであったまってみては如何でしょうか?

手打ちそば いろない
住所北海道小樽市色内1-5-8
電話番号0134-33-1671
営業時間11:00~14:30

ニューなると

https://www.instagram.com/p/BVmcRphDAUr/

海鮮が有名な小樽では「若鶏半身揚げ」もご当地メニューとして有名なのは知っていますか?せっかくの観光で小腹が空いたなんて時には、食べ歩きにはぴったりのザンギや手羽先がおすすめです。

揚げたてが頂けるとして人気なのはご紹介する「ニューなると」ですが、味付けが癖になると熱狂的なファンも多いのです。大きなサイズが約5個入って650円という価格も人気の秘密でしょう。かなりの満足度がありますので、シェアして食べるのがおすすめです。

ニューなると
住所北海道小樽市花園1-10-10
電話番号0134-25-4234
営業時間11:30〜21:00

三角市場おすすめスポット【お土産】

Gift Red Christmas - Free image on Pixabay (749816)

旅行や出張で小樽に行った際はぜひおいしいお土産を買って帰りましょう。北海道小樽でおすすめなお土産をご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

アンデリス 「白いカスタードプリン」

「アンデリス」の「白いカスタードプリン」は、まさに北海道小樽の広大な自然の象徴といえるおいしく高品質なプリンになります。家族やお友達、ちょっと特別なお土産として持っていけば、一目置かれることは間違いないでしょう。

「アンデリス」2007年にオープンした北海道初となるプリン専門店です。さまざまな種類のプリンが販売されていますが北海道浜中町原産の牛乳と生クリーム、余市産の新鮮卵を使用した真っ白なカスタードプリンは、北海道らしいミルク感を感じされる贅沢な味わいです。

アンデリス
電話0134-34-1616
営業時間10:00~18:00 (売切れ次第閉店)
定休日水曜日
商品白いカスタードプリン 4個1,480円

滝波商店 「いくらの醤油漬」

先ほどおいしい海鮮丼が食べられるということでご紹介させていただいた「滝波商店」では、お土産にぴったりな海鮮も豊富に取り扱っています。特に「いくらの醤油づけ」には定評があり、実際に海鮮丼を食べてからお土産として買っていく方も多いのです。

いくらは新鮮なものを使用しているのでプチプチした食感と綺麗な色が食欲を誘います。こちらのお土産は人に買っていくだけでなく、ご飯のお供として自分用に買っていく人も多いようです。

滝波商店
電話0134-23-1426
営業時間8:00~17:00 (年末年始除く)
商品いくらの醤油漬 1,296円(100g)、2,592円(200g)、3,888円(300g)

ルタオ 「ドゥーブルフロマージュ」

先ほどもご紹介した「ルタオ」ですが、どうしても小樽のお土産としては外せないのでご紹介させていただきます。最近ではお取り寄せスイーツとして通販で親しまれ、食べてみたい憧れのスイーツともいえるでしょう。まだ食べたことがないという人にはぜひお土産として買って行ってくださいね。

1番人気の「ドゥーブルフロマージュ」は絶品チーズケーキで、濃厚でしっとりした生地が二層になっていて癖になるデザートです。持ち帰る際は冷凍の状態なので、常温に戻していただいても少し凍ったまま食べてもおいしいです。

三角市場豆知識

Thought Idea Innovation - Free photo on Pixabay (749830)

三角市場ならではの豆知識をご紹介いたします。知っていて損はない情報なのでぜひ参考にされてくださいね。

お土産の価格交渉ができる

Money Coin Investment - Free photo on Pixabay (749831)

三角市場はあくまで市場です。そのため価格の交渉も行うことができます。お土産でお魚や海産物などを買っていきたい、と思っている人はお店の人に交渉して価格を下げてもらうなんてこともできてしまうのです。

もちろん市場では通常の場所よりも安く購入することができる場所として知られていますが、無理を言ったりしつこく交渉することはやめましょう。あくまで商売ですので値切ることができたらラッキーくらいに思っておきましょう。

時期によって扱われる海鮮物が異なる

Crab Animal Aquatic - Free photo on Pixabay (749833)

こちらも市場ならではのことになりますが、いつ行っても同じものは並んでいません。時期によっては取れないものや多く取れるものなどもありますし、その季節にしかお目にかかれないという海産物もあります。

時期を変えて再び訪れても面白いですし、日にちによってもたくさん仕入れた時は価格が下がりやすいこともあります。訪れる時によって品物がかわるので何度も足をはこんで、その時にしか出会えない海産物にであえるといいですね。

三角市場アクセス方法

Fish Catch Box - Free photo on Pixabay (749834)

実際に三角市場へ行ってみたいと思った方へ、三角市場へのアクセスの方法をご紹介していきます。比較的アクセスしやすい場所にありますのでぜひ行ってみてください。

車・レンタカー

Taxi Cab Traffic New - Free photo on Pixabay (749835)

「三角市場」は小樽駅からすぐの場所にあります。小樽駅に向かうには札幌から自家用車、またはレンタカーで約50分かかります。高速道路札幌北ICを利用した場合は、普通車で1,240円の料金がかかり、約37kmの距離になります。高速道路札幌西ICを利用した場合は、普通車で820円、約36kmとなります。

一般道では約36kmの距離で約70分かかるので、時間に余裕がある場合は観光をしながら一般道で移動しても良いでしょう。

電車

Railway Bernina Lagalb - Free photo on Pixabay (749837)

小樽駅まで電車で移動する場合は、札幌駅からJRを利用した場合、快速で約35分、区間快速で約40分、普通列車で約50分となっています。料金は一律750円です。

新千歳空港からはJRを利用した場合、快速で約75分、普通列車で約110分かかり、料金は1,910円になります。新千歳空港から小樽に向かう際は、札幌等での乗換えが必要になります。電車だとゆっくりと北海道の広大な景色を見ながら観光ができるのでおすすめです。

徒歩

Couple Love Walk - Free photo on Pixabay (749836)

小樽駅に到着したら三角市場はもう目の前ですので、迷うことはありません。小樽駅から徒歩1分のところにある三角市場には、小樽駅を背にして左方向に進んでください。

三角市場はかなり目立つ看板に大きく赤い文字で「三角市場」と書いてありますので、駅から歩いてもすぐに見つけることができるでしょう。歩きながら町並みを観光したりするのも小樽ならではの楽しみ方ではありますので、三角市場に立ち寄る際は徒歩がおすすめでしょう。

季節ごとの三角市場を楽しんでみよう

Seafood Food Healthy - Free photo on Pixabay (749838)

三角市場ではたくさんの海鮮をさまざまなお店でおいしくリーズナブルにいただくことができます。最近では海鮮だけでなく、はやりのタピオカやスイーツなども人気となっていますので、お土産を探しに行くのも良いでしょう。小樽に行った際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

関連する記事