旅行情報メディア【トリマ】

網走のおすすめ名物お土産11選!美味しいお菓子や海産物を紹介!

網走のおすすめ名物お土産11選!美味しいお菓子や海産物を紹介!

2020.06.11

Trima北海道編集部

旅行に行けば欠かせないのがお土産です。北海道網走には多くの名物があり、お菓子から海産物までジャンルも幅広くあります。今回は網走の名物お土産を紹介します。お菓子や海産物、その他に分けて紹介するので買いたいものがきっと見つかるはずです。

目次

  1. 網走の名物お土産を一挙紹介!
  2. 網走の名物お土産【お菓子編】
  3. 永田製飴の「流氷飴」
  4. 水野商店の「網走監獄から帰りました」
  5. 東京農大バイオインダストリーの「エミュー生どら焼き」
  6. Cafe&Cake風花の「網走プリン」
  7. 網走の名物お土産【海産物編】
  8. 丸北北都の「ほたてニポポ」
  9. 哘水産の「わかさぎ佃煮」
  10. 角崎商店の「網走産しじみ汁」
  11. 横山蒲鉾店の「揚げかまぼこ長天」
  12. 網走の名物お土産【その他編】
  13. 網走ビールの「流氷DRAFT」
  14. ベル食品の「オホーツク流氷カリー」
  15. 北海道ビート黒糖の「天才ビートくんシロップ」
  16. 網走のお土産が買えるおすすめのスポットは?
  17. オホーツクバザール
  18. 北都みやげ店
  19. 吉村みやげ店
  20. 網走で美味しいお土産を買って帰ろう!

網走の名物お土産を一挙紹介!

 (857727)

網走は北海道の東部に位置し、北海道にしては温暖な気候で観光がしやすいです。オホーツク流氷館や博物館網走監獄など多くの観光スポットがあるため、お土産を何にしようか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、網走の名物のお土産を紹介します。北海道でどんなお土産を買ったらいいのだろう、と迷っている人は紹介する中から買いたいものが見つかるでしょう。

網走の名物お土産【お菓子編】

 (857729)

まずは定番のお菓子から紹介します。お菓子であればばらまき用で買うことができるものが多く、1つ買えば大人数に配ることができます。友人や職場にもぴったりでしょう。

では、網走のお土産の定番となっているお菓子を紹介していきます。

永田製飴の「流氷飴」

永田製飴は大正11年創業の老舗で、95年も飴だけを作り続けてきました。ハッカ飴やゴールデンバター飴などの人気商品がある中で、網走土産として人気となっているのが「流氷飴」です。

昭和30年に網走市から委託されたことを機に、様々な試作を重ねて現在の流氷に近い爽やかな青色の飴が完成しました。一粒ずつ形が違うところまで流氷と同じです。光を当てるとつやつやと輝き、夏でも涼しい気持ちにさせてくれます。

味はほんのり甘く、どこか懐かしい感じがします。小さいサイズで200円、大きくても300円というお手頃価格なのでお土産にもぴったりです。600円の化粧箱に入ったものもあります。

水野商店の「網走監獄から帰りました」

網走と言えば網走監獄をイメージする人も多いのではないでしょうか。水野商店が販売している「網走監獄から帰りました」は名前とパッケージのインパクトが強く、ウケの良いお土産となっています。

大きさは2種類あり、15個入りは600円、24個入りは1,000円です。1つずつ個包装になっているのでばらまき用のお菓子としても人気です。名前からはどんな食べ物か想像できませんが、中身はごまだれきな粉餅となっています。

パッケージと中身のギャップに驚く人も少なくありません。また、同じ名前のラーメン版(200円/1玉)もあり、こちらも人気です。

東京農大バイオインダストリーの「エミュー生どら焼き」

珍しいエミューの卵を使用した「エミュー生どら焼き」は、東京農大バイオが販売している期間限定のものです。エミューの卵は通常の10倍以上の大きさで、高タンパク質・低カロリーで豚肉の4倍もの鉄分を含む栄養豊富なものです。

その卵と北海道産の小麦粉、オホーツク海沖の海洋深層水と素材にこだわって作られる生どら焼きはモチモチ食感が特徴です。生地は職人が1枚ずつ手焼きし、中にはたっぷりと小豆クリームが入っています。

10個入りで3,000円で販売されており、オンラインショップでは毎月1日から販売開始となります。売り切れになることも多いので、早めに予約しておくことをおすすめします。

Cafe&Cake風花の「網走プリン」

天都山の麓に位置する「Café&Cake 風花」は、網走の素材を活かしたスイーツが人気のケーキ屋です。店内には50種類ほどのケーキや焼き菓子が並び可愛らしい店内でいただけます。その中でもイチオシなのが「網走プリン」(280円)です。

卵や生クリームも北海道産のものを使用していますが、注目すべきは低温殺菌された「オホーツクあばしり牛乳」が使われていることです。

65度で30分かけて殺菌されているため、牛乳本来の風味や栄養がそのまま残っています。甘さ控えめで口どけが良いことやカラメルがビターで相性が良いと評判です。

網走の名物お土産【海産物編】

 (857730)

続いて網走の海産物の中で名物土産となっているものを紹介します。北海道と言えば海鮮のイメージが強いので、海産物が好きな人にとってはたまらなないお土産になるでしょう。

現地で購入されたものは新鮮なこと間違いなしで、「○○買って来て!」と頼まれることもあるかもしれません。

丸北北都の「ほたてニポポ」

ほたての貝柱と新鮮なすり身を使用したのが「ほたてニポポ」です。ニポポは聞き慣れない言葉ですが、アイヌの木彫りの人形のことを指します。アイヌ語で「小さな木の子供」を意味し、狩猟成就のお守りとして使われてきました。

蒲鉾の中にはホタテが入っているので、普通のものより食感がよく、子供にも愛されている加工品です。食卓に並ぶのはもちろん、おつまみとしてお酒と一緒に楽しむ人も多いです。

そのままでも風味豊かで美味しく食べられますが、わさび醤油をつけて食べるのがおすすめの食べ方です。10本入りで2,203円となっています。

哘水産の「わかさぎ佃煮」

大空町と網走市にまたがる網走湖はワカサギの聖地と言われるほど水揚げ量が多く、新鮮なわかさぎが食べられます。獲れたばかりのワカサギを煮詰めてつくったのが「わかさぎ佃煮」です。

佃煮には大量の塩や砂糖が使われることも多いですが、この商品は素材の旨味を活かすため、控えめに味付けされています。ワカサギ本来の持っている苦みも味わえるため、大人のおつまみとしても好まれています。

また、ご飯にも合い、わかさぎはカルシウムが多く含まれている魚なので子供のご飯のおともにも最適です。

角崎商店の「網走産しじみ汁」

わかさぎの他に、網走ではしじみも名産品として知られています。北海道全体の7割が網走産と言われており、成貝のみ獲るので粒が大きいことが特徴です。

特に冬に獲れる寒シジミは越冬に備えて栄養を蓄えており、身が引き締まっていて旨味もたっぷりあります。この旨味を味わえるのが「網走産しじみ汁」(1,260円)です。

獲れたてのものを茹でて密封しているため、しじみのエキスも余すことなくいただけます。1.260円のセットはシジミ汁としじみスープが各6食入っているので、家族でも楽しめます。

横山蒲鉾店の「揚げかまぼこ長天」

冷凍すり身の発祥の地は網走です。創業およそ70年の横山蒲鉾店では、今でも変わらず昔ながらの製法でかまぼこを作っており、素材にこだわっているため地元にもファンが多くいます。

看板かまぼことなっているのが「揚げかまぼこ長天」です。網走で水揚げされたスケソウやホッケを丁寧に石臼で練り上げています。

地元では長方形のかまぼこのことを「てんぷら」と呼んでいるため、同じ商品でも道内と道外では名前が異なります。1枚92円で販売されており、おすすめの食べ方は炭火でサッと焼いて香ばしさを出し、山わさびやショウガ醤油などをつけて食べる食べ方です。

網走の名物お土産【その他編】

 (857731)

網走の名物はお菓子や海産物に限りません。様々なジャンルで名物があるため、ここではその他のものとして紹介します。

お酒好きな人に贈りたいビールや少しネタになるような面白いお土産も紹介するので、贈る人は選びますが喜ばれること間違いなしのものばかりです。

網走ビールの「流氷DRAFT」

写真映えするビールとしてお土産にも人気となっているのが「流氷ドラフト」です。特徴は真っ青な色の見た目で、これは天然色素のクチナシで流氷の鮮やかな青色を表現しています。

仕込み水にはオホーツク海の流氷を使用しており、爽やかなのど越しが楽しめます。苦みを抑えているので、ビール特有の苦みが苦手な人も軽く飲めます。缶や瓶で売られていますが、青さを楽しむためにも、ぜひグラスに注いでみてください。

きめ細かい泡まで流氷がぶつかったときの泡を再現しているようで、細かいところまでこだわって作られた商品です。流氷ドラフト6本セットは3,058円、網走ならではのビールがセットになった「網走ビール6本詰め合わせセット」(3,278円)もギフトに人気です。

ベル食品の「オホーツク流氷カリー」

View this post on Instagram

オホーツクブルーな○○○…☞https://eastern-hokkaido-style.jp/archives/15677/ * 【today's pic】 流氷カレー 流氷到来のニュースを待ちわびているこの頃。本物を見る前に、流氷カレーを食べに道の駅網走流氷街道へ。こちらの2階には流氷ブルーをイメージした青色のカレーがいただけるのです!なんと合成着色料は不使用だとか!驚 気になるお味はスパイシーな本格的なインドカレーですよ♪ * 流氷砕氷船の乗車券も当たるキャンペーン、第一弾締め切り、迫る!☞https://eastern-hokkaido-style.jp/archives/campaign/winter-campaign-2019-present/ * #ひがし北海道スタイル #女子旅 #網走 #流氷街道網走 #流氷カレー #流氷 #カレー #青色 #ブルー #オホーツクブルー #旅 #旅行 #北海道 #日本 #カメラ女子 #easternhokkaido #easterntime #curry #lunch #menu #travel #trip #abashiri #hokkaido #japan #meal #foodstagram #instagood * 不思議色咖喱 This is curry!

A post shared by ひがし北海道スタイル #女子旅 (@easternhokkaido.style.girl) on

インド料理専門店「クリシュナ」のシェフがオホーツク海の美しさに魅了されて作ったものが「オホーツク流氷カリー」です。オホーツクの青さをなんとかカレーでも表現したいと、インドの植物から色素を抽出して青みを出しました。

驚愕の見た目ですが、合成着色料は一切使用されていません。また、白いチキンを使って海に浮かぶ流氷を再現しています。道の駅「流氷街道網走」のフードコート内で食べられますが、レトルトになったものが650円で販売されています。

パックの中には「マリンブルーカリー」と「ホワイトカリー」のレトルトが入っており、熱湯や電子レンジで温めて盛り付けます。

マリンブルーカリーはスパイスが効いていてホワイトカリーはまろやかなので2つの味を混ぜて食べると辛味とコクのバランスが良くなります。ブロッコリーなどを木に見立てて地球のように盛り付ける人もいて、家庭で楽しくアレンジできることも好評です。

北海道ビート黒糖の「天才ビートくんシロップ」

明治初期から北海道ではビートの栽培をしてきました。日本でビートが栽培されているのは北海道のみであり、ビートから作られるてんさい糖は様々なスイーツに使用されています。

このてんさい糖から黒糖を作れないかと考え、サトウキビから黒糖を作っている琉球黒糖から製造方法を教えてもらい、生まれたのが「天才ビートくん」でした。これをシロップ状にしたものが「天才ビートくんシロップ」(562円)です。

サトウキビから作られる黒糖に比べてさっぱりした甘さがあり、砂糖の代わりに料理に使うのはもちろん、コーヒーやパン、ホットケーキ、ヨーグルトなどとの相性もいいです。

ビートは遺伝子組み換えをしていないため、アレルギー成分が含まれておらず、安心して食べられます。

網走のお土産が買えるおすすめのスポットは?

 (857733)

お土産を買う場所の定番と言えばお土産屋です。お土産屋には北海道の名物や網走の名物がたくさん取り扱われているため、何箇所も巡らなくても簡単にお土産を手に入れることができます。

ここでは、網走土産を買う際におすすめのお店を紹介します。

オホーツクバザール

網走刑務所の近く、天都山の麓にある「オホーツクバザール」は、海産物を中心に農産物やフルーツも購入できるショップです。8時から17時まで年中無休で営業しているので、網走観光の途中でふらっと立ち寄ることができます。

1階が売店、2階がレストランとなっています。レストランでは1階で購入した活がにや活ほたてなどの新鮮な海産物を調理してくれるため、多くの観光客で賑わっています。

1番人気の商品は「鮭味くらべセット」(3,800円)となっています。

北都みやげ店

 (857787)

北都みやげ店は網走市を中心に4店舗を展開しているお土産屋です。網走市には本店と中央店が、北見市には北見店、そして女満別空港にも1店舗あります。

海鮮物をはじめとする珍味の種類が豊富で、店員さんも親切に対応してくれるという口コミが多くあります。また、オンラインショップもあるので北海道の美味しいものを食べたいという時にもおすすめです。

オンラインショップで最も人気の商品は「開きキンキ」(3,780円)です。

吉村みやげ店

 (857788)

吉村みやげ店は網走市字呼人にあります。網走監獄産業物産館にあるため、博物館網走監獄のグッズを多く取り扱っています。また、近くにはオホーツク流氷館があるため流氷関連のお土産も購入することができます。

人気なのは、クリオネの形をしたミルククッキーの「クリオネクッキー」やB’zが網走でコンサートを行った際にも着用していた「脱獄囚人Tシャツ」などです。

食べ物だけでなく、Tシャツやストラップなどもあります。

網走で美味しいお土産を買って帰ろう!

 (857734)

今回は、北海道網走市の名物お土産を紹介しました。お土産を選ぶときは渡す人のことを想う楽しい時間であり、一生懸命選んだものを喜んでくれたら嬉しいですよね。

旅行先では迷ってしまって短時間で決められないこともあるので、事前に定番お土産を知っておくことで目星が付けられ、現地でもスムーズにお土産を選ぶことができるでしょう。

今回紹介したものは網走らしさが感じられるものばかりであり、どれも美味しいのでぜひ買ってみてください。

関連する記事