旅行情報メディア【トリマ】

ラマイは旭川のスープカレーの名店!ラマイの魅力を徹底解説!

ラマイは旭川のスープカレーの名店!ラマイの魅力を徹底解説!

2020.06.14

Trima北海道編集部

スープカレーは北海道が発祥であり、道内で広く食べられています。その中でも旭川にある「ラマイ」というお店のスープカレーが絶品だと話題になり、地元民だけでなく観光客も多く訪れるようになりました。今回はラマイのスープカレーについて詳しく紹介します。

目次

  1. 旭川にあるラマイはスープカレーの名店
  2. アジアンバーラマイの基本情報
  3. 本店は札幌にある
  4. 旭川には2店舗
  5. アジアンバーラマイのメニュー
  6. スープカレー
  7. スープ・サピ・プダス
  8. ライスとスープは量が選べる
  9. 辛さも調節可能
  10. 旭川の美味しいスープカレーはほかにも
  11. アジア金星堂
  12. スープカリーオアシス
  13. ホワイトベースカフェ
  14. 奥芝商店 旭川亭
  15. ふわわ
  16. カリーキュー
  17. アプランティ
  18. 旭川に行ったらラマイのスープカレー!

旭川にあるラマイはスープカレーの名店

View this post on Instagram

スーパー久々のラマイ★ 昼時だったし待つこと覚悟してたのにすんなり座れてラッキーでしたわ( *´艸) ブヒッと悩んだけど定番のチキンスープカレーにして辛さはデヴィフジン しっかり煮込まれて柔らかくなったチキンはウマしです! あとでかいからスープの下に沈んでるw ライスもスープも大盛りまで無料は素敵です♪ ライスはもともと少し多め?なのかな?Sで十分でした! 次はもっと上の辛さで食べよーっと(*´~`*) #札幌#東区#ランチ#スープカレー#札幌スープカレー#札幌ランチ#ラマイ#RAMAI#ラマイのスープカレー#激辛好き#スパイス#カレー#チキン#でかい#デヴィフジン#からいもの好き#辛い#foodstagram#food#二日酔い#定番の#スタッフさんの優しい感じ#ご馳走さまでした

A post shared by hiromichi🇯🇵 (@chanhiro33) on

スープカレーは中国などの薬膳スープや南インドなどの汁気の多いカレーを元に札幌で発祥しました。1993年に「スープカレー」という言葉が初めて使われて以来、札幌を中心に北海道内に広まり、海外進出も果たしています。

北海道・旭川にもスープカレーのお店は数多くあり、地元民にも愛されているご当地グルメとなっています。今や北海道ラーメンに並ぶ人気を誇っており、北海道=スープカレーのイメージも定着してきました。

その中でも「ラマイ」というお店のスープカレーが美味しいと人気です。今回はラマイのスープカレーについて詳しく紹介し、他のスープカレーの名店も紹介します。

アジアンバーラマイの基本情報

アジアンバーラマイは、2003年に札幌で初めてオープンしました。店内にある装飾品は全てバリ島からのものであり、東南アジアの雰囲気がたっぷりとあります。

人気のあまり全国へと店舗を展開しており、北海道では札幌・旭川・小樽・千歳・苫小牧・函館に店舗があります。北海道外には横浜と大阪に店舗があり、多くの人がラマイのスープカレーを楽しんでいます。

ここでは、札幌と旭川の店舗について紹介します。

本店は札幌にある

 (861807)

ラマイがあるのは今回紹介する旭川ではなく、札幌です。地下鉄東豊線福住駅から歩いて15分のところにあり、大きな看板が目印です。

少し入り口が怪しい雰囲気が漂っていますが、中はアジアンスタイルになっており、客席は44席でカップルシートなども用意されています。駐車場は15台停められるスペースがあり、夜間は使い放題となるので車でのアクセスもおすすめです。

札幌市内には、他にも「札幌北33条店」とラマイで1場の大きい店舗である「札幌中央店」があります。どの店舗も雰囲気が少しずつ違うので、同じお店でもまるで違うお店に来たかのような新鮮さがあります。

旭川には2店舗

 (861808)

旭川市内には、ラマイが2店舗あります。1つは「旭川東光店」です。この店舗は2015年に一時閉店したのですが、その3年後の2018年に再オープンしたことが話題になりました。

88席もの座席数があり、駐車場も広いので家族連れにもおすすめの店舗です。旭川東光店の住所は旭川市東光8条1丁目3-8となっています。

もうひとつの店舗は「旭川春光店」です。ラマイで初めて商業施設の中にできたお店で、春光になるMEGAドン・キホーテの2階にあります。隠れ家的な雰囲気があり、落ち着ける店内となっています。

食事の前後で買い物もできて便利であり、屋内駐車場となっているので悪天候の日でも気兼ねなく食事することができます。

アジアンバーラマイのメニュー

 (861809)

それでは早速、ラマイのメニューについて紹介していきます。スープカレーが看板商品なのはもちろん、他のメニューも人気があり、どの料理もクオリティが高いです。

ラマイにはどのようなメニューがあり、どのような特徴があるのでしょうか。

スープカレー

ラマイの看板メニューと言えば、なんといっても「スープカレー」(1,100円~1,200円)です。ラマイのスープカレーはチキンベースであり、厳選された数種類のスパイスが混ぜられています。スパイスは挽きたてのものを使っているため風味が強いのが特徴です。

フルーツや野菜の甘みもたっぷりと溶けだしており、少し辛目で食べるのがおすすめです。スープカレーは7種類あります。1,100円はヤサイで、野菜がいっぱいなのでヘルシーに食べたい人に人気があります。

1,200円のメニューは、チキン・ポーク・ウダン(エビ天2本)・タフゴレン・ブヒッ・ビーフです。そして1日10食限定のスペシャルメニュー「フィッシュフライ」(1,200円)もあります。

チキンが定番メニューとなっており、初めて来店した人のほとんどがチキンを注文するようです。

スープ・サピ・プダス

View this post on Instagram

ラマイでずっと気になっていた、スープカレーではなく「スープ」としてメニューで区別されている「スープ・サピ・プダス」(ライスが付くのでスープカレーみたいに食べる)。 メニューにはインドネシア料理という記載と、柑橘系の酸味があるという記載があって、スープカレーのライスにはレモンをかけたい私には好ましいはず!と注文してみた。 めちゃくちゃ美味しい。超好み。柑橘系の酸味というより、トマトの酸味を強く感じた(トマトも好きだから歓迎)。 バジルの風味強め(これも歓迎)。 ただ、スープカレーと違ってチキンやポークなど選べず、肉はビーフのみ。これがスープ・サピ・プダスなのだとしたらしかたない。 とてもとても美味しかったけど、私には肉が多すぎて肉だけ少し残してしまった。 次回は肉少なめでオーダーしてみたい(料金そのままでいいから)。 肉以外の具材はかぼちゃ、にんじん、ピーマン、キャベツ、レンコン、インゲン、アスパラ、うずらのたまご。 #スープカレー #ラマイ #スープ・サピ・プダス #インドネシア料理

A post shared by Megumi (@chametao) on

インドネシアでよく飲まれている「スープ・サピ・プダス」(1,200円)も、スープカレーと並んで人気のあるメニューです。ラマイではスープカレーではなく、いつもスープ・サピ・プダスを頼むというお客さんも少なくありません。

スープカレーやトムヤムクンのような風味ですが、濃厚なスープに数種類のスパイスが入っており、柑橘系のすっきりした酸味が特徴です。通になるとスープにガーリックオイル(50円)をトッピングして味わうようです。

こちらはビーフしかなく、スープの中にたっぷりと牛肉が入って食べごたえもばっちりです。日本でスープ・サピ・プダスが食べられるお店はほとんどなく、国内唯一のお店の可能性もあるそうです。

ライスとスープは量が選べる

View this post on Instagram

ひさびさに食べに行きたい!! 我孫子のスープカレーのお店🍽 キンタマーニ、っていう巨大なライスが面白い😆✨ 普通サイズのライスもあります🥚 具沢山で美味しいスープカレー! 投稿書いててお腹空きました😜 #大阪グルメ #我孫子グルメ #大阪カレー巡り #スープカレー #ラマイのスープカレー #ラマイあびこ店 #キンタマーニ #特盛ライス #具沢山スープカレー #食欲が湧く #カレー美味しい #大阪好きな人と繋がりたい #グルメ好きな人と繋がりたい #カレー好きな人と繋がりたい #スープカレー好きな人と繋がりたい #コロナに負けないぞ

A post shared by 🅑🅛🅤🅔🅢🅚🅨➏➍ (@skyblue6464) on

ラマイでは、ライスとスープの量が選べるようになっています。お腹の空き具合や食べられる量に合わせて決められるので、男性も女性も自分にぴったりの量を食べられます。

ラマイで出されているライスは「ナシクーニン」というココナッツ風味のライスで、スープカレーとの相性抜群です。S・M・Lは無料で選べ、1kgを超える「キンタマンーニ」という巨大なライスは+200円で頼めます。

最初にライスのサイズを選択する場合は無料ですが、後からおかわりをする場合は100円~200円かかるので、少し多めで注文しておくといいかもしれません。

スープの量はレギュラーと大盛りが無料で、大盛りより多い「アンプ~ン」(+100円)もあります。ご飯が無くてもスープだけで食べられるので、女性でも大盛りを頼む人が多いようです。

辛さも調節可能

 (861813)

ラマイではスープカレーもスープ・サピ・プダスも無料で辛さを選ぶことができます。基本は10段階で、レベル3で大人の辛口程度となっています。子供向けに甘く味付けされた「マニス」や辛党向けの10段階より上のレベルも無料となっています。

辛さのレベルは、カイエンペッパーとガラムマサラの辛みスパイスの量で決まります。ガツンとくる辛さが欲しい辛党は生唐辛子を追加オーダーしましょう。7種類の生唐辛子(50円~100円)が用意されており、辛さのレベルも様々です。

初心者はスカがおすすめで、ルビーになると危険ゾーンに突入します。マニアとなるとパリンやデヴィに挑戦する人もいるようです。1番辛いのはデヴィの1.5倍辛いデヴィフジンです。

旭川の美味しいスープカレーはほかにも

 (861814)

旭川にはたくさんのスープカレーのお店があり、美味しいスープカレーを食べられるのはラマイだけではありません。同じスープカレーという料理でも、ベースやスパイスの種類によって全く異なる味になります。

どのお店もこだわりがあり、リピーターも多いです。札幌で人気となり旭川に進出してきたお店や、1店舗のみの営業で札幌では食べられないお店など様々です。

ここでは旭川で人気のあるスープカレーのお店を7つ紹介します。

アジア金星堂

東5条にある「アジア金星堂」は、元はアジア寝釈迦という店名で営業していました。新旭川駅から1キロほどのところにあります。食べログ百名店にも選ばれたため訪れる人が多くなり、1人で切り盛りしているので時間に余裕がある人向けです。

メニューはスープカレーが中心で、人気は「ジパングカレー」(900円)と「ムルギー」(1,100円)です。ムルギーはインド風のチキンカレーとなっています。ジパングカレーにはチキンとポークがあり、ミックスのハロハロも人気です。

ワンプレートのカレーを頼むと真ん中にご飯で仕切りを作り、両サイドに2種類のカレールーを入れてくれるので1度で2つのカレーが楽しめます。

辛さは好きなレベルを選ぶことができます。スープカレーは夕方からのメニューになっているので、来店時間に気を付けましょう。

住所北海道旭川市東5条11丁目2−1
営業時間11:00-14:30,18:00-21:00
電話番号0166-25-1503

スープカリーオアシス

豊岡7条にある「スープカリーオアシス」では、ランチの時間帯は無料でサラダとドリンクがセットで付くことからお昼時に多くの人が訪れます。夜の時間帯は売り切れるものも多く、閉店時間前に閉まってしまうこともあります。

店名からも分かる通りスープカレーのお店であり、メニューの種類も豊富です。人気が高いメニューはチキンレッグのスープカレー(950円)、たっぷり野菜のスープカレー(900円)、富良野産ラベンダーポーク(1,100円)となっています。

ご飯は黒米入りと白米から選べ、サイズは無し(50円割引)、小、中、大(+100円)があります。ボリュームたっぷりなので女性であれば小でも十分満腹になるようです。

辛さもレベル1~レベル5から選べます。スタッフに頼むとレベル5以上にも対応しているため、辛党の人にも好まれています。+200円でスープを大盛りにでき、ご飯のおかわりは+100円です。

住所北海道旭川市豊岡7条7丁目3−7
営業時間11:00-20:00
電話番号0166-33-6444

ホワイトベースカフェ

「ホワイトベースカフェ」はランチ限定で営業しているお店です。2010年に創業し、スープカレーには20種類以上のスパイスが使われています。緑が丘で営業していましたが、北門町に移転となりました。

食べ物のメニューはスープカレーのみです。1,200円メニューはチキン野菜、角煮野菜、季節の野菜、豚しゃぶ野菜、ソーセージ野菜です。1,250円メニューはハンバーグ野菜、キーマおくら納豆野菜、チーズトマト野菜から選べます。

辛さは0~6の7段階、ライスはS~Lの3段階から自分の好みによって選ぶことができます。また、スープカレーを注文するとドリンクとサラダorデザートが付いてきます。

ホワイトベースカフェにはウェブショップもあり、チキンスープカレー(800円)を通販で購入できます。ホワイトベースカフェのスープカレーが家でも味わえるとお土産にも人気です。

住所北海道旭川市北門町9丁目2654−11
営業時間11:00-15:30
電話番号0166-64-6069

奥芝商店 旭川亭

ランチの時間帯には外まで行列ができることも珍しくない超人気店が「奥芝商店 旭川亭」です。これまでチキンベースのスープカレーが一般的でしたが、奥芝商店では濃厚なエビスープを出汁にしようしており、魚介の旨味が感じられます。

メニューに合わせる野菜は野菜ソムリエが選んだ旬の新鮮なもののみを使用しており、訪れる季節によって異なります。1番人気は「やわらかチキンと特選旬野菜のカリー」(1,210円)で、チーズのせは1,360円となっています。

スープはエビとチキンから選べ、トッピングは基本有料ですが無料トッピングから1つ選ぶことができます。奥芝商店に来たからにはエビスープを選びましょう。辛さは12段階になっており、大辛以上は辛さのレベルによって追加料金となります。

ライスは小~大で大となると600gものボリュームがあります。平日のランチのみ玄米に変えることができ、女性人気が高いです。また、ごはんにレモンをつけてもらうこともできます。

住所北海道旭川市旭町1条13丁目2146−14
営業時間11:00-15:00,17:00-21:00
電話番号0166-51-1100

ふわわ

旭川駅から徒歩でアクセスできる「ふわわ」は、今は閉店となってしまった札幌市西区琴似の「カレー工房花車」の姉妹店となっており、そのスープカレーの味を受け継ぐお店として札幌から訪れるファンもいます。

人気メニューは「チキン&野菜のカリー」(980円)や「チキン野菜&カマンベールチーズ」(1,280円)です。夏季限定で「チキン&トマトのカリー」(980円)もあります。

辛さは1番~20番まであり、3番が辛口となっています。+120円でナンも注文できるため、スープを大盛りにしてナンを浸して食べる人もいます。

ふわわの特徴は野菜の量が多いことです。食材によって調理方法が異なり、生のままや素揚げしたり茹でたりしてから乗せられているものまで、その野菜が1番美味しく味わえる調理方法を選んでいます。

店内にはジャズが流れており、喫茶店としても営業しているので食後もまったりと過ごすことができます。

住所北海道旭川市3条通8丁目左6
営業時間12:00~20:00
電話番号0166-27-5353

カリーキュー

末広にある「カリーキュー」は平成26年にオープンしたスープカレーのお店です。基本メニューは980円~1,280円となっており、チキンや角煮、野菜といった比較的定番のスープカレーがいただけます。チキンはパリパリと煮込みを選べます。

カリーキューはスープの種類と辛さ、ライスの量と種類(白米/クミンライス)を選べ、自分なりにカスタマイズして楽しめます。スープは、チキンと魚介をミックスしたあっさりの「まうんてんスープ」のほか、黒コクスープ、スパイスープ、ミルクスープがあります。

辛さは10段階あり、山にちなんで1合目~頂上で注文しましょう。5合目が辛口で7合目になると大辛となります。ライスは量と種類によって山の名前が付けられています。普通ライス(200g)は黒岳です。そのほか、美瑛岳・十勝岳・愛別岳・白雪岳・北鎮岳・旭岳・Mt.Qがあります。

裏辛メニューも用意されており、世界一辛い唐辛子としてギネス認定をうけた唐辛子をトッピングすることができます。

住所北海道旭川市末広4条3丁目1−14
営業時間11:30-15:30,17:30-22:30
電話番号0166-56-3714

アプランティ

東光にある「アプランティ」は、化学調味料を一切使用していないことが特徴です。店内がカフェのような雰囲気で、女性客も1人で気軽に来店できます。カレーにはルゥとスープカレーがあります。

ルゥカレーは「トマトのキーマカレー」(880円)、「モッツアレラチーズとトマトのキーマカレー」(980円)、「バターチキンマサラ」(1,030円)、「バターシーフードマサラ」(1,030円)、「デミポカレー」(800円)、「オムデミポカレー」(1,000円)です。

スープカレーには、「炙り角煮のスープカレー」(1,000円)、「ひき肉と納豆のスープカレー」(1,080円)、「シーフードのスープカレー」(1,180円)、「オリジナルスープカレー」(1,050円)、「野菜のスープカレー」(1,000円)があります。

アプランティはカレーだけでなく、元パティシエの奥さんが作るスイーツも人気です。「今日のおやつ」は単品350円ですが、カレーとセットにすると+250円で食べられます。

住所北海道旭川市東光8条4丁目1−22
営業時間11:00-14:30,18:00-20:30
電話番号0166-85-7116

旭川に行ったらラマイのスープカレー!

今回は旭川にあるラマイのスープカレーについて詳しく紹介しました。スープカレーだけでなく、スープ・サピ・プダスもとてもおすすめです。

ラマイをきっかけにスープカレーのファンとなった人も多い名店であり、地元民もリピーターが多いです。具材や辛さが選べ、トッピング次第で全く違うカレーが味わえます。

また、北海道内には多くのスープカレーがあり、人によって1番美味しいお店は異なります。ぜひ、北海道滞在中に自分だけのお気に入りスープカレーを見つけてみてください。

関連する記事