旅行情報メディア【トリマ】

札幌でおすすめのいちご狩りスポット10選!BBQを楽しめる場所も

札幌でおすすめのいちご狩りスポット10選!BBQを楽しめる場所も

2020.05.26

Trima北海道編集部

札幌には様々な観光地が存在しています。その中でもおすすめなのが、子供だけではなく大人も楽しめる「いちご狩り」です。実は札幌はフルーツの街。お得に、美味しく、楽しくいちご狩りをすることができます。今回はおすすめのいちご狩りスポットを紹介します。

目次

  1. 札幌周辺のいちご狩りスポット
  2. 札幌のいちご狩りの時期
  3. 観光果樹園が集中地帯にある【スノーベリーファーム】
  4. 野菜の格安販売や詰め放題も人気【松浦農園】
  5. レストラン併設【ファーム花茶】
  6. BBQも楽しめる【八剣山果樹園】
  7. 雨の日でもOK【よこやま農園】
  8. 食べ放題時間無制限?!【山本観光果樹園】
  9. 元牧場の畑で育ったフルーツ【まきばの店】
  10. 花に囲まれていちご狩り【花工房あや】
  11. 太陽の光をいっぱいに浴びた【塚本農園】
  12. フルーツテーマパーク【定山渓ファーム】
  13. その他札幌でおすすめのフルーツ狩り
  14. ハスカップ狩り
  15. さくらんぼ
  16. 子供も大人も楽しめるいちご狩り!

札幌周辺のいちご狩りスポット

Lake Frozen Shikaribetsu - Free photo on Pixabay (746408)

北海道札幌には、新鮮な海鮮料理・札幌ラーメン・ジンギスカンなど様々な名物があります。どれも大変人気な名物で、海鮮料理や札幌ラーメンなどだけを目的に札幌に訪れる観光客も多いほどです。

実は他にも札幌ならではの名物があるのをご存知ですか?あまり知られてはいませんが札幌生まれの「いちご」が現在SNSなどを中心に話題となっております。中でもいちご狩りが大人気で、いちごの時期になるといちごを目的に訪れる観光客が絶えません。地元民からも愛されている、札幌でのいちご狩りスポットについて今回紹介してまいります。

札幌のいちご狩りの時期

Strawberries Red Fruit - Free photo on Pixabay (746410)

全国的ないちご狩りのベストシーズンといえば、1月~2月の寒い時期といわれています。地域によっては12月あたりからいちご狩りを開始する場所もあるようです。

札幌でのいちご狩りの時期は関東・関西などとは異なります。理由は「気温」です。寒い気候が続く北海道ではいちごの成長が遅く、いちごを育て始める時期も他の都道府県と違うのです。

札幌でのいちご狩りベストシーズンは「6月~7月」です。もちろん、その年の気候などにより大きく変動する場合もございますので、札幌でいちご狩りに行く際には事前に電話やHPなどで確認していきましょう。農園によっては「なくなり次第終了」と掲げている場所もありますので、行き損にならないためにも事前確認はきちんとしていきましょう。では、どんないちご農園があるのでしょうか、料金や園内について触れながら紹介していきます。

観光果樹園が集中地帯にある【スノーベリーファーム】

スノーベリーファームは自然に囲まれた豊滝にあるいちご農園です。札幌南区豊滝周辺には観光果樹園が集中していて、いちごだけではなくサクランボ・桃・ぶどう・梨・プラムなど1年の中でたくさんの果物を堪能することができます。

スノーベリーファームではいちご農園界では珍しい「夏いちご」を育成しています。収穫時期は5月~10月下旬のようです。雨でもいちご狩りを楽しめるということで、梅雨の時期にもいちご狩りを楽しむことができます。

獲れたてのいちごで作ったジャムなども販売しているので、お家で待つ家族のみなさんにお土産も持ち帰ることができます。料金は60分食べ放題で大人1,800円/小学生1,200円/3歳から未就学児700円です。

住所北海道札幌市南区豊滝130番地
電話番号011-596-1514
URLhttp://www.snowberry.co.jp/

野菜の格安販売や詰め放題も人気【松浦農園】

View this post on Instagram

#いちご狩り #松浦農園

A post shared by もりけん (@momomorikenken) on

いちご狩りシーズンになると、オープン前から長蛇の列ができるいちご農園「松浦農園」さん。いちごがなくなり次第終了となりますので、事前に電話確認をしておくのがおすすめです。

松浦農園では野菜や果物の直売所もあり、主婦にはおすすめのスポットです。野菜や果物の他にも、自家製の漬物なども販売されています。園内には自由に触れ合えるうさぎ小屋が併設されているので、動物好き・子供連れの方にもおすすめです。

いちご狩りは時間無制限の食べ放題。いちごの種類は2種類で、なんと7月まで楽しむことができます。入場料は大人700円/子供500円/幼児300円/3歳未満は無料となっております。

住所北海道千歳市中央2478
電話番号0123-29-2624
URLhttps://www.jalan.net/kankou/spt_01224cb3510154841/

レストラン併設【ファーム花茶】

ファーム花茶では、いちご農園だけではなくアイスクリーム屋・レストランなどを運営しているおすすめスポットです。いちごの畑の面積はなんと80アール。運動不足を解消できてしまうほどの広さを誇ります。

料金は6歳以上800円/3歳から5歳400円/3歳未満無料となっております。お持ち帰りのプランもあり、100g120円で新鮮で甘いいちごを持ち帰りすることができます。アイスクリーム屋さんでは農園で獲れたいちごを使ったジェラート、レストランではピザやカレーやパスタなど様々な種類のメニューを取り揃えています。

住所北海道千歳市泉郷479番地
電話番号0123-29-2888
URLhttps://www.kacha-ice.com/

BBQも楽しめる【八剣山果樹園】

「いちご狩りだけでは物足りない!他のアクティビティも楽しみたい」という方におすすめなのが「八剣山果樹園」さんです。いちご狩りできるいちごの品種は北海道で人気のいちご品種「けんたろう」

料金は食べ放題 大人1,000/子供700円とリーズナブルの価格となっております。いちご以外にもプラム・じゃがいも・トウキビなどの収穫体験をすることができます。

バーベキュー・乗馬体験・ラフティング・釣りなど、様々なアクティビティを楽しむことができ、子供連れに嬉しい、最高の遊びスポットとなっております。

住所北海道札幌市南区砥山126番地
電話番号011-596-8820
URLhttp://www.hakkenzan.jp/

雨の日でもOK【よこやま農園】

「健康いちご」を売りにしているいちご農園「よこやま農園」は、安心していちご狩りを楽しむことができる場所です。農園はビニールハウスとなっているので、天候を気にすることなくいちご狩りを堪能することができます。

「宝交早生」「けんたろう」2種のいちごを栽培しています。料金は食べ放題 大人900円/3歳~小学生550円です。園内にある売店では獲れたてのいちごを使ったソフトクリームなどの販売も行っています。

住所北海道石狩市 北生振865-1
電話番号0133-66-3290 080-6060-5842
URLhttps://www.facebook.com/yokoyama.farm

食べ放題時間無制限?!【山本観光果樹園】

「山本観光果樹園」では名前の通りいちごだけではなく、年間を通して様々なフルーツを楽しめることができるおすすめスポットです。春から晩秋まで、年中無休で営業しています。

料金は食べ放題 大人1,200円/小学生950円となっています。駐車場無料も来店者にとってはうれしいサービスです。園内にはレストハウス、お土産コーナも充実しています。ネット通販も行っているようなので「どうしても北海道に行けない」というかたは是非利用してみてください。

住所北海道余市郡余市町登町1102-5
電話番号0135-23-6251
URLhttps://www.fruits-yamamoto.net/

元牧場の畑で育ったフルーツ【まきばの店】

「まきばの店」は風光明美な農村地帯にある農園です。いちごだけではなくブルーベリー、とうもろこしも栽培しています。羊か丘通り沿いにあるため、とてもアクセスしやすい農園となっております。

宝交早生、けんたろうなどの品種のいちごを栽培しているので、食べていても飽きがきません。料金は食べ放題60分 小学生以上900円/3歳以上小学生未満500円となっています。本降りの雨天時には残念ながら営業しませんので、お気を付けください。

住所北海道北広島市輪厚154
電話番号090-3117-0601
URLhttp://wattsu.web.fc2.com/html/makiba.html

花に囲まれていちご狩り【花工房あや】

千歳市にある花材販売店で、ドライフラワーアレンジメントの販売やアレンジメント教室を行っています。夏から秋にかけてイチゴ狩りが楽しめます。さらにイチゴだけでなく、ブルーベリーやハスカップ収穫体験など、さまざまな楽しみ方があるので子どもから大人まで楽しめるスポットです。

小学生以上は800円、3歳未満は400円です。お持ち帰りは100g120円です。土日はなくなり次第終了になるため、早めに行かれることをおすすめします。

住所千歳市泉郷201-19
電話番号0123-29-2087
URLhttps://www.hanakoboaya.com/

太陽の光をいっぱいに浴びた【塚本農園】

太陽をたくさんあびて甘くなった有機栽培のいちごを堪能できるのが「塚本農園」さんです。ビニールハウス内でのいちご狩りとなっているので、衛生的に安心して楽しむことができます。雨天時にもいちご狩りすることができます。

料金は食べ放題40分 大人1,300円/子供1,000円/未就学児800円/乳幼児無料となっています。来園時にはリュックやバッグの持ち込みは禁止となっています。

混雑が予想される場合には、開園が早まる場合もございますので、来園時に問い合わせするのがおすすめです。

住所北海道北広島市北の里326
電話番号090-3772-7555
URLhttp://www.tsukamotonouen.com/

フルーツテーマパーク【定山渓ファーム】

View this post on Instagram

#定山渓ファーム #いちご狩り

A post shared by さかしたみずき (@miiiiii_9do) on

いちご狩り以外にも様々なアクティビティを楽しむことができる「定山渓ファーム」さんは、観光客だけではなく地元民からも愛されるいちご狩りスポットです。

料金は入園料大人500円(札幌市民400円)子供300円(札幌市民200円)乳幼児 無料です。いちご狩りをする際には、入園料と別に料金がかかりますのでご注意ください。

園内にはZIPライン、釣り堀、ものづくり体験ができる施設、お料理体験ができる施設などがあり、子供だけでなく大人も楽しめるスポットとなっています。

住所北海道札幌市南区定山渓832
電話番号011-598-4050
URL
https://jozankei-farm.com/

その他札幌でおすすめのフルーツ狩り

Fruit Fruits Salad - Free photo on Pixabay (746441)

北海道 札幌には、いちご狩りができるスポットが多く存在しています。今回紹介しただ農園だけではないのです。海産物で有名な北海道ですが、実はいちご以外のフルーツ栽培も盛んに行われています。

それほど北海道の大地は、植物や農産物や果物が美味しく育ちやすい土地であるということでもあります。では、いちごの他にどんなおすすめのフルーツ狩りがあるのでしょうか。関東・関西地区ではあまり開催されていないフルーツ狩りもあるようです。

ハスカップ狩り

Blueberries Dessert Breakfast - Free photo on Pixabay (746443)

みなさん、ハスカップというフルーツをご存知ですか?ハスカップは現在「不老長寿の果実」として様々な地域から注目され始めているフルーツなのです。

ブルーベリーと似たような色をしており、形は全体的に面長なフルーツです。北海道が名産地ともいわれていますが、実は北海道のスーパーに並ぶのも珍しいくらいの貴重なフルーツ。

栄養が多く含まれており、老若男女に愛されています。そんな素晴らしい果物が食べたい分だけ狩ることができるのが北海道札幌市なのです。

さくらんぼ

And Cherries Red Fruit - Free photo on Pixabay (746444)

北海道では佐藤錦をはじめ、水門・紅秀峰・南陽・ナポレオン・ゴールドキング・ジューンブライトの全7種類のさくらんぼを栽培しています。

札幌市内にもさくらんぼを栽培している農園が多数存在しています。いちごの時期を過ぎると、さくらんぼ狩りに出かける風習がある地元民の方も多いようです。さくらんぼはいちごに続く、子供や大人に大人気なフルーツです。

山形などで獲れるさくらんぼとはまた違った味を出しているさくらんぼを、北海道札幌という特別な地で堪能してみてはいかがでしょうか。

子供も大人も楽しめるいちご狩り!

Affection Beach Parents - Free photo on Pixabay (746446)

いちご狩りは、見て・獲って・味わって。3度の楽しさを持ち合わせた素敵なアクティビティです。子供だけではなく、大人・年配の方も笑顔にしてくれます。日本人が好きなフルーツ1位といっても過言ではない「いちご」

北海道札幌という特別な大地で、さんさんとした太陽の光を浴び、農園スタッフの愛が込められたいちごをめいいっぱい堪能していきましょう。何度もになりますが、来園の際にはいちご狩り開始時期・開始時間など電話やHPなどで確認をすることがおすすめです。

関連する記事